カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   原発・放射能  »  4号機燃料プールはこれから前人未到の領域に突入
       
20120310-3.jpg

原発作業員のみなさんには、ひたすら感謝するしかないなぁ。やはり、この人たちは英雄だよ。




世界の科学者の英知を結集しても20年、30年かかる。今の技術では、こうすれば良い、というものはない

4号機燃料取り出し建屋カバー建設「前例なき」燃料棒の取り出しへ


使用済み燃料プールから1535本の燃料棒を取り出す手順
20120310-1.jpg

1535本の燃料棒を取り出す前に、4号機建屋の近くにある共用プールの整理整頓が必要です。

現在、共用プールには、約6400本の使用済み燃料棒が格納・冷却されており、すでに満杯状態。

6400本のうち冷却が進んでいるものから取り出して、別の場所に移し変える作業が必要になってくるのですが、そうした準備(新しいカバーや新しいクレーンの設置作業も含めて)、1年以上かかる、ということです。

あるいは、別に共用プールの増設を行わない場合は、ドライ・キャスクに燃料棒を格納したまま、このように核の霊園墓地に保管することになります。

20120208-3.jpg
ドライ・キャスク(大きいものだと100トン以上ある)

すべての受け入れ準備が整って、初めて4号機の使用済み燃料プールから燃料棒を取り出す作業に取り掛かるのが、2013年の12月の予定。

この工程は、カナダの著名な物理学者で、CNNR(=Canadian Coalition for Nuclear Responsibilityの会長でもあるゴードン・エドワーズ博士も進言していることでもありますが、ただ、博士は、「早くて2014年までに、使用済み燃料プールから、照射済み核燃料を取り出すことは不可能であることは明らかだ」と言っています。

この工程は妥当なのでしょうか。
福島第一原発の現場では、すでに原発作業員の数が足りないと言います。

20120310-2.jpg
自分の身に危険が降りかかっていることが、やっと理解できるようになってから青ざめるキャスター。
今までは、原発推進に傾斜した報道……無関心……  とても面白い人たちです。


幸いなことに、福島第一原発の敷地内にあったドライ・キャスクは津波に飲まれたにも関わらす無傷でした。

20120208-4.jpg
墓標のように立ち並ぶドライ・キャスク

百年単位の長さで、私たちは、これから、この「時限爆弾」と付き合っていかなければならないのです。

大量の使用済み核燃料を保有しているアメリカは、この時限爆弾の処理に頭を悩ましているのです。

20120310-4.jpg

ドライ・キャスク(乾式キャスク)の中には、数十本の燃料棒が収納され、同時に冷却する仕組みがあり、日本の場合は、おそらく建屋を建てて、その中に格納するものと思われます。
【資料】原子力発電所内の使用済燃料の乾式キャスク貯蔵について

これが終ったら、1号機、2号機、3号機と、次々と使用済み燃料プールの中でかろうじて冷却されている燃料棒の取り出し作業が行われるのです。それは数十年の歳月を必要とするでしょう。

福島第一原発だけで、この有様なのです。
これが、他の50基の原子炉建屋で、これから行わなければならないのです。

今年の4月に、すべての原発が停止する公算が高まっています。
停止しただけで、それぞれの原子炉建屋には、蓋のない原子炉である使用済み燃料プールがあるのですから、危険性は、原子炉が停止したところで、何も変わらないのです。

しかし、それこそが、頭の周りを飛ぶハエのように、うっとうおしい日本の将来の起点なのです。

六ヶ所村は、もう無用の長物でしょう。ただの「金食い虫」に過ぎません。
核のゴミが、もう行き場がないというのに、それでも原発を再稼動させたい権力亡者の枝野幸男経済産業大臣は、本気で死刑台に上がりたいらしい。

枝野は結局、「安全の確認ができれば再稼動する」といっているのですが、またまた根拠なし。この極悪非道の詐欺師を、国民はいつまでも野放しにしてはいけない。

ほとんどの地震学者が口を揃えて言っているように、すでに日本は巨大地震の発生周期に入ったのです。

多くの人が考えていないこと…。

4号機建屋が倒壊するほどの地震とは、どんなものか。
それは、福島第一原発で起きたことと同じことが、福島第二原発でも起きる可能性が高い、ということなのです。
福島第二原発は、福島第一原発の南20kmにあるのです。

そんな中でも、いよいよ東電は女性作業員を働かせるようです。
(東電のリリース:「比較的放射線量の低い特定の屋内作業に従事できる運用への見直し」をする)

今、この鬼畜・東電と発狂政府のお陰で、日本人までが「異常な国民」と世界中のメディアで言われ始めています。






非常用持ち出しセットDX デラックス201点セット 防災避難セット
ゴーウエル  
22,000 円  2012年3月16日に入荷予定。
非常用持ち出しセットDX デラックス201点セット 防災避難セット


関連記事
       
NEXT Entry
キャリントン事象が起これば、経済・金融システムは崩壊
NEW Topics
黒幕・麻生に恩を売るゼニゲバ維新と大阪人の絶望的な民度
財務省を中心とした官僚たちの「安倍おろし大作戦!」
印刷通貨の限界と金に裏付けられた仮想通貨の発行(2、3)
印刷通貨の限界と金に裏付けられた仮想通貨の発行(その1)
大阪で「自民」と「維新」のヤクザ議員が次々と逮捕
籠池氏と菅野氏による官邸のサイコパスを炙り出す戦略
各国の中央銀行が仮想通貨を発行-未来の・・・(その2)
各国の中央銀行が仮想通貨を発行-未来の支配者は誰か?
長谷川幸洋は、なぜ産経新聞に行かないのだろう?
海外メディアは、すでに麻生太郎をフィーチャーし始めた!
「安倍の次は2018年の春まで麻生で」の米情報部のシナリオ
愛国疑獄!安倍・麻生・鴻池・橋本・松井・・・悪人どもの断末魔
スキー三昧、ディスコで踊る安倍昭恵の異常性と被害者ヅラ
韓国で原発惨事発生なら、西日本2830万人が避難
3月15日、迫る債務上限と利上げ観測、そして小売黙示録
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top