カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  イスラム国処刑か? 猿以下の日本人が自殺の道を行く
       
20150120-1.jpg

国際ジャーナリスト・後藤健二さんと湯川遥菜さんの殺害を警告。イスラム国が「殺害予告動画」を公開した。(クリック!

救いようのないバカ首相・安倍晋三が、日本の国防とは全く関係のないNWOが仕掛けたイスラム国によるテロリズム撲滅対策のために、中東諸国に240億円の資金提供を行うと約束した反動が早速出てきた。
これでめでたく日本も、テロの標的国になった、ということだ。

それでも安倍晋三を支援する国民は、まさに「猿」以下の白痴である。
残された道は、集団自殺だけだ。
まずは、東京人は細心の注意を払え!

いえいえ、イスラム国のテロだけでなく、(隣の国の)「国籍不明のテロリスト」が、揺さぶりをかけてくるかもしれない。

とうとう、安倍晋三と無能官房長官の菅義偉が、日本国を「死の国」にする

「イスラム国」日本人殺害警告=湯川さんら2人か-72時間以内、2億ドル要求

戦争オタクの石破茂は、さぞご満悦だろう。
そして、日本の軍産複合体の重厚長大産業も皮算用だろう。

そして、日本の軍事関連産業(実は、外国人の持ち株比率が高く、すでに日本の企業とはいえない)の株を保有している個人投資家たちは、内心、色めき立っているだろう。

72時間以内に2億ドルを払わなければ、二人を処刑
《イスラム国の声明》

「日本の総理大臣へ。

日本はイスラム国から5800キロ以上も離れたところにあるが、この聖戦に進んで参加した

我々の女性と子供を殺害し、イスラム教徒の家を破壊するために1億ドルの支援を拠出した。
だから、この日本人の男の解放には1億ドルかかる。

それから、イスラム国の拡大を防ごうと、さらに 1億ドルを支援した。
だから、この別の男の解放にはさらに1億ドルかかる」。

中東を訪問中の安倍首相は17日、イスラム国対策としてイラクやレバノンなどに2億ドル(約240億円)の支援を行うとエジプトの首都カイロで発表していた

今回の動画での要求は、これと同額になる。

菅義偉官房長官は20日の記者会見で、事実関係を確認中とした上で「我が国としてはテロに屈することなく、国際社会におけるテロとの戦いを支援する立場には変わりない」と話した。

菅義偉官房長官という男は、思考能力ゼロである。人間の形をしたロボットと言うしかない。

日本国民よ、君たちは、今、何が起こっているのか分かるか?
こういうことだ。

イスラム国は、もともとはイスラムのいくつもの過激派から離脱した戦士が集まってつくった戦争プロモーター・チームだ。
育成したのは、もちろんCIAとイスラエルのモサドだ。

軍産複合体が世界戦争を引き起こして、大儲けするためにつくった組織。彼らは「ビジネス」で、人質の公開・首切り殺人をやっているのだ。

たとえは不適切だが、いってみれば、映像のプロが制作した鮮明映像のPVだよ。

20150120-2.jpg

この動画を仔細に観れば、人質の日本人二人と、中央の黒装束のテロリスト(いつものロンドン訛りの英語を話す男)とは別撮りで、合成したものであることが一目瞭然だ。

おそらく、二人の映像はスタジオで撮影されたものである。いや、確実にそうである。
背景の砂漠は、スタジオに設置された大スクリーンだ。

安倍晋三は、【NATO+アメリカのCIA】の言いなりになって、猿以下の日本人を反イスラムへ誘導しようとしている。

日本人が、残虐な殺され方をすれば、マスコミの低知能のボクちゃん記者たちが、「イスラム憎し」の記事を書きたてるだろう。

何しろ、ボクちゃんたちの上司からして、安倍にさんざんグルメ接待、ゴルフ接待漬けにされているから。
日本のマスコミの記者などに知能など存在しない。

口先だけの安倍晋三、菅義偉は腹をくくれよ

安倍晋三と菅義偉が、「テロに屈しない」と格好をつけているが、テロは日本には、もともと関係がない。
【欧米+イスラエル】のシオニストたちと、中東のNWOの走狗、ハイパー・リッチたちが儲けるためにやっている「敵のいない戦争だ」。

20150120-3.jpg

この写真の意味が分かるか?
イスラエルの国旗と日本の国旗が並べられている。世界一、非合法で狂暴な国・イスラエルと防衛協力を結んだのだ。

シオニスト・ユダヤの六芒星だ。
「イスラムの(アメリカに飼われている)テロリストさんたち、日本を全面攻撃してください」といって言っているようなものなのだ。

イスラエルのネタニヤフが、「日本もテロに巻き込まれる恐れがある」と警告した。
つまりだ、イスラム国もイスラエルも同根であるということ。

脅されているのは、安倍晋三と、安倍が道連れにしようとしている日本国民である、ということだ。
だから、ネタニヤフは、「普天間移設は不可欠で、とっとと自衛隊を日本国防軍化して中東に派兵しろ」と言っているのだ。

日本国内でテロが起こるとすれば、それはイスラム国の仕業とは限らない。イスラム国だけではなくなる、ということだ。
CIAの指示の下、韓国の反日勢力かも知れないし、北朝鮮かも知れない。
あるいは、CIAそれ自体かも知れない、ということだ。

安倍晋三は、破壊的、破滅的、終末的に知能が低い。

まだ、陰謀だと言っている馬鹿どもよ。そう、学者も含めてノータリーンの似非知識人たちのことだ。
お前たちが、どれほど日本国民を危険にさらしているのか、責任とれるのか。

ことが起こってから、「知りませんでした」で済まされんぞ。
学者たちは、なぜ、こんな簡単なことが分からないのか。

こうしたことを正しく報じないNHKは、やがて国民が真相を知ったとき、「凶悪プロパガンダ機関」という永遠に消えないレッテルを貼られるだろう。

えっ? 彼らの取り巻きの官僚たちは、どうしただって? 外務省の素人官僚たちのことか?
過激な馬鹿か、天下り先しか関心がない国賊たちに過ぎない。

つまり、安倍晋三の狙いは、国民を犠牲にして無用な憎悪をイスラムに向かわせ、さらにマスコミ坊や君たちを使って戦争の危機を煽り、国民が正常な判断力をなくしてしまったところで憲法九条を反故にしようということだ。

安倍晋三と彼の閣僚たち、取り巻きのイエスマン官僚たち、寿司食いねぇのマスコミ幹部たち・・・
みんなイスラム国によって、「それなりに儲かったらいいよねぇー」というゴミ同然の連中だ。

安倍晋三は、こうしたことを知っていながら、人質の二人の日本人を見捨てようとしていることは、間違いのない事実である。

安倍晋三と菅義偉が、この二人の救出に乗り出すことなく、相変わらず「テロに屈しない」と日本国民を騙し続けようというのであれば、この二人こそが、歴史に名を刻む大凶悪犯罪者である、ということだ。

安倍首相、2億ドル要求のイスラム国に対し、人命第一の対応指示」と、早速、威勢だけはいいが、本気か、この男は。
いつものように口先だけの芝居だよ。目を見れば、安倍が嘘をついていることが分かる。

安倍のリップサービスで、不幸にも最悪の結果を招いた場合、ネット右翼を始めとする“自殺志願者”たちは、こう言うだろう。
「安倍シャンは最善を尽くした。俺たちも安倍シャンを応援して、テロと戦おう!」。

そうなったとき、誰がいちばん喜ぶ?

安倍の金魚のフン、時事通信の田崎史郎、お前なら安倍に、こう質問できるだろう。
「ところで、安倍総理、総理のおっしゃるテロってなんですか?」。

この手法は、グラディオ作戦と呼ばれて、アメリカはもとより、白人社会では古くから用いられてきた手口だ。

安倍晋三は、なぜ、そんなに日本国民を殺したいのか。彼には日本人の血が流れていないからだ。

それはそうと、イスラム国ががんばってくれれば、東京大学も、今までやりたくて仕方がなかった軍事研究を堂々とできるかも知れないね。

東大の学者ねぇ。
どーしようもない馬鹿もいるがね。
1991年7月11日、筑波大学助教授の五十嵐一が大学のエレベーターホールで刺殺された「悪魔の詩訳者殺人事件」を、もうお忘れか。

ひ弱で頭でっかちの東大の学者が軍事研究開発などをやれば、真っ先にイスラム国の暗殺ターゲット・リストに名前が挙げられるだろうに。
そうなれば、東大のキャンバスには、私服の公安警察がうろつくことになる。その時点で、東大は死ぬ。
悪乗りし過ぎだぞ、馬鹿学者が。

せめて、東大教授の肩書が人間のクズの代名詞にならないように、東大の良識派のボクちゃん教授たちは踏ん張れ。まったく、日本の専門家、有識者とは子供脳ばかりだ。

ウォール街も、デリバティブを駆使して、急に活気づくだろうね。

つまり、国民の本当の敵は、史上最低知能の総理大臣、安倍晋三一派と、それを背後からリモート・コントロールしている“国境なき軍産複合体資本”だということだ。

そして、安倍晋三こそが、日本国民に敵対する本当のテロリストである、ということだ。

以上、「猿でも分かるイスラム国」でした。




関連記事
       
NEXT Entry
安倍晋三は11月に人質の危険を知りながら無視してきた
NEW Topics
「中央銀行の仮想通貨から、うまく逃げおおせろ!」
乗っ取られたワシントンと日本の「ディープ・ステート化」
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(2,3)
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top