カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  バクダディは架空の存在-みんなで芝居をしているのだ
       
20150201-2.jpg

ハマス、ISIS(イスラム国)、アルカイダ、タリバン、ヒズボラ、ボコハラム・・・アメリカ豚のブランドです。
遺伝子をちょっとだけ操作しましたが、根っこは同じ、みーんなアメリカとのハイブリッド豚です。

でもISIS(イスラム国)は、もっとも狂暴な遺伝子を受け継いじゃいました。

といっても、たまには空爆しないと、疑われちゃうものね。「米軍の空爆でイスラム国の6000人死亡」。
「6000人って多すぎないか?1000人にしとけよ」、「だいじょーぶ、みんな馬鹿だからすぐ信じちゃうのさ」。


すべての仕掛けは、安倍晋三という最悪・最凶のテロリストを唆して戦争に突入させるため

安倍晋三は、後藤さん殺害という、日本人にとって、もっとも衝撃的な結末を用意してくれた。
「テロと戦う」と言い続けていれば、結果がどうなるか誰でも分かる。
つまり、安倍は分かっていながら後藤さんの殺害に手を貸したのだ。

安倍とISIL(イスラム国のことをここから、こう書く)とは共通点がある。
「両方とも、欧米列強の利益のために芝居をしている」ということである。

ISIL(イスラム国)の記事を書く際に、実際にサイトを訪れて、何十人ものbeheadingの動画を観た。
私は、必ず確認するのだ。しかし、かなりの精神力が必要。一般の人には無理だ。ただの斬首ではない。

まるで、プロモーション・ビデオのように恐ろしいBGMに乗せて、「それ」は実行されている。

その中のもっとも壮絶なものは、20人ほどの捕虜(罪のない一般人も含む)が、横一列になって地面に組み伏せられ、誰かの掛け声に合わせて、一斉に首を切り落とす場面が鮮明な映像として捉えられている「ビデオ・パッケージ」だ。

ご丁寧に、いったん首切りを途中で止めて、苦しむ姿を数10センチの至近距離から撮影している。
ああしたカメラを地面に這わせて、少しずつ人質に近づけていくアメリカのニュース映像のような撮り方ができるのは、映画関係者か、いわゆるビデオ記者と言われるプロである。

いったん止められた「作業」は、まるで誰かが叩く太鼓の音を合図にしているかのように再開される。さらに、ぞっとする瞬間だ。

湯川遥菜さんの斬首された画像も、何人かから送られてきた。
「あれはフェイクだ」と言いたいようだ。他に犠牲となった白人の斬首された画像と比較すれば分かるが、あれは湯川さん本人・・・いいや、違う違う、と思いたい。
東スポの情報」、今回に限っては、良い視点だ。

これは、フェイクに違いない・・・そんな馬鹿な。こんなことが、数ヵ月前まで都会でサラリーマンをやっていたような人間にできるはずがない・・・のだ。
これは、素人同然の彼らがやっているのではなく、ISILの中でも「キャリアを積んだ人間」だけがやっているのだ・・・

しかし、それはフェイクではない。CGを使ったものでもない。あらゆる可能性を否定せざるを得なくなったとき、急に嘔吐感がこみ上げてきた。今でも胸焼けを抑えながら、これを書いている。夕食が恐怖だ。いや、明日の朝食も恐怖だ。これは映像テロである。

そこで確信を持ったのが、「ISILの戦闘員」とはいうものの、完全に洗脳されていて、すでに自我を喪失している、ということである。
CIAにリクルートされてISILに加わった若者たちは、最初に、なにがしかのイニシエーションを通過することで、“晴れて”ISILの戦闘員として認められるのだろう。

ISILの戦闘員には、MK-ULTRAを感じる。

そして、Facebookを通じて、こうした動画が世界中に広がっていく様子を分析している。

特に、日本人が、どのように動揺しているのか、閣僚や官僚の鼓動まで分析しているだろう。

もちろん、ツイッターを通じて、あることないこと書き連ねているボク君や、お嬢ちゃんのツイートは、すべてコピーされて、瞬時に海の向こうに飛んで行っている。

ISILの蛮行を通じて、社会工学的な実験を展開している組織があるのだろう。たとえば、タヴィストック人間関係研究所のような。いや、それだ。

人々が恐怖心から、むやみにアウトプットすればするほど、その心の振幅が大きければ大きいほど、この大量のデータは意味を持つ。それは、やがては集合的無意識に埋め込まれていくのだ。彼らの精神テクノロジーは、私たちの想像の領域をすでに凌駕している。

つまり、次は、どんな恐怖を与えれば服従するのか観察しているのだろう。

安倍(首相)よ、勝ち目のない戦争に参加するという無謀な決断によって、このナイフは健二だけを殺害するのではなく、お前の国民はどこにいたとしても、殺されることになる。日本にとっての悪夢を始めよう。

週刊文春が、愛媛県の女性がISILに加わったことを報じた。
おそらく彼女は、二度と帰ってこないだろう。
統一教会から娘を奪還したジャーナリスト・飯干晃一が10人でかかっても無理だ。

それより、ISILから本当に、このようなテロ予告を受けてしまった以上、悲しいかな、この愛媛県の女性を、日本に対してテロを働く潜在的な危険性がある人物として見なければならなくなった。

それどころか、「罪を償わせる」と安倍は、さらに倍加して相手を挑発した。安倍晋三が意図的にやっていることに気づいてほしい。いや、正確に言えば、「言わされている」のだ。

エジプトとイスラエルで行った、まるで安倍晋三に「ISIL」を連呼させたいかのようなスピーチの文面を書いたライターは誰が。
そいつが、CIAとイスラエルにつながっている可能性が非常に高い。

なんでもいいから、逮捕して取り調べろ。


安倍晋三首相は首相官邸で「テロリストたちを決して許さない。罪を償わせるために国際社会と連携していく」と語った。

米当局は、ISIL(イスラム国)の最高指導者バクダディが架空の人物であることを知っている

バカルディでもない、ビッグダディでもない、あのアブバクル・バグダディのことだ。髭がないと若い。
でも、架空の人間なのだ。役者だ。
みんな知っていて、芝居をしているのだ。

今まで、さんざん書いてきた。
さあ、結論だけ書こう。

これでも理解できなければ、もう洗脳は、一生解けないだろう。
その時が来るまで、それなりに人生を楽しめばいい。

湯川遥菜さん、後藤健二さんは、両方共ではないが、日本国政府とNHKに関係がある。政治家とつながりを持っていて、その口利きでシリアに入っていった。
後藤さんの場合は、特命を受けていたフシがある。


田母神君が、いくら「一度も面識がない」と、湯川氏との接点を否定したところ、湯川遥菜さんのブログの「アメンバー(双方向のオトモダチ申請)」に田母神、官房長官の菅、西田などの自民党の議員が実名を出している。
「知らない」どころか、オトモダチです。

それでも、この大嘘つきの元自衛隊幹部を、戦争に行きた~い、って応援する若者がいるのでしょう。どうぞ、逝ってらっしゃい。

面倒なので、ジャーナリスト・田中宇氏の記事を読んでほしい。これは、そのとおりだ。

「安倍と同時期にマケイン上院議員ら米議会のタカ派議員たちがイスラエルを訪問しており、安倍はイスラエルでマケインらと会って懇談した。
マケインは以前、 シリアを訪問して反アサド武装勢力と面談して鼓舞し、その中にのちにISISの幹部になる人々が含まれていたことで知られる『隠れISIS支援派』だ。」
Angry McCain Admits Meeting With ISIS, Scolds Rand Paul For Not Knowing Terrorists

「安倍首相は中東歴訪で中東和平の推進を呼びかけ続けたが、実際の効果としては和平を潰したいネタニヤフを応援してしまっている。」
A settler himself, FM Avigdor Liberman drops the A-bomb


「米タカ派やイスラエルが本当にISISやアルカイダの敵であるかどうか大きな疑問がある。アルカイダや、それがバージョンアップしたISISは、米タカ派やイスラエルが中東支配に好都合な「敵を演じてくれる勢力」として育て、こっそり支援し続けている疑いが濃い。 」
アルカイダは諜報機関の作りもの

「正月早々、米軍機がシリアで反ISISの武装勢力に支援する武器を空中から投下したところ「間違って」ISISの駐屯地に武器を投下してしまう事件が起きた。イラクやイランの軍幹部は、米軍が意図してISISに武器を支援したと考えている。 」
Middle East Officials Question ''Convenient Mistakes'' Of US Airdrops To Al-Qaeda

「これまでに発表されている、米欧の人質が処刑されている映像の中には、ISISが合成したニセモノが含まれているとの指摘がある。ISISを支持して支配 地域に入った米欧人が、ISISの存在を誇示するため、自分が殺される光景を撮して世界に発表する画策に賛成し、ニセモノの動画が作られた可能性がある」
'Where are they getting all these folks from?' Author Naomi Wolf is condemned for suggesting ISIS hostages are ACTORS and be-headings aren't real

「NYタイムスの07年の記事によると、国防総省はISISの指導者バグダディが存在しない架空の人物であると知っており、アルカイダがイラクに入り込むために架空の指導者をでっち上げて過激組織(のちのISIS)を作っていると報じている。
米当局は、架空の人物とわかっているのに今もバグダディをISIS の最高指導者として発表し続けている。」
The US Military's Stunning Conspiracy Theory Emerges From The Archives: "ISIS Leader Does Not Exist"


「イスラム国」バグダディ容疑者が動画で初登場 最高指導者カリフを名乗る【イラク情勢】
バグダディは、本名が、サイモン・エリオットという名前のイスラエル・モサドのエージェントだと言われている。マケインのオトモダチだ。(サイモン=「シモン」だからユダヤ人ね)

ただし、これについては、カレイドスコープ管理人は、二人が同一人物だとは完全に同定できないところがある。

アレックス・ジョーンズによれば、「ビン・ラディンは、西側の情報機関に9回以上殺されている」ということなので、その都度雇われたアクターなんでしょうよ。もちろん、死んでなんかいない。

Liveleakにも、マケインとシリアの戦士のツーショットが何度か出ている。マケインは、シリアの反政府組織(その一部が、ISILに流れていった)に何度も“慰問”に行っている。


もう、このへんで十分でしょう。

イスラエルのネタニヤフも、マケインも、ある意味ではISILのテロリストたちも、みーんな、安倍君を騙して、日本に世界大戦の火ぶたを切らせようと芝居を打ったわけだ。

mag20150130-2.jpg

とはいえ、ISILは日本にテロ攻撃を仕掛けると宣言したことは事実。
それはどこか。
サイバー攻撃じゃあない。

後藤さん殺害の報を受けてスタジオに集合した論説委員、研究者たちも、いちように青菜に塩状態だった。
真っ先にテロの標的になるのは、なんといっても、新聞社、テレビ局だろう。

テレビ局といえば、フジテレビの報道局解説員、平井文夫が、さっそく「安倍さんを責めないでぇ~」と、この際、恩を売っておこうと必死だったらしい。彼は白痴そのものである。

「72時間以内に殺害」予告が出てきたら、急にNHKが押入れの奥から取り出してきたように、「自己責任論」を言い出してきたことを忘れないでほしい。
このときに、メディアが一斉に、安倍晋三に責任が及ばないように示し合わせていたということだ。

なぜ、そんなに戦争がしたいのか、まったく分からない。
今後、自衛隊に入隊を希望する若者は激減するだろう。
彼らの息子、娘も確実に徴兵に取られるというのにね。




関連記事
       
NEXT Entry
イスラム国は米軍にシリア空爆の大義を与える
NEW Topics
買ってはいけない!いよいよ不動産バブル崩壊(海外編)
ドット・フランク法の「罠」と連邦準備制度理事会(FRB)の閉鎖
朝鮮カルトのお告げによって晋三君が「抜き打ち解散」か
「日本会議の安倍政権を倒せ!」とキッシンジャーが・・本当?
クリスマスの憂鬱ー国連とバチカンの計画を阻止できるのか
殺人内閣などを頼らず、アプリなどで地震・津波避難対策を
第二・プールの冷却再開ー東北・関東の親はバカなのか!
津波高さ予想引上げ!福島第二の3号機プールで冷却停止
福島県沖で午前5時59分、震度5弱(今のところ)発生!!
HAARPの新バージョンと相次ぐ石油・石炭からの投資撤退
地球温暖化詐欺「パリ協定」からのアメリカの脱退と米ロ同盟
まだトランプ批判を続けているサル以下の日本のマスコミ人
自民党の政策は国民からナレッジ取り上げようとしている
ヒラリー逃亡、9.11の真犯人、メディアに侵入しているスパイ
TPPゾンビ復活の可能性と鍵を握るバーニー・サンダース
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top