カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »  2013年10月
       
20131031-1.jpg
Image from a promotional presentation for Urban Shield 2013. (Alameda County Sheriff’s Office)

アメリカでは、今、軍産複合体がバックについた武器展示会が各地で行われています。 その名前は「アーバン・シールド(都市の防御)」。ここに来れば、各市町村を軍事化する物資が手に入る。


※この記事は有料メルマガ対象です。
お申し込み初回月(毎月1日からその月の末日まで)は無料です
注意:今月は、今日で終わりです。
この記事は10月29日、配信済です。
mailmagazine-banner.png

20131030-1.jpg

人々は自分たちの本当の力を知らない」。
この風刺画の意味はなんだろう。
20111215-4.jpg

「2014年の第2・四半期(来年7月から9月)までに、景気の大底が抜けると見ている。
あるいは、大底が抜けるとともに、われわれアメリカ人の注意をそらすような何かが起こる。
それは、壮大な計画のためのアメリカ合衆国の軍隊化だ」
-ジェラルド・セレンテ


※この記事は有料メルマガ対象です。
お申し込み初回月(毎月1日からその月の末日まで)は無料です今月はあと数日しかありません。ご注意ください。
この記事は10月25日、配信済です。
mailmagazine-banner.png
20131027-1.jpg

国は26日午前2時過ぎ、福島県沖で起きた地震をアウターライズ地震であると結論付けました。
今回は、NHKも、ずばり「逃げて!」のテロップを出しました。
これくらいでないと日本人は避難しませんから、ちょうどいいと思います。


世界中で過去にM9.0以上の巨大地震は5回起きています。
その後、東日本大地震以外では巨大なアウターライズ地震が起こり、大津波によってさらに被害を増しています。
東日本大震災だけが例外となる可能性は低いでしょうから、これで地震のエネルギーが解放されたと見ることはできません。今回の地震と津波を未来からの警告と考えて、緊急避難について、再びイメージ・トレーニングしてみましょう。

アメリカの州の七不思議のひとつに「どの州も、ほぼ同じ法律が施行される」ということがあります。
いわゆる州同士で「示し合わせ」が行われているのです。
では、どんな力が働いているのでしょう。
TPPが多国籍企業の強い要望によってつくられた条約であるのと同様に、ここにも民間企業や基金からの寄付で運営されている米国立法交流協議会(ALEC)という存在があるのです。



※この記事は有料メルマガ対象です。
お申し込み初回月(毎月1日からその月の末日まで)は無料です
この記事は10月22日、配信済です。
mailmagazine-banner.png
台風などの低気圧が、地震のストレスが溜まっている地域を通過した後で地震が起きている、という各国の学者による「地震トリガー急減圧」説が、再び浮上してきました。
20131023-5.jpg

中国は世界に対して何をやろうとしているのだろう。
なぜ中国は、これほど多くの金を蓄えているのだろう。
mag20131018-1.jpg

ロサンゼルスの元市長によれば、「全米の自治体の9割が3年以内に財政破綻する」ということです。
現に、アメリカの財政破綻寸前のいくつかの自治体では、公有資産が次々と民間企業に売られています。
オバマの政府は、徹底した民営化政策を取っており、自治体の公共財産の民間への移転が進められています。
今後、多くの自治体が計画的に破綻させられていくでしょう。
アメリカ政府の今回のデフォルト騒ぎは、最後の大舞台を控えての衣装合わせだったようです。
大舞台とは、いよいよ連邦政府の身売りのことです。



メルマガ23号のメニュー
・今日の視点-「小泉元総理の原発ゼロ宣言の真意は何?」
・メイン記事-「デフォルト騒ぎは連邦政府の民営化前夜の最終リハーサルだった 」
・メディアの裏側-「メディアシールド法はジャーナリストを締め上げる」


※この記事は有料メルマガ対象です。
お申し込み初回月(毎月1日からその月の末日まで)は無料です
この記事は10月18日、配信済です。
mailmagazine-banner.png

mag20131015-1.jpg
核弾頭が秘密裏にテキサスからサウスカロライナに移されたという「うわさ」

オバマ政権下の米国政府が、再びアメリカ国民を核のパニックへ引き込もうとしています。
デフォルト危機と同時に、米軍のICBM(大陸間弾道ミサイル)の核弾頭が秘密裏にテキサスからサウスカロライナに移されたという情報が駆け巡っています。
背景に、新たな「大きな偽旗作戦」の臭いを感じ取っている人々が大勢います。



※この記事は有料メルマガ対象です。
お申し込み初回月(毎月1日からその月の末日まで)は無料です
この記事は10月15日、配信済です。
mailmagazine-banner.png
アメリカの債務上限問題など無視しろ!
毎度、毎度の政治家たちの茶番劇だ。
どうせ、タイムリミット(米国時間10月17日)の前日、当日、遅くても翌日には何かの案を出して、これで大丈夫だといって、再び借金をし続けるだろうさ」。

--ジム・ロジャーズ

本家本元、バーバリアン・イルミナティによる出版と映像を使った本格的な啓蒙活動が始まったようです。
これが彼らの言う“静かな革命”へつながるのでしょうか。



※この記事は有料メルマガ対象です。
お申し込み初回月(毎月1日からその月の末日まで)は無料です
この記事は10月11日、配信済です。
mailmagazine-banner.png

2014年4月1日から消費税が8%に上がることが決まりました。

このことで、安倍首相の「フェイスブック」に「異変」が起きているようです。(もちろん、フェイスブックは安倍の側近が書いているのです)
今までは、おおむね、安倍礼賛のコメントが多かったようですが、「給料も上がっていないのに、まったく賛同できない」という意見が約4000件も寄せられているとのこと。

この現象に対して、首相周辺は「首相は財務省と戦っていると期待していた保守層ががっかりしたのだろう」と冷静さを失わないようにしているようですが、これ自体が国民を煙に巻く騙しであって、本当に深刻なのは、消費税はとっくの昔に上げることが決まっていて、今まで芝居を打ってきたこと、そして、国民と約束した「社会保障」に使う気など、さらさらないということです。

これで、一般会計の税収は現在の40兆円からさらに減っていくでしょう。
そして、いよいよ赤字国債のさらなる増発と日銀の直接引き受けによって、この国の危機は増大するでしょう。
これは、近未来に起こることです。

でも、やっとここにきて、安倍マンセーの情報弱者たちも少しは気がついてきたようでよかったです。
安倍信者は、のんきに構えていますが、本当にこのままでは戦場に行かされて銃弾を浴びるかもしれないことが現実感を伴ってきたようで。

安倍晋三サイドは、「馬鹿な国民など、簡単に黙らせることができる」と考えて、今まで、デタラメな大嘘を連発してきましたが、そろそろ終わりでしょう。

経験豊富な大学の救急救命医は、救急搬送されてくる病人や怪我人の中には、明らかに「憑依現象」が見て取れる人がいると言います。
そうした現象を数多く見てくると、霊魂は死んだ後も存続すると確信せざせるを得ないとのこと。



※この記事は有料メルマガ対象です。
お申し込み初回月(毎月1日からその月の末日まで)は無料です
この記事は10月8日、配信済です。
mailmagazine-banner.png

安倍晋三、そして自民党支持者の狼狽がネット上を駆け巡り始めています。
有権者のみならず、消費税を検討する有識者会議さえ欺いて増税に踏み切ったこの国の独裁政権。
そして、さらに農産物重要5品目の関税全撤廃を言い出しながら、委員長であるオバマ不在の中、ひたすらTPP交渉妥結に暴走する安倍政権。
彼の政党が公約したこと、さらに、彼自身の言葉で国民に約束したことは、最初から「破るための約束」であったことがはっきり分かったのです。
これは有権者に対して詐欺を働いた、などという生易しいものでなく、ここまでくると国家的犯罪者と言うしかない。
まだ必死になって応援している人々は、どこの成りすましなのだろう。どこのネット工作員なのだろう。

ゼカリア・シッチンニビル説の虚構はとっくに暴かれているのですが、日本では、まだニビル脅威論、アヌンナキレプティリアンが実在するという虚妄に狂わされている人々が大勢います。
これは、オカルトが何よりの好物で、自分でまったく調べていない無責任なブロガーたちによって広められた結果です。

NASAがフリーメーソンから資金の他、さまざまな支援を受けていることは事実であり、このことは、フリーメーソンの公式サイトに明記されています。それでも目を覚せない幼子のような日本人は、自ら進んで死出の旅路に踏み出していることが分からないのです。

この記事は、マインド・コントロールを解く意味で非常に重要なのですが、ある程度の予備知識と深い理解力、それに安定的な常識がないと、かえって間違った妄想を抱くことになります。その妄想が無知なブロガーたちによって、またまたネズミ講式に広められてしまう危険性があるのです。

まず、読もうと思う方は茶色の文字をブログの検索フォームに入れて関連記事をサイト内から抽出して、ざっと斜め読みでもいいので目を通してからにしてください。
この記事は特にお勧めしはしませんが、決まりなので紹介だけはしておきたいと思います。




※この記事は有料メルマガ対象です。
お申し込み初回月(毎月1日からその月の末日まで)は無料です
この記事は10月4日、配信済です。
mailmagazine-banner.png

(この記事は、10月1日、午後13時過ぎに書いたものです)。

ロシアのRTの最新情報(日本時間午後13時20分 ※GMT 04:20)は、「たった今、ホワイトハウスの予算事務局が連邦政府機関の各部門に火曜日からのシャットダウン(閉鎖)を連絡しているところだという。これで、連邦機関で働く何十万人もの米国の労働者は、影響を受けることになる」と発表しました。




※この記事は有料メルマガ対象です。
お申し込み初回月(毎月1日からその月の末日まで)は無料です
この記事は10月1日、配信済です。
mailmagazine-banner.png

本当のところは、泉田知事が、東電に対して再稼働に向けた安全審査の申請を容認したことで、逆に再稼働は一歩も二歩も遠のいた、ということ。
国民は、マスメディアの恣意的な報道を鵜呑みにして、自滅への道をひた走っている。
       
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top