カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   地震・噴火  »  富士山噴火!?地震がトリガーとなってヒビ割れ大噴火
       
20130719-9.jpg

今年5月7日に起きたフィリピンのマヨン山(Mt. Mayon)の噴火。山容が富士山とよく似ている標高2,463mの火山。
火口に雨水が触れて小規模な水蒸気爆発を起こした。
それで、山が吹き飛ぶ。水蒸気爆発の威力は想像以上。

「富士山噴火がスタンバイ」のスタンバイ

産業技術総合研究所の研究チームが、16日、1707年の富士山・宝永大噴火前夜の様相に近くなってきたと発表しました。

富士山 巨大地震で噴火も マグマ300年間たまる 産業技術研
(2013年7月16日  東京新聞)

世界文化遺産の富士山は、巨大地震の強い力で内部にひびが入ると、そこから爆発的な噴火を起こしかねない状態だとする分析結果を、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などのチームがまとめたことが16日分かった。

直近の噴火は関東地方にも大量の灰を降らせた1707年の宝永噴火。
チームは現在の富士山が、この噴火の直前と似た状況だと推定。
約300年間マグマがたまり続けているとし、警戒を呼び掛けている。

富士山の地下には、マグマが通った後に冷えて固まってできた硬い岩脈が多数走っている。
たまったマグマやガスが閉じ込められた風船のような状態といい、地震による地殻変動で岩脈に隙間ができると、一気に噴出するかもしれないとしている。

富士山は過去にさまざまな場所から噴火しているが、チームはこうした噴出口(割れ目)を、航空写真や現地調査で詳しく調査。一万年前の噴火から、宝永噴火に至るまでの経緯を分析した。

それによると、繰り返し起きた噴火により、宝永噴火の前までに山体には多数の岩脈が走り、これがマグマの上昇を妨げていた。

宝永噴火は、1703年と1707年にマグニチュード8級の地震が相次ぎ、衝撃で隙間ができたことが引き金となり、押さえつけられていたマグマが南東側の山腹から爆発的に噴出したとみられるという。

富士山の深部では低周波地震が起きており、地下でマグマがたまっているとみられる。産総研の高田亮主任研究員は「南海トラフ地震など大きな地震が起これば、次の噴火を引き起こす可能性がある」と指摘している。

■この記事の重要ポイントの解説:

太字の部分に注目して、個人、家族、経営者それぞれの防災に対する備えをイメージしてみましょう。

ここ数年以内(あるいは、東海地震、東南海地震などが引き金となって)富士山が噴火する、という警告はいくつかの研究機関、学者たちがすでに出しています。

現実に富士五湖の河口湖の水位低下、スバルライン五合目に接続している滝沢林道(通年通行止め)の陥没、富士山と地下でマグマがつながっているとされる箱根・大涌谷での震度5の地震などなど、はっきりした兆候がすでに出ています。

特に、河口湖の水位低下について、島村英紀・武蔵野学院大学特任教授が指摘していることは重要な意味を含んでいます。

「雪解け水が流れこんで水位が戻るかどうかがカギ。
雪解けの水が供給されたのに水位が上がらないとなると、それは問題」。

その河口湖の一ヵ月前の様子。

河口湖 陸続きの六角堂 2013年6月9日 【富士五湖の異変】


もう、一目瞭然です。

では、富士山の場合、どのようなプロセスを経て噴火するのか。
噴火の規模は。
噴火を事前に知ることができるのか。避難準備する時間があるのか。
どれくらい長い間、避難していなければならないのか。

これらについて、地元自治体は真剣に対策を講じていますが、国のほうは、「パニックにならないように」という、いつもの理由で避難に役立つ実際的な情報は出していません。

まず、噴火した場合、どれほどの規模になるのか、についてですが、もっとも悲観的な予想をしているのが火山防災対策検討会で藤井東大名誉教授です。(下の動画の2分あたり)

間もなく富士山大爆発


過去、観測が可能だった地震のうち、M9以上の地震は5回起きていますが、東日本大震災を除く4つの地震の後、例外なく大規模な火山の噴火が起きており、甚大な被害を出しています。「日本だけは特別だ」と考えることはできません。

これについて、2013年2月のJGL(日本地球惑星科学連合の会報)に藤井教授が記事を書いています。7ページの「富士山の大規模噴火はあるか」という見出しの記事です。
読みやすいように、藤井教授の記事だけを下のように切り取っておきます。(全3ページ ページごとクリックして拡大してください)

20130719-3.jpg
20130719-5.jpg
20130719-7.jpg

普通に読めると思いますが、時間のない方のために、最重要ポイントを要約すると以下のようなことになります。

まず、今まで富士山の噴火については、「一ヵ月ルール」という(根拠の薄弱な)論理が学者の間で取り上げられてきました。

20130719-8.jpg

まず最初に、
①地下深くにあるマグマの動きを知らせる低周波地震が起こる。
②次に、体に感じられる有感地震が起こる。
③そして、噴火一歩手前の火山性微動が起こる。

(噴火までのプロセスについては、こちらの記事)

①~③、そして噴火まで、「約一ヵ月」かかるというのが、「一ヵ月ルール」です。

「一ヵ月ルール」とは、富士山の噴火の場合、一ヵ月前に必ず明確な前兆現象が現われるので、避難する時間は十分ある、という専門家たちの見方のことです。
当ブログも、それを前提に富士山噴火についての記事を書いてきました。
(第一段階である富士山の地下での低周波地震は、すでに明確に出ています)

しかし、藤井教授は「そうではない可能性が出てきた」と主張しているのです。それは、このようなことです。

上の3ページのうちの最初のページの「富士山のマグマだまり」の見出しの最後にこのように書かれてあります。

「2000年から2001年にかけて深部低周波地震が異常に活発化した当時、深部低周波地震が発生している深さ15km付近にマグマだまりがあると考えられていた。

しかし,先述の地震波トモグラフィーの結果からは,この部分に流体は存在するものの、マグマではなく二酸化炭素を多く含む熱水のようなものと考えるのが適当であるらしい」。

これが、東京新聞他のメディアで焦点となっている、
「たまったマグマやガスが閉じ込められた風船のような状態といい、地震による地殻変動で岩脈に隙間ができると、一気に噴出するかもしれないとしている」
という記述部分なのです。

さらに管理人が藤井教授の説を噛み砕いて書くと、

「富士山で、過去3200年の間に発生した約100回の噴火によってできた多数の岩脈によって、上昇しようとするマグマを上から押さえつけてきたが、1707年の宝永大噴火から300年以上経過した現在、マグマだまりが限界まで来ている。

巨大地震によって山体が揺さぶられ、亀裂や隙間ができると、そこから圧が開放されて噴火に至るのは当然として、同時に山体に閉じ込められていた火山性のガスが一斉に噴出するかもしれない。

それは、雲仙普賢岳のような高圧・高温の水分と有毒ガスがミックスされた水蒸気と熱風の津波のようなものが富士山の裾野へ向かって、高速で滑り降りてくる、ということです。

藤井教授も東京新聞(他のメディアすべても)もそうですが、つまり、これは「水蒸気爆発」のことを示しています。

富士山の裾野の町では、「水噴火」といわれる現象が起きました。
山頂付近の氷が、どんどん溶け出して、山体の中に浸透し、地下水となって何年もかけて裾野に下りてくるのです。
その融けるスピードと融けた水の量が多いため、裾野の町に下りてきたときに、今までバランスを保っていた圧力の均衡が破れて、水が道路から噴出するという現象が起こったのです。

富士山の融水の一部は、飲料水となって売られています。

気候変動によってその水がどんどん増えていって、富士山自体が巨大な貯水槽のようになっているに違いないのです。

滝沢林道の陥没は、それを示す明確な証拠の一つです。



これは山の凍土が急激に暖められて氷が溶けるときに現われる典型的な現象です。地震ではありません。

林道走行を趣味としているオフローダーなら、こうした光景は見慣れているはずです。
特に、初秋の午前8時くらいに標高の高い林道に入ると、よく見かけられます。太陽が昇って急激に土の中の氷が融けるためです。

富士山噴火の場合は、“風船”の中に閉じ込められた水分と有毒ガスが、マグマによって数百度、場合によっては千度以上に一気に熱せられるのです。

ヤカンに満々と入れられた水が沸騰して、熱水がこぼれる現象を噴火にたとえると、ヤカンの注ぎ口から、高温の水蒸気を噴き出すのが、藤井教授の言っている(つまり)「水蒸気爆発」。(少し違いますが)

もっとエネルギーの高いものでは、熱したフライパンの上に水をたらしたときに見られるように、水自体が爆弾のようになるのです。

こうした発想はまったくありませんでした。
「まさか、雲仙普賢岳の火砕流のようなものが、富士山の噴火と同時に起こるなんて」と考えてきたのです。

藤井教授は、「一ヵ月ルール」を信じ込むことは危険である、と主張しています。

「想定外」という言葉を使ってほしくない! と原発事故を起こした世界的企業に私たちは言ったばかりです。
その言葉は、私たちにも向けなければならないようです。
今までの思い込みを、いったんリセットして考え直す必要があるのかもしれません。

自然への畏怖を忘れた日本人に課される試練

富士山が世界文化遺産に登録されることが決まりました。
地元にとっては喜ばしいことでしょう。

今、入山料をどの程度に設定しようかと検討しているようですが、5合目辺りから上は7000円程度になるようです。
係員が待機していて、そこで入山料を徴収するのです。

とりあえずは、7月下旬から8月上旬の10日間、1000円から試験的に始めてみようということのようです。

私は、これを聞いて「畏れ」を抱いています。
日本の象徴・富士の山は誰のものか。

人間がつくったものではありません。それなのに、まるで子供のやる陣地ゴッコのように好きなように権利を設定し、ビジネスのフィールドにしてしまっていいのか、ということです。

もちろん、外国人観光客が押し寄せ、入山者が増えることは間違いないでしょうから、環境保護のスタッフ、監視員、救護班などの人件費、啓蒙PR費などに当てる財源として入山料を高めに設定せざるを得ないことは分かります。

しかし、もっと日本ならでは方法があるのではないか、ということなのです。
徹底して環境保護の啓蒙に努めるとか、逆に違反者への罰金を増やすなど、コストをかけない別の手段があるはずなのです。

富士山の地下で確実に起こっている噴火への蠢動。
多くの学者が警告しているように、近未来における噴火が避けられないものであるとするなら、この蠢動が日本人の目覚めと新しい日本の誕生への胎動となることを願うばかりです。





GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP
GENTOS(ジェントス)

2,236円  配送無料    (463件のカスタマーレビュー)
GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP


【即納】アウトドア 停電時の防災対策に最適、明るく1回の充電で40時間点灯「ソーラーチャージャーLEDランタンライト」携帯電話の充電も可能なコネクタ付!【1年間保証付】
Newstone  

参考価格: ¥ 4,800
価格: ¥ 1,680   配送無料 (29件のカスタマーレビュー)
OFF: ¥ 3,120 (65%)

【即納】アウトドア 停電時の防災対策に最適、明るく1回の充電で40時間点灯「ソーラーチャージャーLEDランタンライト」携帯電話の充電も可能なコネクタ付!【1年間保証付】


スイッチ断ボール ※地震時に自動的にブレーカーを落とし、通電火災を防ぎます!
スイッチ断ボール     

1,930 円  配送無料   
スイッチ断ボール ※地震時に自動的にブレーカーを落とし、通電火災を防ぎます!


関連記事
       
NEXT Entry
続・富士山噴火-文明は地震ではなく噴火で断絶する
NEW Topics
ビットコインの価値は(金)ゴールド並かゼロか
イーサリアムの米ドルトークンはビジネスの業態を変える
仮想通貨の下落は、暗号世界における対北朝鮮の経済制裁
ロシア最強の暗号通貨とブテリンのICOバブル警告
ヒカルの仮想株式「VALU」詐欺とユーチューブの奴隷たち
脱ドル本格化-ユーラシア新通貨システムと世界秩序②
脱ドル本格化-ユーラシア新通貨システムと世界秩序①
崩壊せまる株式市場と逆相関の金市場と仮想通貨市場
トンデモJアラートと北のミサイルに救われるサイコパス総理
米・中・露を巻き込む暗号通貨戦争と金本位・新通貨制度
今夜の報ステを見逃すな!「森友・加計の背後の“真犯人”」
FRBの利上げが仮想通貨への資金流入を加速させる
長崎の原爆投下、天草四郎の正体、異界の街・長崎
2017年後半から熱くなる朝鮮半島の有事
『カレイドスコープのメルマガ』-実質2ヵ月分無料!!
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク9-未来世界
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top