カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME
       
「何も、うちわくらいで刑事告発だなんて・・・」。
そう考えている人は多いだろう。だから、一生涯、洗脳され続けるのだ。

mag20141015-4.jpg

トリガーを引くのは日本、それともドイツ?
マックス・カイザーの「KAMIKAZE Bankig」が現実になろうとしています。



有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png

欧米のマスメディアは、史上最年少でノーベル平和賞に決まったパキスタン出身のマララ・ユスフザイ(17歳)を称えるキャンぺーンを展開しています。この乱痴気騒ぎに不自然さを感じている人々は、国内外に大勢いるでしょう。

20141013-5.jpg

迷走する米国疾病対策センター(CDC)の声明、真っ二つに割れる世界保健機関(WHO)の見解と火消し行為。
つまり、エボラには次の展開(シナリオ)が用意されているということです。んっ? 戒厳令への道程?
対岸の火事と、決してあなどってはいけない。

20141013-1.jpg

御嶽山の噴火には、今までになかった多くの謎が隠されています。

【訂正】火山弾で首が吹き飛んだ像を「国常立尊(クニノトコタチノカミ)の像」としていましたが、閲覧者の方々からのご指摘、また、安藤希章著『神殿大観』その他の資料によれば、御嶽山頂上・黒沢御嶽神社奥宮にある白川大神像で間違いないようです。
ネット上の多くのサイトには国常立尊とされていますが、すべて間違いのようです。タイトルの変更等々、お詫びして訂正いたします。
のテストは、著名な犯罪心理学者、ロバート・D・ヘア博士が作った『PCL-Rサイコパシーチェックリスト』と一般に言われているもので、世界中で広く使われている心理テストです。
mag20141008-1.jpg
mag20141008-7.jpg

「人工知能とテクノクラートが管理する社会」ツァイトガイスト(Zeitgeist、そして スライヴ (THRIVE)
1927年の映画「メガロポリス」のようなメガシティーがアメリカの11ヵ所にできる。その前に、スターリンの行った計画的飢餓「ホロドモール」のオバマ・バージョンがある。

※この記事は、とても長いのでポイントだけ抜粋してつなげてありますので、文脈は途切れています。


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png
mag20140930-8.jpg

医師やジャーナリスト、党内の複数の議員たちからさえ漏れ出てくる「安倍首相 すい臓がん説」。確実にシンゾーに起こっている異変。


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png
20140929-2.jpg
20140929-3.jpg

突然、目が宙に浮く不気味なシンゾー。いったい何を見ている。
連日、マスコミの腐敗臭漂うベテラン・ジャーナリストたちとグルメ三昧。他は、ゴルフと薬と不摂生で、しもやけ状態の“悪魔の手”に(youtube) 
20140928-9.jpg

最初に、こうなって」・・・
そして、多くの登山者が犠牲になった後で・・・
慌てて、「噴火警戒レベル3」に引き上げた税金泥棒省庁・気象庁
気象庁は、3.11の三陸の大津波の時、「津波の高さは3メートル」と陸前高田市、南三陸町、釜石市、気仙沼市など大勢の死者を出した市町村に警報を出していたのです。
しかし、実際は10メートルから15メートルの津波が襲ったのです。誤差などではなく、安全デマを流したのです。
今回も、噴火後、「噴火警戒レベル3」に引き上げて「予測は難しい」と言い訳に腐心するなど、その姑息な体質は3.11での大失態後もまったく変わっていない。
mag20140918-5.jpg
金価格チャート(2年分)

ロシアと中国連合がどうなってた行くのか。バルト三国がどうなるのか。今、東西で起こっているのは、金本位制を巡る闘いです。
1982年の株式の買い場は、どんな投資家にとっても、一生のうちで最大の買い場でした。
著名な専門家たちは言います。
「今、再び、それがやってこようとしている。金の目下の買い場は、あのときと
似てきている」。


大変長い記事なので、一部抜粋です。


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png

mag20140916-3.jpg

アンジーは、確かに彼女が言うように、多くの子供を引き取っています。白人、黒人、東洋人・・・
これは何を意味しているのでしょう?
それは「人種の融合」を表しています。
つまり、「世界で一つの政府」「世界で一つの宗教」・・・そして「世界で一つの人種」。
因みに、アンジーには、子供を身ごもる能力がありません。

以下、メルマガの記事の一部抜粋です。


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png
       
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

Educate Yourself

原発ホワイトアウト
若杉 冽 (著)


TPPすぐそこに迫る亡国の罠
郭洋春 (著)


(株)貧困大国アメリカ
堤 未果 (著)


アベノリスク 日本を融解
させる7つの大罪
植草 一秀 (著)


口先で踊る日本とグローバル経済
浜 矩子 (著)


マインド・コントロール
(2時間でいまがわかる!)
紀藤正樹 (著)


「本当のこと」を伝えない
日本の新聞
マーティン・ファクラー (著)


日本テレビとCIA
発掘された「正力ファイル」
有馬 哲夫 (著)


エコノミック・ヒットマン
途上国を食い物にするアメリカ
ジョン パーキンス (著)


世界を不幸にしたグロー
バリズムの正体
ジョセフ・E. スティグリッツ (著),


国家の存亡
関岡 英之 (著)


政府は必ず嘘をつく
アメリカの「失われた10年」
が私たちに警告すること
堤 未果 (著)


ショック・ドクトリン〈上〉
惨事便乗型資本主義の正体を暴く
ナオミ・クライン 著


ショック・ドクトリン〈下〉
惨事便乗型資本主義の正体を暴く
ナオミ・クライン 著


本当は憲法より大切な
「日米地位協定入門」
前泊博盛 著


これから世界はどうなるか
米国衰退と日本
孫崎 享 著


「ネットの自由」vs.著作権
TPPは、終わりの始まりなのか
福井健策著


戦後史の正体


福島原発の真実
最高幹部の独白


プロメテウスの罠/明かされ
なかった福島原発事故の真実
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top