カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »  2010年11月
       
20101129-2.jpg

世界は「スーパークラス」と言われる、わずか6000人の特権階級の人々に支配されています。
この人々が、旧世界秩序を構築し、さらに私たちをきつく締め上げようとしているのです。この6000人の人々は、そうした世界のことをNWOと巧妙に摩り替えています。

彼らは、自分たちの利益のために、勝手に札束を増刷させたり、闘争を助長して戦争を起こさせたり、飢餓やクライシスを引き起こして人類を淘汰させようとしたり、ありもしない「罪」をかぶせて、ヨタヨタにして、私たちが自分の足で立てないようにしているのです。

あなたの信念はどこから出てきたものでしょう。こうした世界から出てきたものかもしれません。
20101127-4.jpg
アメリカのニュースサイトでは連日、collapse(崩壊)の文字が躍っています…。
アメリカがグローバル・エリートたちの実験国家として建国されたときに、アメリカの運命は、まるで宿命のように決められていたのかもしれません。
そして、タイムテーブルに乗った…

フィリップ・ロスチャイルドに寵愛された奇女、アイン・ランド(Ayn Rand)が書き著した「Atlas Shurugged(邦題:肩をすくめるアトラス」は、最もおぞましい書物のひとつとして、世界で話題になっています。

ただ、この本に書かれていることは、今まで現実のものとなっています。そして、いよいよ最終章に差し掛かったようです。
その計画は世界を背後で操る人形師によって…。
着々と進められているようです。
もし、ワシントンD.C.がテロリストの核攻撃を受けたら---
Russia TVというロシアのニュースを中心に扱っているニュースサイトに上のような記事が取り上げられました。
この思わせぶりなニュースの背景に何があるのでしょう。
20101123-3.jpg
photo:Illumination: the Secret Religion

ジョージ・H・W・ブッシュが高らかに宣言した「新世界秩序」=「NWO」。
これは、まやかしで、王侯貴族らの旧世界秩序「OWO」を強化するものである、と。
正統派イルミナティ、バーバリアン・イルミナティの最高位の長老が語った。
20101122-1.jpg
photo:Illumination: the Secret Religion - How to become

イルミナティの公式サイトがあります。イルミナティの7位階(最上位は10位階)の人々の手によって運営されているサイトです。
管理人は、この内容に、賛同しているわけではありません。
しかし、この公式サイトを読めば、正式なイルミナティ=バーバリアン・イルミナティが、イルミナティの仮面をかぶった「ブラザーフッド」に数々の濡れ衣を着せられてきたことが分かります。
そういう点では、バーバリアン・イルミナティも、NWO傘下にある欧米のマス・メディアから締め出され、発言の機会を奪われてきたのです。

20101120-2.jpg

ラテン語でORDO AB CHAO、英語で
ORDER OUT OF CHAOS

「カオスから生まれる秩序」…不死鳥、再生の鳥と言われる「フェニックス」に象徴されます。それは「33」を意味します。

20101016-32.gif

フェニックスは、カオスの中で灰になり、そこから再び「新生」するのです。それは、“変換された”新生の命です。
いま、世界は冷静さを無くして、確実にカオスに突き進んでいるようです。

そのカオスを人為的に創り出そうとしているのが、イルミナティ・サタニストたちです。
20101117-11.jpg

薔薇十字団とジョージア・ガイドストーンの秘密

ジョージア・ガイドストーンは、アメリカのジョージア州にある小高い丘の上に建てられた不気味なモニュメントです。
この「アメリカのストーンヘンジ」とも呼ばれている巨大な花崗岩のモニュメントには、10の戒律が刻み込まれており、その最初に「世界を維持するためには人口を5億人にする必要がある」と彫られています。

この丘の場所は、アトランタから東に160Kmの地点にあります。

アトランタは、デンバーと並んで、米国がChaosの中から「Born Again」した後に、NWOの北米連合の新都心のひとつとして計画されている場所だと言われています。

この不吉で身勝手なメッセージを放つジョージア・ガイドストーン。
すでに、日本のいくつかのサイトで紹介されていますが、いったい誰が建てて、その石板に刻まれたメッセージには、どんな意味が込められているのでしょう。

20101117-12.jpg

「誰もが見落としていた、ある小冊子に、そのミステリアスな謎を解く鍵があった」。施工主たちは何者か、ガイドストーンの真の意味は…。

20101113-2.jpg
「自然界の永久の調和として、人口5億人を維持しよう」。
-ジョージア・ガイドストーンのメッセージ

http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-42a2.html
・ペルシャ湾は準備万端? 西側陣営の空母、原潜、戦艦が集結。
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/455/
・まさかのオバマのアジア歴訪。
・ちょうど一年前の小沢民主党の大規模訪中団。
・ジム・ロジャーズの東洋へのお引越し。
・中国での相次ぐUFO乱舞。
・ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットの大富豪からの募金活動。

……………

これから東洋と西洋のイルミナティ同士の戦いが始まるという。
「テーゼ、アンチテーゼ、統合へ」。
イルミナティでさえも、最後の総仕上げの段階では、自らをこれに捧げようとしているようです。
どうも、彼らイルミナティには、私が想像していた以上に“崇高な”信念があるようです。
西洋のイルミナティを犠牲にしてまで、そして、彼らの同胞愛をもかなぐり捨てて、世界統一へ。
20101107-1.jpg

全米の地下深くに軍事用巨大施設が多数存在していることを一般に広く知らせてきたリチャード・シャウダー博士ですが、つい1週間ほど前(2010年11月2日放送)にラジオ出演して、最近の事情を語っています。

ただ、新刊“Hidden in Plain Sight – Beyond the X-files,”のプロモーションをかねていることもあって、肝心な部分に差し掛かると、「本に書いてある」と、本の購入に暗に誘導する姿勢が見えるため、あまり内容のあるインタビューになっていないようです。

とはいうものの、別の観点から詳細に見ていくと、いくつかの重大なサジェスチョンが含まれていることに気がつきます。
ディスインフォメーションとはいえ、アングルを変えれば、真相に導いてくれる情報に、たちどころに変わってしまうのです。

20101106-1.jpg

UFOs、エイリアンの存在を議論するためには、聖書の理解なしには不可能なのでしょう。
聖書の理解とは、聖書の暗号を解読する、というようなものでなく、なぜ、聖書が必要とされたのか、なぜ、この予言書が預言書と言われるようになったのか。ここにUFOs、エイリアンの謎を解く鍵があります。

アルバート・パイクの「予言は当てるものではなく、当たるものだ」という言葉にヒントがあります。予言が「不可知の意思であるかのようなふるまい」をしているように見えて、実は「計画されたもの」だったとしたら。そして、それが実現するときに、人は「神」を持ち出して、預言と言い換えたりするのではないか。
ただ、確かに、そこに「神」は存在するのでしょう。「神」がおとなしい間は、預言は「そのとおり」になるのでしょう。

20101103-7.jpg

UFOs……UFO/エイリアン説が広く世間に知れ渡ったのは、ニューメキシコのロズウェル事件がきっかけとなりました。
この事件は、その後、エイリアンが人間と協働し、米政府と密約を交わしているのではないか、という陰謀論にまで発展していったようです。
古くから、ニューメキシコ州ドゥルセ(Dulce)には、ドゥルセ地下基地があるとされ、エリア51や、デンバー空港の地下都市同様、大深度部分にはエイリアンとレプティリアンが軍関係者と飛行物体や生物化学兵器の開発に当たっているという噂が耐えません。
【地下で進められている超高速チューブと異星人】
ことの発端は、この地下基地で保安警備員をしていたトーマス・エドウィン・カステロという男が、地下の様子を撮った数枚の写真とテープを持ち出して世間に公表したことから、エイリアン実在説が一層、人々の確信にも似た信念を引き出したようです。
しかし、ここに元空軍大佐の重大な証言により、この事実とされていたことが覆されようとしています。
つまり、「ドゥルセの地下には、エイリアンなど存在しない」と。
あたかもエイリアンが実在するように演出される数々の仕掛けは、いったい何のためでしょう。
それは、「来たるべく終末の時」に、人間が創ったエイリアンを登場させて脅威を煽るためです。

20101103-1.jpg

「エイリアンは、過去一度もUFOで地球を訪れたことはないし、また、UFOで地球を訪れることも決してない」
スティーブン・W・ホーキング

20101103-3.jpeg


Project  Blubeam

The New World Order's

False Rapture Machine!!

20101103-2.jpg

ブルービームのホログラムは「携挙」マシーン


UFO、エイリアンの大嘘について分かってきた人々がいる。
一刻も早く洗脳を解かないと間に合わないかもしれない…。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top