カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   経済崩壊  »  ジェイド・ヘルムは、米国民の預金口座から金を盗む!?
       
mag20150520-1.jpg

「ベイルアウト(bailout:政府による緊急融資援助策)が議会を通過しなかった場合、最終的には米国内で革命が起こり、大通りには戦車が走るようになり、議会は会期途中で閉じられるだろう」ーーー
米・元財務長官 ハンク・ポールソン

------------------------------------------------------------------------
以下、とても長い記事なので要点のみ。詳細はメルマガで。

ジェイド・ヘルムが実行されるということは、経済崩壊が差し迫っている証


・・・そう!これは明らかに、New World Order Plan For 2016です。
米国が、まったく別の国に「改変」される2016年に向けての最終的な軍事演習です。

ジェイド・ヘルム演習が行われる州は、カリフォルニア、ネバダ、ユタ、アリゾナ、コロラド、ニューメキシコ、テキサスの7つです。

・・・テキサス州のアボット知事は、もともとワシントンに懐疑的で、「軍事演習とはいうものの、テキサス州の反政府勢力を炙りだして拘束し、FEMA収容所に送り込む算段だろう」と住民たちに警戒を呼び掛けています。

全米には、レールを敷設すれば高速地下鉄道が走ることができるほど大きなトンネルのネットワークがあり、地下深くにある地下基地とつながっています。(ランド・コーポレーション)

実際に、バージニア州のマウント・ウェザー(お天気山)の山中にあるFEMAの地下施設は、地下都市ともいうべき巨大なもので、数年間は一度も地上に出ることなく生活できるすべての機能を持っています。

全米には、一朝有事の際には、政府機能をすべて代替えできるこうした巨大な地下施設が数ヵ所、完成しています。

世界最大のスーパーストア・チェーン、ウォルマートが複数の州で6ヵ月間に及ぶ店舗閉鎖を発表したのは、こうした地下の巨大施設に通じているトンネル・ネットワークの幹線と接続するための工事を地下で行うためと陰謀理論家たちは主張しています。

・・・それだけでなく、ニューヨークの低地に位置しているニューヨーク連銀が、主要機能をシカゴに次々と移転中で、スタッフもシカゴのほうに増員しています。
こうした事実から、明らかに米国で何か大きな出来事が起ころうとしているのです。


・・・そうした人々は、すでに「潜在的反体制分子」まで含めて、メイン・コアという巨大なデータベースに振り分けられているのです。その数800万人。

そうした疑惑に決着をつけたのが、ウォールストリート・ジャーナルのこの記事です。
FRB、米デフォルトに備えた緊急対策用意か 市場介入も

反グローバリズムを標榜している著名ブロガー、デイブ・ホッジズは、最近の記事「ジェイド・ヘルムと差し迫っている経済崩壊」の中で、このように分析しています。

・・・問題の本質は、ジェイド・ヘルムが実行されるということは、経済崩壊が差し迫っているという明らかにシグナルである、ということです。
あなたは、そんなにデイヴィド・ロックフェラーの経済奴隷になりたいのですか

銀行は経済崩壊に備えている


国土安全保障省(DHS)が、22億発の弾薬と2700台の装甲兵員輸送車を集めているのは、DHSが米国民に対して武力に訴える準備をしていると結論づける以外にありません。

DHSの、こうした段取りに続いて、現在、銀行でも同様のことが起こっています。
銀行業界と同じように、米国財務省や国の負債の管理を担っている連邦機関は、全体として経済ハルマゲドンに備えています。

最近、公開された情報によると、財務省は、連邦銀行システムを監督する、3814人の職員のために、一人当たり200ドル分のサバイバル・キットを配るよう命じたということです。

・・・このままでは、10月にも米国政府は米国債投資家に対して債務返済が困難になる見通し。つまり、デフォルトです。

デリバティブの失敗でこしらえた1.5クァドリリオン(10の15乗)の負債は、これから1000年かけても支払われることはないと世界は知り始めています。

ロシア、中国、EU、中南米・・・そして、今、民間の中央銀行のコングロマリットは、彼らが独自に取ることができる最後の方法、ドルの放棄を実行し始めたのです。
すでに、オイルマネーなどは、息の根が止まる最後の数息を吸っているに過ぎないのです。

今まさに、金融経済の破壊、米ドルのメルトダウンの大津波が生じようとしています。

経済アナリストで「Shadow Government Statistics」の創始者であるジョン・ウィリアムズ(John Williams)は、最近なって、このように警告するようになりました。

「最終的に経済崩壊が起こり、米国の生活者への食物供給が中断するであろうことは確実に予期できる。
すなわち、食料不足によって食物を手に入れようと争う暴動が起こるということである。その時、誰もが安全ではなく、米国人は救援と保護を求めて泣き叫ぶだろう」。

米政府、英国、連邦準備制度理事会(FRB)、連邦預金保険会社(FDIC:Federal Deposit Insurance Corporation)は、同様のシナリオを前提として、経済崩壊のリハーサルを行いました。

一般の米国人のお金を盗むことは、すでに銀行業界の権力者たちによってリハーサルが済んでいます。
アメリカ合衆国とイギリスからの監査機関は、次の大銀行が破産するとき、彼らがどのように対処するか監査するために、とっくに作戦室に集っています。

米・財務長官のジャック・ルーと、英・大蔵大臣のジョージ・オズボーンは、2014年11月10日に、どのようにしてトラブルに陥った両国のメガバンク(例えば米国であればBank of America)を支えたらいいのか、共同のシミュレーション訓練を行いました。

また、FRB議長のジャネット・イエレンとイングランド銀行総裁のマーク・カーニー、そして、多数の他の監査機関の長官(米国連邦預金保険公社によって主催される会議の)が、銀行へのサイバー攻撃を含む「銀行破産時に対応する訓練」に加わわりました。

庶民の銀行口座は、ステルスによって盗まれている


2008年に、ゴールドマン・サックスの元CEOであり元財務長官のハンク・ポールソンは、「ベイルアウト(bailout:政府による緊急融資援助策)を 議会が認可しなかった場合、最終的には米国内で革命が起こり、大通りには戦車が走るようになり、議会は会期途中で閉じられるだろう」と警告したことがあり ました。

ハンク・ポールソンは、ドルが崩壊すれば、その後に続いて起こる「クレジット・スワップ・デリバティブ(簡単に言うと、信用リスクそのものを売買する)のネズミ講の失敗」によって必然的に暴動や革命が起こると警告したのです。

さらに、「2005・破産改革法」から生じた破産改革法は、連邦預金保険会社(FDIC)の保証預金者を含む、倒産した金融機関の他のすべての債権者と顧客より上位に、クレジット・スワップ・デリバティブ取引先優先権を与えたのです。

「もし銀行が崩壊するならば、米国の一般人の預金は、その銀行がデリバティブによってこしらえた負債を即金で支払うために使用される」ということです。

なぜアメリカは、自らを弱体化させ、アメリカ人のプライドをズタズタにしたいのか


これは、明らかにウォール街を守るためのレギュレーションです。

デイブ・ホッジズは、「あなたは、そんなにデイヴィド・ロックフェラーの経済奴隷になりたいのですか」と読者に問い質しています。

なぜ、米国は、せっせと自らの体力を削ぐことばかりやり続けてきたのでしょう。

かつて、米国を「列強」のスーパーパワーの頂点に押し上げた米国の影の支配層が、その後、「列強」と呼ばれることを拒否し、その獰猛な覇権主義を返上して、その実、弱々しい国家モドキの国であったことを、残酷にも米国人に認知させ、彼らのアイデンティティーを破壊したいからです。

確かに、ペーパークリップ作戦に見るように、米国は優れた移民によって経済と超軍事大国として、ほぼ地球を支配してきました。

でも、“肥え太った米国は、そろそろ食べ頃だ”ということなのです。

これから彼ら米国に巣食っている陰の支配層は、米国を屠殺しようとしているのですから、元気でいてもらっては困るのです。

9.11テロによって、米国の物質文明にゆらぎが生じ、米国人の新文明へのスピリットはズタズタにされました。そして、2008年から2009年にかけてのリーマン・ショックは中流層を徹底的に破壊する結果となったのです。

なぜ、米国のメディアは、「すぐに米国のGDPは中国に追い抜かれる」と懸命になって世界に喧伝しているのでしょう。

肝心な一人当たりGDPでは、中国は米国を追い抜くどころか、永遠に肩を並べることさえできないでしょう。これは、日本と比較しても同様です。中国は、大国の風情を醸し出すだけで精いっぱいです。

要するに、米国を食べ頃になるまで肥え太らせてきた陰の支配層は、今度は、米国の精神を徹底的に破壊し、虚弱体質にしようとしているのです。

陰の支配層が目指しているのは、米国の覇権ではなく、米国をグローバルな市場の中に溶かし込み、経済をメルトダウンさせてしまうことなのです。

そのためには、多国籍の傭兵で組織したFEMAという米国とは何の関係もない軍とは別の武装機構が必要だったのです。彼らなら、愛国の米国人に躊躇することなくマグナム弾を撃ち込むことができるからです。

悪徳国際銀行家の資本は、多国籍企業や軍産複合体を経由してFEMAに降り注がれます。
ジェイド・ヘルムを実行する者と、米国を経済崩壊に導く国際銀行家の手下である米国の小者バンクスターとは、同じ種類の人間たちである、ということです。

・・・そして、悪徳国際銀行家にたぶらかされた政府は、経済崩壊を理由に食料供給がストップしてしまう機会を利用して、「最も大きい富の再分配に立ち会おう」としているのです。

これは、米国が共産主義国になる、ということです。
富の再配分を計画する人間は、いったい誰でしょう。それが1%のビッグブラザーです。1%と99%は平等ですか?

そうなれば、フードスタンプの全国版ができるでしょう。
米国という国モドキの住人は、政府から支給される食料品引換券をもって、共産主義国家・アメリカの食糧庁が管理するウォルマートに出かけるのです。

そして、そこで彼らが食料品引換券によって手に入れる食品のすべてが、平均寿命をコントロールするために化学薬品がたっぷり入れられた遺伝子組み換え食品なのです。

いったい誰がこんなレギュレーションを考え出し、G20の合意としたのでしょう。
彼らには国境という概念がありません。ジェイド・ヘルムを実行しようとしている人々も同じ人々です。

安倍政権は、日本版FEMAの創設を掲げています。
それは、米国と同じように政府に楯突く日本人を拘束するために設置されるのでしょうか。

平均的なアメリカ人のように、日本人が今のまま、ノーテンキで過ごせば、同じ結果を招くでしょう。


メルマガ107号のメニュー
・パート1
-新世界秩序-
エコノミスト増刊号の不吉な表紙の謎に担当編集者が回答した

・パート2
-新世界秩序-
2014年版エコノミスト増刊号の「弓矢」の暗示は不幸にも的中した
-経済崩壊-
ジェイド・ヘルムは、米国民の預金口座から金を盗むために仕掛けられる


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png




関連記事
       
NEXT Entry
小沢一郎、山本太郎の「終わりの始まり」になるかも
NEW Topics
買ってはいけない!いよいよ不動産バブル崩壊(海外編)
ドット・フランク法の「罠」と連邦準備制度理事会(FRB)の閉鎖
朝鮮カルトのお告げによって晋三君が「抜き打ち解散」か
「日本会議の安倍政権を倒せ!」とキッシンジャーが・・本当?
クリスマスの憂鬱ー国連とバチカンの計画を阻止できるのか
殺人内閣などを頼らず、アプリなどで地震・津波避難対策を
第二・プールの冷却再開ー東北・関東の親はバカなのか!
津波高さ予想引上げ!福島第二の3号機プールで冷却停止
福島県沖で午前5時59分、震度5弱(今のところ)発生!!
HAARPの新バージョンと相次ぐ石油・石炭からの投資撤退
地球温暖化詐欺「パリ協定」からのアメリカの脱退と米ロ同盟
まだトランプ批判を続けているサル以下の日本のマスコミ人
自民党の政策は国民からナレッジ取り上げようとしている
ヒラリー逃亡、9.11の真犯人、メディアに侵入しているスパイ
TPPゾンビ復活の可能性と鍵を握るバーニー・サンダース
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top