カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   ニュース一般  »  環境テロリストは商売上手
       

日本の農水省が、いよいよシーシェパードを海賊認定するそうです。
1億8400万円で購入したというシーシェパードの自爆テロ高速船「ADY-GIL号」が、日本の調査捕鯨船の進路を妨害して自爆、あえなく轟沈した。
シーシェパードの活動を支援しているオーストラリア環境相のピーター・ギャレットは、「これでも(船の体当たり)ダメなら、法的手段に訴える」といきまいている。


DEVILのような顔つきのADY-GIL号。


シーシェパードの代表はポール・ワトソンという人物。
もともとはロックフェラーが資金提供している「グリーンピース」で活動していたが、グリーンピースの“穏健な活動方針
”に業を煮やして、1977年、環境テロ組織「シーシェパード」を設立した。

シーシェパードは、旗艦のスティーブ・アーウィン号や、高速船のアディ・ギル号など 、彼らの海軍「Neptune's Navy (海神の海軍)」に所属する3隻の船を保有している。

これまで日本の調査捕鯨船にレーザービームを照射したり、化学薬品を投げ込んだり、テロリストも真っ青の戦闘を仕掛けてきた。そのたびに支援者たちがパーティーを開き、勇敢な彼らの戦禍を讃えて資金を提供するのである。

さて、常に関心の的になっているのが、シーシェパードの財源である。
グリーンピースつながりでロックフェラーからではないか、という推測があったが、関係ないようだ。

資金提供しているのは、自らHPでシーシェパードへの支援を表明している米国のアウトドア用品メーカー「パタゴニア」、オーストラリアのビール会社「ブルータン」の他、英国の美容用品会社「ラッシュ」、
「オーストラリア動物園」などである。
他には、環境保護を訴える欧米の富裕層など。
また、オーストラリアの労働党政権もシー・シェパード擁護の姿勢を打ち出しており、シーシェパードの「自爆テロ海軍」Neptune's Navy (海神の海軍)の3隻が係留する港は政府が用意したものである。

シーシェパードの活動の本質は、環境テロ・ビジネスである。金儲けである。
彼らNeptune's Navyの自爆テロ攻撃は、必ず右舷からの攻撃である。これは航海法で右側通行優先の原則があるからで、
彼らの自爆テロ船は、必ず右側から突っ込んでくる。
そして、進路妨害、危険回避義務を怠った、と難癖をつけてくる。

今回の“当たり屋自爆テロ高速船”アディ・ギル号も例外ではない。

つまり、彼らのビジネスは、企業からスポンサー料をせしめ、自爆船にあらかじめ海上保険をかけ、さらに日本船に突撃して損害賠償金をせしめる「一粒で三度おいしい詐欺ビジネス」なのである。
だから、おそらく環境相のピーター・ギャレットが音頭をとって、日本を訴えてくるだろう。
日本は国際捕鯨委員会(IWC)に入っており、IWCで決められた枠内で調査捕鯨を行っている。違法性を指摘される筋合いなどどこにもない。
おそらく背後には、環境ロビイストなる種類の人間たちが暗躍していることだろう。

シーシェパートの拝金主義と、生き残りを掛けて差別化を図りたい企業とのニーズが合致すれば、こうした環境テロ・ビジネスは、ますます盛んになるだろう。
環境相のピーター・ギャレットは、こうした狭間で翻弄されているのかもしれない。「環境票」は政治家にとってなくてはならないものになりつつある。

企業は環境保護活動、慈善活動に名を借りて環境保護の啓蒙活動に力を入れてくるはずである。今後は財団法人という脱税装置を使ってシーシェパードのような「市民の発露」として環境保全活動家が誕生するだろう。
ただ、メディアにパブリシティを垂れ流してPRするより、浄財に活動の原資を求め、「市民の代表」となるようなイメージリーダーをメディアに露出させるほうが数十倍、数百倍の広告波及効果がある。

そうして何も知らない市民たちは、彼らの扇動に乗ってしまう。
すでに環境保護の世界にも、ラルフ・ネーダーのような訓練されたカリスマが用意されていることだろう。





関連記事
       
NEXT Entry
イスラエルの最高裁にイルミナティの「目」が
NEW Topics
「中央銀行の仮想通貨から、うまく逃げおおせろ!」
乗っ取られたワシントンと日本の「ディープ・ステート化」
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(2,3)
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top