カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   NWO  »  「エルバラダイは過渡的な象徴だ」-キッシンジャー
       
20110305-1.jpg
ムスリム同胞団のロゴマーク

エジプトの野党第一党のムスリム同胞団は、過激で暗いイスラム原理主義のハマス、そして、エジプト革命を推進した「4月6日若者運動」グループの中枢に入り込んだケファヤという「見えない」組織をつくったと言われています。
どうも、ムスリム同胞団の背後には、グローバリストの影がちらついているのです。
それを思わせるキッシンジャーのコメントは不気味です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「簡単に言えば、エルバラダイは単なる過渡的な象徴だ」

さて、あくまで表向きは「エジプトの若者主導による革命」の風を装って、ムバラク政権の打倒を達成したグローバリストですが、早々と「新しいエジプト創り」のフェーズⅡに取り掛かっています。

グルジアのバラ革命の黒幕と言われているハンガリー系ユダヤ人のジョージ・ソロスですが、このエジプトにおいても、陰で暗躍していることは、どうも確かなようです。

ムバラクが追放されるまで、安全のためにクウェートに身を隠していたエジプトの反体制側(反ムバラク)の裁判官がロイターに、「“エジプトの市民グループ”は、すでにいくつかの憲法草案を練り終わっており、新しい憲法が一ヵ月後には準備される」と漏らしたように、エジプトの若者たちがデモ行進するのを横目で見ながら、新憲法づくりに余念がなかった、ということです。

この裁判官の言う“市民グループ”の中には、ジョージ・ソロスの「社会解放研究所(Open Society Institute)」から資金提供を受けた「人権情報のためのアラビア・ネットワーク」も含まれています。

つまり、ジョージ・ソロスは、エジプト動乱の結果をあらかじめ知っていて、“市民グループ”に、グローバリストに利益誘導するための憲法を作るよう求めていたのです。
【ジョージ・ソロスとエジプトの新しい憲法】

ここにきて、大方の中東ウォッチャーは、グローバリストの傀儡にして、ワシントンの「犬」であるエルバラダイが次期大統領になる、と予想しています。確かに、この流れから見れば、そのようになるでしょう。
果たして、それがグローバリストの狙いなのでしょうか。

ここにロックフェラーの番頭と言われるキッシンジャーの動画があります。

これは、これから展開するドラマの第一幕に過ぎない


Bloomberg    2011年2月1日

この電話インタビューで、キッシンジャーは、このように語っています。

「簡単に言えば、エルバラダイは単なる過渡的な象徴だ。
彼は、エジプトの倒壊は中東ドミノの一つに過ぎないことを知っている。
エジプトは、軍か、ムスリム同胞団の管理下に置かれることになるだろう。
彼は相手側が、反対するために現われるかどうかについては知らない。キッシンジャーは、ヒラリーに口を閉ざしたままでいるように言っています。
ムバラク解任は、これから始まるドラマの序幕にすぎないのだ」。

(動画の6:45あたり)

ムバラクが辞任の意を表したのは、2月12日のこと。
キッシンジャーが、このことを語ったのは、およそ、その2週間前。

「簡単に言えば、エルバラダイは単なる過渡的な象徴だ」

というのは、どういう意味なのでしょう。

軍が掌握→エルバラダイによる初の“正当な”選挙による政権が誕生→エルバラダイが失脚して、ムスリム同胞団が安定政権を樹立

こういうシナリオなのでしょうか。
もし、そうだとすれば、キッシンジャーがかねてから言っている「カオスの創出」の話と符合してきます。

誰もが世界を支配したがっている。キッシンジャーの新世界秩序「Ordo Ab Chao」


キッシンジャーは、2008年2月14日の時点で、このように延べています。

「人々が突然、外的脅威(宇宙人襲来のような)に直面させられたとき、それが本当のものであるか、ただ政府がアナウンスしただけのものであるかに関係なしに、世界政府の樹立を求める声が加速度的に人々の間に湧きあがってくるだろう」。

いずれにしても、はっきり分かっていることは、グローバリストは、人々が上か下か、右か佐かも区別できないような状態=カオスを作り出したいということです。
そして、正常な判断力を失わせて、目の前に差し出された「新しい秩序」に、飛びつくようにさせてしまう、というものです。

もし、キッシンジャーが言ったことが、「エルバラダイの後、ムスリム同胞団が政権を握ること」を意味しているのであれば、中東は、本当にカオスの状態になるでしょう。

どうも、キッシンジャーは饒舌で自己顕示欲が強いようです。
「つい、うっかり」口をすべらせただけかもしれません。
また、あくまで、彼の個人的な見方に過ぎないのかもしれません。

今のところ、このことに関する情報は出てきていません。
「エジプトは、エルバラダイが、どうふるまうか」が鍵のようです。




CIAは何をしていた? (新潮文庫) [文庫]
ロバート ベア 著  佐々田 雅子 訳
2005/12刊 
中古 300円より

CIAは何をしていた? (新潮文庫) [文庫]


関連記事
       
NEXT Entry
カダフィー暴君像は西側メディアの捏造
NEW Topics
BTC先物取引開始で富裕層の資金がビットコインに流入!
ドル崩壊のときにビットコインは資産として通用するのか
「超権力」が人工知能を導入する前に各国政府は備えよ!
“イヴァンカ基金”を利用する世銀の策略
IMFの暗号通貨計画と表舞台から姿を消す(?)ビットコイン
[小野寺まさる+産経新聞]←ウソ・おおげさ・ヘイトの3コンボ!
再び踏み絵を踏まされる前原、長島、細野、そして危険な野田
衆院選における安倍・小池・前原・小沢のそれぞれの立ち位置
中国とロシアは膨大なゴールドを背景に米ドルを崩壊させる
なぜ国連と日米同盟は北朝鮮の核開発を放置してきたのか
証人喚問を賭けた安倍昭恵の「逃げ切り」応援演説・山口4区
小池「ベーシックインカム」奴隷制度に狂喜する乞食日本人
サルの選挙-「親ワシントン」ありきの単なるカラ騒ぎ
ラスベガス事件→銃規制→経済崩壊→FEMA
金(ゴールド)で中央銀行の通貨詐欺の外側に避難する
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク9-未来世界
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top