カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  いよいよ消費期限切れ迫る日本維新の会
       
20130515-20.jpg

海外メディアの反応さえを読めない博徒のせがれ。
この問題が尖閣諸島領有の歴史認識に利用されないことを願う。

叩き売っても誰も買わない「黄色いバナナ」

「黄色いバナナ」とは、「脱亜入欧」ならぬ「脱日入米」の如き、徹底した対米従属主義を貫く政治家のことを言います。

「黄色い日本人」…でも誇りある日本人。なぜ日本人のアイデンティティまで捨て、そこまで尻尾を振るのか、ということ。
もちろん、アメリカを利用して、権力を手に入れるためです。

日本維新の会の共同代表・橋下徹の従軍慰安婦についての認識と暴言が、海外メディアの格好の餌食にされています。

当然、中国と韓国のメディアは大騒ぎ。

しかし、いつものごとく日本のメディアはほとんど報じていませんが、実は、西側メディアも一斉に日本を猛バッシングしているのです。

諌めなければならないはずの石原慎太郎共同代表も橋下擁護に回ったため、日本の維新の会の支持率を捏造までして応援していた産経、フジテレビも、とうとう見切りをつけたようで、ここにきて180度方向転換したようです。

このお陰で、国際感覚における視野狭窄と、自分勝手な歴史認識の日本人と言われかねません。
外交的には大きなダメージになりました。

支持率の低下が止まらず、民主党にまで逆転されて焦っているのでしょう、橋下徹共同代表は、維新の会の議員たちに、「議員になって安心しきってしまっている。このままでは維新の会は消えてなくなる」と、彼特有のブラフをかけながら鼓舞する、という手口を使っているようですが、議員たちはすでにしらけきってしまっているようです。

維新の会の沈滞ムードを打ち破ってきたのは、マスコミ受けを狙って橋下が仕掛ける「イベント」でしたが、今回ばかりは裏目に出たようです。
今さら、火消しに回っても、もう後の祭り

そこで、「本音言う維新」、「嘘が嫌いな維新」というイメージ戦略を思いついたのか、B層対象に自民党との差別化を鮮明にしようとしたのですが、これが見事に失敗。

もう維新の会の議員たちは、誰にも相手にされないでしょう。

それでも、お気楽な石原慎太郎は、「橋下君の言うことは、それほど間違っていないから、いいんじゃないの」と、いつものように他人ごと。

維新の会の議員たちは、今回の一件で「世界中から見放された」ということに気がつかなければならない。
それは、こうした愚劣な男二人を、いつまで共同代表などに担いでいた維新のメンバーの怠惰が原因です。

まともな政治家なら、とっくに“クーデター”を起こして、この二人を追い出しているか、維新などから出ているでしょう。

石原共同代表、橋下氏の慰安婦制度発言を擁護


この人、いったい誰? 

20130515-2.jpg

橋下は目がおかしい。

20130515-1.jpg

これ、石原慎太郎。
残念ながら脳梗塞の明確な症状が出ています。一刻も早く代表を降りて、静養しないと危ないと思います。

ヘリテージ財団に騙されて日本を混乱の渦に巻き込んだのだから、もう気が済んだでしょう。

20130515-3.jpg

「尖閣の領海侵犯が繰り返されて、毎日が緊張状態なのに、またかよ…もう、うんざりだ」。茫然自失の石破茂。少し同情する。

20130515-5.jpg

フェミニストの渡辺「みんなの党」代表。
彼なら当然、こう言うでしょう。

20130515-7.jpg

中国の報道官。悔しいが、もっともだ。

20130515-8.jpg

言うまでもない。外交は「建前が大事」。

20130515-9.jpg

いえいえ、確かに「その辺のおじさんたちの世迷言」です。

20130515-6.jpg

このまま、橋下、石原の二大「イエロー・バナナ」の暴走を止めないと、日本がますます危険に晒される。

正義なき徒党を組んででも、政権が欲しい石原慎太郎。

橋下徹を、アジテーターとして、政治的イベンターとしてうまく使っているつもりのようですが、日本維新の会を二束三文で叩き売っても、もう誰も買わないほど価値がなくなっていることに気がついて欲しいものです。

---------------------------------------------------------------------------

「維新」は、政界の“人材派遣会社”

橋下は、「従軍慰安婦」ではなく、「従軍慰安婦制度」と呼んでいます。
女性を男性の慰み者のためのシステム・パーツと考えているようです。

そういう意味では、「女性は産む機械」発言で厚生労働相を首になった柳沢伯夫や、都知事時代に、「閉経して子どもの産めない女が生きているのは無駄」とまで言った石原慎太郎と、メンタリティが似ているのです。

こうした女性に対して、コンプレックスの強い男性は、もともと政治家に向いていません。

ここまでグロテスクな発言をする男は、何も女性でなくとも敬遠したくなるからです。

「男性なら誰でも従軍慰安婦制度が必要であることぐらい分かるだろ?」とでも言いたげな橋下徹の物言いには、多くの男性も思わず眉をひそめたことでしょう。

従軍慰安婦についても、進んで知識を得ようとしたあとが見られず、事実誤認のまま、日本の男子有権者を味方に引き込もうとしたようですが、その目論見は見事、失敗。

この在日博徒のせがれは、中曽根康弘が太平洋戦争中にボルネオ島で「慰安所」を設置したことを知らない。
また、戦後も池田勇人が米兵のための慰安所を設けたことも。

さらには、これはタブーとなっていますが、終戦直後、日本の財閥が赤坂の有名ホテルを慰安所代わりにして、米軍将校相手のサービスを没落した旧華族にさせていたことも知らないのです。

原発についても、TPPについても露呈されたことですが、橋下徹の無知は、もはや政治家としては犯罪レベルでしょう。

政府が慰安婦問題に触れたがらないのは、こうした問題が掘り起こされてしまうからです。

さらには、日本のエネルギー政策の中に、朝鮮から半ば騙されたようにして連れてこられた労働者(タコ)が組み込まれていたことまで掘り返されてしまう可能性があるので、タブー視しているだけです。

それを「性欲の捌け口」レベルの話で論じようとする底の浅さと愚鈍さには、もう呆れて物が言えない。

「ああ言えば、こう言う」の子供の喧嘩が大好きな安倍晋三も、アメリカの叱責を受けて、一転して「村山談話を継承する」と言い出したことから、橋下は完全に道を見失ったのです。

日本維新の会の幹事長・松井一郎は22日夜、「今は完全に逆風で、大阪以外はどこに行っても負ける。大阪以外で実績がない(からだ)」とぼやく。

当の橋下も、日本維新の会を立ち上げたとき、こう言っています。
「(自分は)いつまで政治家をやるつもりはない」。

「僕が国会議員になってもクソの役にも立たない」
そのとおり、あなたは政治の世界には向いていない。でも、自覚しているだけ石原よりマシかもしれない。

この記事は、去年の8月に書かれたものですが、ズバリ今日の状況を言い当てています。

安倍元首相の橋下接近「自民党離れてでももう1度…」って本気なの!?
(JCAST  2012/8/22 13:10)

解散・総選挙は近いと見る永田町では、民主党も自民党も分裂含み動きが活発になり、焦点は橋下大阪市長と大阪維新の会との連携だという。

夏休みから戻った橋下は「一国の政治を司った方から声をかけられたのは大変嬉しいこと」と語った。

安倍晋三元首相のことだ。

政治評論家の有馬晴海氏は「安倍さんはやり残したことがあるので、自民党を離れても総理に戻りたいと考えているでしょう。その先として、維新の会を視野に入れていると思われますね」と話す。

「維新の会をお預けします」

スタジオの時事通信・田崎史郎解説委員:
「橋下・安倍接近」を解説した「4月にも両者は会談しています。その席で、橋本市長は維新の会を安倍さんに預けると踏み込んだ発言をしたと言われています」。

司会の小倉智昭:
「なぜそこまで安倍さんに接近しているんですかね」

田崎史郎:
「橋本市長には人気はあるが、国政では足場がない。その足場を安倍さんに求めていると考えられます」

田中大貴アナは「これまで橋下市長は与野党の幹部たちと会談を重ねています。民主党の前原政調会長とも3回会談しています」と伝えた。

橋下市長は政界の人材派遣会社か

コメンテーターのデーブ・スペクター(テレビプロデュサー):
橋下市長は政界の人材派遣会社ですよね。自分が率いる政治グループとはいえ、 自分の一存であっちの党、こっちの党と接近していいものなのか」と皮肉ると、高木美保(女優・芸農家)も「政界のゴタゴタはもうたくさん。政争よりも政策で競って欲しい」とウンザリとした表情を見せた。

隠居した大店の旦那が、近所の人気コンビニの店長にという話なのかな。


橋下市長は政界の人材派遣会社ですよね」。

デーブ・スベクターは橋下という男の本質をよく見抜いています。

選挙前に、フジと産経による捏造世論調査に踊らされて、「議席数400を目指して」などと大風呂敷を広げていましたが、あれは自民党の引き立て役として、演出されたものです。

なぜなら、安倍人気だけでは自民党が単独で政権を奪還できるかどうか不透明だったからです。

日本の支配層とワシントンの対日工作機関は、いざとなれば(マスコミに仕掛けさせた)人気先行の政治イベンター、橋下徹と組ませて、連立でもやむをえずと、安全策を講じていたのです。

しかし、限りなく不正が疑われる衆議院総選挙によって自民党単独で“圧勝”という結果となったので、日本維新の会は、もう、お払い箱となったのです。

案の定、選挙以後は、まるで潮が引いたように、日本維新の会からマスコミが離れていきました。

橋下は、マスコミにもてあそばれ、マスコミに捨てられた哀れな野良犬になったのです。

それ以後も、「既得権打破と地方分権は自民党にはできない」と、何度も安倍自民にラブコールを送るも、一向に振り返ってもらえず、衆院選前にはしきりに出ていた選挙協力の気配がまったくないのです。

橋下は、やっと気がついたのです。
「俺たちは利用された…」。

それならと、自民に見捨てられた日本維新の会は、「参院選で自民党が怯える維新・みんなの共闘関係構築か?」と、新たな立ち位置を模索するも、みんなの党の渡辺喜美代表に、「今回の(橋下の従軍慰安婦問題に関する)発言は、コメントにすら値しない」とばっさりと切り捨てられたように、この線も消えたのです。

脳梗塞の治療を終えて病院を退院した石原慎太郎が、
橋下君を首相にしたい。(日本は)軍事国家になるべきだ
と言っているだけで、もはや日本維新の会と手を組もうという奇特な政党はすべて消え去ってしまいました。

漂流する日本維新の会。
果たして、どこへ流れ着くのだろう。








SHARP プラズマクラスター搭載 加湿空気清浄機 450mL/hタイプ ホワイト系 KC-A50-W
シャープ
価格: ¥ 14,942   配送無料  (303件のカスタマーレビュー)

SHARP プラズマクラスター搭載 加湿空気清浄機 450mL/hタイプ ホワイト系 KC-A50-W


コルクマット/ジョイント式 [大粒タイプ] [ジョイント形状 type-A] 30cm×30cm 108枚/6畳セット
三洋電機  

7,990 円   (32件のカスタマーレビュー)    
コルクマット/ジョイント式 [大粒タイプ] [ジョイント形状 type-A] 30cm×30cm 108枚/6畳セット


旭化成せんいペアクール素材使用 接触冷感ひんやりタッチ敷パッド (シングル100×200cm, ブルー)
ナイスデイ
2,980 円  (21件のカスタマーレビュー)
旭化成せんいペアクール素材使用 接触冷感ひんやりタッチ敷パッド (シングル100×200cm, ブルー)


紫外線カットゴーグル UV-CG01C
株式会社サウスウォーカー
1,260円  配送無料

紫外線カットゴーグル UV-CG01C



関連記事
       
NEXT Entry
安倍政権は、中韓だけでなく欧米にも危険視されている
NEW Topics
中国とロシアは膨大なゴールドを背景に米ドルを崩壊させる
なぜ国連と日米同盟は北朝鮮の核開発を放置してきたのか
証人喚問を賭けた安倍昭恵の「逃げ切り」応援演説・山口4区
小池「ベーシックインカム」奴隷制度に狂喜する乞食日本人
サルの選挙-「親ワシントン」ありきの単なるカラ騒ぎ
ラスベガス事件→銃規制→経済崩壊→FEMA
金(ゴールド)で中央銀行の通貨詐欺の外側に避難する
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム④
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム③
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム②
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム①
ビットコインの価値は(金)ゴールド並かゼロか
イーサリアムの米ドルトークンはビジネスの業態を変える
仮想通貨の下落は、暗号世界における対北朝鮮の経済制裁
ロシア最強の暗号通貨とブテリンのICOバブル警告
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク9-未来世界
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top