カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   TPP  »  ロンギヌスの槍とゼイリブのサングラス
       
20130310-1.jpg

Obey!
我々の言うことに大人しく従え!


日本の政治家、官僚はユダヤの長老と同じ役目を担っている

霞ヶ関のどの省庁でもいいので、お昼時を狙って一度、中に入ってみることをお勧めします。

あなたが、正午、一階の広大なロビーに立っていると、横に何台も並んだエレベーターから一斉に官僚たちが吐き出されるのを見ることでしょう。

時間は午後0時1分。
官僚たちは、ぴったり正午に自分の席を立ってエレベーターに乗ったのです。

その光景は、朝のラッシュ時、東京駅に到着した山手線のドアから、まるで歯磨き粉のチューブを足で踏んづけたように押し出される様にそっくりです。

昼時ぐらい外の空気を吸いたいと、官僚たちが我先に食事処の席を確保しようと、虎ノ門方面に向かって三々五々歩いていくのです。

こんな生活を何十年も続けるのですから、官僚に豊かな発想力を養い、鋭い感性を磨けといっても、そもそも無理な話です。

霞ヶ関の住人を何年かやっていると、知らないうちに自立的な思考力が失われ、いつの間にか奴隷になってしまうからです。もちろん、「アメリカ」の。

しかし、そうした哀れな官僚が、さらに気の毒なのは、彼らが「アメリカ」の正体を知らないことです。
彼らが「アメリカ」だと思っているものの正体は、実はアメリカではありません。

完全に奴隷化された官僚たちは、長きに渡る自民党政権下での対米従属路線を変更する勇気もなければ、日本の文化が育んだ独自の民主主義を守ろうという気概も失っています。

今、官僚たちが、納税者である私たちに対して行っていることは、ユダヤのゲットーの管理を任されていたユダヤの長老たちが同胞に行ったことと同じことなのです。


官僚はアメリカの恐怖によって同じ日本人を殺す。それはナチスの犬となって同胞を殺したユダヤの長老と同じ

第二次世界大戦中、ナチス強制収容所のSS(親衛隊)は、比較的、わずかな仕事しかしていませんでした。
彼らは、ユダヤ人抹殺のルーティーンには加わっていなかったのです。

ツィクロンB(Zyklon B。毒薬)をユダヤ人たちに浴びせるシャワーに入れることを除いては。
なんと、ユダヤ人抹殺の仕事のほとんどが、ユダヤ人自身に任されていたのです。

ナチスは、多くの都市にユダヤ人ゲットー(居住区)をつくり、ユダヤの長老会議によって運営を任せたのです。
これらの長老協議会は、食べ物、飲み物、薬などをそれぞれのゲットーに割り当てる一方で、誰が「死の収容所」への列車に乗るのかを決め、秩序を保つために“官憲役”を任命し、ナチスに対する反逆者を突き出す役目をナチスから任されていたのです。

そうした協議会は、直接、ナチスと関わることなしに(打ち合わせをしたりすることなしに)、スムーズに機能していたのです。
ナチスは、自分たちが虐殺したいと思っていたユダヤ人を恐怖によって自在に操り、同胞同士で殺し合いをさせたのです。

ナチスに絶対服従しなければ、いったいどんなことをされるか分からない、という真の恐怖によって、ユダヤ人たち(特に長老たち)は自己崩壊してしまったのだ、と言うことができるでしょう。

しかし、とにかく、何が起こったのか、よく見てください。

この事実を受け入れるかどうかに関係なく、私たちは、今、ユダヤ人と同じような立場に置かれているのです。
私たちの“ご主人様たち”がいい生活をエンジョイしている間に、私たちは、互いに辱めあい、互いに売り渡そうと、謀議を重ねているようなものなのです。

私たちは、ご主人様である旧世界秩序の連中のために、汚い仕事(ユダヤ人虐殺をユダヤ人自身の手でやったような)をやり、自分たち自らを管理し、日々の売り上げを、ご主人様に差し出しているのです。
ご主人様たちは、豪華なレストランのイスに腰掛け、極上のジャンパンを口に含みながら、私たちのことを「愚か者たち」と、せせら笑っているのです。

ヒエラルキー(ピラミッド階層構造)は、その形に暗示されているような力を基盤としています。
もし、あなたがヒエラルキー構造の中にいるのであれば、目上の言うことに従わなかった場合、あなたは、それなりの制裁を受けることになるでしょう。

旧世界秩序(今現在、人類が強圧的に置かれている状態)の成功の鍵は、それぞれが、ヒエラルキーの階層構造において、自分たちの境遇を大人しく受け入れさせるようにすることでしょう。

ヒエラルキーというのは、一度、その頂点に君臨してしまえば安泰なのです。それがヒエラルキーの特徴です。

たった6000人が世界を支配しているより抜粋。

今、日本で進んでいることが、まさにこのユダヤ人のゲットーで起きていたことです。

日本の“ユダヤの長老たち“、それはB層に選ばれた政治家、そしてサバの腐った目をしている官僚たちです。
もっとも、B層の方も、「株が上がった」と喜んでいるのですから、無知を通り越して、すでに精神が破滅した人々です。

3月7日、金融庁が株式の空売り規制緩和を発表しました。
株価の水準が上がってきたので、投資家たちに適度にガス抜きさせることによって安心感を与え、株式市場に新たな資金を呼び込むときに取られる措置です。

どうも、アメリカも日本も、一段の株高を演出したいようです。
愚鈍な政治家が集った安倍政権を応援して、なんとしてでも日本をTPPに参加させるために。

日米とも、経済の実態を示す指標に良いものはありません。
アメリカなどは、むしろ悪い先行指標が次々と出ているのです。

株価は先行の見通しを織り込みながら動きます。それなのになぜ米国株は上がる?

もちろん、ナイアガラの滝のような暴落を作り出すためです。

TPPに参加させることによって日本を完全な植民地にした後は、肥え太らせた株式市場の収穫時期を待っていればいいのですから、「彼ら」は、さぞかしルンルン気分でしょう。

TPPの危険な素顔を知っている政治家、官僚、学者、マスコミ人は、それほど多くないようです。いや、ほとんどいないのかもしれません。

なぜ、こうした専門家ほどTPPの本質が分らないのか--彼らは地上に立ったまま、ナスカの地上絵を解明しようとしているからです。

専門家として、確かにどんな手段で数百メートルの直線を引くことができたのかを説明することはできますが、その線が作り出す図形の意味を解明することはできないのです。

彼らが、あまりにも俗世的な欲望によって地上に縛り付けられていて、空を飛ぶことができないからです。

日本の「自由貿易」は、EPA(経済連携協定)を軸に東南アジアや南米の国と経済連携を図っており、さらに、交渉相手国の数は広がっています。

もちろん、通商条約を結ぶ過程では常に秘密主義が貫かれるというのが一種の慣例になっていて、国民が中身を知ることができるのは協定が結ばれた後になってからのことです。

しかし、今のところ、このEPAという自由貿易のスタンダードは、それなりにうまく広がっています。

ISD条項は、さしづめ「ロンギヌスの槍」

TPPの場合は、EPAのようにじっくりと時間をかけて「両国の合意形成」というプロセスを経ることなく、一気に多国間条約に突き進むことで多くの矛盾が噴出してしまうのです。

そのときに、「彼ら」は、その素顔をドアの隙間からチラリとのぞかせることがあるのです。

本来であれば、その矛盾を当事者同士で解決できるはずなのですが、TPPの場合はそれができないのです。

なぜなら、TPPの背後に隠れている「現代のナチス」、それは世界経済のヒエラルキーの頂点にいるグループだからです。
彼らは、もともとステルスですから、普通の人の目には映らないのです。

映画「ゼイ・リブ(They Live)」に出てくる特殊なサングラスをかけないと、「彼ら」を見ることはできません。



Obey!」 服従しろ!

この映画では、地球の人間たち(ロボット化した単なるコンシューマー)を洗脳しているのは宇宙人という設定になっています。

世界中の人々が自分で思考せず、ただ働き、消費するだけの動物的存在に成り下がりつつある現状を、英国の陰謀研究家、デーヴィッド・アイクは「ムーン・マトリクスに関する仮説」によって説明しています。

「月は地球をコントロールする目的のため、地球の周りに引っ張ってこられた人工の天体である。
月には実際にNASAとレプティリアンなどの宇宙基地がある。
この存在が、高周波電磁界を地球にブロードキャストして、私たちが覚醒しないようにしているのだ」
というお話。

もちろん、こんなものは一笑に付すだけの価値さえないものですが、彼は重大なヒントを与えてくれています。

それは、こんな幼稚な御伽噺を使ってでも、その存在を隠しておきたいグループが彼のパトロンだということです。

真相を知ろうとして彼の講演会にやってきた聴衆は、新たなマインド・コントロールにかけられているのです。

アイクも同じように、映画『ゼイリブ』の映画を引き合いに出して、「人々が支配されているのは、月からの“電磁波”だー」なんてやっているのです。

これでもアイクの役目が見抜けない人は病気です。



ただ、そのグループの地球上を駆け巡る国境なき資本は、確かにアイクの言うように、「“高周波電磁界”によって私たちが目覚めないようにしている」のかもしれません。

すると、相手国の市場に暴力的に突撃し、むりやりこじ開けてしまうTPPのISD条項は、さしづめ「ロンギヌスの槍」というところでしょうか。

「それを所有するものには世界を制する力が与えられている」と言われている伝説の槍です。

問題は、それを誰が所有するかということと、私たちがゼイリブのサングラスを持っていないことです。





SHARP プラズマクラスター搭載 加湿空気清浄機 450mL/hタイプ ホワイト系 KC-A50-W
シャープ
価格: ¥ 18,800   配送無料  (204件のカスタマーレビュー)

SHARP プラズマクラスター搭載 加湿空気清浄機 450mL/hタイプ ホワイト系 KC-A50-W


有毒汚染微粒子対応マスク FSC-F-99E  (10枚入り) 【0.075μmのウイルスを99.728%カット国際規格合格マスク】

家電、キッチン用品、家具、防災用品も安い お買い得情報


関連記事
       
NEXT Entry
これがTPPの正体-TPPも原発も同じ人々が推進している
NEW Topics
「中央銀行の仮想通貨から、うまく逃げおおせろ!」
乗っ取られたワシントンと日本の「ディープ・ステート化」
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(2,3)
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top