カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   グーグルとSNS  »  元NSA職員が個人情報収集プログラムについて語る
       
20130204-2.jpg

元国家安全保障局(NSA)の暗号解読部門のトップ、ウィリアム・ビニー氏が、全方位情報監視プログラムについてRT(ロシアの英語放送)に語っています。

極秘の情報監視プログラム「ステラウィンド」の告発者が、国家安全保障局(NSA)の国内諜報活動を暴く
'Stellar Wind' Whistleblower Reveals More About NSA Domestic Spying
(Active Post  2012年12月4日)

数学者で、元国家安全保障局(NSA)の暗号解読のトップであったウィリアム・ビニー氏は、暗号名「ステラウィンド(Stellar Wind)」というトップシークレットの監視プログラムが、どの範囲まで及ぶのかについて語ってくれました。

ビニー氏は、このプログラムを外部に知らせようとして2001年に辞職に追い込まれたのです。

ステラウィンドは、9.11WTCテロをきっかけとした出てきた、(今のところは)日常のアメリカ人を主な監視対象としたプログラムのこと。

非合法な活動や腐敗を暴露しようとするとき、他の多くの告発者がそうであるように、ビニー氏もまた、政府からの嫌がらせに耐え続けてきたのです。

「NSAによって運営されるデータ収集の範囲は、時間の経過と共に、その人の全人生を描いた地図を形づくるようになるのです」と、ベニー氏は述べた。

ロシア・トゥデイの新しいビデオ・インタビューで、ベニー氏は、ペトラウス/アレンのスキャンダルに照らしながら、ステラウィンドについて、より詳細な情報を提供し、ナラスの盗聴装置(Narus  devices)について議論しました。

(ペトラウスCIA長官の不倫スキャンダル辞任劇は、わずかに1握りの電子メールが盗聴されたことが発端。本当の意味で真相は不明。これもネット監視・盗聴にからむ事件)

ナラスの盗聴装置(Narus  devices)は、FBIのような機関がアクセスできるもので、ベニー氏の言葉を借りれば、「1台で1日に1千億の電子メールの文字を収集できる」という装置とのこと。


ナラスの盗聴装置(Narus  devices)

ナラス社は、かつてはイスラエル企業であったが、今は米国のボーイング社が所有している。

ナラス社は、パケット盗聴装備を使ってエジプト政府の監視活動を助けた企業であり、韓国で2010年初めに問題になった『深層パケット査察』(Deep Packet Inspection、DPI)装備を韓国の電話会社ケイティ(KT)に売った会社としても知られている。

また、ソーシャルメディアの利用者を追跡する技術も開発しており、ユーザーの性別、国籍、年齢、位置、自宅の住所、職場の住所など、数百万のプロファイルを検索して統計的に近い目標対象を捜し出せる。

韓国では、政府と大企業が4万以上の掲示板をリアルタイムで監視していると言われているが、ここにもナラス社のモニタリング・システムが介在しているのではと言われている。


この際に問題となるのは、収集された膨大な量の情報をどうやって一ヶ所に集め、ふるいにかけたらいいのか、ということです。

しかし、合衆国政府は、すでに、このビッグデータの管理を、新しい方法をもって解決できると述べています。そして、引き続き、広範囲の情報収集を継続できると述べました。

NSAは、この膨大な情報の管理に向けて、2013年9月までに20億ドルの費用をかけて国内の情報監視を行う「要塞」を完成させる段取りになっています。

それは、100年分に相当する電子情報を保管することができます。

20130204-1.jpg
今年の9月に完成し、本格稼動する予定のブラフデール「NSA諜報センター」

この情報収集プログラムは、手始めにNSAで始められますが、それだけではありません。

この国の最大の連邦機関、国立衛生研究所、国防総省、全国科学基金、エネルギー省、米国地質調査所、そしてDARPA(ダーパ/国防高等研究計画局)のようなところでも全面的に起こっていることです。

オバマ政権は、科学技術政策局を通じて、「データから決定へ」という、この情報収集事業に2億ドルの予算を投じることを発表しました。

この科学的な国防上の試みは、データのインプットを必要とし、公立の大学と同様に、アマゾンのような民間企業などと政府との間で共有されるようにな総括的なものになっているのです。(ソース: PDF)

ベニー氏が、ワイヤード誌のジェームズ・バンフォードの記事の中で話したとき、NSAが国際通信にのみ注目していると説明しました。(しかし、NSAは米国内の通信も対象にしている)


代わりに、情報トラフィックの分岐になっている大きな国の窓のないビルの至る所にある交差ポイントに盗聴所を置くことを選んだのです。

こうして、国際通信だけでなく、米国を通って流れているほとんどの国内通信にアクセスすることができるのです。

盗聴所のネットワークは、2006年に告発者によって暴露されたサンフランシスコのAT&T ビルの一室を(設備・規模ともに)はるかに超えたものです。

「それは、10から20はあると思います。
サンフランシスコだけではなく、米国中部や東海岸にも」
とベニー氏は言います。(ソース)

ユタ州のブラフデールの新しいNSAの施設は、個人的な電子メール、携帯電話、グーグル検索履歴、そして他のインターネット活動、旅行に関するデータ、車のパーキングの受領書、書籍購入のデータ……とにかく彼らが把握できるすべてのデータに至るまで、コミニュケーション上のあらゆる形式のものを盗聴できる能力を持つことになるでしょう。(ソース)

「NSAがここまでやるとは、まるでパラノイアだ」と思ったり、もう、そこいら中、監視されている“監視の暴走列車”から隠れようとするより、ベニー氏は、次のようなことを取り入れてみることがいいだろう、と一つの懸命なアドバイスをしてくれました。

RT:
あなたは、(監視重点)目標リストに載っていたのですか?

ベニー氏:
確かに。
私は、相当年数、(監視重点)目標リストに載っていると思います。

したがって、メール上で、私が国家による盗聴について考えているすべてのことを、私を監視している人に話しかけているのです。
そうすることで、彼らがそれを読みたければ、私が考えていることを理解するようになるかも知れないので。

(ここで終り)



(管理人)

個人の情報監視システムは、もちろん世界政府への“一つの大きな前進”です

確か、鳩山邦夫氏が「アルカイダのアルカイダはアルカイダ」発言をしたときに、大マスコミのコメンテーターが、「日本のある政治家が好んで飲んでいる味噌汁の味噌の銘柄までCIAは個人情報として登録している」と言っていました。

当然でしょう。

ウィリアム・ビニー氏の告発によって、CIAとNSAの棲み分けが分かってきました。

といっても両者の間で役割分担を決めているはずがないので、重複したり、双方がやっていない研究・分析などもやっているのでしょうけれど。

CIAが、フェイスブックやツイッターなどのソーシャル・メディアの育成に努め、そして、そこに誘い込んで「政治家の味噌汁の銘柄」を探ろうというような人格・性癖・嗜好性… 行動予測まで、あらゆる分析まで細かく行うのに対して、NSAのほうは、民間企業や公立大学なども参加させて、すべての個人情報を世界中から収集し、これを安全保障分野だけでなく、マーケティングにさえも生かすことができるようにしようというもの。

そのスケールの壮大さに圧倒されます。ここに、アメリカの新植民地政策の片鱗を見ることができるのです。

米国政府に許された民間企業が参加することによって、個人情報の量は膨大に膨れ上がり、個人の鮮明なイメージ・プロフィールを作成できるというわけです。

なんのために?

確かに、こんなセコセコした作業を窓のない部屋に閉じこもって終日やっているようなNSAの職員は、ビニー氏の言うようにパラノイア?

NSA-国家安全保障局というように、大儀は「テロ、国家に対する反逆行為、大災害のときのパニック防止」などでしょう。
もちろん、それは建前に過ぎず、本当の目的は、「遠大な人間の思考の解明」にあるのです。

それは、際限なく続くもので、永遠と言えるかも知れません。

確かに、ステラウィンドによってテロの危険は大幅に減るでしょう。(政府の自作自演以外は)。
犯罪も極端に減るでしょう。

犯罪を犯す人間や、過激な反政府的な言動を行う者は、そうした行為を行なう潜在的可能性がとっくにNSAに把握されているのですから、どこにも逃げられないのです。

その上、銃の所持が禁止されれば、彼らが選べる道は、カード利用明細書のような呼び出し令状が郵便で届いたときに決まってしまうのです。

すでに過去の行動履歴から刑が確定しているので、そのカード利用明細書には、科せられる刑の内容まで明記されているのに違いないのです。

おとなしく出頭しなければ、必ず探し出されてその場で連行されるか、有無を言わさず銃殺。

出頭すれば、刑罰の重さによってクラス分けされ、もっとも軽い人は数ヶ月の思想矯正教育を施された後に解放される、というような。

そのとき、警察や軍の役割は大きく変わるでしょう。

食べ物も自由に買うことができるでしょうけれど、それは超国家の政府が決めた多くの食品の中からしか選べません。

今、アメリカでは人口約3億人のうち5000万人がフードスタンプをもらっています。
なぜ、食糧大国で、こんな茶番をやっているのか分かりますか?

失業率の改善が見られないから?

いえいえ、人々が最低限の食事代を自分で稼ぐ社会を創れないはずがないのです。

これは「予行演習」です。

いずれ食べ物は超国家の政府が配給することになるのでしょう。

しかし、人々は特段、それが不自由に感じないのです。
なぜなら、政府が提示する食品の種類が豊富だからです。ただし、ほとんどがモンサントなどのGMOです。

結論に飛びつきますが、要するに、超国家が人口を自由に調整できるということです。

彼らが目指している世界政府の輪郭がより鮮明に見えてきました。





サンワダイレクト リングマウス 指マウス 指輪の形のワイヤレスマウス/【TVで紹介されました! 】 400-MA031 サンワダイレクト
サンワダイレクト
3,280 円  配送無料    (
49件のカスタマーレビュー)
サンワダイレクト リングマウス 指マウス 指輪の形のワイヤレスマウス 【TVで紹介されました! 】 400-MA031 サンワダイレクト


〔N95規格準拠以上〕インフルエンザ・マスク


関連記事
       
NEXT Entry
放射能テレビ局が子供を使って原子力ムラに媚を売る
NEW Topics
「中央銀行の仮想通貨から、うまく逃げおおせろ!」
乗っ取られたワシントンと日本の「ディープ・ステート化」
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(2,3)
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top