カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   マインドコントロール  »  目覚めているのは1000人のうちの1人
       
music11.jpg
マドンナは悪魔崇拝の伝道師としてスポンサードされた。彼女の貧弱な才能で成功できるはずがない。

ハリウッドの映画、MTVのロックなどは、純粋な意味では映画ではないし、音楽でもありません。単なる洗脳ツールです。
それをありがたがって金を払ってまで観たり聴いたりしているのですから、現代の若者たちが正常な思考ができるはずがないのです。


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png

私たちは、サタニズムのシンボリズム洪水の中で暮らしている


「ショーコー、ショーコー、ショコショコショーコー」。

1990年の衆院選にオウム真理教が複数の候補者を送り込んだとき、北朝鮮の喜び組のようなオウムシスターズが街頭で歌っていた、とても恥ずかしい選挙応援歌です。
このときの一人が認知科学者・苫米地英人氏の夫人となった女性でした。

「ショーコー、ショーコー、ショコショコショコ―」・・・・う~ん、頭から離れない。恥ずかしげもなく、こんな破廉恥な韻を踏むことができる人とはどんな人だろう。

オウム真理教は、シンボリズムを巧妙に使っていました。

シンボリズムとは何かというと、シンボルを主に視覚的、聴覚的にロゴ化・体系化した全体像を指すこともあるし、それを徹底的に使って、人々との関係性を構築する活動を含むこともあります。

要するに、反復して人々の識閾下に埋め込むことです。

聴覚的な埋め込みで、もっとも成功したのは、「ハンター」でしょう。
松崎しげるのような野太い男性の声で、「ハンター」と叫ぶのです。
これを反復すると、人々は否が応でも「ハンター」に反応するようになってしまうのです。

こうしたサウンド・エフェクトの一種を「サウンド・ロゴ」と言います。
テレビは、このサウンド・ロゴと、視覚的要素であるロゴ・マークを同時に訴求するので、もっとも効果の高い宣伝(洗脳)装置といえます。

コンビニの駐車場に車を止める時、思わず「セブン・イレブン、いい気分」と口ずさんでしまったことはありませんか・・・・。ありませんね。
私は、あります。
しかし、3.11以降は、ほとんど行かなくなりました。

このように、何度も何度も同じ言葉を聞かされる(←アナウンサーとは、単なるオウムです)と、条件反射的、無意識的に人々の行動に多少なりとも影響を与えることができます。そうなれば、そのシンボリズムは大成功です。戦争だって引き起こすことができるのです。

エホバの証人を始めとして、宗教ほど「音」と「映像」「画像」をうまく組み合わせて信者たちを洗脳することに長けている“産業”は他にありません。

ハリウッドの映画MTVのロックなどは、純粋な意味で映画ではないし、音楽でもありません。単なる洗脳ツールです。
それをありがたがって金を払ってまで観たり聴いたりしているのですから、現代の若者たちが正常な思考ができるはずがないのです。

それは、テーマパーク、コンサート、ファッションそして、毎日見ているお札にまでシンボリズムは刷り込まれているのです。
ディズニーランドは、巨大なフリーメーソンの洗脳装置です。こんな危険な場所に子供を連れていく親の気が知れない、といったところで、彼らは信じないでしょう。

ハロウィンは異教徒(つまり反キリスト)を祝うお祭りですし、イースターもバレンタインも、悪魔を祝うイベントです。

クリスマスでさえ、キリスト生誕とは何の関係もない悪魔の祭典なのです。

そのために、フリーメーソンやイルミナティは、カリスマ的な伝道者を育成します。ビートルズやマドンナが有名です
レディー・ガガなどはモロ、ステージでサタンを演じていますし、彼女自身が悪魔崇拝者であると雑誌のインタビューなどで語っています。
マドンナの生き方に憧れているオネーさん方などは、もうノーミソが石化しているに違いないのです。

残念ながらアメリカという国全体がサタニズムの呪術的国家になっており、それが日本にも猛然と輸出されているというわけです。

日本の親は、もっと勉強しなければ子供を守れないのですが、悲しいかなまったく無頓着です。彼らサタニストの支配者から見れば、日本人は「優等生」ということになるでしょう。

せめて政党のシンボリズムくらいは、日本の神の象徴を使ってほしいと思うのですが、政治家たちは、権力に執着するあまり、完全に盲目になっているので、こちらも全滅です。

「洗脳されている」という自覚がないことこそが洗脳状態


政党のスローガンをよく考えてみると、いろいろなことが分かります。

日本をあきらめない」という民主党の選挙スローガンは記憶に新しいでしょう。それまで民主党は、何度も政権を取れそうだと言われてきたのに、その時も負けてしまいました。

私は、民主党本部にメールを送りました。
「こんなばかげたスローガンを考え、審査を通したのは誰なのか」と。その人間こそが民主党内に入り込んでいるスパイであると。

「日本をあきらめない」という言葉には、「国民は愚かだ。まったく厄介だが、それでも我々が面倒みてやろうじゃないか」という驕りが出ています。それでは勝てるわけがないのです。
こんなスローガンを選んだ民主党執行部の連中が真面目に考え選んだとすれば、彼らの頭は白痴そのものです。

だから、いったいどこの広告代理店が考えたのか、その広告代理店のプランナーが民主党のネガティブ・イメージを密かに埋め込んでいるのだと。それを問いただしたのです。

片や、自民党はアメリカ仕込みのマインド・コントロール技術を駆使しているので、平均的な日本人では、簡単に洗脳されてしまいます。
自民党の総理経験者がコンサルタントの大前研一氏に、「国民をずっと洗脳してきたし、今でも洗脳している」と語ったことは、書籍などで知られています。

こんな地下鉄のサインか、コンサート会場の出口のサインのようなマークを政党のシンボルにしているような政治家のセンスでは、100年やっても政権など取れないでしょう。

もう洗脳次第で何でもできるのです。地球だって支配できます。
事実、すでに国際銀行家集団に世界は支配されてしまっています。

しかし、有権者が本当の意味で目を覚ませば(そんな有権者は1000人当たり1人くらいしかいないが)、この世界は変わるのです。核武装などは破滅への道だということが、はっきり分かるはずです。

そんなことをすれば、ハリウッドやMTVのスポンサーやクライアント、ディズニーランドの上層部や大株主、カルト宗教の統治者たちの思うつぼです。

私はガンジーのような無抵抗主義(本当は、「非暴力、不服従」が正しい)の似非平和主義者ではありません。必要であれば、防衛力の増強によって平和が達成されるのであれば賛成もするでしょう。多少の犠牲を払ってでも。

しかし、私は合理主義者です。
そうした戦争で解決しようという思想こそが「罠」であり、自滅への道であることは歴史が証明しています。

そもそも、人の命と防衛力を天秤にかけることなどできないのですから、防衛力を議論すること自体が、人の命を金に換算する行為であるということになります。放射線被曝と同じです。

だから、防衛力の増強によって、真の意味での平和は達成されないということになるのです。
また、ガンジーの「非暴力、不服従」でも平和は達成されません。

核武装や軍事がもっとも効率が悪いどころか破滅への道に他ならないことを理解しているからこそ、平和を徹底して求めることこそが、世界中のあらゆる武器を凌駕すると確信をもっているのです。

そのためには、洗脳から解放されればいいのです。それこそが、すべての武器をはねかえす強力なバリアとなるのです。
つまり、戦争のもとになることをつくらない、ということです。

そのためには、相手方の洗脳を解く必要があります。
そうすれば、本当に悪い奴だけが、浮き上がってくるのです。

しかし、これこそが、日本人にとっては、いちばん難しいことなのかも知れません。世界的に見ても、日本人の洗脳は桁違いに深いのです。非常に深刻な事態です。


メルマガ70号のメニュー
・パート1
-脱力の時間-
「人脈」を勘違いしている人たち
-経済崩壊-
IMFの「国際通貨のリセット」宣言で、薄ぼんやり姿を現してきた新世界秩序

・パート2
-世界政府-
エホバの証人が世界で「世界政府キャンペーン」を展開している
-背徳のアカデミズム-
理研・副センター長の自殺説・謀殺説の裏側
編集後記
目覚めているのは1000人のうち1人



有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png





関連記事
       
NEXT Entry
こんな記事を鵜呑みにする人は、悲しいお馬鹿さん
NEW Topics
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(2,3)
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
旧ジャパンハンドラーに駆け込んで日本叩きを依頼する橋本徹
トランプ政権は「リアル・ディープ・ステート」のエピゴーネン
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top