カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   地震・噴火  »  富士山噴火と東海地震と原発震災の元祖・浜岡原発
       
20130802-4.jpg
ロイターのニュースからキャプチャー

国際的な外交官として知られる元国連職員の松村昭雄氏が、富士山の噴火によるあたらな原発事故を心配しています。


日本の責任:富士山噴火のリスクと原子力発電所

2013年7月31日
By松村昭雄


もし富士山が噴火したら? 

この質問は無作為で挑発的なものに思えるかもしれません。しかし考えなければならない問題です。

福島原子力発電所の大惨事を引き起こした2011年3月の東北大地震が、2年以内の富士山噴火の要因になるのではと、科学者達に懸念をあたえています。

幾つかの兆候、マグマ溜りの圧力上昇、近くの湖の水面低下、地殻の亀裂、が300年間休眠している火山が最近の地震活動に影響されていることを示しています(Japan Todayの記事)。

2013年7月27日に公表された日本の産業技術総合研究所の調査では、富士山は過去二千年の間に47回噴火していると結論づけたことを、読売新聞が報じています。

大地震(マグニチュード9以上)が起これば、3年以内に火山が噴火するという有効性の高い前例があります。

2004年12月26日:インドネシアのスマトラ地震(M9.2

2005年4月12日、タラン(Talang)火山噴火。

2005年3月13日、西ジャワのタンクバンプラフ(Tangkuban Perahu)火山噴火。

1964年3月27日:米国アラスカ地震(M9.2

1966年1月24日、リダウト(Redoubt)火山噴火。

1960年5月22日:チリのヴァルディビア(Valdivia)地震(M9.5

1960年5月24日、コルドン・カウジェ(Cordon Caulle)火山噴火。

火山の噴火がいつ起るかは誰にも正確な予測はできません。
しかし、噴火の起る可能性を(それが1年、5年、20年、100年以内であろうと)無視することは危険で無責任なことです。

原子力発電所近くの火山の予測不可能な噴火の話(未曾有の事態)をするのは、人騒がせな事と論判する人もいるでしょうが、私はそれを責任あることと思います。

原子力は現実のものです。
そして地震も噴火も他の自然災害、人為的災害もまた現実なのです。

政府と公益事業社は10年、100年の間に起る災害が 大きな原子力事故を引き起こすことを現実視し、電力との引き換えに直面するリスクがあるということを国民に説明しなければなりません。

この点の原子力に関 する議論はまだ不十分です。

私の大きな懸念は、福島原発を建設する際に大地震や津波の可能性を軽視したと同じように、政府や科学者達は、また富士山の噴火は予測不可能だ、というかも知れないことです。

ましてや、原子力発電所が、その日本の聖像である火山の陰に存在するのですから。

20130802-2.jpg


静岡県御前崎市にある浜岡原子力発電所のことがとても心配です。

2011年5月6日、管直人首相は、マグニチュード8以上の地震が30年以内に起き ることが87%の確率で予測されることから、発電所の停止を要請しました。

今日現在でも、その使用済燃料は更に3年以上プールで冷却することが必要なのです。

火砕流、水、火山灰、噴石が、原子力発電所の電源喪失を起こし原子力圧力容器と原子炉格納容器の冷却装置を途絶することは科学者でなくともわかります。

噴火は火山灰、噴石を数週間出し続けることもあり、それが緊急修理を妨げる可能性もあります。

私は事が起きた場合に最も安全な措置は、プールの中の使用済燃料を移動することと理解していますが、移動には長い時間を要する手順が必要です。

そして、次に 根本的な疑問です。
それをいったいどこに運ぶのでしょうか?

日本は、リスクがあると思われる原子力発電所が富士山の周りにいくつあるのか考えたのでしょうか?

私たちは、原子力発電所の廃炉には約50年はかかるのだということを過小評価してはなりません。

2013年4月に、全ての原子炉は段階的になくさなければならない、と米国原子力規制委員会のグレゴリー・ヤツコー前委員長が述べました。

高い評価を受ける原子力専門家のゴードン・エドワード博士が、この発言の意味を以前私達に説明してくれました

ヤツコー氏は、全ての潜在的に危険な機械は、その全てを完全に停止できる「緊急停止スイッチ」を備えているべきである、 という最も基本的な認識に至りました。

原子力発電炉にはそれが無いのです。

ですから、ヤツコー委員長は、全ての原子炉は段階的に廃止すべきである、という結論を出したのです。

原子力発電炉は完全に停止させることはできないのです。

どんなに緊急な場合であろうとも、です。

とんでもない構造欠陥です!

止めることのできない 自動車や消せない火事を想像してみてください。

日本は、すでに54基の原子力発電所を建設しました。
私達は天災と核物質という悪い組み合わせの確率に永遠に勝ち続けることはできません。

福島の原発事故から私が学んだ主な教訓は、原子力の永続性です。

それが人間のミスによるものであろうと、自然災害によるものであろうと、テロ攻撃によるものであろうと、いかなる原子力事故も、放射線と健康へのリスクを少なくとも数百年にわたって私たちに残す、ということです。

日本は、電力と引き換えに直面するリスクについて、国民に正直でなければなりません。


 -----------------------------

(翻訳:木村道子)

英文オリジナル:http://akiomatsumura.com/2013/07/1550.html




(管理人)
「耐震データに偽装あり!」
原発震災の元祖・浜岡原発は東海地震と南海地震と富士山噴火に取り囲まれている


この記事は、松村氏のサイト、FINDING THE MISSING LINKからのものです。
当初は、英語バージョンだけだったので、突貫工事で翻訳して次々とアップロードする、という状況が続いていましたが、最近は、日本にとって重要な記事については日本語バージョンが用意されるようになったのでとても読みやすくなりました。

サイト内を巡回すると、まだ日本に紹介されていない科学的知見に基づいた非常に重要な記事があります。

この記事は、珍しく「可能性」について触れたものです。しかし、その「可能性」は100%に近い現実性を持っています。

youtubeで「富士山・噴火(Mount Fuji  Eruption)で検索すると、いろいろな動画が出てきます。
ロイターのニュースや、この記事で紹介したジャン・ポール・ジャクソンがテレビに出演して、富士山噴火のビジョンについて語った動画などもあります。

海外でも富士山噴火については関心が高いのです。

富士噴火が直接、原発に影響を与えるとすれば、それは浜岡原発です。
そして、東海地震との連動から巨大津波がすぐに頭に浮かびます。

産業技術総合研究所が7月16日に発表したレポートは、衝撃的でした。

富士山 巨大地震で噴火も マグマ300年間たまる 産業技術研
(2013年7月16日  東京新聞)

世界文化遺産の富士山は、巨大地震の強い力で内部にひびが入ると、そこから爆発的な噴火を起こしかねない状態だとする分析結果を、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などのチームがまとめたことが16日分かった。

富士山の地下は、たまったマグマやガスが閉じ込められた風船のような状態だといい、地震による地殻変動で岩脈に隙間ができると、一気に噴出するかもしれないとしている。

富士山の深部では低周波地震が起きており、地下でマグマがたまっているとみられる。産総研の高田亮主任研究員は「南海トラフ地震など大きな地震が起これば、次の噴火を引き起こす可能性がある」と指摘している。

富士山の地下では、噴火の初期症状に当たる低周波地震が数年前から起きており、山体が膨張していないか、数ヵ所に設置した観測機器で24時間、監視しています。

実際に、富士山周辺では、河口湖の水位低下、裾野の市街地での水噴火、滝沢林道の地割れ…など確実に異変が起きています。

また、神奈川県の三浦半島で海底が6mも隆起したり、同じく神奈川県寒川町の公営プールの床が変形して原因が分らないなど、どう考えても前兆現象としか考えられない事象が複合して起こっているのです。

実は富士山が噴火した場合、火災流の発生が懸念されています。
藤井敏嗣・東大名誉教授は、富士山のカルデラ噴火の可能性に触れています。

そうなった場合は、水蒸気爆発と火砕流によって、発生場所によっては、数10万~数100万人の犠牲者が発生すると言われています。その可能性を藤井教授はほのめかしているのです。

思い出してください。2011年3月11日後のことを。

菅直人首相(当時)は、2011年5月6日、浜岡原発の全面停止を要請しました。
そして、中部電力はこの要請を受け入れ、8日後の5月14日に浜岡原発は全停止しました。

すんなり停止にこぎつけた背景には、米軍からの要請があったといいます。
これがなければ、官邸と経産官僚、電力会社、そして地元自治体の首長たちとの間で、しばらく、すったもんだやっていたでしょう。

このいきさつについては、2011年5月16日の記事『あなたは浜岡原発を廃炉にできます!』に詳しく書かれてあります。

浜岡原発は砂地の上に建っています。
地歴によれば、軟弱な砂地の地盤を改良せず、単に盛土をしただけで建設された原発だということです。
しかも、今の原子炉建屋の真下には、川が流れていたのです。

地震が起きれば、確実に液状化現象が起こり、建屋は傾くでしょう。それから何が起こるかは、福島第一原発事故が教えてくれたとおりです。

もともとが、浜岡原発は重大な欠陥を抱えた原子炉です。

浜岡原発1号炉は、米原子力規制委員会(NRC)が1980年行った再評価試験で「耐震性に問題あり」と判定された、いわくつきのマークⅠ型です。
福島第一原発と同型の原子炉です。

そもそもが、格納容器とドーナツ型のサプレッション・チェンバに設計上のミスがあるため、水素爆発しやすい構造になっているのです。

当然、この1号路は廃炉になっていますが、浜岡原発3号炉と4号炉は、マークⅠ型の改良型です。
欠陥的な構造上の要素が、根本から除去されたわけではありません。
そして、その中には、まだ崩壊熱を出している核燃料があり、使用済み燃料プールにも核燃料棒があるのです。

今は削除されてしまいましたが、2011年5月当時の新聞には、浜岡原発を造った東芝の子会社で浜岡原子力発電所2号機の設計に携わったエンジニアの告発記事がありました。

彼は、「いろいろ計算したがダメだった。この数値では地震が来ると2号機はもたない」と東芝に原発建設中止を訴えましたが、聞き入れられることはありませんでした。

こうして地震の目に目隠しをして、自民党と霞ヶ関、原発メーカーの汚辱のトライアングルによって、全国に動かぬ核爆弾が次々と建造されていったのです。

新聞に掲載された原子炉設計者の告発は、以下の囲みです。

浜岡原発の元設計士「耐震強度データに偽装があった」と告発
nifty news 2011年5月13日(金)16時0分配信

「技術者が不完全なものを造るわけにはいきません。しかもあれほど危険なものを平気で造ることなんて…」

目に涙を浮 かべてこう話すのは、千葉県在住の元エンジニア谷口雅春さん(69)。

東芝の子会社である「日本原子力事業」の技術者として、谷口さんは30年以上も昔、 浜岡原子力発電所2号機の設計に携わった。
1970年ごろから神奈川県横浜市にある東芝の工場に出向し、原子炉の炉内構造物の設計を担当。

当時、建設中の 浜岡原発2号機については「炉心支持構造物」という原子炉の中枢部分の設計にかかわり、耐震計算に必要な重量データを集計していた。

“事件”が起きたのは1972年5月だった。

数十人の設計者のうち代表3人だけで開かれた会議に谷口さんも出席していた。
そこで代表者のうちの1人がこう打ち明けたのだった。

「いろいろ計算したがダメだった。この数値では地震が来ると2号機はもたない」

担当者がダメだという最大の理由は岩盤だった。

浜岡辺りでは200年周期でマグニチュード8クラスの大地震が起きているため、岩盤が極めて脆かったという。

「浜岡の地盤はそもそも岩どころか、握りつぶすことのできる砂利の集まったシャーベットのような状態でした。さらに、大地震による断層や亀裂ばかりでぐちゃぐちゃになっていたんです」(谷口さん)

さらに原子炉建屋と核燃料集合体の「固有振動数」が、想定される地震の振動の周期に近いことがわかった。固有振動数と同じだと揺れが何倍にも大きくなる「共振現象」を引き起こし、地震のリスクが激増してしまう。

あまりにショッキングな報告に「建設中止もやむをえないか…」と思った谷口さんの目の前で、先ほどの担当者がこう言った。

「データを偽装して、地震に耐えられることにする」。

2号機は通産省(当時。現在の経済産業省)に設置許可申請を出す直前だった。
谷口さんが振り返る。

「担当者は“岩盤の強度を測定し直したら、福島原発並みに岩盤は強かったことにする”」。

「“固有振動数はアメリカのGE社が推奨する値を採用し、共振しないことにする”」


などと次々と“対策”をあげていくんです」

堂々の“偽装宣言”を耳にした谷口さんは、良心の呵責に苛まれた。

「事故を起こしたら大変なことになるのは明白でした。
技術者として、そんな危険な原発を造るなんてできるわけがありません。
悩んだ末、私が辞めることで何かしら警告になるのではないかと思い、会社を去ることにしたんです」
(谷口さん)

上司に辞意を伝えて自分のデスクに戻ると、耐震計算の結果が入った3冊のバインダーがなくなっていた。

「隠 ぺいが漏れないようにということからか、関連会社の仕事をいろいろ斡旋され慰留されました。
でも、続けていても飼い殺しになるだけ。
きっぱり辞めることを決めました。

しかし残念ながら私の退社はまったく警告になることなく、彼らは原発建設を強行してしまったんです」
(谷口さん)


東海地震が起これば、浜岡原発は確実に事故を起こすでしょう。そして首都圏を放射性物質が直撃します。

最近なって、津波対策として建設が進められてきた浜岡原発の防波堤の全貌が分かるようになって来ました。(写真下)

20130803-1.jpg
http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/archives/category/3-hamaoka

これから、防波堤の底辺部分を補強して固めていくのでしょうけれど、こんなにペラッペラなのです。

あの世界一の堅牢さを誇った三陸・釜石の防波堤が、3.11の津波でいともあっさり破壊されてしまったのです。
その衝撃はジャンボ機250機が一度に突っ込んだ場合に相当するエネルギーだったとか。

こんな紙ッペラのような防波堤では気休めにしかならないはずです。

建設中の防波堤は、延長1.6km、高さ18mで設計され、工事が進められいますが、南海トラフ沿いで巨大地震が起きた場合、津波が防波壁に衝突して最大21.4mの高さになることが計算上導き出されたために、さらに4mかさ上げされて22mに設計変更されたのです。

そのため、工費も1500億円にふくらみ、完了時期も2013年末にずれこみました。
当然、この建設費は電気料金に上乗せされるのです。

20130803-2.jpg 20130803-3.jpg

原子炉建屋の標高は6~8mです。
福島第一原発のように、海側に堅牢なタービン建屋やタンクなどの付属施設もないので、津波が来れば、そのエネルギーは直接、建屋に襲いかかります。

ジャンボジェット250機、あいるはそれ以上の数のジャンボが高速で突っ込んでくる様をイメージしてください。
それ厚さ2mの鋼鉄製の壁でブロックできるのか?

できないでしょう。彼らは机上の空論が好きなのです。

津波による電源喪失、そして地盤沈下による原子炉そのものの破壊と配管の断裂。
「いつでも壊してください」と言っているのが浜岡原発です。

世間で言う「原発震災」の元祖こそが浜岡原発なのです。

そして、さらに最近では多くの地震学者が、南海地震について饒舌になったことも気になることではあります。






レスキュー簡易寝袋
カクセー
参考価格: ¥ 861
価格: ¥ 414
OFF: ¥ 447 (52%) (33件のカスタマーレビュー)
レスキュー簡易寝袋 23000 31610


【売れ筋!YG-5090HF】 N95 豚インフルエンザゴーグル(無気孔ゴーグル)、N95マスク と併用可能!「YG-5090HF」密閉型ゴーグル 曇り止め付き
山本光学  

680 円    配送無料    (35件のカスタマーレビュー)

【売れ筋!YG-5090HF】 N95 豚インフルエンザゴーグル(無気孔ゴーグル)、N95マスク と併用可能!「YG-5090HF」密閉型ゴーグル 曇り止め付き


3M(スリーエム) 8233 N100 防じん防護マスク 個別包装5枚 [並行輸入品]
アメリカ発     

参考価格: ¥ 10,605
価格: ¥ 5,270    配送無料   (11件のカスタマーレビュー)
OFF: ¥ 5,335 (50%)
3M(スリーエム) 8233 N100 防じん防護マスク 個別包装5枚 [並行輸入品]


関連記事
       
NEXT Entry
ガンダーセン・松村昭雄-事故収束についての最近の議論
NEW Topics
ビットコインの価値は(金)ゴールド並かゼロか
イーサリアムの米ドルトークンはビジネスの業態を変える
仮想通貨の下落は、暗号世界における対北朝鮮の経済制裁
ロシア最強の暗号通貨とブテリンのICOバブル警告
ヒカルの仮想株式「VALU」詐欺とユーチューブの奴隷たち
脱ドル本格化-ユーラシア新通貨システムと世界秩序②
脱ドル本格化-ユーラシア新通貨システムと世界秩序①
崩壊せまる株式市場と逆相関の金市場と仮想通貨市場
トンデモJアラートと北のミサイルに救われるサイコパス総理
米・中・露を巻き込む暗号通貨戦争と金本位・新通貨制度
今夜の報ステを見逃すな!「森友・加計の背後の“真犯人”」
FRBの利上げが仮想通貨への資金流入を加速させる
長崎の原爆投下、天草四郎の正体、異界の街・長崎
2017年後半から熱くなる朝鮮半島の有事
『カレイドスコープのメルマガ』-実質2ヵ月分無料!!
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク9-未来世界
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top