カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   食料・飲料・薬  »  日本でも、グータラ精神科医を処罰できる法的整備を!
       
20130701-3.jpg

薬漬けのアメリカでも、精神科医の処方薬と患者の自殺との間の因果関係を巡る裁判が多くなっています。

精神病患者の精神や心に、医師の処方した薬が、どんな影響を与え、どんな痕跡を残したのか証明することはできません。
迷惑をかけまいと、誰にも告げず、密かに命を絶つ人々は、遺体になっても沈黙を守るからです。

そうした本当に悲しく、気の毒な人々にとって、この無責任な精神科医に下された判決はどう映るのでしょうか。

抗うつ薬「バキシル」が自殺の誘因になったことから、陪審員が医療過誤があったこと認め、150万ドルの賠償金を認めた
Antidepressant Paxil linked to man's suicide, jury awards $1.5 million in malpractice case 
(Natural News 2012年12月11日)

2009年に自殺した、学校教師でバスケットボールのコーチでもあった51歳の男性の家族は、抗うつ薬の持つ信じがたい危険性に焦点を当てた裁判で、150万ドルの賠償金を勝ち取ることができました。

The Post Standardが報じているように、ニューヨーク最高裁判所の陪審員は、ジョーゼフ・マッジィーラ氏が、彼の内科医・ウィリアム・ビールス医師によって抗うつ剤のパシキル(Paxil:paroxetine)と、抗精神病薬のジプレキサ(Zyprexa:olanzapine)を、死に至るような不適切で杜撰なやり方で、処方されていたことを知りました。

この医師は、ジョーゼフに急激な精神的沈うつ状態を引き起こし、結果として自殺に導いたのです。

伝えられるところによれば、ジョーゼフは、自殺する前の10年以上の間、ビールス医師の指示でパキシル20ミリグラムを服用し続けていたということです。

この医師は、その10年間、ただの一度もジョーゼフに会って、彼の状態を診断し、薬がどのように彼のメンタル・ヘルスに影響していたか確かめることはありませんでした。

ジョーゼフの妻ジャニスによれば、ビールス医師は、ときどき電話で話を聞いて、ジョーゼフの処方薬を調合していたということです。

ジョーゼフは、薬が切れそうになるとビールス医師に電話をかけるのです。
すると、この医師は、ジョーゼフの症状について、患者訪問をしないどころか、何ら評価もしないまま、“遠隔操作のように”遠くから彼の処方箋を書くだけでした。

これは、医師としての道義に反する行為です。

その結果、症状はさらに重大な局面を迎えました。

ジョーゼフは、ビールス医師の処方どおり、パシキルを服用していたにもかかわらず、不安感に苛まれ、気分がますます落ち込んでいくので、そうした自分の症状の悪化を知らせようと、2009年8月9日にビールス医師に電話をかけたのです。

その電話を受けたビールス医師は、彼の状態を適切に評価し、今後の治療の方針を決めるというよりも、単にパキシルの投薬量をそれまでの倍の40mgにし、さらに向精神病薬のジプレキサ(Zyprexa)の錠剤を加えただけでした。

このとき、医師はケープコッドで休暇をとっていたのです。
そうです、彼は電話で薬の量を死に至るほどの2倍に増やし、新しく向精神薬まで加えさせたのです。

それから一ヵ月も経たないうちに、普段は朗らかで温和な性格の、みんなに愛されていた男は、自宅のカレージで、彼の妻によって発見されたのです。

「(我々は)広範囲な記録を調べ、マッジィーラ氏の妻、ジャニスさんへの聴き取りを行った結果、ビールス医師は、10年間の間、患者の様子を一度も診ることなくバキシルを処方し、その際も、パキシルに関係する重大な危険性について、患者や彼の妻に警告せず、電話で患者のパキシルの量をそれまでの2倍に増やし、さらに向精神薬のジプレキサを加えるよう指示し、その後、患者には精神の沈うつ症状が現われたにも関わらず、これもまた放置したままという、医師としてあるまじき杜撰さゆえ……」と、精神科医のピーター・ブレギン博士は、裁判中のジョーゼフの家族のために、ハフィントンポスト紙に記事を書いたのです。

陪審員は、抗うつ薬が、直接、ジョーゼフの自殺を引き起こす引き金になったとして、原因は、この医師の職務怠慢であるとした

陪審員たちは、ジョーゼフの死について、ビールス医師を非難しながら、(150万ドルの支払い命令に)同意しました。

この医師は、ジョーゼフ以外の他の多くの患者に対しても危険な精神薬をいい加減に処方した罪により、今年の初め、ニューヨーク州健康部から告発されています。

また、ビールス医師は、個人的に乱用している薬、つまり「飲酒」が過ぎるということから、国から監督・矯正されてもいたのです。

この薄汚れた医師は、多くの重過失によって全国的に知れ渡り、5年間の執行猶予を受けるに至ったのです。

「何年も前に、どんな状況に置かれていても、自分の行動には自分で責任を持つべきである、と信じてきました。
しかし、その哲学的信条は、精神薬が、まさしく人々を自殺に追いやるという、私の研究と臨床経験を通して分かってきた山のような科学的根拠によって精彩を失いました」
ピーター・ブレギン博士は、今回のケースについて付け加えたのです。



(管理人)

米国のように、グータラ精神科医を処罰し、放擲できるような法的整備を急げ!

ピーター・ブレギン博士は、「精神医学の良心」と言われている精神科医で、精神科医による杜撰な精神薬の処方による医療過誤について、批判しています。

ハフィントンポスト紙には、精神医療文明の到来と、警鐘を鳴らす記事を何度か書いています。

この裁判は、そうした新しい文明への節目で、大きな一石を投じた出来事でした。

安倍政権は、政権公約に「混合診療の拡大」を掲げています。
つまり、厚生労働省の規制枠の外での診療が増えてくる、という意味です。

このケースのように、重大な過失、それも未必の故意に限りなく近い「殺人とおぼしき行為」が未熟な医師たちによって、この日本でも行われるでしょう。

これは患者の自己責任の範疇を超えています。
唯一、こうした悲惨な結末に至らないようにするには、こうした意図的な医療過誤に対して、法的に厳しく処罰する条件整備です。

私も実際に、かなり危険な状態のうつを患っていた友人の付き添い人として、担当の精神科医といろいろ話したことがありますが、その人は、必要十分な能力を備えた精神科医ではありませんでした。
それどころか、このジョーゼフさんのように危うく友人を死なせてしまうところでした。

処方箋は、毎日4種類の抗うつ薬を服用し続けさせる、というものでした。病院の利益のために薬を大量投与されていたのです。(精神薬をいきなり何種類も処方する精神科医は、ほぼヤブの悪徳精神科医と考えて間違いありません)
精神科医ほど、「月とスッポンの世界」はないでしょう。

不幸にして、ビールス医師のようなヤブ医者の言うことさえ一生懸命に守ろうとして、挙句は足取りもおぼつかない状態にされただけでなく、何度も交通事故に遭いそうなり、何度も階段から転げ落ちそうになっても、それでも「言いつけ」をしっかり守ろうとするジョーゼフさんのような人が、真っ先に犠牲者になるのです。

特に精神科医の場合は、優秀な医師、危ない医師-その差異が顕著です。

すぐれた精神科医には、「当たるも八卦」、「ご縁があれば」では、恐ろしくて、うつ病にもなれないというジョークのような話が、アメリカでは顕在化・表面化したということです。

こうした死に至る処方をした精神科医は、因果関係が証明できないとして、今まで処罰されなかったため、何人もの患者を死なせてきたのです。

製薬会社と医療保険会社によって国家破綻されられると言われている精神薬大国・アメリカで、この判決が出たことは画期的なことです。

皮肉な言い方ですが、日本では、「犯人のいない殺人」に利用されないよう、周囲の健常者も、精神薬の知識を身につけ、その副作用に関心を深めて欲しいと思います。

それが、社会から、うつ病の犠牲者を少なくする私たちにもできる一つの方法です。

(最悪、現政権下で日本がTPPに参加させられて)混合診療が解禁されれば、精神科医には、そうした啓蒙活動を行って欲しいと思います。

でないと、薬物によるさらなる自殺者が、それも大勢出てくるでしょう。







【2012年新タイプ】スペース暖シート プレミアム 2枚組 シングル
アドフィールド     

6,827 円  配送無料   (4件のカスタマーレビュー)
【2012年新タイプ】スペース暖シート プレミアム 2枚組 シングル


レスキュー簡易寝袋
カクセー (7件のカスタマーレビュー)

参考価格: ¥ 861   (28件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 414
OFF: ¥ 447(52%)
レスキュー簡易寝袋


防災用品 簡便エアーマット 9466ak
エコロヴィーバルーン (9件のカスタマーレビュー)

参考価格: ¥ 1,500
価格: ¥ 1,000
OFF: ¥ 500 (33%)
防災用品 簡便エアーマット 9466ak


関連記事
       
NEXT Entry
エジプト軍のクーデターはワシントンがゴーサインを出した
NEW Topics
「中央銀行の仮想通貨から、うまく逃げおおせろ!」
乗っ取られたワシントンと日本の「ディープ・ステート化」
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(2,3)
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top