カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   アセンション  »  アセンション2 アクエリアスの時代
       
悪魔は、この稿ではまだ出てきません。

まだ序章にもかかわらず、あまりのキチガイっぷりに食傷気味の閲覧者の方のために、イージーリスニングはいかがでしょう。音量にご注意ください。

輝く星座/フィフス・ディメンション Aquarious/The 5th Dimension


歌の出だし

When the moon is in the seventh house.   月が第7宮に入り

And Jupiter aligns with Mars.       木星が火星と並ぶとき

Then peace will guide the planets. それぞれの惑星は平和に導かれ

And love will steer the stars.        愛が星たちの舵をとる

This is the dawning of the age of Aquarius    
 the age of  Aquarius
                         今こそ みずがめ座時代の夜明け
                         みずがめ座(アクエリアス)の時代

すごく透明感があって、宇宙の深いふところに吸い込まれてしまいそうなサウンドです。

■歌詞にある、みずがめ座の時代とは  以下のサイト様が簡潔にまとめてくださってます。
http://blog.goo.ne.jp/sinji_ss/e/ffcdb2df8f64105507fa9e66e8f20b8f

占星術で時代を占う場合のもっとも永いスパンにプラトン年と呼ばれるものがあります。プラトン年とは、春分点が、地球の歳差運動と呼ばれる現象によって、黄道12星座を一周する期間のことで、25920年と言われています……


地軸の傾きによって歳差が生じ、春分点がホロスコープの12宮(サインといいます)を一周するのに約26,000年かかる、ということになっています。
12宮を銀河系と置き換えると、地球のスピードは光速を超えてしまうので相対性理論の枠から飛び出してしまいます。ここで言う12宮とは、あくまで概念としての広がりです。
ただ、1星座(宮)はほぼ30度角(360度を12で割る)の広がりなので、ここを春分点が通過するのに26,000年÷12宮≒2,170年かかる、ということです。

これがアセンションの根拠、いや「出発点」といってもいいのです。

驚きましたね。
(フォトン・ベルトもこれに関係しています)。

歳差運動について、もっと詳しく知りたい方はこちら↓
http://www.kitombo.com/daichi/bunmei/saisa_undo.html

もっと分かりやすく、ならこちら↓
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410961074?fr=rcmd_chie_detail

http://homepage2.nifty.com/eman/dynamics/precession.html

地球のポールシフトに関係するのでは、ということですね。

さて、ここから先は解説しているサイト様がないので、自分で書かなくては。手抜きはできなくなりました。英語サイトは難解でわかりません。

フィフス・ディメンション(The Fifth Dimension)のこのAQUERIUS(星座のみずがめ座)という曲は1967年に公演がスタートしたミュージカル「ヘアー」のテーマ音楽として、日本では1969年にリリースされたものです。このグループは男女混成の5人組。日本の「赤い鳥」のパワフル版といったらわかりやすいですか。

意味は「5次元」です。
曲の内容は、歳差運動によって、もうすぐ春分点がうお座(ピッシス)から、みずがめ座(アクアーリアス=アクエリアス)に入る。そのとき、この惑星は覚醒して、平和が訪れる。さあ、みんなで讃えよう、という歌です。
何年前だったか忘れましたが、地球の春分点は、すでにアクエリアスに入っています。

事実、みずがめ座(アクエリアス)の支配星の象意である、
「過去の状況を打ち破り、束縛からの解放と新たな自由を得ようとする欲求を表します。  覚醒を促し、革命、オリジナリティー、発明に関係する。 ハプニングの星」と呼ばれ、長い年月無意識下で醸造されてきたモノの発露となる場合があり、その場合突然異次元から降って湧いたように思える事が多く、そう呼ばれる所以です」。
とあるように意味は「革命、革新、通信、同胞愛、友人、天才」などを意味します。

ちなみのその前の2170年の間は、うお座(ピッシス)に春分点が同座していました。この象意は、
「集合的感情という無意識の海に”私”という存在を犠牲にして埋没、渾然一体となりたいという欲求を表します。自己犠牲こそ最高の自己覚醒というオカルト的パラドックスを内包しています。 海王星が宗教の星と呼ばれるのはこれ故です」。
 支配星は海王星。その意味は「霊感、直感、未来的ヴィジョン、水、アルコール、ドラッグ、混沌、混乱」などの象意を司るとされています。

もう少し詳しくみると、個人の過去、社会現象、卑近な例では今年、だれがレコード大賞をとるか、なんてことが当てられるようになります。私も大勢人が集まったときは余興でやらされました。
たしかに地球規模で見ると、トレンドのようなものは「当たります」。「当たる」というか、感じられるようになります。ホロスコープを本格的にやっておられる方なら、ここまでは否定しないでしょう。

こうしたことは、歳差運動、地軸の傾きによって宇宙線を浴びる角度が変化すること、このことによって磁場も変化する。宇宙の営みが人間の意識に作用するのでしょうか。
電磁場が脳に作用することは科学的に証明されています。特に磁場の変化。これをとらえて法則にしたものが中国の九星学です。十二支と、十干の組み合わせで、六十干支。これは宇宙線(干)と磁場(支=えと)の変化を表す記号のことです。法則というと怒る方がおられるかも知れないので「哲学」と言っておきます。的中率が最も高いといわれている推命学「四柱推命」なども、同じ九星学の考え方から生まれています。
日本の陰陽師も、広義では占星術師です。
つまり、原理はすべて同じ、占星学です。
文明の発明も、政治も占星学が基になっていたのです。

ナチスのルドルフ・ヘスが占星術師をやとっていたことは知られています。
日本の政界でも、安倍晋三元総理の彗光塾は有名です。組閣のとき、閣僚をご託宣によって決めていたとマスコミにすっぱ抜かれました。
どこの政党といわず、永田町に少なからず影響を与えてきた富士谷紹憲さんという方は、“永田町の陰陽師”といわれていた方で、多くの政治家たちに方針を示してきました。惜しくも去年、お亡くなりになりました。最後まで国を憂いていたといいます。お金には恬淡としていたといいます。
私は、現実にこうしたことが現代でも行われていることを実際に知っています。当事者として。

ちなみに、詳しいからといって、私は占い師でもなければ、神秘学を研究している者でもありません。非常に危険なものなので、私自身、どうしたらそれを見抜いて、近づかないようにできるのか研究していたら詳しくなってしまったのです。

つまり、ニュー・ワールド・オーダーの人々は占星術を駆使して、陰謀の計画を練ってきたことは、おそらく間違いのないことです。
占星術、もとい占星学は、天文学の父と言われているように古代では、国の王様はものごとを決定する場合は、占星術師に占ってもらっていたのです。でも当たらなければ国外追放か重大なミスなら死刑です。ガリレオも、ある意味では占星学者でした。
マヤには、立派な天文台があります。占星学も同時に発達していたのではないでしょうか。

このフィフス・ディメンションが高らかに謳い上げるアクエリアスの夜明け、ニューエイジ・ムーヴメントは、古代バビロニアの占星術を基にしています。占星術は科学ではありませんから、魔術の一種です。これはまさしく魔界の術です。キリスト(これもツクリモノなのですが)はこうした占星術の類を「黒魔術」として使うことを禁じました。(聖書のどこかに書いてあるはずです)
この秘儀とも言うべきものを知ってしまうと、簡単に国を倒せたり、人を狂わしたりできるので、禁じた、ということになっていますが、実は「彼ら」の専売特許にしておきたかっただけです。
このキリストは「騙り」だったのでしょう。

このフィフス・ディメンションの曲こそ、イルミナティ・フリーメーソンの次元上昇を意味するものです。
この段階では、ニューエイジの時代ですから、「みずかめ座の時代が来る。だからみんな用意はいいかい? オープンマインドで宇宙の意識を取り込もう」と言う強いメッセージを発している歌です。

そうです、意識をオープンマインドにして取り込まれるのは宇宙意識ではなく、魔界の意識です。
「彼ら」はこれが狙いなのです。
そして、ニューエイジ・ミュージックなるものが流行りました。ジョージ・ウィンストンというピアニストがいました。この曲のバイブレーションは暗いです。このフィフス・ディメンションの輝く星座と同様のバイブレーションを感じます。

こうしてニューエイジ・ミュージック(言霊と音楽のバイブレーションで魔界意識を刷り込む)、ヒーリング、チャネリングなどが流行りました。ハリウッドスターたちも担ぎ出されました。シャーリー・マクレーンもその一人です。「チャネリング」についての本を書き、映画にもなりました。「チャネリング推奨映画」です。
とこかの国の新興宗教が芸能人に広告塔をやらせたり、入会への勧誘をやらせているのと同じですが、ニューエイジ・ミュージックの仕掛け人、ニュー・ワールド・オーダーの場合は、壮大で、仕掛けも計画もスケールが違うのです。

くれぐれも言っておきますが、チャネリングをやると魔界から黒意識が流入してしまいます。決してやってはいけません。バシャールなんて存在は魔界の「騙り」なのです。
リスナーはこんなこと、まったく知らないわけですから、たまったものではありません。ただし、ニューエイジ音楽の中におかしな波動が入っていることを指摘している敏感な人がいて、この手の音楽は聴かないように、と警告を出していました。

そういえば、フィフス・ディメンションとまったく同時期に活動の最盛期を迎えたアースウインド&ファイアというファンクのグループがいますね。モーリス・ホワイト率いるブラスとコンピュータ合成音をミックスした大迫力のバンドです。
アースウインド&ファイア=Earth, Wind & Fire   やはり地球という宇宙的なバンドネーム。“宇宙のファンタジー”や“セプテンバー”という曲が有名です。




E
arth,Wind & Fire "Beijo (Brazilian Rhyme)" Earth Wind & Fire - Greatest Hits [Best of] [Original recording remastered] [Import] [from US]
直輸入版 1711円 送料無料 Amazon
Earth Wind & Fire - Greatest Hits [Best of] [Original recording remastered] [Import] [from US]




ファンタジー~パーフェクト・ベスト 1785円
  送料無料 Amazon
ファンタジー~パーフェクト・ベスト

このバンドのモチーフは「プロビデンスの目」。ジャケットのデザインもイルミナティの目を描いたイラストをよく使っています。いちばん上のイラストは日本人によるもの。


このニューエイジ時代は、自然に終息したか見えますが、実はニューエイジャーとして、ヒーリング、ヨガ、イニシエーションなどのいわゆる「癒し」や「精神世界」の指導者として今でも残っています。もっとも、いまだに自覚などしていないでしょう。




(悪魔は次です)。




関連記事
       
NEXT Entry
アセンション3 バビロニアン・ブラザーフッド
NEW Topics
ビットコイン8月1日以降のハードフォーク分裂危機!
TBSラジオ・リスナー調査 「93%が安倍を支持しない 」
安倍・世論調査に決まった名簿の存在
加計学園疑獄は巡り巡って日本の「食」を脅かす
安倍夫妻とアベトモこそが共謀罪適用第1号に相応しい
火星への大量移住計画と避けられない地球の氷河期突入
共謀罪、ヤクザ利権、北朝鮮、CIA vs ペンタゴン
炙り出されてきた加計学園疑獄の黒幕
産経の大嘘書き・阿比留瑠比が何度も言論自爆テロ
CIA読売新聞が「萩生田が大臣規範に違反」と報じる意味
レイプ犯隠蔽の安倍と日本は、「異常な首相と国民」と海外
ID2020「バイオメトリクス」は、ビッグブラザーを具現化する
加計学園・生物化学兵器疑惑とF1の4号機建屋の謎の爆発
惨敗を「こんな人たち」のせいにする末期的な幼痴園内閣
和泉洋人首相補佐官-「加計学園疑獄」の絵を描いた男
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top