カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   NWO  »  エコノミスト増刊号の不吉な表紙の謎に編集者が回答した
       
mag20150516-2.jpg
エコノミスト増刊号の編集担当、ダニエル・フランクリン氏

エコノミストの増刊号2015年版が発売されてから、この謎めいた表紙について多くの議論が沸き起こりました。これはその回答です。

エコノミスト増刊号の編集長、ダニエル・フランクリンが説明する表紙の意味


ロスチャイルド・ファミリーが、ほぼ、そのオーナーであると言ってもよい英国の週刊国際経済紙「The Economist」。(体裁は雑誌であるが、編集部側は週刊新聞であると言っている)
毎年、年末に出版されている年一回の増刊号の不吉な表紙(mag20150516-1.jpg)について、その謎解きに世界中が大いに盛り上がりました。

海外では、簡潔に書かれているYour News Wire.comの記事が比較的、多くのアクセスを集めたようです。

週刊「The Economist」本紙の編集長は、ビルダーバーグ会議に数回、出席してきたジョン・ミクルスウェイト(John Micklethwait)でしたが、昨年12月、ブルームバーグの編集主幹に選ばれて、エコノミスト編集長の座を去っています。

この増刊号「The World in 2015(日本版のタイトルは「2015 世界はこうなる」)」については、ジョン・ミクルスウェイト編集長ではなく、同じく、週刊「The Economist」の編集を担当しているダニエル・フランクリン(Daniel Franklin)が中心になって編集に当たったとのこと。

エコノミストの増刊号2015年版が公表されてから、この謎めいた表紙について多くの議論が沸き起こりました。

ダニエル・フランクリンは、この増刊号が出版されると同時に、宣伝を兼ねてyoutubeで「The World in 2015」について語っていますが、ほとんど記事の内容と世界情勢についてのことで、表紙については説明していません。

しかし、Your News Wireという真相究明サイトがエコノミスト誌の編集者にコンタクトを取り、増刊号の編集担当と直接、話をして表紙に謎に対する回答を得たということです。

記事を投稿したのは、サリー・ラベル・プラット(Salli LaBelle Platt)と、ジャッキー・ディーヴォイ(Jacqui Deevoy)というライターです。記事がアップされた日付は不明ですが、「3ヵ月前」とあるので、2月頃のことでしょう。

今年1月8日の“用心深い市民のウェブサイト”vigilantcitizen.comの記事は、小さな嵐を巻き起こしました。

日頃、The Economistを読まない人たちも、この奇怪なアートワークの中に隠された秘密のメッセージを発見してやろうと、引きつけられたのです。

この表紙は、一人のイラストレーターによって制作されたものではなく、社内である程度ディーテールをまとめ上げた後で、外部のデザイン会社に発注
したものであるということです。

エコノミストとは、いったい何か。
以下は、The Economistの編集者、ダニエル・フランクリンからの回答です。



有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png




関連記事
       
NEXT Entry
ジェイド・ヘルムは、米国民の預金口座から金を盗む!?
NEW Topics
BTC先物取引開始で富裕層の資金がビットコインに流入!
ドル崩壊のときにビットコインは資産として通用するのか
「超権力」が人工知能を導入する前に各国政府は備えよ!
“イヴァンカ基金”を利用する世銀の策略
IMFの暗号通貨計画と表舞台から姿を消す(?)ビットコイン
[小野寺まさる+産経新聞]←ウソ・おおげさ・ヘイトの3コンボ!
再び踏み絵を踏まされる前原、長島、細野、そして危険な野田
衆院選における安倍・小池・前原・小沢のそれぞれの立ち位置
中国とロシアは膨大なゴールドを背景に米ドルを崩壊させる
なぜ国連と日米同盟は北朝鮮の核開発を放置してきたのか
証人喚問を賭けた安倍昭恵の「逃げ切り」応援演説・山口4区
小池「ベーシックインカム」奴隷制度に狂喜する乞食日本人
サルの選挙-「親ワシントン」ありきの単なるカラ騒ぎ
ラスベガス事件→銃規制→経済崩壊→FEMA
金(ゴールド)で中央銀行の通貨詐欺の外側に避難する
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク9-未来世界
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top