カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  吉田調書を潰そうとする憲政史上、もっとも極悪な人間たち
       
TPPも秘密、さらに原発情報も秘密。
哀れ、自民党の議員たち。次はないだろう。


吉田調書、自民議員も閲覧ダメ 政府が拒否

(朝日新聞 2014年6月3日)

政府は3日までに、政府事故調査・検証委員会が福島第一原発の吉田昌郎元所長を聴取した「聴取結果書」(吉田調書)の閲覧を、自民党議員にも認めない考えを示した。
自民党の原子力規制に関するプロジェクトチーム(PT)の閲覧要求に対し、文書で閲覧拒否を伝えた。

内閣官房はPTに出した文書で「吉田元所長からのヒアリング記録を含め、記録は非公開」とした。政府事故調が調書を国会事故調に渡す際、吉田氏が「第三者に向けて公表されることは望まない」と上申書に記したことなどを説明した。

PT事務局長で福島県出身の吉野正芳衆院議員は取材に「吉田調書は人類共通の財産。可能な範囲で公開し、二度とあのような事故を起こさないよう、教訓として生かしていくべきだ」と述べ、引き続きPTで公開を求めていく考えを示した。


さて、秘密保護法案を強行採決に導いた立役者、森雅子(福島県出身)が、福島の放射線被爆者に何を言っていたのか振り返ってみましょう。(画像クリック)

20140519-2.jpg

森雅子:
「私ども福島県、当時SPEEDIの情報が出なかったこと、本当にですね、心に重くのしかかっております。しかし、あれは秘密文書でも何でもなかったのです。
私どもは、しっかりと住民の避難に必要な情報は出していきます。
それと同時に、長い廃炉作業を抱えていく中で、テロの脅威、北朝鮮のミサイルの脅威は福島県にもあるんです。しっかりと国民を守っていくために、この法律が必要であるということです」。

このときは、秘密保護法が施行されても、原発・放射能関連の情報が秘密指定されるようなことは断じてない!と言い切っていましたが、この議員も結果的に大ウソつきであることが明らかとなったわけです。

秘密保護法が施行されるまで、スケジュールどおり進んでいれば、半年を切っています。
施行前で、このありさま。

憲法で保証されている「国民の知る権利」を踏みにじる安倍晋三と自民党の議員たち。
この原発事故を起こした元凶の男が、国民の総意によって行われた原因究明の調査を隠蔽するという前代未聞の珍事。

まさに、犯罪者が、自らの犯した犯罪をすべて闇に葬ろうとしているのです。
これ以上、恥ずかしい生き物も存在しないだろう。




関連記事
       
NEXT Entry
リンゼイ・ウィリアムズ/「7月1日から、米ドルが30%下落する」
NEW Topics
プーチンがイーサリアムへの支援を表明した
始まった欧州の金融危機とジム・ロジャーズの最悪の警告
共謀罪成立で、“忖度”総太郎が大活躍
地下経済に流れ込む金と忍び足で近づく金融崩壊(その2)
共謀罪でトンズラ・・・政治家としての死期が迫っている菅義偉
地下経済に流れ込む金と忍び足で近づく金融崩壊(その1)
サイコパス詐欺師と嘘つき珍獣の2ショット
「金(ゴールド)が銀(シルバー)を買え!」と言っている(その2)
「金(ゴールド)が銀(シルバー)を買え!」と言っている(その1)
「中央銀行の仮想通貨から、うまく逃げおおせろ!」
乗っ取られたワシントンと日本の「ディープ・ステート化」
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(2,3)
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top