カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   FEMA  »  米国5分割計画、いよいよFEMAが準備を始めた
       
20111210-1.jpg

グローバリストの計画では、米国は5つの地域に分割されるとのこと。

強制収容所が、いよいよ立ち上がる:
全米50州で臨時の兵役を提供してくれる下請けを募集

SHTFプランから。
Detainment Camps Going Live: FEMA Seeking Subcontractors to Provide “Temporary Camp Services” In All 50 States
Mac Slavo   2011年12月7日

20年間の大部分の間、FEMA(連邦緊急事態管理庁:the Federal Emergency Management Agency強制収容所などは、陰謀論を身にまとった“電波系”の人たちの絵空事と考えられてきました。

ここ数年、アレックス・ジョーンズの長編ドキュメンタリーPolice State 4や、前の知事であるジェシー・ベンチュラ(Jesse Venutra:アメリカの元プロレスラー、俳優、政治家)のFEMAに関する暴露情報のような新しいリサーチャーによって、多くの情報が手に入るようになりました。

それによって、政府が、かなり前から自然災害に即時対応できる体制や、米国全土に米軍を配備できる体制を整えてきたことが、徐々に明らかになってきたのです。

すでに閲覧者の多くが知っているように、米上院は、最近、国防認可法(the National Defense Authorization Act)を可決しました。

この法案については今まで、ずいぶんと議論されてきました。
この法案は、米国内において交戦地帯を設けることと、テロリストの活動に加わったのたではないかという疑いがかけられただけで、人々を強制的に収容できることを認めるものです。



しかし、みなさんがまだ知らないであろうことは、この法案が上院を通過したまさにその時、国土安全保障省の後援により、FEMAと政府との間の協約に基づいて、FEAMAの下請け要員を募集していることです。
それは緊急事態におけるサービスに関して、FEMAの活動に属するもので、「防御」と「インフラ」に関する作業に当たる要員です。

一目したところ、これはたいしたものに見えないかもしれません。
なぜ政府は、緊急事態に備えなければならないのでしょう?

しかし、KBR(Kellogg, Brown & Root Services:政府の大手請負業者であるハリバートンの子会社)の戦争情報を通じて利用が可能になった電子メール調査によると、政府とKBRを通じて見ることができる請負案件は、収容所での臨時労働と施設管理となっています。

以下は、その電子メールとプロジェクト概要から重要部分を抜粋したもの:

KBR(Kellogg, Brown and Root Services)は、FEMA、米陸軍技術部隊(USACE)、および州・地方自治体機関が行っている現在の業務、そして将来の救急サービスの外注として、臨時労働と施設管理を行う下請け業者を全国から求めている。

アメリカは5つの地域に分割されることになっている。
この臨時活動は、5つに分割されたそれぞれの地域の中の各州で必要とされるものである。

(このアメリカ分割の)初期の編成を立ち上げるために、以下に挙げられた作業を72時間以内に確立しなければならない。
そして、順次、増える作業に24時間以内に対応しなければならない。

これは緊急時に対応するためのプロジェクトである。

準備期間は、非常事態対応の性質によっては、重大な必要要件を伴うことがあるために十分な時間が与えられないこともあるということを強調しておきたい。

下請け業者(人)は、緊急事態に優先的にシフトし、柔軟に対応し、かつ複雑で多様な対応ができなければならない。
必要とされる供給ラインは、十分でない場合があるが、まったく事前に配置されていないというものではない。

こうした現場における必要人員は、作業の規模や範囲による。
人員の人数に関しては、301人から2000人、期間においては30日に及ぶものとなっている。

さらに詳細について、臨時施設のホスティング・サービスの中にあるKBRの資料に記されています。

・ケータリング・サービス
・臨時の柵とバリケード
・手洗い場
・クリーニング・サービス
・医療サービス
・トレーラー事務局、管理運営エリア
・飲用水
・発電、燃料供給/供給および配電設備
・廃物収集
・シャワーとトイレ
・テント設備、フローリング、電気・空調・廃水

こうした収容所の施設のインフラなどを整備する仕事を外注の下請け業者の発注する、ということです。
(つまり、いよいよFEMA収容所が、いつでも使用できる状態に整備する、ということ)

目的と意図を持って、FEMAとDHS(国土安全保障省)は、今、全米50州で収容所の準備を進めています。
必要に応じて、収容所としての機能は強化されます。

セキュリティについては、KBRの資料には記載がありませんが、米軍のガイダンスで以前に扱われていた問題です。

2008年のレポートで、私たちは、軍隊が収容所、またスペシャリストの生活の場として、賃借りしていることを強調してきました。
その中で、次のことについて特に注意を払ってきました。

合衆国政府は、より多くの受刑者を収容できるよう準備しているようだ。
そうした受刑者は処刑されるか、合衆国の外で拘留されるかするので、これらの施設は外国人のためのものではないだろうと疑っている。

人が見たら、埋葬や住民移転の専門家が、米国の市民を監視しているのではないかと結論付けるにちがいない。

軍はそれらを捕虜収容所または再定住施設と呼んでいるようだ。
第二次世界大戦中では、それらは別の名前で呼ばれていた。

さらに、私たちは、最近の2年間で、FEMAが1億4000万包の食物、毛布、遺体袋を製造メーカーから調達したことを知りました。

その間、米軍は、大規模な経済破壊や市民の動揺という“戦争ゲーム”に積極的に取り組んでいるのです。
事実、暴動や、暴動の末の拘留という事態を含む緊急対応のために、2万人の兵士が訓練を受けているのです。

20111210-2.jpg
中国人の兵士? 

20111210-3.jpg
一般市民の場合

20111210-4.jpg
この訓練には警官も加わっている?

主流メディアは、このことを報道しませんが、ほとんどの人々が、それに薄々勘付いていながら無視してしまうか、「どうせ、また(アレックス・ジョーンズのような)オールターナティブなニュースが尾ひれをつけて大げさに騒いでいるだけさ」と、隅っこに追いやってしまうのです。

しかし、証拠は、まさに私たちの前にあるのです。

これは抗しがたいことで、ここから目をそむけることはできないのです。

私たちの政府が、全米で何万もの人々が拘留されるという事態が起こったときのために準備しているということは、もはや疑いようがないのです。

(ここまで)

---------------------------------------------------------------------------------------

ここから管理人:

ウォール・ストリート・ジャーナルは2008年に「アメリカ6分割プラン」について報道している

ウルトラライトプレーンに乗って上空からFEMAのサイトを撮影





オバマが、9月27日、軍の手配によってデンバー空港の地下施設に行ったり、ニューヨークのOccupy Wall Streetで警官が赤い色のスプレーを吹きかけたり、それが今度はワシントンに大々的に波及しそうだったり、ヒラリー・クリントンが、急にファシズムに傾斜していったり、イランが戦争スタンバイ状態になったり、中国、ロシアがアメリカがイランを攻撃するなら、第三次世界大戦をも辞さない、と言ったり、どうも世界中がきなくさい。

EUを支えていたドイツの国債が、初めて札割れとなったし、フランスのサルコジとドイツのメルケルが連合を組んで、英国のキャメロンを「イギリスは、ユーロをクソだと言っているトンデモない国だ」と、罵り合っているし、どうも、お三方とも、仲のいい同じ劇団の三文役者のくせして、私たちにばれないと思っているようです。

実態以上にEUの金融危機を煽っているキライがあります。
いっそうの円高が心配です。

しかし、もう一枚も二枚も、薄皮をはがさないと本当のことは見えてきません。
少なくとも言えることは、すべてグローバリストが世界の人々を欺くための学芸会だと言うことです。

日本は、どうも除染どころではなくなってきました。
誰かが「日本は福島だけではない」と言っているのですが、だんだん肯けるようになってきてしまいました。

増税までして無駄な除染作業になど金を使うより、国家レベルで食糧と石油などのエネルギー備蓄をしておかないと大変なことになりそうです。

でも、まだ内閣は、TPPがどうしたことしたとやっているですから、小学生のホームルームのようだと海外から揶揄されても返す言葉がないのです。
日本の政治家、官僚の“世界の情勢音痴”は、もはや病気レベルで、やがて本当に日本を潰すでしょう。

FEMAについては、さんざん書いてきたので、関連記事を抽出てお読みください。
youtubeにもたくさんの関連動画があります。


「アメリカが5つの地域に分割される」という情報は数年前から流れています。
これは、デンバー空港と関連していることなので、それに絡めて記事を書いてきました。

その中のアメリカは崩壊から消滅に向かう!の記事の後半に、「アメリカが六つに分解した後、溶けて消える、という予測」という記事があります。

20100615-1.gif

これは、ウォール・ストリート・ジャーナル(2008年12月29日)に掲載された元KGBの分析官、イゴール・パナリン氏の記事を基にしたものです。
イゴール・パナリン氏は、アラスカを入れて6つに分割される計画になっている、と言います。

20111210-1.jpg

アメリカの南部が変わっていますが、あとはほぼ同じです。
この地図は、今回のFEMAの要員募集に関係しているKBRのサイトにある地図です。
KBRとは、政府の大手請負業者であるハリバートンの子会社です。

あの「ハリバートン」です。イラク復興に群がったハゲタカ企業です。
ですから、この地図は、思いつきや気まぐれで作ったものでないことは確かです。

パナリンの予測は、次のようです。

現在のカリフォルニア州は、「カリフォルニア共和国」の中核となって、中国の一部に組み込まれるか、あるいは中国の影響下に置かれているものと見ます。

現在のテキサス州は、「テキサス共和国」の一部を構成することになり、メキシコの影響下において中核的な存在となるでしょう。

ワシントンDCとニューヨークは、「大西洋アメリカ」となり、ヨーロッパ連合に加わるかもしれません。

カナダ国は、The Central North-American Republic=「中央北米共和国」のブロックを管轄するようになるでしょう。

そして、アラスカはロシアに包括されるでしょう。


そして、パナリン氏は、ハワイは、日本か中国の保護国になると予測しています。

ウォール・ストリート・ジャーナルはグローバリストの広報紙のようなものですから、この情報には注意する必要があります。
計画では、アメリカ、カナダ、メキシコの北米連合が誕生することになっているので、「アメリカ5分割だか、6分割だかの」計画は、アメリカ人に、さらにストレスを加えようというものではないかと疑いたくなります。

それは、アメリカ国内で中産階級による革命を惹起させるためです。
そのとき、FEMAの強制収容所はフル稼働するのでしょう。




非常食・災害用食品/25年間保存 サバイバルフーズ 
ツーアンドハーフ・ファミリーセット (野菜シチュー)/10041
グランデックス(Grandex)
13,230 円  

非常食・災害用食品/25年間保存 サバイバルフーズ ツーアンドハーフ・ファミリーセット (野菜シチュー)/10041

関連記事
       
NEXT Entry
放医研がプルトニウム内部被曝の専門家を募集中
NEW Topics
「中央銀行の仮想通貨から、うまく逃げおおせろ!」
乗っ取られたワシントンと日本の「ディープ・ステート化」
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(2,3)
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top