カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  暗転!後藤健二さん「私に残された時間は24時間だけ」
       
20150128-2.jpg

一部では、交渉は長引くのでは、とも言われていたが、楽観はあっという間に暗転。あと24時間とイスラム国は「最後通告」をしてきた。交換条件は明らかである。ここにきて、人質の交換を阻むものは何か。
(岩上安身)

「私は後藤健二です。これが私の最後のメッセージになると言われた」・・・

NHKニュース 1月28日 0時41分
日本時間の27日午後11時ごろ、後藤健二さんとみられる男性の画像がインターネット上に投稿され、画像に つけられた音声は「残された時間は24時間しかない」と述べ、日本政府に対し、サジダ・リシャウィ死刑囚とみずからの交換を急ぐよう、ヨルダン政府に圧力 をかけることを求めました。

新たに投稿された画像は、「後藤健二から、家族と日本政府への2回目の公開メッセージ」というタイトルで始まります。

後藤さんとみられる男性は、オレンジ色の服を着て、「イスラム国」に拘束されているヨルダン軍のパイロットとみられる男性の写真を手に持って立っています。

画像には、英語で話す男性の音声がついていて、この中で、「私は後藤健二です。これが私の最後のメッセージになると言われた。私の自由を阻んでいるのはサジダの引き渡しを遅らせているヨルダン政府だ。
残された時間は短い。日本政府に対して、ヨルダン政府に圧力をかけるよう声を上げてくれ」と述べました。

そのうえで、
「私と彼女の交換なのだ。何が難しいのだ。私には24時間しかない。
パイロットにはより短い時間しか残されていない。これ以上の遅れにつながる駆け引きは、私たち2人の死につながる」と述べ、「イスラム国」が釈放を求めている、ヨルダンで収監中のサジダ・リシャウィ死刑囚と、後藤さんとの交換を急 ぐよう訴えました。

後藤健二さんを取り返せなければ、安倍政権は自滅する

このまま何もしないのであれば、安倍晋三と、彼の内閣は崩壊させられるだろう。

安倍晋三を破滅させるのは、とりもなおさず、こうした類の安倍信者だ。そして、最悪、後藤健二さんを死なせる人間も、こうした白痴族の安倍信者だ。

彼らは、あまりにも無知蒙昧、情報操作の前にひ弱、悪に対する免疫がないために、彼らこそが安倍晋三を破滅させようとしている。そして、さんざん救出を妨害しておいて、知らん顔するだろう。いつものことである。

これだけのシグナルが出ているにもかかわらず、まだ理解できないようでは、もう救いようがない。少なくとも、安倍内閣を救いたければ、なりふり構わず、後藤健二さんを奪還することだ。

ヨルダンとの協力関係ができているのであれば、そして、ここまでこぎつけたのであれば、それほど難しいことではない。
なぜ、安倍晋三は「決断しない」のか、なぜ安倍晋三は「自滅したいのか」が私には理解できない。

もちろん、安倍晋三は、去年8月の湯川遥菜さん、去年10月下旬の後藤健二さんの拉致を知っていた。国民は、昨夜のテレビのニュースで、「案の定、安倍」と思っただろう。

昨日27日の衆院本会議での代表質問に立った安倍晋三自身が、「昨年11月に行方不明事案の発生を把握した直後に、官邸に(情報)連絡室、外務省に対策室を立ち上げ、ヨルダンに現地対策本部を立ち上げた」と述べた。

朝日新聞 1月27日20時59分
菅義偉官房長官は27日の会見で、「後藤さんの事件について、いずれも昨年11月1日付で、湯川さんの事件で設けた情報連絡室の対象に追加するなどした」と説明。

後藤さんの行方不明を把握しながら水面下で対応していたことについて「事案の性質上、非公表とした」と説明した。

安倍晋三は、嵌められたのだ

誰にって・・・

まず、結果的に、味方であるはずの安倍信者。
次に、ジョン・マケイン、ネタニヤフ、オバマ、キャメロンだ。

いったい、誰に言わされたのか、ということだ。ヒントは、この男の目だ。

20150128-3.jpg
シンガポールのAsia Rerort

安倍晋三は、彼らのおだてに乗ってしまった。テロリストに対して、あまりにも構えが甘すぎるのだ。
なぜ、イスラム国は、インターネットの動画を変えてきたのか。なぜ、イスラム国の「公式」を意味する左上のマークがないのか。

弄ばれているのだ。
「なぜ、弄ばれているのか」-その意味が分からなければ、もう終末的だろう。そんな知能では、何をやってもダメだ。

フランスのテロの時に中東に行けるとは、「オレはツイてる」

報道では、安倍は、「フランスのテロ事件でイスラム国がクローズアップされている時に、ちょうど中東に行けるのだからオレはツイている」とうれしそうに語っていた、とのこと。

20150128-12.jpg

「中東に行ける俺はツイている。世界が安倍を頼りにしているということじゃないか?総額25億ドルの中東支援は、日本にとってはたいした金ではないが、中東諸国にはありがたがられるだろう

これが事実なら安倍晋三は、法的にも、れっきとした犯罪者である。湯川氏、後藤氏の殺害をイスラム国に委ねたことになるからだ。
そして、中東との関係も悪化するだろう。

しかし、言ったのは事実なのだろう。一般人である大学生のツイートにも、ヒステリックに絡んでくる安倍晋三が、今度だけダンマリだなとど信じられるわけがない。

安倍に、ひたすら「テロに屈しない」と言わせた続けた安倍晋三のスピーチライター、世耕弘成は、この国をテロリストのターゲットにした責任を取れるのだろうか。いや、彼なら逃げるだろう。

そして、消えゆく安倍は、世耕をさえ呪うだろう。
これ、少しずつ分かってきたぞ。

あの「首切り男」がラッパーだって?
馬鹿言っちゃいけない。
CIAかMI6のエージェントだよ。それが、一時期、証拠づくりのためにラッパーをやっていただけ。
白痴の国、猿の国のトップにふさわしい。政権の自滅が迫っている。


まずは、欧米の“列強”は、イスラム国を使って、日本を軍隊化してNATOに組み込む。アジア版NATOは安倍の悲願だ。
(放射能防護のため)マスクをした国の士官が、バンザ~イ。
湯川さんを見捨てた田母神のような冷血で好戦的な自衛隊幹部は小躍りするだろう。
(自衛隊海外派遣恒久法案 通常国会提出へ)

そもそもの発端は、2013年1月に、アルジェリアの天然ガスプラントで起きた「日本人を狙い撃ちにした」テロ事件だ。ここでも、安倍の舌禍を防ぐために、世耕弘成議員が背後に。非常に陰湿で、漆黒の闇を感じる。

この事件直後、石破が自衛隊法の改正を唐突に言い出して、マスコミ各社が「こんなときに、何を言っているのか」と首を傾げた。テロの原因究明はされなかった。

このテロは、日本を集団的自衛権の行使容認に突き進ませるために実行された、欧米の“列強”の仕業であると断定する学者も何人かいる。

mag20150115-6.jpg

欧米の“列強”が、第一次世界大戦後、勝手に線引きした中東の国境を打破する、というイスラム国の大義によって、世界大戦への導線となる国を創り、サイクス・ピコ条約を反故にするという。

そして、第二次世界大戦後、さらにイスラエルがロスチャイルドの資金によって誕生した。国境の線引きをした中心人物は、フリーメーソンのチャーチルだった。

う~ん、イスラムの(CIAなどから与えられた)大義はここにある・・・だが、本当のイスラム教徒とは、関係がない。イスラム教徒は日本の敵ではない。

20150128-4.jpg

中東のサイクス・ピコ条約を巡るもつれによってミサイルが発射される。あるいは、通信衛星の打ち上げか。(チャーチルの頭から発射)
英首相・キャメロンが、今にそれを引き継いでいる。

mag20150115-2.jpg

上を見上げている少女-どうみてもイギリス人-の前の土と「11.5 11.3」の矢。

この土から連想するのは、NYのグラウンド・ゼロだ。ただし、「11.5 11.3」は女性の肖像画から、イギリスと見られる。

20150128-5.jpg

少女は、オバマを見上げている。
9.11がイギリスで起こることを暗示しているのか。

ということは、例の謎解き・・・この画像が暗示することは、
「二人で、シオニストの人工ハルマゲドンへGO!」だね。まさかと思ったけど、日本が参戦してくれれば、僕たち戦争屋も大儲けできるし、株式市場を暴落させても儲かるね。

そうさね、そろそろ第三神殿の手入れでもするか。


つまり、イスラム国だかISILだかは、米英のミッションを果たそうとしているのだ。それが、米英の意思。
安倍は、もうじき使い捨て。マスコミ幹部のグルメ接待時には、御毒見係をつけたほうがいいかもしれない。いつも呼んでいる大手新聞の編集員でさえ信用するな、ということだ。

だから、欧米の“列強”の既定路線である安倍内閣崩壊の未来を変えるには、後藤健二さんを命がけで取り戻せばいいということだ。
理解できないだろうが、そうすれば未来を変えることができる。

(毎回のことだが、スピ系はメールをよこしたり、妨害しないように。直感だけで「暗示」の意味を解いているのではないので、あなた方とはコミュニケーションが成立しない)




関連記事
       
NEXT Entry
この戦争屋の「ろくでなし」のせいで、“十字軍企業”が標的
NEW Topics
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
旧ジャパンハンドラーに駆け込んで日本叩きを依頼する橋本徹
トランプ政権は「リアル・ディープ・ステート」のエピゴーネン
黒幕・麻生に恩を売るゼニゲバ維新と大阪人の絶望的な民度
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top