カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   NWO  »  自民党(NWO)のTPP推進によって日本は完全に終る
       
20130715-4.jpg

須藤元気のダンスユニットの「World  Order」。いくつかのバージョンがアップされています。
ロケ地のほとんどが、フリーメーソンのゆかりの地です。
須藤元気が訴えたいことは-「危ないぞ、日本!」(かな?いや、その反対?)。

(画像をクリックして視聴のこと)

TPP=NWOのツール=「666」に接続する

ニュー・ワールド・オーダー。
New World Order=NWO

「新しい世界の秩序」と訳されています。間違いではないと思います。

問題は「Order 秩序」とは何かということです。
端的に言えば、世界支配層=グローバル・エリートによる全地球支配のことです。

詳しくは、このブログの最初のカテゴリー「NWO」のアーカイブを開いて好きな記事を読んでください。
あるいは、左サイドメニューの「検索フォーム」に、「NWO」や「TPP」などのそれらしいキーワードを入れて、サイト内検索を行ってください。

NWOとは、世界支配層のグループの一員、ニック・ロックフェラーと親交があったアーロン・ルッソ監督のインタビュー映像に出てくるように、人々の脳内にコンピュータ・チップ(brain chips)が埋め込まれ、完全なる家畜として飼育されるような全体主義の世界のことです。

かなり有名になった動画です。
まだ観ていない方、時間のない方は、最初から7分辺りから視聴ください。「アメリカの不正選挙」「脳内チップ」などの話題になります。



アーロン・ルッソは、この暴露が原因となって消されたということなっています。

(第三次世界大戦によって))世界がカオス状態に陥り、人々が茫然自失状態になったとき、気がついたら世界支配層の奴隷である“地球市民”にされていた自分を発見するのです。

こうした世界をジョージ・オーウェルの描いた世界「1984」と象徴的に言う人も多くいます。(動画の7分45秒から観てください)

では、脳内に埋め込むチップ=brain chipなど本当に存在するのか、ということですが、本が何冊も書けるぐらい、既にさまざまなメーカーが作っています。
本当に「インテル、入ってる」の世界が間近に迫っているのです。

20130717-3.jpg

また、(確かアメリカの)脳神経外科では、このチップは実際に使われており、深刻な統合失調症や、うつ症状の改善に“役立てられている”と報告されています。(記事は画像をクリック)

このように、最初は医療目的という名目で開発されるのですが、本当の狙いは、人間の脳にチップを埋め込んだとき、果たしてどの程度、脳をコントロールできるのか、臨床実験を行っているのです。

そして、その成果を学会で発表し、プレスを使って広くPRするのです。brain chipに対する人々の抵抗感をなくすために。

ベンジャミン・フルフォード氏のカナダにいる妹さんが、このチップのデザインを開発したそうです。妹さんはデザイナーなので、そのときは本当の目的は知らされていなかったと言っています。
(この動画のどこかで、彼がそう話しています)

近い将来では、これが携帯電話の電波塔から世界政府の中央コンピュータに結ばれるはずです。

20130717-8.jpg

こんな移動式のものもすでにあるのかもしれません。

20130717-6.jpg

そしてそれは、つまり「666」につながるはずです。

20130717-7.jpg

「666」というのは、世界政府の頭脳である人工知能です。
映画2001年宇宙の旅の「ハル」のことです。

20130717-9.jpg

イギリスの軍情報部で、マイクロ波とステルス戦闘について取り組んでいた科学者・バリー・トラウワー氏が、この件について告発しています。

その話を総合すると、携帯電話の電波塔は、最終的にはHAARPに接続され、世界政府(と言うか、世界政府の「知性」である人工知能)の言うことを聞かない“地球市民”たちには、懲罰的な刺激を与えられる、ということです。

20130717-5.jpg

電波塔は、このように椰子の木や教会の十字架、サボテンのモニュメントなどに偽装されて、全米中へ設置されています。
アメリカの人からのメールによれば、このことは、みんな知っているそうです。(詳しくは『悪魔の電話会社』を読んでください)

ですから、聖書にある「666は人間である」というのは、この人工知能「666」と結ばれることによって世界支配層から統治権を委譲された人物、あるいは一握りのグループのことに違いありません。

現実にサタンが憑依した人間が、「666」の意思決定プロセスと懲罰的な刺激を自由に扱うことによって、世界を支配するということです。

【さらに詳細な記事】
・地上波デジタル放送の隠された目的
・国防総省とマイクロソフトの「代理脳計画」

TPPに参加すれば、日本が本当に「なくなる」

さて、前置きはここまでにして、早速、本題に入りましょう。

TPPの構造を分かりやすく解き明かし、私たちに警告してくれているジェイ・エピセンター氏の緊急講演が、ワールドフォーラム主催(6月7日)の下で行われました。当ブログでも何度か紹介しています。

今では多くの識者がTPPの正体について解明していますが、エピセンター氏は、もっとも早い段階で警告を発し、それも誰も触れることを避けてきたニュー・ワールド・オーダー(NWO)というアングルから捉えなおしているという点で有意なアクティビストです。

10分程度の動画なので、頭から視聴してください。

ジェイ・エピセンター氏「NWO(ニューワールドオーダー)

【一応要約】

エピセンター氏:
ニュー・ワールド・オーダーが世界中で号令をかけられている。
最近では、米国の副大統領のジョー・バイデンが、「ニュー・ワールド・オーダー」を宣言している。



頭の部分で言っています。

“The affirmative task we have now, is uh, is to actually um, create uh, uh, a New World Order, because the global order is changing again…”

「世界秩序が再び変わりつつある中で、我々が今抱えている肯定的な課題は、あー、実際に、あー、新世界秩序を、あー、創造することであります」。

詳細は『バイデン副大統領-「目前の課題は新世界秩序の創造だ

オバマ政権の副大統領であるジョー・バイデンは、第二次世界大戦後、世界の状況が変わってきたので、そろそろ新しい世界秩序が必要だ、といっている。

世界を股にかけて活動しているグローバリストがいるが、彼らは企業家(多国籍企業のトップ連中)か銀行家(国際金融資本)だ。

グローバリストの活動は、1815年にロスチャイルドがワーテルローの戦いで大金をせしめてから始まっていると言われていて、実行段階に入ったのが、1913年にFRBを手に入れてから活動に拍車がかかった。

彼らがドル札を刷るようになってから、第一次世界大戦、第二次世界大戦が起こった。

米国の南北戦争当時、三回の戦争で世界制覇を実現することができる、という内容の手紙を書いた男がいた。
南軍の将軍でKKK(クー・クラックス・クラン)をつくったアルバート・パイクのことだ。

その手紙に書かれている通り、第一次世界大戦が起こり、第二次世界大戦が起こった。イスラエルがつくられるということまで書かれている。

そして、第三次世界大戦のことも書かれてある。
それは、中東から始まる、と書かれてある。
そして、今、中東の危機が来ている。


一握りの人間たちが、世界を支配しようと考えて動き出したとき、その戦争はどういう形になるのかということだ。

それは、必ずしも爆弾が飛んでくるようなものではなかったり、そこで出てきたのが、モンサントとか、遺伝子組み換え、そういったものを世界に広げていくとか…。

20130716-2.jpg

第一ステップ 貿易自由化の名を借りたブロック統治
●ヨーロッパ連合…EU
●アメリカ連合…NAFTA(アメリカ、カナダ、メキシコ)
●太平洋連合…TPP(最悪、日本が入れば、日本が環太平洋のNWOのハブ)
●アフリカ連合…アルジェリア・テロについて書いたように、フランス語圏から英語圏への組み換え

第二ステップ…地域共通通貨(→世界統一通貨へ。ただし、それはチップ埋め込み後のバーチャル通貨かも知れない)
第三ステップ…政治的統合(世界政府)


「グローバリズム」という言葉が間違って伝えられている。
何も知らない人にとって、「グローバリズム」は、世界が仲良し状態になるのだから、万々歳、と受け取られるかもしれない。

「グローバリズム」は、国際銀行家が地球の裏側まで完全に触手を伸ばして、いちばん安いところで物を作ったりして、地球のいちばん(値段が)高いところで売りつけること。

この差額で自由に儲けられるようになることが「グローバリズム」という。

「グローバリズム」という響きに甘い夢を抱いている政治家が何人かいるが、まったく違う。
(これは、多国籍企業に限りない特権を与えるもので)大企業の前には、中小企業などひとたまりもない。

そこで問題になってくるのがTPP。

TPPには、ISD条項というものが組み込まれている。
これはTPP参加国が、日本市場に入ってくるときに何かの障害があった場合、その多国籍企業が日本政府を訴えて、(難癖をつけて)巨額の損害賠償金を取ったり、その国の国内法を変えさせることができるという条項のこと。

ISD条項が行使されると、その国は必ず裁判で負ける。
その国の主権より多国籍企業のほうが強い、ということ。

こうした企業は、ISD条項を使って、その国のインフラまで手に入れることができる。

(管理人:「インフラまで手に入れる」 そのいくつかの例)

日本の水道は国営だろうが、市営・町営だろうが、すべて民営化します」--麻生太郎

電力ムラ 攻め入る外資 東電ファミリー2社統合」--外資の奴隷・安倍政権が電力市場の開放を密かに進めている。

すでに日本の電力市場は外資の植民地になっている。そうなると、水道民営化後と同様、電力料金は数倍になる可能性が高い。→だから安倍政権とは、国益を守る政権ではないし、安倍自身も「右傾化」どころか、その反対。

グローバリズム資本の欧米メディアは「安倍政権誕生によって日本が右傾化する危険性」を書き立てている。実際はグローバル・エリートにすべてを差し出す政権、というのが正しいが、欧米メディアは、これをカムフラージュするために「右傾化」という言葉を乱用している。

つまり、TPPによって、われわれの持っている基準というものが全部通用しなくなる。

TPPは24分野を対象にしているが、あの意味は間違って捉えられている。

20111107-1.jpg

24分野だけではない。「生活の全分野が侵される」ということを意味している。

(管理人:
「24」という数字を具体的に掲げると、人間は「それなら、24以外の分野はTPPに影響されないんだな」と勝手に思い込んでしまうが、24以外の分野など存在しない)


ラチェット条項というのがTPPにあるが、これはTPPが後戻りできない国際条約だ、ということを念押しするもの。
(各国間で協議して合意形成を見たものは、数年経って、その国の経済情勢が変わってしまってTPPが守れなくなっても手加減されない、ということ。つまり、TPPとは「自殺条約」のこと)

「ラチェット」とは、後に戻せないネジに象徴される。

20130717-4.jpg

TPPにいったん参加してしまえば、生活の全分野が狙われて、必ず丸裸にされてしまう。そして、それは、日本が存在する限り、未来永劫にわたって続く。

TPPを自由貿易などという名前で呼んでいること自体がおかしい。

強い企業のルールによって、その国の法律が変わってしまうと安全基準なども変えられてしまう。
そうなれば、われわれは自分で自分を守れなくなってしまう。

これがTPPの本質。
「国がなくなる」と今まで言ってきた意味は、こういう意味。

(管理人:
今、原発の安全基準などといっているが、「日本は厳しすぎるから外資が入っていけない。もっと基準を緩和しろ」と、ISD条項を使って多国籍企業に日本政府が訴えられれば、さらに新規の危険な原発ができる可能性がゼロではないし、もっと安全基準のゆるい放射能汚染食品が全国に流通することだって十分ありうる)


TPPを「自由貿易」と言っている人たちは、「自由」とは、世界の支配者たちが、「世界でもっとも(労働力・資源などが)安い場所で物を作り、世界でもっとも高く買ってくれる国に売りつける自由」のことであることを知らない。

その代償として、かろうじて守っている「我々の自由」までも差し出せ!と言っているのがTPP。

「自由貿易」だと浮かれている政治家や経営者たちは何も考えず、ボーッとして「TPPは自由貿易だ、未来は明るい」などと言っていると、今に、自分自身の足元さえ危なくなりますよ、と。

「ファシズム」というのは、実は企業が中心になる。
その証拠に、ナチスの資金源は、IG ファルベン社だった。

IG ファルベン社について:

NSA(現在の米・国家安全保障局)の源流は、1916年、イリノイ州シカゴにあったリヴァーバンク遺伝子研究所の遺伝子情報解読部を、米国国防総省・ペンタゴンが暗号部として独立させ、当初はMI8と呼ばれた。

名前から見えるように、英国の諜報組織を手本とし、英国と密接な関係を持っている。

元々、遺伝子操作=生物兵器の研究所であった経緯から、アメリカ陸軍・生物兵器部隊との連携関係が深い。

第二次世界大戦中、NSAは、ナチス・ドイツ=アドルフ・ヒトラーを強く支援し、ナチス・ドイツとNSAは、生物化学兵器の研究において「共同作業」を行っていた。

ヒトラーの製造した化学兵器の代表が、アウシュビッツの強制収容所で使用された毒ガス兵器であった。

ヒトラーの最大資金源であったドイツの化学会 社=毒ガス製造会社=IGファルベン社のフランクフルト本社ビル内にNSA・欧州本部が置かれていた。
NSAは、元々「ナチス組織の一部であった」。

(以上、米国民を盗聴しているNSAの正体(1)より一部抜粋)

IG ファルベンは、ナチスが侵略していった国々の産業を次々と飲み込んでいった。
だから、第二次世界大戦中は、IG ファルベンが世界最大の企業だったはず。

戦後解体されたが、その(残党による)広がりは20倍以上にもなった。それらの企業の各々が大きくなっていった。

今、グローバル企業と言われているものは、そういったものの末裔だったりする。
あるいは、当時のIG ファルベンに資金提供していた企業、資本家などの支援を受けて、再び力をつけてきて、アメリカを乗っ取り、TPPで他の国の法律も変えさせて乗っ取っていく、というのが本質。

TPPにこのまま突っ込んでいってしまうと、日本はもうどうにもならなくなる、ということだ。

戦後、お金を稼いできた日本が、この機会にブタの貯金箱を割られて用済みにされてしまうことをいちばん心配している。

こういうことを何も知らされず、ルールも決められず、日本を放棄するのか!という話だ。

TPPに入ってしまうと、自分たちの意思では何もできなくなってしまう。
絶対にTPPには反対だ。


日本から、未来の技術、平和の思想を世界に広めていくべき。
そうした日本であるために、TPPを何とか阻止して日本の未来を創っていきたい。

(ジェイ・エピセンター氏の講演の動画はここで終り)



(管理人)

世界支配層にとってのTPPは、国際連合の次の世界政府への重要なプロセス

IG ファルベン社とナチス、その他の(現在も、その社名が残っている)多国籍製薬会社との関係については、エピセンター氏のブログに詳しく書かれてあります。必読です。
http://cybervisionz.jugem.jp/?eid=55
原子力産業のウェステイングハウス社も出てきます。

IG ファルベン社は、ナチスのアウシュビッツ収容所で使用されたツィクロンB(Zyklon B。毒薬)の製造メーカーです。
その他、さまざまな毒薬を製造していたのですが、IG ファルベン社傘下のバイエルも、それに参加していたと言われています。
(ナチス・ドイツ、IGファルベン、そしてスイス銀行』より)

独立系シンクタンクの原田武夫氏が言っている「見えないドイツ」のひとつが、このIG ファルベンの残党であることは間違いないでしょう。
(「見えないドイツ」については、『ワシントンは世界を最終戦争に駆り立てている』の真ん中辺りの青地の囲み記事-※シュタージの説明でも少し書いています)

ISD条項については、『これがTPPの正体-TPPも原発も同じ人々が推進している』の中で詳しく解説しています。
その概念図は以下です。

20130308-3.jpg

さて、エピセンター氏が引用したアルバート・バイクの「三回の戦争で世界制覇を実現することができる」という手紙に書かれている「計画(世間では予言という人たちがいるが、予言などではない)」は実現しています。

第一世界大戦から第二次世界大戦までは、国際連盟が置かれました。
第二次世界大戦後は、国際連合です。

国際連合=正式には、United Nations
Unite(結合する、連結する)された国家のグループのことを国連と言います。「国際」のニュアンスなど、まったくありません。

誰かが巧妙に、「国際」と訳したことよって、「貧しい国も富める国も、みんな平等に力を合わせて豊かな世界を創る」といった意味に勝手に解釈されるようになってしまいましたが、国連の「Nation」とは、5つの常任理事国、アメリカ、イギリス、旧ソ連(ロシア)、フランス、中国の五ヵ国のことであって、第二次世界大戦の戦勝国のことを指しています。

つまり、第二次世界大戦後、世界秩序を構築しようとしたのが国際連合です。
核武装が許されているのは、これらの5つの国だけです。

欧米の国際銀行家、英国ロイヤルのようなヨーロッパ貴族の末裔(これらの人々のほとんどが、今は一時的にシオニストになっている)が、「見えないドイツ」に莫大な資金援助を行って世界的な企業に仕立て上げ、これらの国々に大きな影響力を持つに至っています。

彼らにインキュベイトされた世界的な企業=多国籍企業のCEOの中には、こうした人々の血筋を引いている人間が多数います。

そして、今、アルバート・バイクの言う「三回目の戦争」に向かっています。
それは、NASA(フリーメーソンから資金提供を受けている組織)の未来計画書に書かれています。

全部で110ページ以上ありますが、誰でも読むことができます。
そのファイルのタイトルは、「将来の戦略的課題-2025年頃の未来の戦争」。
理解するには多少の謎解きの才能を必要としますので、ここでは、とりあえずそれに関連する動画をご覧ください。
(いずれ書きます)

NASAの未来計画文書①
NASAの未来計画文書②
NASAの未来計画文書③

「なぜ、欧米はシリア、イランをターゲットにして攻撃を仕掛けているのか」ですが、国際連合の常任理事国のロシアと中国をはずして、新しい国際連合(もちろん、世界政府のことです)を創設するためのプロセスです。

20130717-10.jpg
スライヴ (THRIVE Japanese)

これは世界専制政治の組織図です。
正体の知れない人々によって、何ら議会の承認を経ることなく、何十年も前から、このように勝手に世界をブロック化し、地球全体を完全な管理下におこうとしてきました。

この頂点にあるのが世界政府です。

しかし、中国とロシアは、この組織図に入れられるのを長い間、拒んでいます。彼らは西側になびかないからです。
特に、G8の写真撮影のときに、はっきり分かりましたが、プーチンだけは「浮いた存在」でした。

日本の総理大臣は、カメラばかり意識してドイツのメルケル首相に話しかけていましたが、通じていません。
その差は歴然です。
ロシアの闘将と日本の男妾です。

今後、生きるために、まずはTPPを阻止することです。
政治家の無知は極限まで行ってしまっているので、日本の将来は国民の理知だけにかかっています。






GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP
GENTOS(ジェントス)

2,237円  配送無料    (463件のカスタマーレビュー)
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP


【即納】アウトドア 停電時の防災対策に最適、明るく1回の充電で40時間点灯「ソーラーチャージャーLEDランタンライト」携帯電話の充電も可能なコネクタ付!【1年間保証付】
Newstone  

参考価格: ¥ 4,800
価格: ¥ 1,980   配送無料 (29件のカスタマーレビュー)
OFF: ¥ 2,820 (59%)

【即納】アウトドア 停電時の防災対策に最適、明るく1回の充電で40時間点灯「ソーラーチャージャーLEDランタンライト」携帯電話の充電も可能なコネクタ付!【1年間保証付】


スイッチ断ボール ※地震時に自動的にブレーカーを落とし、通電火災を防ぎます!
スイッチ断ボール     

1,931 円  配送無料   
スイッチ断ボール ※地震時に自動的にブレーカーを落とし、通電火災を防ぎます!


関連記事
       
NEXT Entry
富士山噴火!?地震がトリガーとなってヒビ割れ大噴火
NEW Topics
「中央銀行の仮想通貨から、うまく逃げおおせろ!」
乗っ取られたワシントンと日本の「ディープ・ステート化」
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(2,3)
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top