カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »  2010年12月
       
20101231-2.jpg
画像はコチラから転載
20101231-3.jpg
画像はコチラから転載1927年のドイツ映画「メトロポリス」

ツァイトガイストに関係する人々。
ジョーダン・マックスウェルや、エレナ・ブラヴァッキー、トマス・ペイン… 人類を解放する勢力だけでなく、その正反対の旧世界秩序側の人間をも取り込んだ(協力させた)この映画は、両者の思惑の一致によって出来上がったようです。
「こっち側」の陰謀勢力、「あっち側」の陰謀勢力も望んでいること。それはキリスト教の瓦解。
そこから先は、二手に枝分かれするようですが…。

20101227-2.jpg
画像クリックで拡大
http://www.conspiracyarchive.com/Blog/?p=220
より転載

ツァイトガイスト(Zeitgeist=時代精神)の目指している未来社会とは、テクノクラートによる共同体主義者の世界のことです。
それは、ビーナス・プロジェクトの描く「お金の要らない社会」。
「必要な技能がある人たちだけが、世界の実際の問題を解決することになる」能力主義の世界。

ツァイト・ガイストの概念をグランド・デザインしたビーナス・プロジェクトの発案者、ジャック・フレスコは、サイバネティクスのユートピアを推進しようとしており、それはテクノクラートが聖職者にとって代わる社会のことであると。
20101222-2.jpg

ツァイトガイストは、ドキュメンタリー映画ということになっていますが、実は大いなる秘密があります。
最新作は2011年1月に出る予定ですが、この記事を読んでおくと、謎が一気に解けるかもしれませんよ。
20101219-19.jpg 

サンタクロースの起源は、4世紀頃の東ローマ帝国小アジアの司教であった、キリスト教の
教父聖ニコラス(ニコラウス)の伝説が起源とされています。(wIki
貧しい人々に施しを行い、学問を守護する聖人として描かれていますが、それでは、サンタクロースの付き人のようにして随伴している長い尻尾と鋭利な角を持った、みるからに恐ろしい生き物は、いったい何でしょう。
アメリカ、日本では、この恐ろしい生き物は紹介されていないのですが、ヨーロッパでは知らない人はいないのです。
サンタクロースの正体には、昔から常に謎が付きまとっています。
その驚きの正体とは?


また、同時にキリスト教の中に、どのように異教的要素が浸潤していったのか、キリスト教の変節の過程についても触れています。
20101216-13.jpg

「Merry Xmasの『X』というのは、二ムロドの象徴で、merry Xmas は『Magical or Merriment Communion with Nimrod』という意味である。
ニムロドの誕生日は12月25日の日曜日で、それはバビロニアの安息日である。したがって、クリスマスはイエスではなくニムロドの生誕を祝うものである。
ニムロデのシンボルが『X』の十字であることは重要である。多くの魔女(例えばチャールズ・マンソンの女性たち)の額の上にこのマークがある」-ジョントッド

20101208-15.jpg
20101208-16.jpg

ヒラリー・クリントンは、「現在の閣僚ポストでの仕事が最後になる」と語り、次の大統領選には出馬しない意向を漏らした。
Clinton Says Cabinet Post Will Be Last Public Job, Won't Seek Presidency(2010年12月4日 リリース)
20101213-1.jpg
写真はhttp://plancksconstant.org/より

イエス・キリストの再臨のときに起こるとされている空中携挙。そして、UFO、エイリアン、レプティリアン、アセンション、二ビル、ブルービーム、マシュー君のチャネリング・メッセージ、NESARA… みんなひとつにつながっており、人類をサタンに引きずり込むためのアプリケーションに違いない、というお話。
そのシリーズ第一弾です。

20101209-1.jpg

海外から大変、興味深いメールをいただきました。
内容は「将来、インターネットを合法的に管理できるように法改正を行うためにWikiLeaksの“脅威”を利用しているのでは」というものでした。
なるほど、ひとり大騒ぎするアメリカの議員たち。これがチャンスとばかり、早速、インターネットを規制する法律の起草に取りかかったようです。

シオニストのアジェンダ達成を助けるかのように、明らかにイラン侵攻の正当性を匂わす文書を公開したり、来年早々、アメリカの一つか二つのメガバンクの内部文書を公開して、銀行家たちを儲けさせるための金融クライシスを起こす、と言ったり、ここのところ大活躍のWikiLeaksのジュリアン・アサンジですが、今度はインターネットを規制する法律をつくることに一役買ったようです。

まさにアサンジさまさまのアメリカです。まさしく「一粒で三度おいしいアサンジ」ですから、アメリカはアサンジを処罰するなんてことはないのです。あるとすれば、もう、うんざりの小芝居に決まっています。

でも、世界一野蛮な国・アメリカのこと、「可愛いさ余って憎さ百倍」ということもありますから、出てきたら「もう用済み」とばかり、世間から消されないように油断禁物です。
crash_dees.jpg

Wikileaksのジュリアン・アサンジが言わなかったこと-
「私は、1つ、ないし2つの銀行の内部資料を流出させるつもりだ。1931年に匹敵するような取り付け騒ぎが起こり、資料が流出した銀行は経営破綻に追い込まれ、これがさらに広がってカオスの状態に陥ることから全体的な金融システムがダウンしてしまうだろう」

ジュリアン・アサンジは、金融専門誌「エコノミスト」を通じてロスチャイルド一族とつながっており、この一族に雇われた破壊工作員ではないか、という記事が出てきました。状況は、それを裏付ける方向で動いているようです。
20101204-1.jpg

Wikileaks は、まったくの茶番です。
あまりにズサンな騙しの手口に、管理人は、当初からほとんど関心を持っていませんでした。仮に洗脳されたとしても、すぐに多くの人たちが気がつくだろうと。人々の思考力に重大な影響を与えることはないだろうと、記事を書くのを後回しにしていました。

第一、オバマが騒ぎすぎです。千石さんも、いちいちマスコミに記者発表するまでもない。日本のマスコミは背景に何があるかなんて、想像もできないのです。マスコミの罪は、大罪というほかありません。

本当に米政府にとって致命的な情報が漏洩したのなら、逆にメディアは完全にシャットアウト、緘口令が敷かれてしかるべきです。
それを、わざわざ全米のマスメディアを使って、大統領自ら進んでWikileaks の宣伝をしているのですから、これは、もう誰が見ても明らかです。
そのお陰で、Wikileaks の存在は、ほとんどの人たちが知るところとなったわけです。プロモーションは大成功でした。

さて、ボツボツ、Wikileaks がマインド・コントロール・ツールであることを暴いた記事がネット上に出てきました。
その中のひとつを訳してみましょう。
20101202-1.jpg

二つの「新世界秩序」。
元祖イルミナティと、その他大勢の「イルミナティ」。
知ったつもりが、いちばん恐い。

そういうお話です。
       
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top