カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »  2012年07月
       
20120731-4.jpg


20120728-25.jpg


20120727-2.jpg

東京・お台場のフジテレビ本社ビル前に掲揚されている国旗。
ぴったり真ん中から縫い合わされています。

昨年の9月には、とうとう「ボロボロの国旗を取り替えろ」とデモ隊が押しかける始末。
デモ隊の背景どうこうは別にして、これは、この放送局の姿勢を表したものです。

20120725-7.jpg

「100ミリシーベルトまでは問題ない」と主張している男がいる。
福島の人たちに20ミリシーベルトの被曝を強要してきた張本人が事故後、原子力推進者としての失敗を謝罪した。

政府は「肝いり人事」と、この危険な男を推挙している。
野田内閣は、いよいよ国民に敵対の意思を隠さなくなった。


有識者たちは、この委員長選定に異議を申し立てている。

20120724-9.jpg

多額の原発マネー(賄賂)が原子力委員会の各委員に渡っていた事件で、全国の18人の弁護士が、近藤駿介原子力委員長を始めとする原子力委員会の5名の委員と、内閣府、文部科学省、経済産業省・資源エネルギー庁の各職員ら計27人が最高検公安部に告発した。

20120721-6.jpg
画像クリック:この動画の最初から32分辺りからキャプチャーしたもの

「2030年の時点で原発依存比率をどうするか」というのが国家戦略室のエネルギー・環境会議の焦点になっています。

なぜ2030年なのか?

それは、核のオプション(日本の核武装)を維持し続けたいと考えていた官僚たちが、核燃料サイクルを完成すると言っていた年なのです。

当時の官僚には、アメリカ追従から脱して国益を守るという気概がありました。
しかし、いつの間にか、それは官僚のための利権へと変節して行ったのです。

その人間たちは、5兆円以上もの税金で、核ゴッゴを十分楽しんでから、この世を去りました。

官僚は情報を秘匿し、自分たちのものだけにして優位性を保ってきました。
しかし、福島第一原発事故をきっかけに、官僚の愚鈍さ、哀しくなるほどの無邪気さ、無責任さが、国民の知るところとなったのです。

彼らはエリートどころか、ただの烏合の衆に過ぎなかったのです。

それは、給料袋から銀行振り込みに変わったことによって、一家の主の権威が失墜したのと少し似ているかもしれません。


20120718-2.jpg
20120717-13.jpg

やらせ疑惑大噴出で、自滅…

20120716-1.jpg
20120716-2.jpg


20120712-2a.jpg  
画像をクリックで拡大表示  (画像はENERGY NEWSより)  


20120710-25.jpg


20120706-1.png

原発推進新聞の海外版(クリック)。こちらには、ちゃんと「核クライシスに関連する死者」というタイトルになっているが、日本向けには書かれていない。

20120705-2.jpg


20120702-2.jpg
1号機~6号機原子炉の使用済み燃料を保管する共用プール(2005年2月1日)


Sun.2012.07.01  
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 Twitter はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

4号機続報

       
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top