カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  この戦争オタクの趣味のために死んでいく君のために
       
20140729-4.jpg

アジア版NATO
国民は、やっと気が付き始めた。この男が本当に国民を戦争に引きずりこもうとしていることに。
この記事は、未だそれさえ分からない喜劇的でもあり悲劇的でもある無知蒙昧な君とあなたに捧げよう。


20140729-2.jpg

この男の目は、常に「どう言えば国民を騙せるか」に腐心している目です。

まず、この記事、「この無法者たちが、大量の日本の若者を死地に追いやる」を読んで欲しい。

6月10日、国会で行われた質疑で、「私はアジア版NATOなどと言った覚えはない」と、口をわなわな震わせながら、いつものようにヒステリーを起こす安倍晋三の狂気を書いたものです。

彼は、確かに「アジア版NATOなど言っていない」と答えたのです。

しかし、安倍応援団の産経が、これより3ヵ月前、「目指せアジア版NATO 首相、石破氏に調整指示 実現へ3つの関門」と報じているのです。
安倍晋三は、間違いなく精神異常者です。

「日本が再び、戦争をすることなど断じてあり得ない」と言う安倍の目は、いつものように恐怖におびえながら空をさまようのです。

TPP交渉参加で、すでに安倍の180度必殺大嘘は国民の周知となっています。
また、原発依存比率も、選挙前は「徐々に減らしてゼロにする」と明言しておきながら、突然、「国の重要なベースロード電源として位置付ける」と、これも180度の大転換。廃炉どころか、新規原発を建設し、核燃料サイクルの継続まで言い出したのです。

さらに、IOC総会では、「福島第一原発はコントロールされている」と、世界中に向けて病的な虚言癖を披歴したのです。

これを精神異常と言わずして、なんという。

彼の悲願は日本に核のボタンを設置することです。
もし、そのとき、彼が総理大臣であれば、確実にそのボタンを押して世界を破滅させるでしょう。彼はヒットラーを凌ぐ本物の狂人だからです。

集団的自衛権とは、日本の国土を守るために存在するのではありません。まったくの無関係です。

つまり日本国防軍とは、アメリカから要請を受ければ、いつでもどこでも、地球の裏側でも駆けつけるコンビニエント軍隊のことです。
まさしく、「開いてて良かった、セブンイレブン」。

テレビ朝日の報道が、迷彩服に身を包んで街を闊歩していた30代前半の男性にインタビューしました。
この軍事オタクは、こう言いました。

「(集団的自衛権の行使に)賛成ですね。自分の国を自分たちの手で守るのは当たり前っすから」と。

30歳を過ぎても、これほどのバカだと逆に可愛げがあるというものです。
しかし、知っていて、みすみす死なせるわけにもいかないので、似たような人間たちに集団的自衛権の本当の目的を足早に教えてやろうか。

証拠の公式のソースを下の囲み記事に出すから、理解できるまで読んでほしい。これ以上、平易に書くことは不可能だから、これさえ理解できないというのなら、どうぞ中東に連れていかれて、CIAが育成・サポートしているアルカイダに、首をちょん切られてくださいな。

そうした動画を観たければ、liveleak.comの検索フォームに適当な単語を入れて検索すれば、わんさか出てくる。
決して、お薦めはしない。

世界支配層が日本の自衛隊を軍隊化し、アジア版NATOの中核に据えようという計画は、2011年3月11日のずっと前から存在した。安倍晋三は、その設計図の通りやっているだけ

デイヴィッド・ロックフェラーが名誉会長を務める外交問題評議会(それは、「666」のCFR)では、こんな計画がありました。

※なぜCFRが「666」なのかは、「
秘密保護法とNWOの日米欧三極委員会とのつながり」に書かれています。

外交問題評議会(CFR)が発行するフォーリン・アフェアーズ・マガジンに掲載された「東京のターニング・ポイント」と題する記事では、
「この災害が、日本が今までの保護政策を放棄し、TPPという自由貿易の真似事をする格好の機会である」と書かれています。(原文:ネットでは2011年4月9日に公開されている)

「666」のCFRの「東京のターニング・ポイント」計画の大枠は3.11前からあったということです。
なぜなら、「震災のドサクサに、日本をTPPに入れてしまえ」と言っているからです。

《ブルッキングズ研究所のロバート・ポウゼン(Robert Pozen)のレポート

2011年3月21日:
日本は新しい経済基盤の上でこそ復興を遂げることができる("Japan Can Rebuild on New Economic Foundations")とタイトルが付けられたブルッキングズ研究所のロバート・ポウゼン(Robert Pozen)によって書かれた報告書は、日本は境界を撤廃すべきだという要求を含んでいます。

このレポートには、日本が海外からの移民を受け入れることによって、少子高齢化を乗り切ることができるだろう、ということ、そして地方において予算を使うこと(地方分権を意味しているものと思われる)を阻害している日本の政治制度を組み立てなおすこと、そして、もちろん、コンピュータ・テクノロジーの進歩を伴った経済成長、新薬の開発、そして「金融革命」を刺激すること、などが盛り込まれています。

これは、2011年3月21日の記事です。
この報告書で述べられている金融革命が、新しいデリバティブの創造と、市場導入を意味していることは言うまでもありません。

また、新アメリカ安全保障センター(CNAS)は、このように言っています。

同センターのパトリック・クローニンは、彼の「日本のニューディールの機会」という記事(2011年4月11日)の中で、こうした見方に同調しています。

さらに彼は、(これから始まる)一連のミッションでは--それは、おそらく災害救援と人道的支援から始まるものと思われますが--日本の自衛隊をNATO形式の軍事相互運用の中に完全に統合すべきであると主張しています。

日本が再び立ち上がるにつれて、そのような「相互運用性」や、クローニン氏が日本に参加してほしいと考えている一連のミッションは、彼のシンクタンクであるCNASに資金提供する軍産複合体にとって、莫大な利益をもたらすことは疑いのないことです。

つまり、こういうことです。

1)グローバル・エリートは、日本の大災害を契機として、「日本のつくりかえ」を3.11のずっと前から考えていた。
2)「創造的破壊」-破壊は、次なる発展への道である。
3)あらゆる保護政策(コメなどの、いわゆる聖域)を撤廃させ、完全な自由貿易の世界に日本を引きずり出す。
4)コンピュータ・テクノロジーの進歩を伴った経済成長、新薬の開発、そして「金融革命」を刺激する。
5)日本の自衛隊をNATO形式の軍事相互運用の中に完全に統合すべき。

以上を簡潔に書くと、
「日本にあらゆる規制の撤廃を迫り、新しい金融デリバティブで金融革命を刺激する。
新薬の開発は、住民の被曝データを取りながら、福島の医療特区で行われるのです。

「すべては、とっくに決まっていた」ということです。
アベノミクス? そんなもの最初から「ない」。

自民党の政策のほとんどすべてが、「666」のCFRとワシントンのシンクタンクが描いた設計図から抽出したもので、安倍晋三は、それをトレースしているだけです。
安倍晋三のノーミソで考えたものなど、ただの一つも「ない」。全部、パクリです。
つまり、アジア版NATO構想などは、とっくの昔にあったということです。

対米従属プロパガンダ産経などは、こうした裏事情など研究もしない御用学者を多数起用して、アジア版NATOの必要性を代弁させています。
こうした国民に対するマインド・コントロールは、1年365日24時間行われているのです。

要するに、安倍晋三の政策などは最初から何もなくて、彼はただ、新世界秩序(NWO)のエージェントとして、日本人を奴隷化・監督する役目を引き受けているだけです。

福島第一原発事故は、濃縮ウランをイランに提供するよう民主党に命じたアメリカと、それを阻止しようとしたイスラエルによって引き起こされた!?

「なぜ、あなたはジム・ストーンを信じないのか」・・・・いままで、こうした内容のメールをいったい何通受け取ったでしょう。
その都度、私はこのように返信してきました。
「何一つ確証がないのに、なぜ、あなたは、こんな男の言うことを信じることができるのか教えてほしい」と。幼稚な子供の国、ニッポン。

ジム・ストーンが一躍、脚光を浴びたのが、福島第一原発事故をめぐるSFめいた一連の陰謀説でした。
若干、辻褄の合わない奇妙な推察は、たちどころに日本のブロガーたちを魅了したのです。

中でも信ぴょう性を持って受け入れられたのが、例の「イスラエルの警備会社(マグナBSP社)が福島第一原発の警備を請け負っており、イスラエルのスタックスネット・ウィルスが福島原発のセンサー信号にデタラメなデータを送っていたことは事実であるという説です。

また、3号機の爆発が核爆発であり(そうでしょう)、4号機建屋が爆破された可能性についても含み(日本人が、そう連想するように)を残しています。

ということから総合して、福島第一原発が連鎖的水素爆発を引き起こしたのは計画的な作為でによるものであって、犯人はイスラエルだ、と結論付けています。

mag20140417-2.png

その根拠は、上のイラストにある機関砲タイプの核兵器(イラストの左側)と福島第一原発にマグナBSPが設置した監視カメラ(右)が酷似していること。

そして、その巨大な機関砲型の監視カメラが「イスラエルのニュースソースによれば、3号機原子炉の格納容器の内側に設置されたこと」であるとしています。(下のイラスト:ジム・ストーンのサイトから転載)

mag20140417-1.png

ジム・ストーンの主張については、2011年3月18日のHaaretzの記事で確認が取れます。(下)

3.11の一年前から、マグナBSPが福島第一のセキュリティを管理していた。

下は、2011年3月15日のエレサレム・ポスト(The Jerusalem Post)の記事。

イスラエルのセキュリティ会社、マグナBSPは、「リモート・アクセスは可能であったが、同社としてはその操作使用の許可はしなかった」と言っている。
リモート・アクセスとは、監視カメラの画像を操作するためのコンピューター・システムへのリモート・アクセスのことを指している。

この機関砲型の監視カメラをリモートコントロールすることは可能だが、マグナBSP以外には操作できないように、と言っているのです。
だから、「外部の人間が動かせるはずがない」と。

では、逆にマグナBSPだけが、このカメラをリモートコントロールすることができて、それが本物の機関砲型の核兵器であったら。そして、それが3号機の格納容器の内側に設置されていたとしたら、マグナBSPは、簡単に3号機を破壊できることになります。

これがジム・ストーンの分析です。確かに「ありえること」です。

ただし、ジム・ストーンの分析は精緻ではありません。彼の思考は大胆で大味です。また、科学的アプローチをしていたかと思いきや、突然、文学的要素が混入してきます。それを他者が見たときに、強大な妄想を生み出す原因になっているのです。

ちなみに、ジム・ストーンが読むように勧めているサイトは、Project Camelot、 Natural News、 David Ickeのサイトです。

この中で、一定の信頼がおけるサイトは、環境ジャーナリストのマイク・アダムスが主宰するNatural Newsだけです。


日本はイランに核を持たせるために利用された?


さて、ジム・ストーンの最大の功労は、彼ほど夢想家にならなくても福島第一原発事故が人為的な力によって引き起こされたものである、と考える人々を増やしたことです。
それによって、今まで、何の変哲のない記事と読み流していた記事が俄然、重大な意味を持ってくることがあるのです。

2008年2月25日、イスラエルのエフード・オルメルト元首相が10年ぶりに来日し、福田康夫首相と会談を行いました。

AFPBB News(2008年02月25日)
……イランの核開発問題についても話し合われるとみられる。
オルメルト首相は、成田に向かう機内で「イランに新たな制裁が課せられるよう願う」と記者団に語っ た。

国連安保理常任理事国の英国、中国、フランス、ロシア、米国、およびドイツは、ウラン濃縮活動停止を求める安保理決議に従わないイランに対する3度目の制裁決議案採択について近く協議することにしている。

このとき、オルメルト首相は福田首相に対し、9月にイスラエルが空爆したのは、北朝鮮の支援を受けてシリアが建設していた核兵器用の原子炉だったと伝えた。
9月の空爆の標的は原子炉だったとオルメルトが認めるのは、これが初めてだった。
オルメルトがわざわざ訪日して福田首相にこれを伝えたのは、北朝鮮を敵とする日本と、シリアを敵とするイスラエルが組んで、アメリカや国際社会を動かし、北朝鮮とシリアの政権転覆をやりましょう、と誘う目的だったのではないかと推測される。

だが、核兵器開発疑惑を使った米イスラエルの政権転覆作戦は、イラクですでに大失敗し、イランに対しても失敗しかけている。福田首相は、イスラエルの謀略に乗らなかった。
田中宇

要するに、イスラエルの首相が10年ぶりに日本を訪れたのは、「日本は、イランに核に関する一切の支援をするな」と釘を刺しに来たのです。
自民党の中の核推進グループが、水面下でイランにウランの濃縮を申し出ていることを(おそらくモサドとCIAが)察知してのことです。
イスラエルがシリアの政権転覆を狙っているのは、シリアがイランの同盟国だからです。

そして、イスラエルの首相が来日してから約1年半後の2009年9月、民主党が選挙で劇的勝利を収めて政権の座に就いたのです。

その翌年の2010年2月24日。驚くべき記事が、イスラエル・ニュース(AFP報告)に掲載されました。
Report: Japan offers to enrich uranium for Iran」(日本がイランに濃縮ウランの提供を申し出た)
同時に、ニュー・アメリカン(2010年2月24日付)も同じことを報じています。

イスラエル・ニュース(2010年2月24日付)の内容
日経新聞は、日本がアメリカの同意のもと、イランに濃縮ウランを提供する話が2009年12月頃から伝わっていると報じている。

(アメリカの同意を受けて)日本がイランに濃縮ウランを提供することを申し入れたが、西側同盟諸国はそれによってイランが核兵器を所有することになるであろうことを危惧していると、日経新聞は報じている。

イラン政府は日本からの申し出に具体的な回答をしていないが、イラン議会議長アリ・ラリジャニと日本の外務大臣岡田克也の会談では、この問題が検討されるものと思われている。

列強主要国は、核エネルギーの民間利用を隠れ蓑にしてイランが核兵器のためにウランの濃縮を行うものと見ているが、イラン側はこれを否定している。

イランはこれまでIAEA監視の下で、ロシアがイランのウランを濃縮し、フランスがこれを核燃料化するという計画について同意しなかった。

そのかわり、イランは2010年2月になって、独自で高い水準の濃縮を始めたと発表した。 

日本がイランのためにウランを濃縮する提案が、イランのサイード・ジャリリ核交渉代表が東京を訪れた2009年12月に急浮上したと日経新聞は情報源を明らかにしないものの報じている。

これもアメリカの同意の下でのことである。

イスラエル・ニュースが何を言っているのか、分かりやすく説明し直すと、こういうことです。

アメリカが日本に、イランのために濃縮ウランを提供してやれよ、と言った。日本は、「はいご主人様」と言ってアメリカの意向に沿うべく、イランの核交渉代表に、そのことを伝えた。「アメリカさんが、いいよ、と言ってるよ」と。

イランはアメリカの同意の下で日本の協力を取り付けたので、いち早く国際社会に「イランは独自で高い水準の濃縮を始めるぞ」と国威を示す発表をした。


当然、アメリカとしては、イラク方式と同じ手口で、イランに核開発疑惑の濡れ衣を着せてイラン空爆の正当性を見出したかった。
そのため、同盟国のフランスに、イランのために核燃料化させると矛盾が出てくるので、ピンチヒッターとして日本にフランスの役割を押し付けた。

どういうことかというと、イランがフランスから核燃料を手に入れた途端、IAEAの査察を拒む可能性があるからだ。
最悪、イスラエルがイランのミサイルによって攻撃を受けた場合、イスラエルはイランだけでなく、フランスに対しても敵国として何らかの武力を用いた報復攻撃をしなければならなくなってしまう。
この流れを変えるために、アメリカが日本を利用したのだ。


このイスラエル・ニュースの裏を読むと、こういうことになるのです。

この発表と同時に、2011年3月18日のHaaretzが報じているように、イスラエルの警備会社・マグナBSPが福島第一原発の警備会社として起用されることになったのです。

つまり、アメリカはイラン攻撃の口実をつくりたかったので、イランに核を持たせたかった。
しかし、イスラエル側は、どんな手段を使ってもイランなどに核兵器を持たせたくない。

いくらアメリカが、「イスラエルさんよ、イランにオタクさんを攻撃などさせないさ。ただ、イランが核を保有した、という事実がほしいだけさ」と言ったところで、攻撃対象になっているイスラエルはアメリカの言うことを真に受けるわけにはいかないのです。

そこで、アメリカが日本政府に「イランに濃縮ウランを提供するというビジネスはやっていい。しかし、イスラエルがうるさいので、警備会社を入れてやってくれ」と頼み込んできた。
そこで仕方なく、福島第一原発の警備を、当然モサドの情報員が警備員に扮したマグナBSP社に頼むよりなかった。

しかし、イスラエルはアメリカを信用せず、やはりイランへの濃縮ウランの提供を阻止することに決めた・・・
それで、福島第一原発を核兵器で爆破した。

なぜなら、福島第一原発4号機で、イラン向けの濃縮ウランを製造していた、という話がかねてから出ている。

少なくとも言えることは、4号機建屋の爆発は水素ガスによるものではなく、遠隔操作による爆弾によって実行されたと考えるしかない不自然な破壊のされ方だ。

ただし、4号機建屋でミサイル製造を手掛けていた、という素人の分析があるが、これは「ありえない」。
日本でミサイルを作るとすれば、それはアメリカのミサイル防衛システムに組み込まれることを前提としたものしか作れない。
そのままイランにミサイルを輸出しても使えない。

ただし、ミサイルで外から狙われたとする分析は生きている。

これは、誰でも見ることができる現場の写真と、一部の独立系メディアによる推測にすぎないが、これらの政治的背景をも勘案した時、そう判断せさせるを得ないのです。状況的には、他の可能性を見つけることの方がより困難である。

以上のことから、あるシナリオが浮上してくるのです。

民主党政権は、福島第一原発事故を引き受けるためだけにつくられた当て馬政権

「正・反・合」・・・ヘーゲルの弁証法を知っている人なら、ここまで読めばピンッと来るはずです。

分かりづらければ、振り子を想像すればいい。
右に触れすぎると、左に揺れ戻し現象が起こる。自然の法則です。
世相やファッションの世界でも、これと同じ現象が起こっており、過去何度となく繰り返しているのです。レトロ回帰というヤツです。ただ、同じところをぐるぐる回っているのではなく、スパイラルになっている。

世界支配層は、数百年前から、これを利用しています。
左右どちらかに振れすぎると、人間が自動的にもとに戻そうとする自然発露を引き寄せているのです。

迫っている世界規模の経済崩壊の後、現れる「カオス」でも、世界支配層は、これを利用して新世界秩序を難なく打ち立てるでしょう。
平衡状態を取り戻したいと希求する人々は、知らず知らずのうちに新世界秩序を受け入れてしまうのです。

2009年9月、自民党政権が倒れて民主党政権が誕生しました。振り子が右から一気に左に振れたのです。(その逆でもいいが)
そして、民主党政権が誕生するやいなや、日本がアメリカの同意のもと、イランに濃縮ウランを提供する話が内々で決まったのです。

その情報がリークされたのは2009年12月頃。世間は、ほとんど関心を持ちませんでした。

そして、2011年3月11日、巨大地震の後、福島第一原発が連鎖的水素爆発を起こしたのです。
この間に、日本、アメリカ、イスラエル、イランの間で何があったかは、すでに書きました。

2012年12月、原発事故対策の無策をマスコミがいっせいに責めたてて、民主党政権は倒れました。

まだ、この解散が「TPP解散」だと思っている人は、脳みそのタガが外れているのでしょう。
要するに、民主党政権に泳がせておいて、あたかもTPPが争点であるかのように装いながら、原発事故の真相究明に国民の関心が向かないようにしたのです。

そして政権を奪取した自民党の安倍晋三は、なにを差し置いても、オバマにお礼を言うためにワシントン詣出の準備をしたのです。
日米同盟が健在であることを、中国と北朝鮮にアピールするためです。

しかし、安倍晋三のプロファイリングを詳細に行っていたCIAから報告を受けたであろうオバマは、爪先立ってつんのめるようにして歩く安倍晋三を警戒して、安倍のオファーを断ったのです。

さすがの日本の大マスコミも、首相就任の所信表明より先にオバマに会いに行こうとソワソワ浮足立っているなど不可解で「ありえないこと」だと、安倍政権の胡散臭い船出に軽いジャブを打ったのです。

安倍晋三は、オバマに冷遇されながらも、真っ先にCSISに赴き、「ジャパン イズ カムバック! アーミテージさん、マイケルグリーンさん、ありがとうございます」と言ったのです。

まったく信じられないことが起きたのです。世界が唖然とした瞬間でした。

英語が間違っているからではなく、たかが保守系シンクタンクのCSISのジャパンハンドラ―、マイケルグリーンにも感謝の意を公式の場で述べたのです。

これが何を意味するのか、当の安倍晋三は理解できなかったようです。

というのは、オバマに「ありがとう」というのではなく、たかが元CFRの上席研究員、グリーンにそういったのです。

つまり、自民党政権は、CSISがお膳立てして出来上がった傀儡政権である、ということを世界に向けて自ら暴露してしまったのです。

だから、自民党は絶対に東電を解体しないでしょう。
国会事故調によってまとめられた「吉田調書」には、あながちすべて嘘とは言えないジム・ストーンの推理を補強する事実がたくさん隠されているはずです。

ひょっとしたら、「自民党関係者のごく一部は、福島第一原発爆破」計画を知っていたのかもしれない、という巷の噂を一蹴できない状況の推移が見えてきました。

不思議なことに、これこそが自民党がいつも言っている風評被害なのに、「吉田調書」を公開して彼らの潔白を証明するより、「吉田調書」の完全非公開を世界に向けて宣言した自民党は、「風評被害」を甘んじて受ける覚悟であるらしい。よほど知られたくない事実があるのです。
この点は、海外メディアも、かなり訝しく思っています。

つまり、かりそめの民主党政権は、NWO自民党に国民がいっそう依存するように仕向けるための当て馬に使われたのです。
これが振り子の原理、「正・反・合」です。

IMF専務理事はオカルティスト

さて、ここまでは、海外メディアの公式発表をつなぎ合わせて、ある「筋道」を炙り出す作業でした。
しかし、「なぜ3.11でなければならなかったのか」という謎は解けません。

ニューズウィークでさえ、「ある数秘術」が関与していることをほのめかしているのです。

20120308-4.jpg
ニューズウィーク日本版 2011年9月14日号の表紙

「3.11」という数字は、ユダヤのカバラでは、「死からの再生」を意味する数字です。
(「なぜ3月11日に起きたのか」を読んでください)

これは、チリの鉱山で起きた事故でも使われました。
このイベントは世界に向けて「33」、つまり、世界は一度死んで、再び不死鳥のように生まれ変わる、ことを宣言するためのイベントでした。

意味が分かりますか?
分かる人は、ほとんどいないでしょう。

あの時の自分を思い出してください。
この事故が起きてから33人全員が救出されるまで、いったい何日、あなたはテレビを観ていましたか?
はらはら、どきどき、「なんとか助かってくれ」と祈りながらニュースの映像を観ていたでしょう。
あなたは「引き寄せられた」のです。

そうです、フリーメーソンが開発した「引き寄せの法則」(つまり、魔界から出てきた魔術のことです)が世界規模で使われた実験的イベントだったのです。

この不自然で人為的な痕跡がたくさん残されている鉱山事故は、「新世界秩序が始まった」ことを暗示として世界中の人々に告げているのです。

「またカバラだの、フリーメーソンか」・・・そうでしょう、そうでしょう。今度も馬鹿が出てきました。

世の中でいちばん有害なのが、こうした中途半端な自称インテリです。
本当の意味で無知である彼らは、自分たちこそが間接的に人を殺めているのに、まったく気が付かないのです。それは白痴的な人々と呼んでいいでしょう。
特に、低レベルの建築家などのエンジニアに多く見受けられます。

視野狭窄の彼らは、自分の悲しいほどの浅薄な知識の中に閉じこもっているので、今までの知識で説明がつかないことが起こると、「陰謀論」と一蹴し、自分を守ろうとします。真実より、まず先に自己保身なのです。

彼らは自己否定につながりそうな事態になると、かならず、この言葉「陰謀論」を使って逃げるのです。本質的には、取るに足らない愚劣な人々です。

世界を支配している人たちは、聖書の預言を活用し、数秘術を駆使してコトを起こしてきました。それは事実です。
そこに「引き寄せの法則」をかぶせることができるからです。(分からないでしょうけれど、とてつもなく長くなるので割愛)

今年1月に、IMF(国際通貨基金)のクリスティーヌ・ラガルドが、国際会議で「ドルを世界通貨に切り替える」ことを示唆する声明を出しました。
そのときのスピーチは、大変奇妙でした。

そのビデオで示されている暗示的なことについて書かれた記事が多数ネット上に出ています。(画像クリックで動画へ)

mag20140711-5.jpg

このビデオには、「7」の数字にまつわる数秘学が随所に見られます。
多くの理論家が、このビデオは、いったい何を意味しているのか考えています。

しかし、この意味が誰でも分かるようになってしまったら、それは、まったく意味をなさなくなってしまうのでしょう。

人々に確たる事実を伝えたいと思うなら、わざわざ数秘術をスピーチの中に込める必要などないはずです。
だから、この話は理論に過ぎません。

ラガルドのスピーチの間にちりばめられた言葉によって、これほど多くの推測がなぜ湧き起こっているのか不思議です。

彼女は、「2014年7月」と正確に言ったわけではありません。
しかし、彼女のこのスピーチの中では、「7」につながるような言葉が何度も出てくるので、彼女がそれについて何を言っていようが、1年の7番目の月が「July」なので、それが今月、起こるだろうと想像されているのです。

下記は、クリスティーナ・ラガルドのスピーチで、隠れたメッセージであろうと考えられている発言のリストです

最初のまとまりは、数字の「7」に関するものです。
下のまとまりは、「今年、2014年のこと」であると考えられるものです。

数字の「7」に関するコメント

■1分22秒
「今、私は魔法の7という数字について考えてくれるように、みなさんの数秘学のスキルをテストしています」。

■1分34秒
「みなさんのほとんどが、7が普通の変哲のない数字ではないことを知っているでしょう」。

■2分24秒
「2014・・ここから0を取ってください。7の2倍が14です」。

■4分8秒
「それは、70周年を迎えます。70周年の70から0を取ると7です。ブレトンウッズ会議がIMFを誕生させました」。(7+0=7)

■4分22秒
「また、それはベルリンの壁の崩壊の25周年記念になるでしょう」。(2+5=7)

■4分38秒
「さら、それは金融市場の市況レポートの7周年に当たります」。

■5分8秒
「無情で弱く脆弱な7年の後に、私たちは強い7年を過ごすことになります」。

■5分43秒
「今のところ、G7がそれとなんらかの関係があるかどうかは分かりません」。(Gは、アルファベットの7番目の文字)

「2014」に関するコメント

■1分18秒
「世界経済と私たちが2014に期待すべきこと」。

■2分19秒
「そのように、2014年に考える場合は・・・」。

■2分24秒
「2014から0を取れば、7の2倍、14です」。

■3分54秒
「2014年がマイルストーンとなって、願わくば、私の中では魔法の年となってほしい」。

■5分5秒
「2014年は私の希望であり、私の願い」。

クリスティーヌ・ラガルドは、ただのオカルトファンでしょうか。
それとも、IMFの専務理事としての意気込みを、数秘学になぞらえて示したのでしょうか。

数秘学(ヌメロロジー)で、「7」は、「変革」と「飛躍」を表します。
また、「勝利」、「崇高」の意味もあります。

結論から言えば、「2014」と「7」の二つの数字は、7月のことを暗示しているのではなく、2014年ことを暗示しているのだと思います。
IMFは、今年2014年に果敢に変革を遂げるぞ、と。

それより、はっきり分かったことは、クリスティーヌ・ラガルドが、古代のカバラ数秘術を良く知っているということです。
世界支配層(よく、イルミナティとか言いますが・・・。でも、これは正確ではない)は、聖書を利用し、古代のオカルトを知っているということです。

彼らは、ヘーゲルの弁証法を駆使しながら世界を支配していくグノーシス主義者であることは間違いないようです。

世界を支配している人々は、すべからくオカルティストであり、サタニストです。

だから、彼らは「オカルトなど笑止千万」といったマインド・コントロールを大衆にかけて、人々が彼らの秘密にアプローチしないようにします。
情報弱者は、本当に悲しいことに、二重にマインド・コントロールにかけられているのです。

星の配置からその暗示を読み解き、刷り込み経済でなく、本当の経済や科学の知識を持っている人であれば、次に何が起こるか分かるはずです。
それを投資に利用している人がいます。

2011年3月11日の出来事は、そうして起こったのです。

安倍シヌゾー、人殺しが、そんなに楽しいか

集団的自衛権の行使容認によって、これから誕生する日本国軍は、単なる合法的人殺しの軍隊です。

なぜなら、自国の国土を守るために、攻めてきた敵を打ち負かすのは、それなりの理屈があるかもしれないが、自国の防衛とは全く関係のない、かつての「欧米列強」の戦争ビジネスのために、他国の女・子供を殺して、“戦利品”の分け前にあずかろうという根性は、海賊にも劣るからです。

それは、ただの戦争屋の下請け、あるいは大量殺人部隊と言い換えなければならないでしょう。

20140729-7.jpg

(リンク先 閲覧注意→)世界最大の人口密集地であるガザ。悪の国・イスラエルは、ガザで白リン弾を使っているばかりでなく、もっとも残酷なDIM弾を使っている。
なぜ、イスラエルは、これほど残酷な殺し方をしたいのか。非武装の一般市民なのに。



20140729-13.jpg
「世界各国で対イスラエル大規模デモやボイコットの動きがある中、イスラエルの攻撃を非難する事もなく、イスラエルを支援する米国の言われるがままに、旅客機誤爆の件でロシアに制裁を加えると発表した日本は、いずれ大きな代償を払うことになるだろう。」フィフィ

20140729-5.jpg
2013年4月5日、我々の目前の課題は新世界秩序の創造であると公式の場で声明を出したバイデン米副大統領と固い握手を交わすシヌゾー。彼のミッションは、アジアの新世界秩序を推進すること。これでも、ボク君、お嬢ちゃんたちはまだ分からないの?
君たちの体内にチップを埋め込んで、炭素と水でできている完全なるロボットにしようとしている連中だ。

20140729-11.jpg
「GAZA!!ガザの虐殺今すぐやめろ!在日モスリム有志によるイスラエル大使館抗議行動」・・・幼い少女達の参加者も。お父さんに伺ったところ、バングラディシュの家族だそうです。この子供たちの不安そうな怯えた様子を見ろ。よく素通りできるものだ。

20140729-15.jpg
“50 Israeli Reservists Refuse To Serve in Gaza War.”
イスラエル軍予備兵50名、ガザ戦争任務を拒否

20140729-6.jpg
ヘーゲル国務長官と、国防すっぽかしで、ASKAの愛人である覚醒剤常習女を追いかけまわしていた人間のクズ


20140729-8.jpg
ロンドンで2度目のイスラエル軍のパレスチナ無差別攻撃への抗議デモ。一切報道されません。ジャーナリズムは死にました。ムスリムとか、アラブ人だからではない、あなたも同じ人間ならこの虐殺を許してはいけない。フィフィ


20140729-10.jpg

「私の名前は、サーマです。私はパレスチナ人です。イスラエルは私が合法的な標的だと言います」  sig_yok


20140729-16.jpg

イスラエル軍に殺された生徒の机の上に、死んだ日の日付と名前が。occpal

20140729-17.jpg

戦争の現実を伝えるためにあえて凄惨な写真の公開に踏み切りました。事実関係は『田中龍作ジャーナル』で。 =写真:イスラエルの対人ミサイルに直撃された子供の遺体からは臓器が飛び出していた。29日、ガザ市内 田中撮影=

「難民キャンプの子供ら殺害、病院も攻撃」 田中龍作ジャーナル



これほどおぞましいシオニストの国、イスラエルとは、どんな国なのか。
ロスチャイルドが中東を攪乱、ハルマゲドンに導くためにポケットマネーで創った国です。

また、ロスチャイルドは、主要国の中央銀行(日銀も含まれる)をコントロールして、新世界秩序に導こうという計画を着々と実行している国際決済銀行(BIS)の創設に大きくかかわっており、その影響力は絶大。

イスラエルという国の本当のルーツを知らなければ、いつまでも日本人は、世界中の子供たちの殺人に手を貸し続けることになるのです。
日本の多くの無知なブロガーは、イスラエルについて誤った記事を書いています。日本人の無知は、さらに彼らによって加速されているのです。


そして、当の日本人は、血の滴る肉を食らいながら、遠い中東で起こっていることを酒の肴にして、知ったか井戸端会議を楽しんでいるのです。なんと恥ずかしい人々なんだろう。

しかし、今、この悪魔の国・イスラエルが日本の「パートナー」になったのです。

イスラエルのネタニヤフ首相は、攻撃の長期化を言明。何の罪もないパレスチナの子供をこれからも殺し続けると宣言したのです。

20140729-18.jpg

安倍シヌゾ―は、イスラエルに武器の共同開発を申し出ていると言います。日本の企業が作った兵器が、さらにパレスチナの人々を殺していく日が来るのでしょうか。
その時、日本はアメリカに負けず劣らずのテロが暗躍する国家になるでしょう。標的は原発でしょうね。

イスラエルのネタニヤフと握手して、御満悦の安倍シヌゾ―。馬鹿か。

20140729-20.jpg

産経 7月21日
安倍晋三首相は21日、神奈川県茅ケ崎市で友人や秘書官とゴルフを楽しんだ。ゴルフは6月28日以来。今月25日からの中南米5カ国歴訪を控え、英気を養ったようだ。

ホール移動の合間に記者団の取材に応じ、「楽しむことが一番だ」と笑顔を見せた。

片や、パレスチナの子供を殺すことに加担しておいて、自分はゴルフ三昧。

この男は、おそらく世界一恥ずかしいトップだろう。

そんな男を応援して中東の戦地に進んで赴くネット右翼の無知と忠誠心には思わず頭が下がる。
そして、この現実を知りながら、声を上げない腐りきった政治家には思わず反吐が出る。

※この記事は、メルマガ35パート2、メルマガ54号パート1、メルマガ66号パート1の一部を抜粋して再編集したものです。
この記事についてのお問い合わせは、海外にお住まいの方で、独自の視点をしっかり持ち、世界中から情報を取っている方以外はお受けできません。

※また、この記事に限り、メルマガの記事を使用しているので、著作権の関係から無断転載はできません。
記事の一部を抜粋して転載することは無断転載でもOK、本稿へのリンクはOK。これ以外は許可しません。
この措置はこの記事に関してのみですが、全記事をコピペすることは違法となります。これは、みなさんを保護するための措置でもあるのです。
不幸なTPP参加が現実になるときに備え、著作権の怖さを今から勉強しておいてください。






関連記事
       
NEXT Entry
シリアの3歳の子供の死と日本人の絶望的な無知と無関心
NEW Topics
買ってはいけない!いよいよ不動産バブル崩壊(海外編)
ドット・フランク法の「罠」と連邦準備制度理事会(FRB)の閉鎖
朝鮮カルトのお告げによって晋三君が「抜き打ち解散」か
「日本会議の安倍政権を倒せ!」とキッシンジャーが・・本当?
クリスマスの憂鬱ー国連とバチカンの計画を阻止できるのか
殺人内閣などを頼らず、アプリなどで地震・津波避難対策を
第二・プールの冷却再開ー東北・関東の親はバカなのか!
津波高さ予想引上げ!福島第二の3号機プールで冷却停止
福島県沖で午前5時59分、震度5弱(今のところ)発生!!
HAARPの新バージョンと相次ぐ石油・石炭からの投資撤退
地球温暖化詐欺「パリ協定」からのアメリカの脱退と米ロ同盟
まだトランプ批判を続けているサル以下の日本のマスコミ人
自民党の政策は国民からナレッジ取り上げようとしている
ヒラリー逃亡、9.11の真犯人、メディアに侵入しているスパイ
TPPゾンビ復活の可能性と鍵を握るバーニー・サンダース
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top