カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   領有権問題  »  沖縄米兵連続強姦事件と、日本の外務省の病的な無関心
       
20121024-4.jpg

神奈川県・横須賀基地所属の米兵に睡眠薬を飲まされ暴行されたジェーンさん。
2002年、ジェーンさんは加害者の米兵に民事訴訟を起こし、東京地裁は加害米兵に300万円の賠償を命じた。
しかし、実際に支払ったのは、なんと日本の防衛省だった。

その米兵は裁判中にアメリカに帰国した。
こうした犯罪が、毎日のように起きている日本の米軍基地。被害者は日本女性だけではない。
米軍基地は、凶悪犯罪者の巣窟になっている。
だから、米兵による日本人の強姦、殺人事件、ひき逃げ事件が止まらない。

すべての元凶は、日本の政府が地位協定に甘んじ、無関心・外務省が税金で、こうした鬼畜としか言いようがない米軍基地の犯罪者を助けているからだ。


昭和47年から続く沖縄女性に対する暴行、強姦、殺人は、こうした鬼畜米兵を特権階級のように扱う「地位協定」の存在があるからだ、と主張する。

ジェーンさんに、一人で闘わせておいていいのか。
大マスコミのクズ記者たちよ、奮起せよ。


デタラメだらけの田母神氏のツイート

産経新聞コラムニストの沖縄女性へのセカンドレイプを読んだ方々から、いくつかの重要な情報をいただきました。

この産経新聞コラムニストの書いたデタラメ大嘘記事とほぼ同じ内容の記事が、栃木県の下野新聞のコラム「雷鳴抄」でも掲載されているといいます。

これも「日本病」のひとつの症状です。

向こう三軒両隣を見回して、同じことを書く。
彼らにはマスコミ人としての矜持はないのです。善悪の判断さえできないのですから。

中国が尖閣・沖縄諸島を支配するために、いつでも軍事行動を起こせるようにスタンバイしていることは、日本の防衛関係者の間で共有されていますが、日本の領土が、そんな驚異に晒されていても、選挙しか見ていない国会議員にとってはどこ吹く風。まるで他人事です。

自衛隊は、尖閣周辺だけではなく、福島県周辺で大地震が起こって、福島第一原発4号機プールの冷却ができなくなった場合、中国の人民解放軍が上陸してきて占領することを前提に国土防衛のシュミレーションをしています。

女性を強姦することしか興味がない米兵など、いざとなれば放射能が怖くて撤退してしまうからです。

中国は人民の数そのものが兵器ですから、何十万人、いや何百万人の兵士が放射能で死のうが、痛くも痒くもないのです。
必要なのは、それだけの大群が上陸できる陣地を日本側に確保できるかどうかです。

事実、すでに新潟市中心部の広大な土地が中国に買い占められているのです。(自分で調べることが大切です)
北海道はいうに及ばずです。

沖縄の米軍基地近くの、いくつかの土地も中国に買い占められているのです。

というわけで、尖閣・沖縄周辺が、「福島第一原発事故前夜」の状況にあることを認識すべきです。決して、甘く考えてはいけない。攻める側にとっては、平穏であればあるほどいいのですから。

さて、「セカンドレイプ」という言葉がネット上に、いろいろ出ています。
どうも、元航空自衛隊航空幕僚長で軍事評論家の田母神俊雄氏のツイートに批判が殺到しています。
これもこれも、その他、たくさん。

20121024-1.jpg

このツイートを見た産経新聞のコラムニスト、井上政典氏が、そのほかFBなど読んで、妄想で書いた記事が、この記事だったというわけです。

井上氏の記事は田母神氏のツイートからパクッたもので、それを自分で調べた「確かな情報」と書いていたわけです。騒がれたので、慌てて、記事を削除してしまいました。

もちろん、この田母神氏のツイートもすべて間違いです。

この件について、沖縄在住の、ある研究者の方から、現地の詳しい情報をいただきました。また、その内容を、こちらでも確認しました。
安全のため、ご本人が特定できない範囲で、ご紹介します。

また、そのお便りの中に書かれてある「被害者」も特定できないように若干、ぼかすことにします。
ご了承ください。

まず、この女性が被害に遭った時間は、田母神氏がツイートしたように確かに午前4時です。

ただし、田母神氏の言う、「犯行時間が午前4時頃については、どこのテレビでも報じていない」というのは事実ではなく、一部、ローカル放送局では報じていましたし、どこの中央紙も「16日午前3時半~同4時20分ごろ、沖縄本島中部の屋外で、飲食店勤務の女性を乱暴し…」というように報じています。

この女性は深夜営業の飲食業のアルバイトさんでした。

仕事が終って、中心街のコンビニに立ち寄り、買い物をしてコンビニの駐車場に出たところを鬼畜米兵2名に声をかけられ、危険を感じて無視したものの、無理やり米兵2人に住宅街の暗がりに連れ込まれたというもの。

ですから、田母神氏や産経新聞コラムニストが、暗に匂わせているように、「女性のほうからハニートラップを仕掛けた」のでは、もちろんありません。
この女性は、事情があって、生活のために一生懸命働いている女性です。

つまり、この二人はデタラメおやじです。

この女性がどういう人であるかについては、これ以上書くことを控えます。
田母神氏や、井上氏のような無責任な妄想狂が、またまた尾ひれを付けてデマを広げるでしょうから。

田母神氏はまた、「平成7年の女子高生の暴行事件も朝の4時だったそうです」と書いています。
「~だそうです」ですよ。要するに推測です。

元航空幕僚長で、軍事評論家。その肩書きで食べているのだから、自分で調べなさいよ。これからも、デタラメを書くつもりなら、「軍事評論家」の肩書きを使うのを止めなければならない。

要するに、これもデタラメ。

平成7年の暴行事件の被害者は高校生ではなく、なんと小学生でした。
そして加害者は、鬼畜米兵3人です。
犯行時間は午前4時ではなく午後8時です。

この小学生は、商店街で買い物をしていたら、突然、鬼畜米兵3人に襲われ、粘着テープで顔を覆われ、手足も縛られて、車で海岸に連れていかれたのです。(→Wiki

トップ画像にあるジェーンさんも、薬を飲まされて車に連れ込まれた末に、乱暴されました。

産経新聞のコラムニスト・井上政典氏は、田母神氏のこのツイートを、元航空幕僚長が言うことだからというだけで、そのまま鵜呑みにして、デタラメ記事を書いたのです。

井上政典氏は、この被害者について、
「…『一生トラウマを持たねばならない人生を背負わされた』というイメージを頭の中で描きませんか? 
…でも、実際はそうではありませんでした」
と書いているのですが、ここまで嘘を書くと、これはもう犯罪的といわなければなりません。

当時、小学生だった被害者の女の子は、現在は仕事についていますが、事件から20年になろうという今でも、病院に通って薬の服用を続けているのです。
私に情報をくださった(というか、私のほうからお願いした)沖縄の研究者の方は、この被害者のご友人です。

米軍の退廃は末期的症状。彼らにはアメリカ本土さえも守ることはできないだろう

私が、こうした沖縄基地の犯罪米兵を「鬼畜」と書くのは、単なる義憤と安値の正義感からではありません。
知れば知るほど、彼らの手口は残虐で卑劣極まりないことが分かります。「鬼畜」という言葉は、彼らにぴったりです。

この田母神氏のツイートを、そのまま信じた馬場正博という男は、「こういうことも誰かは言わなければならない」などと訳知り顔で書いていますが、閲覧者は「お前にこそ、こう言わなければなせない。不見識なヤツだ」と書くべきです。

よく、この恐怖を想像できない人々は、「この事件を風化させないように」と軽薄なことを言いますが、現実は、そんな生易しいものではないのです。

あまりにも苦しく、悲しく、怒りで体がバラバラになりそうなので、実は、もっと多くの情報が寄せられているのですが、この件については、これ以上書くことを差し控えます。

これは、米軍内だけで起こった性犯罪の届出件数です。なんと3192人もいるのです。
米軍内だけこれなのですから、米軍兵士が関係している性犯罪の総数が、どれくらい多いか想像できます。

20121024-3.jpg
読んでください→地元紙で識るオキナワ

日本だけでなく韓国でも、その他の国でも鬼畜米兵の性的暴行事件は続いているのです。

20121024-6.jpg

これは被害者の訴えによって発覚しただけですから、実際はもっと、もっと多いはずです。
まるで米軍基地のある都市は野獣ジャングルです。

まず、田母神氏は被害者のことをツイッターなどで云々する前に、
「沖縄を守る米軍兵士が朝の4時まで酒飲んでていいのか。そんなことでは、沖縄どころかアメリカの国土も守れないだろう」と言うべきなのです。

あなたは卑しくも元航空幕僚長ではなかったのか?
それとも、本当のところ、犯罪米兵の味方であって、被害者に落ち度があったと、これからもデマを流すつもりか。

なぜ、「殺されなくて良かった」と言えないのか。

沖縄県議会は、
「アメリカ軍の綱紀粛正と人権教育の在り方を根本から見直すことや、日米地位協定を抜本的に見直すこと、それに基地の整理・縮小や返還を急ぐことなどを求めています。

沖縄県議会で、アメリカ軍関係者が起こした事件や事故に対する抗議決議が採択されるのは、沖縄が日本に復帰した昭和47年以降、今回で100件目になるということです」。

こうした沖縄米兵の綱紀粛正を求める抗議決議が何百回出されても、米軍は、まったく改めないのです。

沖縄の司令官が怠惰で無能な指導力が欠如した人間だから、何度、綱紀粛正を言ってもこうした事件が起きてしまうのです。
責任者に重罰を科すよう、アメリカは、自らの誠意を見せなければならない。

こんなことを昭和47年から表立った事件だけでも100回も繰り返しているのです。

沖縄の米兵は、日本の国土を守る覚悟などないのです。
彼らは、思いやり予算で一日中誰もいない住宅のエアコンをがんがんかけて沖縄でリゾート生活を楽しみ、女性を強姦し、遊び呆けて本土に帰るのです。

本州・北海道・四国・九州(以後本土)の人たちは、こうした事件が報道されると一時は怒ります。
しかし、数日も経てば、記憶が薄れてしまうのです。

沖縄から遠く離れた本土の人たちにとっては、国土防衛は「誰かがやってくれるもの」と考えているのです。

中国は、尖閣・沖縄諸島に着々と触手を伸ばしています。今は緊急事態の一歩手前です。いつまでも無関心を決め込んでいることはできないのです。

中国版シオンの議定書『日本開放第二期工作要綱』の存在

日中の緊張状態は、これからも続きす。それも何年も。
米軍と敵対するのではなく、協力して防衛強化を図る必要があります。

それには、障害となっている鬼畜米兵による強姦事件、殺人事件、窃盗事件、ひき逃げ事件を米軍自らの手によって断つことです。

そのために、地位協定の見直しは不可欠で、沖縄で犯罪を犯した米兵は、沖縄で裁き、沖縄の刑務所に入れるべきです。
そして、犯罪者を出した指導力のない上官は、沖縄の刑務所で服役している兵隊に自ら差し入れをすることです。

田母神氏が、なぜ、こんなデタラメをツイートしたかというと、「今回の米兵による沖縄女性暴行事件が、中国の工作員によるハニートラップだ」と暗に誘導したいのです。

20121024-2.jpg

日本のマスコミは思考停止状態なので、彼らからは本当のことは伝わってこないでしょう。
だから、尖閣問題が実は深刻な事態になっていることを、田母神氏なりに警告したいと思っているのです。

だからといって、事実でないことを書いて混乱させてはならない。

彼は、「沖縄の米兵が起こした事件をきっかけに、沖縄の人々の反米運動を扇動し、中国にとって脅威となるオスプレイ配備を妨害しようという工作があるのではないか」と言いたいのです。

いきなり結論に飛ぶと、田母神氏が警告をしたいと思っているのは、日本開放第二期工作要綱の存在です。
日本解放第二期工作要綱とは、たとえれば、シオンの議定書の「(日本支配のための)中国版」のようなものです。

沖縄では、着々と中国の工作が始まっています。彼らはカメレオンのように、「成りすまして」、静かに沖縄に潜入しています。
これは決して絵空事ではなく、現実に起こっていることですが、今のところは、まだブロックできています。

琉球新報あたりは、かなり前から報じているようですが、重症の日本病患者である霞ヶ関の官僚には理解できないのです。まったく、お目出度い人たちです。

日本解放第二期工作要綱については、何人かの研究者がリサーチしています。
ただし、日本解放工作要綱など、最初から存在しない、という人もいるのです。これについてはまだ分かりません。

しかし、日本解放工作要綱なるものをでっち上げて中国の脅威を肥大化させることによって、米軍依存へ、いっそう傾斜させることもできるのです。

オスプレイ専用の離発着基地を突貫工事で辺野古に作るべきです。あるいは何も沖縄本島でなくても、周辺の離島でもいいのです。オスプレイには滑走路が要らないのですから。

普天間でオスプレイの事故が起きたら、尖閣は中国に取られるだろうし、何より沖縄自体が危なくなります。
世界一危険な飛行場「普天間」の意味は、住宅街のすぐ隣にあるというだけでなく、事故が起きたら出動できなくなってしまうという意味もあるのです。

私に情報を提供くださった研究者の方の家の上空を、今日もヘリモードでオスプレイが飛んでいる、といいます。
沖縄の人たちの我慢も限界です。

暴動が起きたら、今度は国土防衛はできません。
防衛省は無関心。
外務省が鬼畜米兵をかくまうようなことをやっている国は日本だけです。

こんなときにも復興予算を横流しして、奪い合っている官僚たち。そんなことでは、あなた方は、自分の家族も守れないでしょう。醜いこと、この上ない。

もっとも、民主党の野田政権は、本当に日本を破壊するためにできた内閣ですから聞く耳を持たないどころか、日本の防衛のためには積極的にならないはずです。

民主党は内閣府に朝鮮勢力をどんどん入れて、機能不全にしてしまっています。すでに内閣府は伏魔殿状態になってしまいました。
野田佳彦は、表から見えないところで仕掛けをすることは得意なのです。
官僚が好き放題やるのを許しているのは野田佳彦です。

陰謀論で新境地を開くホモ勝の話を聞いみようか

最後に、ここのところデマを流し続けている俗称・ホモ勝の陰謀論をご紹介しましょう。



05:20から

「オスプレイ、反オスプレイの動きがある中で、中国側からいろいろな働きかけがあると思っています、そういう情報関係者の間の話では。

沖縄世論は火薬庫ですわ、言ってみたらね。
その火薬庫の上に日本政府と米軍が座っているようなものですよ。

そこにマッチの火を投げ入れたらどうなるかっていう、そのマッチの火が今回の事件じゃないですか。

だから、僕が中国の情報工作担当者であれば、今、こういう事件が起きると日米関係が非常に、沖縄との関係が悪くなると当然考えますよね。

だから、こういうことは、ちゃんとした報道機関が書かないので、僕みたいな陰謀史観者が言う…とにかく明日、発売される週刊SPA!(ホモ勝のデタラメ記事に金を払う必要はありません)のコラムでも書いてますけれども、これもコンマ何パーセント(の可能性)だと思いますけれども、仕掛けられた可能性もなくはないと。

つまり、この米兵2人にしてみたら、要するに1日半しか沖縄にいないわけですよね。
その間に二人の米兵が語らって、この時間に女の子が歩いているかもしれないといって、そこにいってそれを強姦してしまうということの確率、可能性というのは、なかなか彼らにしてみても冒険的なんですよ。

(このニ人の米兵は、目を皿のようにして、あちこち徘徊して「獲物」を探していたのです。だから見つかるしょう。ホモ勝はリスナーを誘導するようなことまでやるのです)

問題なのは、この二人は今月の3日に来日していて、14日まで厚木基地にいたんですね。

だから厚木基地で、たとえばの話、そういう(中国の)工作関係者と接触する時間と余裕は、あるわけですよ。

もちろん、もっとアメリカにいたときから仕込んでいるのかも知んないけど、それよりも明らかに、絶対、沖縄に行くはずだという人間をつかまえて、しかも「大丈夫だよ、翌日には君らはグァムに行くんだから逃げ切れる」と言って、ある報酬なんかを渡した場合に、どうなるかということも、これは当然だけれども、アメリカの情報関係者も、CIAも検討はしていると思いますね、可能性をね。

だから、捕まったのは大誤算で、もし、この二人が本当のことをしゃべったら、大スキャンダルになる可能性もなくはないと。

というのは、自衛隊が起こした事故とかですね、米軍のスキャンダルみたいなことで昔、取材をしていて、「えっ?」っていうことが結構あるんですよ、実は。

つまり、水面下で、ずうっと戦争しているようなもんですから、情報機関というのは。
「えっ?」というのが結構ありましてね、そういう視点から、こういうことを見る人間はなかなか少ないんで、疑問を呈するだけ呈しておこうと思うんですが…」。

(ホモ勝の「えっ?」は、どこでもの「えっ?」。この男の情報関係者とは信じるに値しない)


ホモ勝は、陰謀論者として新境地を開いていくのでしょうね。
しかし、この人が陰謀論者として生きていくのは無理です。都合のいいように解釈する人間を陰謀論者とは言いません。パラノイアと言います。

まず、田母神氏も、産経新聞コラムニストの井上氏も、「深夜というか明け方、女性が一人で外を歩くなど、まるで襲ってくださいといわんばかりだ」と、あたかも女性に非があるかのように書いています。

「血眼になって女を捜して徘徊する米兵ばかりが悪いのではない」と言っているのです。

一方、ホモ勝は、「この二人の米兵に中国の情報機関の工作員が目をつけて、彼らに金を渡して沖縄の女性を襲え」と指示していた可能性がある、と言っています。

そして、その中国の工作員は「大丈夫だよ、翌日には君らはグァムに行くんだから逃げ切れる」と言っていたかもしれないと言っています。

彼らは基地内に泊まることができず、外のホテルに泊まっていたのです。
外のホテルに泊まっていたからこそ、午前4時に外出できたのです。

被害者がすぐに警察に駆けつければ、地位協定によって日本の警察に逮捕されることは確実です。
基地の外では日本の警察は逮捕できることになっているのですから。

こんなリスクの高いことを、中国のエージェントが頼んだと考えること自体、センスがないのです。

第一、田母神氏も、産経新聞コラムニストの井上氏も、あるいは結果的にホモ勝が言う「可能性」も、すべては「野獣のような若い米兵の前を、深夜、女性が通れば、襲いたくもなるさ」と、半ば、米兵を擁護しているのです。

中国の陰謀があった?
こんなことで、沖縄県民、ひいては日本政府と米軍との対立を深めることなどできるはずがないでしょう。

沖縄県民が「またか!」と怒り心頭に発して、それによってオスプレイ配備反対運動に一層拍車がかかるためには、被害者の女性には一切の非がなく、すべては米兵が100%悪い、ということにしなければ県民の火が点かないのです。

この3人は、まったく逆の可能性を言っていることに気がつかないのです。

ホモ勝は、結局、週刊SPA!に自分が書いた駄文を宣伝しているに過ぎないのです。

ホモ勝は、明日からジャーナリストを辞めなさい。
そして、この局は、このデマゴーグを降板させなさい。

陰謀は確かに存在しており、作動しています。
しかし、こんな支離滅裂な陰謀論を持ち出して「可能性、可能性」を言う前には、ホモ勝も、田母神氏も、産経新聞コラムニストの井上氏も論理破綻しているのです。

「自分で考え、自分で調べよ」。
彼らには何度言っても分らないでしょう。

日本は危ない。国民の無関心と無知のために。そして、この3人の男たちのような濁った感性のために。

なくならない米兵暴行事件 今も続く被害女性の闘い


沖縄では、ホモ勝や田母神氏、産経新聞コラムニストの井上氏が考えているようなオスプレイ配備反対の盛り上がりはそのままに、むしろ地位協定を抜本的に見直すような動きが活発化しています。

果たして、彼らの読みは当たるのでしょうか。

20121024-5.jpg

これだけ沖縄の人が米兵に殺され、強姦され、ひき逃げされているのに、まったく動かない外務省。
彼らに、国防が絡むような高邁な志操があるわけがないのです。

彼らを支配しているのは、重い日本病=「事なかれ主義」。
自分が官僚人生をまっとうし、悠々自適の人生を送ることができるまで「見ざる、聞かざる、言わざる」を通すつもりでしょう。

私たち本土の人間も、沖縄の人たちを傍観しているのではなく、地位協定の抜本的な見直しに動き出さないと、家族や子供を守れないかも知れません。
鬼畜米兵は、全国、どこにでもいるからです。


※情報提供者と被害者の安全のため、この件についてお問い合わせをいただいても返信できません。
ご了承ください。

状況を見て、おいおい書いていきますので、そちらでご判断ください。




【Geiger counter(ガイガーカウンター) RD1503 ロシア製
e-chance
参考価格: ¥ 102,900
価格: ¥ 7,980
OFF: ¥ 94,920 (92%)
Geiger counter(ガイガーカウンター) RD1503 ロシア製



関連記事
       
NEXT Entry
いったい誰に投票すればいいの①(朝鮮勢力が政界に浸蝕)
NEW Topics
BTC先物取引開始で富裕層の資金がビットコインに流入!
ドル崩壊のときにビットコインは資産として通用するのか
「超権力」が人工知能を導入する前に各国政府は備えよ!
“イヴァンカ基金”を利用する世銀の策略
IMFの暗号通貨計画と表舞台から姿を消す(?)ビットコイン
[小野寺まさる+産経新聞]←ウソ・おおげさ・ヘイトの3コンボ!
再び踏み絵を踏まされる前原、長島、細野、そして危険な野田
衆院選における安倍・小池・前原・小沢のそれぞれの立ち位置
中国とロシアは膨大なゴールドを背景に米ドルを崩壊させる
なぜ国連と日米同盟は北朝鮮の核開発を放置してきたのか
証人喚問を賭けた安倍昭恵の「逃げ切り」応援演説・山口4区
小池「ベーシックインカム」奴隷制度に狂喜する乞食日本人
サルの選挙-「親ワシントン」ありきの単なるカラ騒ぎ
ラスベガス事件→銃規制→経済崩壊→FEMA
金(ゴールド)で中央銀行の通貨詐欺の外側に避難する
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク9-未来世界
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top