カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME
       
mag201612-5.jpg

バンクーバー、ロンドン、ストックホルム、ミュンヘン、香港は住宅バブル崩壊の危険領域に。日本も要警戒レベルに。

(※これは、メルマガ第183号のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
mag201611-20.jpg

アメリカや日本のような経済の大きな国が、プライマリー・バランスを均衡化させることは不可能です。
この点において、すべての経済学者は私たちに嘘をついているのです。
経済崩壊を防ぐ手立ては一つしかありません。
それは、FRBと日銀を閉鎖することです。


(※この記事は、メルマガ第182号のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
20161127-1.jpg

「幻想が終わった後に何が来る?」って、いよいよ本格的な瓦解が始まるんだよ。
それが国民にバレないうちに、衆院解散だ。
トランプ旋風の興奮さめやらないうちにね。

トランプと晋三との決定的な違いは、トランプがアメリカの国益のために働こうとしているのに対して、晋三はトランプを抱き込んで骨抜きにしようとしている国際金融資本のために働いて日本を破壊しようとしている、ということである。
だから、トランプと正反対の位置にいる晋三とうまくいくはずがない。晋三の側近が「両者の相性」と言い始めたことから、この政権の末期的症状がうかがえる。

mag201611-18.jpg
(The Economist 2017年版増刊号の表紙)

今年のクリスマスには、世界の人々に「想定外」という嬉しいプレゼントがもたらされることによって、何も起こらないことを祈ろう。

(※ これは、メルマガ第181号のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
20161122-1.jpg

地震が起きてから2時間経った頃、NHKは「現地で渋滞などは起きていない模様」と報じていた。
実際は、地震後30分で渋滞が起きていた。

福島県民だけど道路混みすぎてすすまない」・・・

国民を殺す安倍晋三の官邸などの言うことを聞かず、
・AFN (810 KHz)で情報を収集する
・自分が、海抜何メートルにいるのか教えてくれるアプリ。
・津波が来るまでの時間と津波の高さを教えてくれるアプリ。
などを使って、自己防衛を!


宮城県でも津波警報が発令!今後、津波は大きくなる

地震の規模をマグニチュード7.3から7.4に更新。これは、阪神淡路大地震のエネルギーより大きい。
震源も地下10kmから20kmに修正。

福島第二の3号機使用済み燃料プールの冷却装置が午前6時10分に停止、7時17分に復旧したという。
しかし、原因は不明。
まだまだ、情勢は変化する。

福島第一、福島第二ともに、午前6時40分頃、高さ1mの津波が押し寄せたという報道。
8時3分には仙台港に1m40cmの津波が通達した。津波は、さらに上昇している。

3.11のときも同じ、最初は、数十センチの津波だった。

これが、アウターライズ地震である場合は、さらに大きな津波が襲う。

3号機使用済み燃料プールの現在の温度は28.7度。
法定の運転停止温度(つまり、全面撤退して避難。そのまま放置)の65度まで、「まだ、余裕がある。65度に達するまでには1週間ほどかかる」と東電は言っているが、原因が分からずじまい。

最悪、冷却装置が復旧しなかった場合は、福島第二原発から完全撤退。
それは、福島第一原発での作業員の撤退につながる。

私の家の前には、毎朝、幼稚園のスクールバスがやってきて、10人程度のおチビちゃんたちをピックアップしていく。
福島第一原発から、たった200km程度しか離れていないこの場所で、今日も同じように子供たちが集まっている。
こんなときは、念には念を入れて、子供を休ませろ、ということだ。

再び、大きな余震が起こるだろう。
福島第一原発のサイトからは、再び放射能汚染水が流れ出しているだろう。
まったく学習しない日本の親には呆れ果てるばかりだ。

2011年3月13日、原子力安全・保安院の根井のバカが、へらへら笑いながら記者会見に応じていた。
そのとき、すでに2基の原子炉が水素爆発した後だった。

こうした連中には先天的に危機意識がないのだろう。それは、今でも変わっていない。

ところで、原子力規制委員会の死神委員長・田中俊一は、まだ寝てるのか。

福島第二原発・3号機の使用済み燃料プール(2544本の核燃料棒が格納・冷却中)の電源が停止しています。

午前7時26分頃、津波の高さ予想が引き上げられました。

3.11のときのように、使用済み燃料プールが設置された原子炉建屋が水素爆発することは考えにくいとはいえ、電源が復旧しなければ、放射能漏れが起こります。

重要なことは、今後、同程度以上の地震が起こった場合です。
現場の人々が、十分な対処ができるとは限りません。

とにかく、追加被曝しないことを第一に考え、冷静に状況を判断して、すぐに着替えの衣類などをカバンに詰め込めるように心の準備をしてください。

安倍晋三は、アルゼンチンから声明を出していますが、彼は、こんなときにさえ、口パクです。

何も分からない人間のクズ、石原伸晃は、内閣府特命担当大臣(原子力防災)を拝命しながら、何度もの冷却停止が発生しても、記者会見で「知見がないので答えられない」と平然と言い放つだけでした。「何もしない、何も言わない」・・・それ処世術でもあるかのように。

今度も、大成建設と癒着している官房長官の菅義偉は、官僚が殴り書きしたペーパーを読むだけである。

戦争することしか頭にない、金儲けしか頭にない、ほとほと腐りきった官邸です。もう、どーしようもない白痴連中です。





東京電力発表の情報、安倍晋三の官邸の情報を、そのまま信じないように

(速報では―――修正の可能性あり)午前5時59分頃、東北沖でマグニチュード7.3の大地震発生。6時1分にも地震が発生したとのこと。

NHK、その他の報道は、福島第一原発の詳しい状況について発表できていません。
福島県沿岸では、3mの津波警報。(既に到達か)
関東(茨城県)でも津波注意報。

3.11のとき、気象庁は高さ16mの津波が起こった南三陸町に「津波の高さ3m」と予報を出して、町の人々を全滅させたことを思い出してください。
気象庁の人々は無能と無責任、今でも変わっていません。

東京電力の発表によれば、原子炉の注水状況や、原子炉格納容器、周辺のモニタリング・ポストの数値には変化・異常が見られないとのこと。

また、東北電力によれば、「女川市・石巻市にまたがる女川原発に異常なし」とのこと。

しかし、いわき市のコンビナートでも火災が発生したとの報から、それなりの規模で被害が出るでしょう。
内陸の人たちは、地震・津波はもちろん、福島第一原発の状況に注視してください。

3.11のとき、東電という企業が何をしたのか、思い出してください。
嘘の情報を出し続け、多くの人々を致命的な被曝に導いた世界一極悪な「大量虐殺」企業です。

現時点では、震度4を記録した茨城県東海村(運転停止中)の東海第二原発の状況について、日本原子力発電は「原発に異常はない」とのこと。
また、モニタリング・ポストの数値にも異常なし、とのこと。

しかし、これらの原発に「異常が起こった」と発表があったとき、
・大きなカバンに、着替え・防寒具などを放り込んで準備してください。
・携帯電話の充電、病気の人は薬などを忘れないように。

恐いのは、「放射能被曝」です。これ以上、追加被曝しないよう万全を期す必要があります。
福島第一原発で異常が起こった場合、放射能漏れがあったと考えなければなりません。
数時間で、放射能は東京にもやってきます。

こうしたときは、常に、「とにかく遠くへ逃げる」をお忘れなく」!!と念じてください。

福島第一原発の状況は、煙突などが腐食していて、震度5以上の地震には耐えられなくなっています。

常備してあるはずの「N99以上のマスク、ゴーグル」などを持って、家を出ることを想定してください。

関東の高速道路は、まだ発表が入っていませんが、通行止めなどの情報は出ていません。

ただし、方向を間違えないでください。

決して、甘く見ないように。

「伊豆の山々が紅葉せず、23の数字が赤く(祭日)なっている年に巨大地震が発生する可能性」という松原照子氏の警告を無視しないでください。

これは、原発を再稼動させるめに、柏崎市の市長選挙に圧力をかけて原発を推進しようという死刑相当の凶悪犯罪者・安倍晋三と彼の内閣、そして、国民を戦争に駆り出して殺そうとしている自民党とカルト政党である公明党の議員、そして日本維新の会の義員たちへの最後通牒です。

「条件付き再稼働容認」の桜井雅浩という新市長の無定見な見識を知ってください。この男はダメです。

日本の神が本当に怒っているのです。

そして、無知で馬鹿な国民に怒っているのです。

もっと大きな震災がやってくるでしょう。

安倍晋三と石原伸晃、官邸の他の閣僚たちは、こんなことが起こっても国民に情報を伏せて出さないことを画策しているような犯罪的な人間たちです。

東京電力と安倍晋三、その一派の国会議員たち――
あなたが、本物のバカでないのであれば、こうした犯罪者たちを、今度こそ、この国から追い出してください。
これは、国民が「生きるための」当然の権利です。




mag201611-1.jpg

「地球温暖化詐欺」、「実在する気候改変兵器」、「ジオ・エンジニアリング」、「キリスト教原理主義の終末思想・ラプチャー」、そして、「農地争奪戦争=ランドラッシュ」、そして成長の限界キャンペーンを果敢に展開し、「新世界秩序(NWO) 生存プロジェクトのための戦略」を世界に問う「ローマクラブ」・・・これらは、いったい、どのような陰謀の系譜をたどるのでしょう。

(※この記事は、メルマガ第180号パート1、パート2、パート3の3本の記事を可能な限り圧縮したダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
       
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top