カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   原発・放射能  »  やらせ原発討論会-民意を偽造する請負人たち
       
20110930-4.jpg

電力会社の住民に対する原発パブリック・アクセプタンスは、この人なしには成功しません。

佐賀県と九州電力が一体となって行った倣岸不遜なインチキ原発討論会

平成17年12月25日(日)、佐賀県唐津市にある唐津ロイヤルホテルで開催された九州電力のプルサーマル公開討論会。
タイトルは、「玄海原子力発電所3号機プルサーマル計画の安全性について」。

玄海原発3号機に危険なプルサーマルを導入したいがために、佐賀県知事の古川康の指示により県が主催したもの。

これが完全な「やらせ」討論会であることは、報道ステーションが報じるまでもなく、大勢の人々が既に知っていたことでした。

なぜなら、コーディネーターと仕込みの原発推進派の御用学者が、妙になれなれしいからです。

討論会のすべての動画は、佐賀県のホームページで閲覧できます。
【動画「プルサーマル公開討論会」

【記事録:パネリストの発言文字起こし】
【パネリストの名簿と公開討論会議事録(すべての発言者の文字起こし)】

■参加者(パネリスト)
・出光一哉   九州大学大学院教授                   
大橋弘忠   東京大学大学院教授              
小出裕章   京都大学原子炉実験所助手               
・小山英之   美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会代表    
・森本敏    拓殖大学海外事情研究所長 
・山内知也   神戸大学海事科学部助教授 

中村浩美   (この会のコーディネーター) 科学ジャーナリスト 

・野口哲男   (この会のオブザーバー)資源エネルギー庁 大臣官房参事官 
・佐藤均     原子力安全・保安院 原子力発電安全審査課長
・伊藤敏     原子力安全・保安院 原子力安全広報課長
・吉田九二三  原子力安全委員会 事務局 審査指針課安全調査管理官
・更田豊志   原子力安全委員会 原子炉安全専門審査会委員
・樋口勝彦   九州電力(株) 取締役 原子力本部長

メンバーを見れば一目瞭然。

九州電力への天下り目当ての連中(資源エネルギー庁、原子力安全・保安院)、それに原子力安全委員会のインチキ学識者たちによる犯罪が、6年前、佐賀県の唐津で行われたということです。

この動画は佐賀県のホームページにあるものです。
さあ、どうやって削除するのか見ものです。

何しろ、佐賀県が自ら、詐欺を働いた様子をカメラに収録して動画をアップしたのですから、これほど間抜けで滑稽な話もないでしょうに。

野口哲男、佐藤均、伊藤敏、吉田九二三、更田豊志、樋口勝彦
この人間たちは税金を貰って詐欺を働いた連中です。刑事罰相当です。

そして哀れなのは、コーディネーターの科学ジャーナリストの中村浩美
倒産した航空ジャーナル社の社主・青木日出雄の甥っ子に当たる人間です。

中村は弁舌さわやかで、以前は科学番組のコメンテーター、科学バラエティー番組の司会などもやっていた男です。

しかし、これで「ジャーナリスト」の肩書きは使えないでしょう。
彼こそが、この会の司会進行役で、コーディネーターだからです。

彼は、最初からすべてを知っていたはずです。今さら、見苦しいから、知らなかったなどと言わないほうがいい。

この動画はyoutubeなどの動画共有サイトにアップされており、別な興味から大勢の人たちに視聴されています。

「別な興味」というのは、パネリストの東京大学大学院教授・大橋弘忠の例のとっぴな発言です。

動画:「格納容器は壊れないしプルトニウムは飲んでも大丈夫」


動画:格納容器が壊れるのは1億年に1回」

まずは報道ステーションのニュース映像(下)から。



この動画は削除される可能性があるので、重要ポイントをキャプチャーしておきました。

20110930-1.jpg
20110930-2.jpg

このプルサーマル公開討論会には1000人の応募があったということですが、なんと、そのうちの655人が九州電力の関係者。

入手した「やらせ質問マニュアル」には、質問文と質問することになっていた九州電力関係者の座席表が印刷されています。

18人の質問者のうち、九電社員などが7人、九電OBが1人。
質問者の質問は九電が用意した質問文を、そのまま読み上げるというもので、質問者が椅子から立ち上がって“質問”するときは必ずメモに視線を落とす姿が目立ったという。

九電と無関係の一般市民は、「司会者(中村浩美)は、いちばん先に手を挙げた者に当てないで、しばらくの間、誰かを探すように会場を眺め回していた様子で、異常に感じた」と証言しています。

質問した18人のうちの九州電力関係者の8人を探していたからでしょう。

司会の中村浩美は、「九電とは事前に打ち合わせはしていない。質問者の指名も、その場で咄嗟に当てていた」と言っているのですが、証言者の話と大きく食い違っているのです。
(動画で確認できます)

出席していた小出裕章・京大助教「(ビデオを見ながら)覚えてはいるが、あまり(議論は)白熱はしなかった。推進派には原子力をやることによる利益共同体がある。打ち合わせをして出てきているのでは、とずっと思っていた」と語っています。

アウェーの中、孤高の反原発学者の毅然とした態度が光ります。

やらせ討論会のコーディネーターという職業

報道ステーションの映像では、参加したパネリストのうち、ある一人の人物以外は、すべて顔を晒しています。
そのたった一人、モザイクのかかっている人物がこの人。コーディネーターで司会者です。

20110930-3.jpg

ジャーナリストが聞いてあきれる。
いったい、いくらの金をつかまされた?

九州電力関係者の8人の質問者のうち、もっとも犯罪的で悪質なのは、九電の社員でありながら、いかにも農家らしく装い、質問マニュアルを見ながら、「(玄海原発は)「危ない、危ないと言われて、玄海1号機が運転を開始して30年近く経つが、私の家で作っている米とか野菜が放射能の影響で売れなくなったことはない」と言った人間です。

九電社員による「仕込み質問状」の一部

この台本は、古川知事の要請で九州電力が作成したものです。
古川康という男の辞書には「真実」という文字がないのでしょう。

しかし、この会をコーディネートし、司会を務めた中村浩美ですが、中部電力の「やらせ原発シンポジウム」にも出ているのです。

【中村浩美 原子力】でgoogle検索をかけると、
九州電力、中部電力のシンポジウムだけでなく、中国電力の市民参加懇談会in松江青森県の六ヶ所村についても、原発PRマンを努めています。

まだまだたくさん。youtubeにも彼がコーディネートした原発シンポジウムがいくつかあります。

下の動画は、福島原発事故が起こってから4ヵ月後の7月、青森で「原子力県民説明会」を行ったときのものです。
中村氏は、06:00辺りで挨拶しています。


この原子力県民説明会の司会・進行も中村浩美。
他のパネリストの発表を聞いていると分かるのですが、完全に台本があります。

原子力安全・保安院が発表しているのですが、彼らは地方(原発立地県)に行くと、福島第一原発事故の原因は「津波である」と言い切っていますね。

原発を導入しているどの都道府県の知事も、こういうことです。「地震のせいじゃない」ということにしたい。
要するに、ここでも核銀座・下北の原発を再稼動させたいと言っています。

こうしたシンポジウム、住民説明会、公開討論会、形式、呼び名はいろいろですが、ひとつのパッケージになっているのです。
やらせ公開討論会など、九州電力だけではなく、全部の電力会社で行われてきたし、今でも行われているのです。

そうしたところに、中村浩美のような人間の活躍の場があるのです。

中村浩美は、報道ステーションが報じたように2005年の唐津市での「プルサーマル公開討論会」では、「九電とは事前に打ち合わせはしていない。質問者の指名も、その場で咄嗟に当てていた」と言っています。

彼も嘘を平気でつくようになってしまったようです。金の魔力は恐ろしい。

中村浩美こそ、各電力会社から依頼を受けて原発推進のためにパブリック・アクセプタンス(分りやすく言うと、地元住民を煙に巻いて、自ら進んで原発を受け入れさせるようにマインド・コントールする)活動を行っている人間です。

一見、文科系でありながら原発に関して、まことしやかなことをテレビに出演して言っている青山繁晴が、自民党から仕事を受注している、そっくりなのです。

玄海原発3号機のプルサーマル導入に絡む九州電力の一連の「やらせメール」問題などを検証している第三者委員会(委員長・郷原信郎弁護士)は、古川康の意向に沿って九電が「やらせメール」や「仕込み質問」を行ったと認定。

古川知事と九州電力との並々ならぬ癒着は、かねてから問題となっていましたが、玄海原発周辺の市町村の首長はとっくに知っていました。

この福島の佐藤雄平に匹敵するぜニゲバ知事の古川は、玄海原発3号機へのプルサーマル導入を巡って九州電力との「表に出せない関係」が、外部に悟られないよう、プルサーマル公開討論会という手の込んだ芝居を考えたのです。

ところが、キャスティングされたのが大根役者ばかりだったために、墓穴を掘ってしまったということです。

もちろん、背後にいた資源エネルギー庁、原子力安全・保安院、原子力安全委員会の連中もグルです。
玄海町長、佐賀県知事による「民意の偽造」は、古川が知事に就任してから、ずっと行われてきたのです。

数年前からの始まった九州電力、佐賀県、経済産業省(エネ庁、保安院)、それに原子力安全委員会のコラボによる一連の「やらせ」は、佐賀県知事の古川康が首謀者であることを認定した第三者委員会の郷原信郎氏ですが、こんなツィートを残しています。

玄界灘の決闘 小出裕章はハメられた。

なお、中間報告で、九電の「仕込み質問」を明らかにした05年12月のプルサーマル佐賀県討論会の動画が佐賀県のHPにアップされています ⇒http://bit.ly/jYQZcf これを見ただけで、どれが「仕込み」か大体わかると思います。
大橋東大教授VS小出京大助手のバトルも見ものです via web  2011.09.23 09:48


郷原氏は慧眼の持ち主です。
仕込みは、やはり大橋弘忠東京大学大学院教授だったわけですか。(他にもいるはず)

〔10月1日の追記〕

第三者委員会(郷原信郎委員長)による
6年前のプルサーマル討論会に「やらせ」の原型「九電やらせメール問題」の調査委最終報告。

20110930-7.jpg


地元の佐賀新聞、佐賀新聞に入れ稿する佐賀広告センターという佐賀新聞系列の広告代理店も、みーんなグルだというわけです。

今年6月、九州電力の「やらせメール事件」が発覚。

このときも古川知事が関与していたことが明るみになったのですが、この古川という男は、善悪に関して不感症なのか、あれだけマスコミに暴露されても、ひたすら知事の椅子にしがみついています。

これでも知事のリコール運動に発展しないのであれば、佐賀県民の意識を疑いたくなります。

この問題が発覚する直前、そのときの経済産業大臣だった泣き芸が特技の海江田万里は、まだ福島第一原発から水蒸気がもうもうと立ち上っているというのに、玄海町に行って岸本町長と会談、玄海原発の2号機、3号機(危険なプルサーマル)の再稼動を誓ったのです。

「やらせメール」事件発覚後、首相だった官直人は、すぐにストレステストをやると言い出しました。
海江田は、それ以来、マスコミをうまく使って、菅落としに一路まい進です。

海江田は、東電に騙されて計画停電を実施、死者を出しただけでなく、逆恨みから官邸の仕事を妨害。証拠隠滅ともとられかねない経済産業省の事務次官ら3人を更迭して、真相の追及を困難にしてしまいました。

そんな人間が何と総裁選に立候補。海江田の腹黒さに、さすがの国民も呆れ顔でした。

いつまでも家宅捜索に入らないのであれば、検察と電力会社の表に出せない関係は確定的

この「やらせメール」事件に古川知事が関与していたことが明るみに出たことがきっかけとなって、佐賀県の市民たちが県庁でデモ活動を繰り広げました。

このとき、暴徒化する一歩手前にあった反原発派の市民を制止したのは俳優の山本太郎氏なのですが、なぜか彼は、今月9月21日になってから京都の27歳の行政書士に告発されたのです。

当の佐賀県庁自身は告発の意思はないと言っているのに不可解です。

20110930-5.jpg

特別対談
河野太郎(自民党前幹事長代理)×山本太郎(俳優) 「原発に買われた政界と芸能界」

山本太郎氏は反原発を表明してから、東京のメディアから締め出されてしまいました。
電力会社、特に東電は反原発の芸能人のリストを作っており、電事連などを通じて(から電通などの広告代理店)芸能人を兵糧攻めにします。

薬物汚染、暴力団との黒い交際など、今の芸能界にも問題大ありですが、やはり文化にまで脅しをかけてくる電力会社に公安が入らないことが不思議でなりません。

山本太郎氏を告発したという京都の27歳の行政書士と電事連の接点を週刊誌マスコミは、ぜひ探って欲しいものです。必ず何か出てくるはずです。

さて、この6年前のプルサーマル公開討論会のオブザーバー役を引き受けた連中

・野口哲男   (この会のオブザーバー)資源エネルギー庁 大臣官房参事官 
・佐藤均     原子力安全・保安院 原子力発電安全審査課長
・伊藤敏     原子力安全・保安院 原子力安全広報課長
・吉田九二三  原子力安全委員会 事務局 審査指針課安全調査管理官
・更田豊志   原子力安全委員会 原子炉安全専門審査会委員
・樋口勝彦   九州電力(株) 取締役 原子力本部長

この中の資源エネルギー庁は、反原発記者やツイッターを広告代理店を使って監視させているのですが、今年の6月に発覚した九州電力の「やらせメール」事件でも「玄海原発を再稼動させるよう、賛同者の投稿を増やすよう九州電力に要請していた」ことが発覚しました。

資源エネルギー庁の官僚自身が、組織的な世論工作を後押しした可能性が出てきたというわけです。
こうした木っ端役人すべてが、国民の税金を使って詐欺的な行為を働いているのです。

ここまで悪辣だと、徹底的に暴いて個人名を公開しなければなりません。法的な処分を下さなければ、国民は黙っていないでしょう。
エネ庁を経済産業省から切り離したところで、木っ端役人の盗人根性は直りません。

ところで、原子力安全・保安院の西山元審議官は、6月、週刊新潮に愛人の美人職員との逢瀬をスッパ抜かれたのですが、外だけでなく、勤務時間内にも複数回の身体的接触を含む不適切な行為を行っていた、として停職1か月の懲戒処分が下されました。

被災者が苦しんでいるというのに、彼の頭の中は、年中、ピンクのお花畑状態のようです。

経済産業省、原子力安全・保安院、資源エネルギー庁、内閣府の原子力安全委員会、こうなると、ドイツもコイツも、です。こうした殺人官僚、殺人学者たちには、しっかり罪を償わせなければなりません。

最後に、仕込みの大橋弘忠東京大学大学院教授の「プルトニウムは飲んでも安全」 発言ですが、これは東大の児玉教授によると、

「α線核種(プルトニウム)を飲んでも大丈夫ということが言われますが、これはほとんどネズミ、イヌのような寿命が2年から10年の動物で行われている動物の場合です」。
【今の除染方法では子供の健康を守れない】の上から5分の1辺り。

大橋弘忠は、プルトニウムによる健康被害は晩発性なので、動物実験でプルトニウムを飲ませても安全だ、と言っているのです。
当然です。
ネズミ、イヌは寿命が短いので、プルトニウムによる健康被害が出てくるまで死んでしまうからです。
彼の頭は、どうなっているんでしょう。

また、格納容器が壊れるのは1億年に1回」と言っているのは、ラスムッセン報告のことを言っているのでしょう。

原子力発電所における大規模事故の確率は、原子炉1基あたり10億年に1回で、それはヤンキースタジアムに隕石が落ちるのを心配するようなものである、と主張していた国際原子力マファイアの原発推進学者の理論です。

当時、原発をどうしても推進したかったグループは、このラスムッセン報告というトリックを使って、米国議会を説得してきたのです。
ラスムッセン理論は日本にも輸入されて、日本の原発学者たちの間ではバイブルとされていた考え方です。

しかし、スリーマイル島の原発事故が起こってから、ラスムッセン理論が虚構であったことがばれてしまいました。

カリフォルニア大学の数学者であるミラー教授が確率を計算しなおしたところ、嘘であることが証明されたという理論なのです。

今では、こんな大嘘理論を持ち出してくるのは、原発を是が非でも推進したいと考えている原子力マフィアに札束で顔をひっぱたかれたゼニゲバ学者だけです。

どれどれ、大橋弘忠プロフィールを見てみましょう。

なんだ、コイツは元東電の社員だ。

東大は、この全国民を欺いただけでなく、危険なプルトニウムを安全だ、などと、およそ学者にあるまじき言動を行った大橋弘忠という人間の処遇をどうするのか。
このまま東大の教授をやらせておくなどとということはありえないでしょう。

全国、いや世界のメディアが監視しているのです。

「東大は潰しておくべきだった」…。
菅直人が、しみじみ言いました。まったくです。




SOEKS-01M 最新型ガイガーカウンター 放射能・放射線測定器
RADEXシリーズ同様型検出器採用 高性能CEマーク付き
SOEKS社(ロシア製)  
参考価格: ¥ 69,800
価格: ¥ 19,800
OFF: ¥ 50,000 (72%)  
  
SOEKS-01M 最新型ガイガーカウンター 放射能・放射線測定器 RADEXシリーズ同様型検出器採用 高性能CEマーク付き

関連記事
       
NEXT Entry
珍しい意見です
NEW Topics
中国とロシアは膨大なゴールドを背景に米ドルを崩壊させる
なぜ国連と日米同盟は北朝鮮の核開発を放置してきたのか
証人喚問を賭けた安倍昭恵の「逃げ切り」応援演説・山口4区
小池「ベーシックインカム」奴隷制度に狂喜する乞食日本人
サルの選挙-「親ワシントン」ありきの単なるカラ騒ぎ
ラスベガス事件→銃規制→経済崩壊→FEMA
金(ゴールド)で中央銀行の通貨詐欺の外側に避難する
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム④
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム③
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム②
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム①
ビットコインの価値は(金)ゴールド並かゼロか
イーサリアムの米ドルトークンはビジネスの業態を変える
仮想通貨の下落は、暗号世界における対北朝鮮の経済制裁
ロシア最強の暗号通貨とブテリンのICOバブル警告
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク9-未来世界
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top