カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  小沢一郎、山本太郎の「終わりの始まり」になるかも
       
20150522-1.jpg

はいはい、二人に対抗する連中は、「終わりの終わり」と言うだろう。
さておき、二人のキャラクターと絵柄が合わない。
これは、あらゆる意味で“自爆”である。

The Huffington Post 5月20日
山本太郎氏、"北斗の拳"風で生活の新ポスター「黙って刷っちゃった」 小沢一郎氏は...

「これからおそらく18歳選挙権が与えられられるだろう。
また、国政選挙に四十数パーセントの人たちが投票に行っていないことを考えると、興味のない人たちの入り口として、ポスターを作ったほうがいいと思った。
しかし事前に相談してしまったら、小沢さんも苦言を呈さなくちゃいけなくなっちゃったら申し訳ないので、作ってしまえ、刷ってしまえと思って独断で作らせていただいた」。

小沢一郎翁の笑顔はいい。
しかし、誇りあるアテルイの末裔の男は、ご隠居モードに入っている。
彼は、国連が世界統一政府になることを知っているのだろうか。

山本太郎議員の笑顔もいい。
しかし、組んだ相手は、やがて自己の矛盾を噴出させることになる。
このポスターを見て応援する有権者は、少し経てば「おためごかし」だと言って批判するだろう。

パブリック・リレーションは、一歩間違えると奈落の底に突き落とされる。
これは失敗だ。

このままでは二人とも消えてしまう。
小沢が好きなら、「私など頼るような国ではだめだ」という彼の本意をしっかり理解することだ。そして、本当の意味で立ち上がることである。

まだ「守ってほしい」などと甘ったれているような有権者では、彼らのサポーターとしては役に立たないどころか、先々に行って有害となるはずだ。

この二人に強い有権者が期待しているのは、政治家としての「義」を貫くことである。迎合したら「終わり」がやって来る。




関連記事
       
NEXT Entry
日本はTPPによって溶かされ、世界統一政府への道を歩む
NEW Topics
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(2,3)
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
旧ジャパンハンドラーに駆け込んで日本叩きを依頼する橋本徹
トランプ政権は「リアル・ディープ・ステート」のエピゴーネン
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top