カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME
       
Gmailで「まぐまぐ」にご登録いただき、受信いただいている読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしております。
「まぐまぐ」のほうで、現在、原因を究明している状況です。
以下、先ほど入ってきた途中経過報告です。

Gmail宛のメルマガが閲覧ができない」という原因についても、Gmail宛の遅延問題は16日(土)から発生しており、 現在システム復旧中となっております。

引き続き現象の解消のため、調査ならびに復旧を進めております。

お問合せがあった読者様への一時的な対応としまして、以下の二つを試していただきたいと存じます。

1)MagMailからメルマガ記事をご確認いただく。
2)再送をご希望の方は、reader_yuryo@mag2.comまでにご連絡をいただく。

どうも、Gmail全般のトラブルのようです。

「1)MagMailからメルマガ記事をご確認いただく」方法は、
「先にマイページに入ってから(つまり、ログイン状態にしてから)、下のリンクをクリックすればMag Mailに入ることができます。
http://my.mag2.com
メールが届かない場合でもこのMag Mailにアクセスしていただければ、必ず読むことができます」。

いずれ、復旧するとは思いますが、御急ぎの方は、大変申し訳ないのですが、以上をお試しください。

明日、配信の第72号(パート1)についても、Gmailをお使いのご購読者様には同じようなトラブルが発生する可能性があります。
その場合も、どうぞ復旧するまでの間、お試しいただくようお願いいたします。

-「カレイドスコープのメルマガ」管理人より



mag20140820-1.jpg

「BRICSがIMFと世界銀行に対抗するために新開発銀行を設立した。
これは、ひとつの兆候だ。
私は、もう当分の間はラジオ番組に出演しない。
人々が、この出来事を見るとき、私のエリートの友人が、何について話していたのかが分かるだろう」。


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png
安倍晋三が抱える従軍慰安婦問題をめぐる歴史認識は、「国家の体裁をととえる」ためなどではなく、「自民党の存亡をかけたもの」なんだということに気がつくべき。
安倍が、この国の国益など考えるはずがない。第一、国益の意味さえ理解できない男なんだから。

20140818-4.jpg

つまり、さらに大企業減税をやる、と言っているのだ。
安倍内閣の閣僚、全員クズ・・・

しかし、谷垣はいったい誰に対して言っているのだろう?
もちろん、経団連とウォール街に言っているのだ。彼らの金が自民党を支えてくれているのだから。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に圧力をかけて、国民の虎の子の年金で株価を粉飾している時点で、アベノミクスの失敗は確定している。




第四の権力と言われるメディアのこの腐りようは何なんだ! 権力の犬と化した日本の大手メディア。
この件、安倍晋三が有罪となれば議員失職。
当然、首相の地位を失います。→安倍首相の資金管理団体を告発 「収支報告書に虚偽」

湯川遥菜氏の仕事内容について、そして、彼の安否について、まるでお祭り騒ぎだ。いったい、日本人はどこまで愚劣になってしまったのだ。
彼が自分の身内だと考えてみろ。
彼を危険に晒しているのは、日本の素人ネット・ジャーナリストだ。
彼が生還するまで、ネット小僧はデタラメを書いて刺激するな!

病的な虚言癖の精神鑑定が必要とされる恥ずかしい総理大臣。憲法を民主的な手続きを経ずして、勝手に変えようとしている法令違反連発の犯罪的政治家を支持している国民も、また同じだということだ。

なぜなら、支持する、しない以前の問題だからだ。
内閣支持率など、とっくに30%切っている。国民も承知のうえで、この不憫な男につきあわされているだけだ。


週刊ポストに歯の浮くような、恥ずかしい記事が掲載されていた。
あなたは、この記事を読んで、自分の推理力、分析力をテストしてみるべきだ。

music11.jpg
マドンナは悪魔崇拝の伝道師としてスポンサードされた。彼女の貧弱な才能で成功できるはずがない。

ハリウッドの映画、MTVのロックなどは、純粋な意味では映画ではないし、音楽でもありません。単なる洗脳ツールです。
それをありがたがって金を払ってまで観たり聴いたりしているのですから、現代の若者たちが正常な思考ができるはずがないのです。


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png

20140811-2.jpg

8月8日から10日までの3日間、さいたまスーパーアリーナで、エホバの証人の大規模イベント-「世界政府」が行われた。
さらに、今年は「世界政府キャンペーン」が展開される。


バーミューダのサルガッソー、東北のサルガッソー

       
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

Educate Yourself

原発ホワイトアウト
若杉 冽 (著)


TPPすぐそこに迫る亡国の罠
郭洋春 (著)


(株)貧困大国アメリカ
堤 未果 (著)


アベノリスク 日本を融解
させる7つの大罪
植草 一秀 (著)


口先で踊る日本とグローバル経済
浜 矩子 (著)


マインド・コントロール
(2時間でいまがわかる!)
紀藤正樹 (著)


「本当のこと」を伝えない
日本の新聞
マーティン・ファクラー (著)


日本テレビとCIA
発掘された「正力ファイル」
有馬 哲夫 (著)


エコノミック・ヒットマン
途上国を食い物にするアメリカ
ジョン パーキンス (著)


世界を不幸にしたグロー
バリズムの正体
ジョセフ・E. スティグリッツ (著),


国家の存亡
関岡 英之 (著)


政府は必ず嘘をつく
アメリカの「失われた10年」
が私たちに警告すること
堤 未果 (著)


ショック・ドクトリン〈上〉
惨事便乗型資本主義の正体を暴く
ナオミ・クライン 著


ショック・ドクトリン〈下〉
惨事便乗型資本主義の正体を暴く
ナオミ・クライン 著


本当は憲法より大切な
「日米地位協定入門」
前泊博盛 著


これから世界はどうなるか
米国衰退と日本
孫崎 享 著


「ネットの自由」vs.著作権
TPPは、終わりの始まりなのか
福井健策著


戦後史の正体


福島原発の真実
最高幹部の独白


プロメテウスの罠/明かされ
なかった福島原発事故の真実
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリスト
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top