カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME
       
20170327-1.png

「役人が独断でやれることではない」。「近畿財務局の判断だけでもできない」。「本省理財局長に、理財局長は必ず財務相に相談するケース」。

この元大蔵官僚の藤井裕久氏だけでなく、元経産官僚の古賀茂明氏、ほか多くの元官僚が異口同音に同じ見解を示す。これでも、もっとも控え目な最低限の常識だ。
「ワタチは、いっさい関知していない」が通るはずもない。

20170324-2.jpg

籠池氏証人喚問で、自民党副幹事長・西田昌司の異常性が爆裂。
この馬鹿は、ことの真相を何も知らずに、ひたすらはしゃぐ。

mag201703-15.jpg

金(ゴールド)を裏付けとした仮想通貨、ゴールド・トークン「DGX」の発売によって、金(ゴールド)の現物取引において、ごく微量の売買が可能になった。

(※この記事は、メルマガ第199号パート2、パート3のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
mag201703-11.jpg

中央銀行は印刷通貨の限界を感じ始めている。そこで、金(ゴールド)に裏付けされた仮想通貨が出てきた。

(※この記事は、メルマガ第199号パート1のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
20170318-1.jpg

またまた維新のヤクザ議員の刑事告発。
維新の議員らしく、金儲けのためにクリニック院長に暴力をふるって重症を負わせ、決まっていた保育園をヤクザの恫喝で潰し、関連業者を呼び出して、「議員の俺の力を使えば、お前は再就職できなくなるぞ」と脅し、まさに暴力団そのものの悪行三昧。
断言しよう!大阪維新は、ヤクザ者と犯罪者の吹き溜まりだと。

20170316-4.jpg

#安倍内閣総理大臣から籠池理事長に提供された寄附金だ。

この、今始まったばかりの壮大な疑獄事件の主犯と黒幕の正体は、すでに分かっている。
彼らは、本物のサイコパスとカルトなので、自制もしないし反省もできないサル以下であるから、国民が法廷に引きずり出す以外にない。
mag201703-10.jpg

中央銀行が、ブロックチェーンを使ったデジタル通貨を発行したとき、それは本格的な「ビッグブラザー」の始まり。

(※この記事は、メルマガ第198号パート2のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
mag201703-5.jpg

中央銀行が仮想通貨の発行権と暗号キーの発行権を独占するとき、人々は、はじめて「ビッグブラザー」の姿を見ることができるでしょう。


(※この記事は、メルマガ第198号パート1のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
「TPPは、よくわっかんないけど賛成だ」と言う、“生粋のジャーナリスト”、長谷川幸洋氏が、雇い主の東京新聞に自分の書いたコラムを没にされたとかで、筋の通っていない批判的な記事を書いている。いつものことながら我々を楽しませてくれるエンタティナーだ。
シムズ理論はヘリマネ、私が閣内にいる限りない=麻生財務相」・・・
昨日のロイターのヘッドラインが、すべてを物語っている。
       
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top