カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   マインドコントロール  »  メディアは大衆をどのようにして戦争に導いてきたのか
       
20130929-1.jpg
真珠湾攻撃の数日前に日本軍の攻撃を警告していたホノルル・アドタイザーの記事。(ジェームズ・コーベットの記事)

「世界は、裏の世界を知らない世間一般の人々が想像しているものとはずいぶん違った人物によって動かされているのだ」。
ネット上では記事を書く際に、よく引用されている
ベンジャミン・ディズレーリの名言です。

彼らは、決して前面に出てきません。
出てくるときは、彼らが起こした戦争が終結して、彼らの資本によって瓦礫の都市が復興を遂げた後です。そのときには、その国は、ほとんど彼らのものになっています。

彼らが戦争を起こして、莫大な富を収奪する方法は、「戦争ビジネス・モデル」とも言うべき壮大な詐欺と唆し(そそのかし)をベースにした形式です。

まず、偽旗作戦によって、煙のないところに煙を立てた後、彼らの資本傘下にある複数のメディアを使って、国民に今まで仮想敵であった無実の相手国を「確定的な敵」として認識させるよう、写真やイラスト、映像などを使ってビジュアルで訴えかけます。
そして、熱狂と興奮の渦に巻き込まれた大衆は、戦争を待望するようになるのです。




※この記事は有料メルマガ対象です。
お申し込み初回月(毎月1日からその月の末日まで)は無料ですが、今月の場合は9月30日までですのでご注意ください
この記事は9月27日、配信済です。
mailmagazine-banner.png



「あなたは絵を提供する。私は戦争を提供する」

イエロー・ジャーナリズム」という言葉は、ウィリアム・ランドルフ・ハーストのニューヨーク・ジャーナルのような新聞によって普及した煽情的でスキャンダラス、ときに間違ったスタイルの報道を表すために作られた用語です。

ハーストのイエロー・ジャーナリズムでもっともひどい事例は、メイン号の沈没はスペイン人の仕業であると、彼の新聞で広く喧伝したことです。

メイン号の事件の話の断片が広がり、スペイン軍がキューバ人を拷問したり、レイプしたといったつくり話が、毎日、溢れ出るように流され、反スペインへの流れが形成されると、大衆は米西戦争開戦を歓迎するようになったのです。

米国-スペイン戦争の発端となったメイン号事件
1989年2月15日、当時スペイン領だったキューバの ハバナ沖に停泊していたアメリカの軍艦メイン号が突然爆沈し、250名の乗組員が死亡した。

爆沈の原因は明らかではないが、アメリカ国内の世論はスペインの謀略であるという見方が強くなった。

背景には当時普及し始めた新聞が、読者を獲得するためにセンセーショナルな報道合戦を行ったことがあった。
これを機 に「メイン号を忘れるな、スペインをやっつけろ!」という大合唱がおこり、一部の膨張主義者にとって好都合となり、マッキンリー大統領も開戦を決意し、4月に議会が宣戦を布告し、米西戦争が始まった。

メイン号の船上で起こった爆発は、石炭庫の一つで火災が発生したことによるものと広く信じられていますが、スペインが関与したに違いないとする最初の報道は衝撃的で、国家を戦争に引き込んでいったのです。

ハーシュの新聞にイラストを描いていたイラストレーターにハーシュが言ったとされる不名誉なフレーズ、それは、「あなたは絵を提供する。私は戦争を提供する」です。

メイン号事件のような話は、出所が疑わしいにも関わらず、大衆を戦時に導き、その後何十年もの間続く方法論としてコード化されるのです。

●今日の視点
・反原発ツイッタラ―と環境法改正

●メイン記事
・客船・ルシタニア号の沈没によって第一世界大戦に引き込まれていったアメリカ
・真珠湾攻撃は米国が日本に仕掛けた罠であると認めた
・ベトナム戦争に引き込んだ偽旗作戦「トンキン湾事件」
・一人の少女の捏造証言がイラク侵攻を正当化した
CNNの南オセティアの首都ツヒンバリ空爆の捏造映像
・BBCによる反イラク政府集会の捏造写真
・CNNとシリア人権監視団による新生児人工保育器死亡の捏造報道
・退役軍人を評論家に仕立て上げてテレビに出演させ、戦争を誘導するペンタゴンのプログラム
・日本の学者を論客にして徴兵制「安全神話」をプロモートする
・偽のソーシャル・メディア・アカウントを作成するソフトウェアを開発するために、HBGaryと連邦業務委託契約

みーんな、嘘、嘘、嘘…。

●禁断のマーケティング
・占いの原理と裏側


※この続きは有料メルマガでご覧ください。お申し込み初回月(毎月1日からその月の末日まで)は無料ですが、今月の場合は9月30日までですのでご注意ください
この記事は9月27日、配信済です。
mailmagazine-banner.png

★次回は第18号配信。10月1日の火曜日にお届けします。


《銀行振込に対応できるように》
先月から銀行振込をご希望の方々からお問い合わせをいただいております。
「まぐまぐ」はカードのみの受付ということですので、現在、カードに関する情報を記入せず(カードは不要)銀行振込可能な方法を検討しております。大変ご不便をおかけしております。もう少しお待ちいただれば幸いです。

また、決済、個人情報等々に関してましては、すべて「メルマガ配信会社」が中間に入って管理しております。
したがって、管理人側(メルマガ執筆者=私のこと)では、どなたが登録されているかなどの一切の情報を知ることができませんので、プライバシーは完全に保護されています。



メルマガが届かない、解除の方法が分からない、有料メルマガの購読、課金に関するお問い合わせは、 reader_yuryo@mag2.com までお願いいたします。

メールが届かない方は、「まぐまぐ」のブラウザ上で読めるサービス『Mag Mail』 をご利用ください。
先にマイページに入ってから、下のリンクをクリックすれば『Mag Mail』に入ることができます。
http://my.mag2.com

メールが届かない場合でもこの『Mag Mail』にアクセスしていただければ、必ず読むことができます。

また、Gmailの場合、メルマガが迷惑メールとして処理されてしまうことがあります。その場合は、下記を参考に設定の変更を お願いします。
http://www.mag2.com/read/gmail.html



『カレイドスコープ』のメルマガ
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
購読解除はマイページより行うことができます。
https://mypage.mag2.com/Welcome.do(PC・スマートフォン用)
https://mypage.mobile.mag2.com/Welcome.do(携帯端末用)




関連記事
       
NEXT Entry
あなたが命を守りたければ泉田知事を応援することだ
NEW Topics
ビットコイン8月1日以降のハードフォーク分裂危機!
TBSラジオ・リスナー調査 「93%が安倍を支持しない 」
安倍・世論調査に決まった名簿の存在
加計学園疑獄は巡り巡って日本の「食」を脅かす
安倍夫妻とアベトモこそが共謀罪適用第1号に相応しい
火星への大量移住計画と避けられない地球の氷河期突入
共謀罪、ヤクザ利権、北朝鮮、CIA vs ペンタゴン
炙り出されてきた加計学園疑獄の黒幕
産経の大嘘書き・阿比留瑠比が何度も言論自爆テロ
CIA読売新聞が「萩生田が大臣規範に違反」と報じる意味
レイプ犯隠蔽の安倍と日本は、「異常な首相と国民」と海外
ID2020「バイオメトリクス」は、ビッグブラザーを具現化する
加計学園・生物化学兵器疑惑とF1の4号機建屋の謎の爆発
惨敗を「こんな人たち」のせいにする末期的な幼痴園内閣
和泉洋人首相補佐官-「加計学園疑獄」の絵を描いた男
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top