カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  死刑囚と後藤さんの解放について合意と報道
       
1月28日(水)17時26分配信
「過激派組織「イスラム国」を名乗るグループによる日本人拘束事件で、イスラエルの通信社は、リシャウィ死刑囚と後藤健二さんの解放について、合意したと報じている。
また、地元・ヨルダンのメディアは、このリシャウィ死刑囚をまもなく移送すると報じている。」

これ以上の詳細は不明。
後藤さんの解放に向けて、交渉が前進していることは事実のようだ。

【22時現在】

ヨルダン国内から出て来る情報は当てならない。ヨルダン政府の公式発表も錯綜している。
ここは、イスラム国側の要求を柱に考えなればならない。

要求は、飽くまで後藤さんと、自爆テロに失敗してヨルダンの刑務所に入れられて死刑執行を待っている サージダ・リーシャーウィーとの1対1の交換条件を提示してきている。

まず、サージダ・リーシャーウィーをヨルダン政府が解放して、こちら側が手に入れるのは、後藤健二さんの解放と、有志連合に加わってイスラム国を空爆したヨルダンのパイロット、ムアーズ中尉の殺害の延期の二つ。

ヨルダンが、サージダ・リーシャーウィーを釈放しても、ヨルダンが手に入れることができるのは、ムアーズ中尉がイスラム国に殺害されるまで時間を引きのばすだけ。

後藤さんの期限は、今日の午後11時。ムアーズ中尉の殺害までの期限は、数時間前に過ぎているので、もし殺害されているのであれば、ヨルダンは、サージダ・リーシャーウィーの解放を取り止めてしまうだろう。

その時、後藤さんの殺害が視野に入ってきてしまう。これが最悪のケース。

もっとも日本にとって素晴らしい結果は、ヨルダン政府が、とりあえず今はパイロット、ムアーズ中尉の延命だけでも良しとを決めてサージダ・リーシャーウィーを解放し、後藤さんが解放された後、日本がムアーズ中尉の解放のためにヨルダン政府に最大限協力するという流れ。

しかし、ヨルダン政府は、後藤さんではなく、飽くまでパイロットのムアーズ中尉の奪還を言っている。




関連記事
       
NEXT Entry
「アラーの名にかけて捕まっている我々の人質を解放する」
NEW Topics
プーチンがイーサリアムへの支援を表明した
始まった欧州の金融危機とジム・ロジャーズの最悪の警告
共謀罪成立で、“忖度”総太郎が大活躍
地下経済に流れ込む金と忍び足で近づく金融崩壊(その2)
共謀罪でトンズラ・・・政治家としての死期が迫っている菅義偉
地下経済に流れ込む金と忍び足で近づく金融崩壊(その1)
サイコパス詐欺師と嘘つき珍獣の2ショット
「金(ゴールド)が銀(シルバー)を買え!」と言っている(その2)
「金(ゴールド)が銀(シルバー)を買え!」と言っている(その1)
「中央銀行の仮想通貨から、うまく逃げおおせろ!」
乗っ取られたワシントンと日本の「ディープ・ステート化」
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(2,3)
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top