カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  批判する者を許さない臆病者を首相に持つ日本の悲劇
       
20140929-2.jpg
20140929-3.jpg

突然、目が宙に浮く不気味なシンゾー。いったい何を見ている。
連日、マスコミの腐敗臭漂うベテラン・ジャーナリストたちとグルメ三昧。他は、ゴルフと薬と不摂生で、しもやけ状態の“悪魔の手”に(youtube) 

「俺に喧嘩売っているのか」-安倍首相が絶対許せないエコノミスト

20140929-1.jpg

週刊文春10月2日号「ワイド特集 ナイショの話」に次のような事が書かれていた。
ベテランジャーナリストとの内輪の会で、安倍首相がグラス片手にこう暴言を吐いたという。
「モタニ?アイツだけは許さない。あの馬鹿っ!俺に喧嘩売っているのか」と。(ソース

残念ながら、今、発売中なので、著作権保護のためモザイクをかけてあります。書店、コンビニで購入されるか、ネットで週刊文春10月2日号をご購入ください。

-----------------------------------------------------------------------------

「モタニ?アイツだけは許さない。あの馬鹿っ!俺に喧嘩売っているのか」と。
グラス片手に乱暴な口調で吐き捨てたのは安倍晋三首相である。
あまりの語気の、同席者たちは一様に顔色を失ったという。
(記事リード)

この男は、自分に批判的な人間は、ことごとく抹殺したいようだ。安倍晋三の異常な人格は、日々、露わになっていき、周辺の者たちもさすがに驚きを隠せないようだ。

国会の質疑で、野党議員に論理的に追い込まれると、ほぼ決まって口元を震わせ、手をわなわなさせる安倍晋三の姿を国民は何度となく目撃しているだろう。

そんな彼の異常行動を見て、「首相の精神は、もはや正常ではない」と指摘するマスコミ関係者が少なくない。
もっとも、国民の多くは、安倍が年中見せている狂気に「また、子供の癇癪(かんしゃく)が始まった」とうんざりだろう。

安倍が地を出して口汚い言葉を使ったのは、安倍晋三に金魚の糞のごとくまとわりついている、“ベテランジャーナリスト”(大笑)7、8人が集まった会員制のバーだとか。きっと、いつものように、官房機密費が使われているはずだ。
(「苫米地英人氏「自民党は前代未聞の金額をマスコミに配ってメディア対策をしている」)

欧米のマスメディアは、多国籍企業のPR機関に成り下がっているが、それでも、ジャーナリストと一国のトップが、秘密性の会員制バーで酒を飲むなどということは「ありえない」ことなのだ。
“ベテランジャーナリスト”たちは、シンゾーにくっついていれば、この国の世論を、いかようにでもできると考えているようだ。彼らの勘違いは、コッケイでさえある。

安倍君が、「あの馬鹿!」と、いつものようにヒステリーを起こした「モタニ」とは、「反アベノミクス派を代表する」人物、日本総研の藻谷浩介氏だとか。
アベノミクスの虚構は、すでにアメリカの各種メディアが指摘していることであって、何も藻谷氏が反アベノミクスの急先鋒ということではない。

安倍晋三シンパの高橋洋一(万引き騒動で騒がせた元大蔵財務官僚)は、「アベノミクスは成果が出ているのに、藻谷、お前こそ間違っているだろう、と言いたいのでしょう」と安倍晋三を擁護。これが元財務官僚の知能だ。

文春の記事は、それが理由ではなく、藻谷氏と安倍晋三が同郷からくる嫉妬心にあると指摘している。(以下、文春を買って読んでください)

代わりに天木氏の記事を借りたいと思います。

批判する者を許さないい臆病者を首相に持つ日本の悲劇

・・・しかしこの国の最高権力者が、国民のひとりである一介のエコノミストをここまで罵倒するなどということはあってはならないことだ。
臆病者こそ批判されれば怒る。
そして臆病者こそ何をしでかすかわからない。

どうやら日本国民は、腹痛で政権を投げ出した臆病な政治家を再び首相にさせてしまった事を悔やむ時が来たようだ。
これにしても、こんな暴言を聞いておきながら誰一人それを咎めず、週刊誌しかこの暴言事件を報じないとは。(天木直人氏)

そのうち、「ボクちゃんに反対する奴は、みーんなFEMA収容所に入れてやるんだジョー」と言い出しそうだ。彼の今までの言動から、それを否定するのは難しい。秘密保護法も今年の暮れから運用の運びになる。

2万3千件以上の反対のパブコメが寄せられたことから、「見直し」を行ったと言っているが、ますますわけが分からなくなった。運用する行政側こそ、法令違反をしないように細心の注意を払った方がいい。

ともあれ、安倍晋三の暗黒面と自民党の過去の犯罪の数々は、これで表に出ることはなくなりそうだ。
(10月上旬に運用基準を閣議決定。12月上旬に秘密保護法の施行を目指す)

「臆病者こそ何をしでかすかわからない」・・・
最初から分かりきったことだった。

それでも自民党に票を入れた無知で愚かな有権者たちは、安倍晋三がもたらす狂気と倒錯の日本を受け入れればいい。




関連記事
       
NEXT Entry
党内からさえ漏れ出てくる「安倍首相 すい臓がん説」
NEW Topics
「金(ゴールド)が銀(シルバー)を買え!」と言っている(その1)
「中央銀行の仮想通貨から、うまく逃げおおせろ!」
乗っ取られたワシントンと日本の「ディープ・ステート化」
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(2,3)
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top