カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »  2016年10月
       
mag201610-23.jpg

シリアで展開されているペンタゴン側の民兵と、CIA側の傭兵との戦闘・・・
これを、米国の国軍(合衆国憲法で定められた公的軍隊)とグローバリストの私兵(いわば、街の立ちん坊の寄せ集め)との戦いであると気が付いた人は、世界の多くの謎を解くことができるかも知れません。


(※これはメルマガ第179号のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
mag20140429-4.jpg

「伊勢神宮に、神宮大麻って書いてあるんですよ」(彼女) (画像クリック)
・・・しかし、伊勢神宮の「大麻」とは、「オオヌサ」のことであって、一般に想像される大麻(=マリファナの主原料)のことではない。
私は実際に伊勢神宮に行って確かめたが、これが正しいのである。

オオヌサ」の生産は、確かにその昔、基幹産業だった。
その後、米国のハザール・シオニストが麻薬産業を独占するために日本では禁止された。

mag201610-14.jpg

経済は中国とともに。防衛はロシアとともに。もちろん、経済も。

フィリピンのドゥテルテ大統領は、オバマに対して「もうフィリピンを、あなた方の玄関マットにように扱うな!」と言い放ちました。
フィリピン国民も、「これからのフィリピンの大統領は、米国ワシントンには決めさせない!」と、きっぱり。

ロシアのプーチンに対するのと同じように、日本の大手メディアがドゥテルテに関して報道している内容のほとんどは、到底、事実であるとは言い難いものばかりです。


(※この記事は、メルマガ第178号のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)
ジョン・クリステンセン氏来日記念講演「パナマ文書問題についての講演会」について変更があります。
10月26日(横浜)と、10月28日(参議院会館)の2回が中止となりました。
10月26日(弁護士会館2階)、10月27日(国会議員・一部市民向け勉強会)、10月29日(東京田町)の3回については変更はありません。
以下、ご確認ください。
20161016-1.jpg

「残業100時間超えたくらいで過労死は情けない」と書き込んだ教授の処分が検討されている、という。
しかし、この教授は現政権にとっては好都合だろう。

だから、近未来、体内に追跡用の通信機能を備えたチップが埋め込まれるかもしれないのは、この教授に恐怖を与えるような言葉で批判した「あなた」のほうかもしれないのである。

mag201610-10.jpg

ヒラリーに核のボタンを押させようとしている“ジョン・ゴールト”たち。

(※この記事は、メルマガ第177号のダイジェストです。全文は、メルマガでお読みください)
20161013-1.jpg

タックスヘイブン研究の第一人者、ジョン・クリステンセン氏が10月に来日し、市民向け講演会等を行います。
日程は、10月26日、27日、29日の3日間。参加費無料。
詳細は、上の画像をクリック!

mag201610-.jpg

米ロの直接対決が確かに迫っています。

(この記事は、メルマガ第176号パート1、パート2の2本の記事のダイジェストです。全体の4分の1ほどに圧縮されています。全文はメルマガでお読みください)

バカな騒動を起こしたものである。
この問題は、あらゆるコミュニティーが崩壊する予兆でもある。

しかし、「医信」ねえ・・・この連中、どんなもんだろか。

       
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top