カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   悪魔  »  「666」の日には「666ドリンク」でルシファーに乾杯!
       
20150606-1.jpg

今日は2015年6月6日。つまり、15→(1+5)・6・6→666の日。
それでは、みんなで「666」のヤバイ!悪魔ドリンクを手に乾杯!!


普遍的無意識に「666」を埋め込もうとしている企業群

世界中で発売されている「モンスター・エナジー・ドリンク」。
私は先週、これを奥会津の山の中の、とあるコンビニ、そう、7-11→18→666のアノお店でもらいました。

なんでも、7-11→18→666のコンビニ店員が言うには、キャンペーンをやっていて、くじ引きで当たった人に無料で配っているとのこと。
「当たりました。これを買うと200円以上するんです」・・・大丈夫、私は金輪際、絶対に買うことはないから。
それは、一瞬で、このドリンクの缶に描かれた20150606-2.jpg の不気味なロゴの記憶がよみがえってきたからです。

あるカルトから必死の思いで脱会した元信者さんから、数点の或ることに関する画像が送られてきたのは、かれこれ3年前のこと。

このときは、北半球がどうにかなるかもしれない、という瀬戸際だったので、放射線被曝を防ぐ記事ばかり書いていました。で、知らず知らずのうちに後回しになってしまったのです。

その画像は、これです。

mag20140814-7.jpg

これは、エホバの証人(ものみの塔)の機関誌『目覚めよ!』の2010年7月号の21頁に掲載されている画像です。
また、「ものみの塔」という別の機関誌にも使われているこのカルトのシンボリズムです。

エホバの証人の神は、旧約聖書で言う「エホバ」です。
しかし、聖書では神の名を尊んで神聖四文字(テトラグラマトン)で表します。

それは、「YHWH」と書きます。そう、「ヤハウェ」と発音します。
神聖四文字(テトラグラマトン)での表記は20150606-4.jpg となります。文字変換はできません。正しくは、下のようになります。

20150606-3.jpg

これが「ヤハウェ」・・・つまり、旧約聖書で言うところはの「神」です。上が正しいのです。

しかし、エホバの証人で使用している「神」のシンボリズムは、20150606-5.jpg です。
このシンボリズムは何でしょう?

20150606-6.jpg

上は、ヘブライ文字のアルファベットとアラビア数字の対応表の一部です。
つまり、20150606-5.jpg とは、「666」のことです。

本来は、20150606-4.jpg としなければならないところを、 信者は気がつかないだろうと、20150606-5.jpg にすり替えているのです。

エホバの証人の信者さんたちは、ヤハウェを畏怖して、信仰の対象としていると思い込んでいるものの、実は「666」の意味するところの堕天使=ルシファーを崇拝させられている、ということです。
(第71号(パート1)エホバの証人-ヤハウェ(唯一神)とすり替えられた世界統治者「666」)

ある大きな集会に潜入して実際に見てきましたが、そこでは、エホバの牧師が「世界政府の樹立が近い。エホバの神がやってくる。すべてを天に貯金しなさい」と熱弁をふるっていました。

「天に貯金する」とは、家や田畑、家財、貯金のすべてをエホバの神に寄付しなさい」ということです。
つまり、「悪魔にすべてを捧げよ」と言っているのです。(第70号(パート2)エホバの証人が世界で「世界政府キャンペーン」を展開している)

子供が生まれなくなる? これは断種ドリンクか

さて、この「666」をロゴにしているモンスター・エナジー・ドリンク。ぱっと見ですぐに分かる悪魔のシンボリズムが二つあります。

ひとつは、「666」=20150606-2.jpg の「M」。
これは、本家本元、バーバリアン・イルミナティのシンボリズムにも使われています。

その証拠を確認したい人は、以下のリンクへどうぞ。
彼らは、まったく危険はありませんが、それでも怖い人は、以下のurlのリンク先(その「М」が確認できる本物のバーバリアン・イルミナティのサイト)に行かない方がいいでしょう。
(http://armageddonconspiracy.co.uk/The-Satan-Plan%281837991%29.htm)

もうひとつは、「MONSTER ENERGY」の「O」が「中」の字のように見えること。

20150606-9.jpg

これは、こういうことです。

20150606-13.jpg

逆十字は、聖ペトロ十字だという人がいます。
これを真に受けて、「外国人『逆さ十字を悪魔崇拝の象徴だと勘違いしてる人が多すぎる』海外の反応」と書いているアフィリエイト・ブロガーがいます。

日本の小僧ブロガーたちのデマ情報は本当に有害です。相変わらず自分で考えない。考えられない。
こんなものは読まないように。本物の馬鹿になってしまいます。

さて、モンスター・エナジーとは、欧米で騒がれているように、本当に悪魔の飲み物なのか。

実際に、この不気味なデザインのドリングを飲んだアメリカの14歳の少女が、2012年10月、死亡しています。あのグローバリストの企業メディア、CBSニュースでさえ、その危険性を報じているのです。

ハフィントン・ポストが、最近になって、再びその危険性を報じています。

少女の遺族が、この飲料には危険な量のカフェインが含まれていたせいで娘は亡くなった、とメーカーに訴えを起こしました。

また、このドリンクを飲んだ後に死亡した例が米食品医薬品局(FDA)に5件報告されていることが2012年10月22日、判明しています。
(ソースの時事通信は削除されているので、こちらへ)

それでも、エナジードリンクと死亡との直接的な因果関係は証明されていないと、FDAは煮え切らない答え。

さすがに、“四つ足なら椅子以外、何でも食べる”という中国人でも敬遠しているようです。

この死亡事件と相前後して、アメリカ人の男性がすでにモンスター・エナジーに対して訴訟を起こしていたようです。

この男性は、スーパーで買ったモンスター・エナジーを飲んだところ、まだ缶が重いので、開けた見たところマウスの死骸が入っていたと主張しています。「俺はマウスの死骸の一部を飲まされたんだよ」。

これは、英紙デイリーメールのネットニュースが報じています。

この女性は、「モンスター・エナジーは悪魔の飲み物で、反キリスト者を創り出すために製造された」と主張しています。
でも、この女性も負けず劣らず、かなり怖いです。


つまり、このドリンクを飲むことによって、知らないうちに「サタニズムを注入されてしまう」と主張しているのです。
これについて、モンスター・エナジーの販売元から回答はなし。消費者からの質問に答えないのです。

このモンスター・エナジー。すでに世界50ヵ国以上で販売されているということですが、日本での現在の販売元は、「モンスター・エナジー・ジャパン合同会社」(東京都渋谷区千駄ヶ谷三丁目16番12号 第一FMGビル)となっています。

ただし、2012年10月の時点では、アサヒ飲料が独占的に販売していたよでうす。

そのとき、アメリカで死亡事故が起きているのに日本で販売して大丈夫か、との質問に対して、アサヒ飲料の親会社であるアサヒグループホールディングスの広報担当は、「容量および中身は米国の商品とは異なる」と回答しています。

現在の販売元であるモンスター・エナジー・ジャパン合同会社が、アサヒグループホールディングスと資本関係があるのかどうかは調べていません。

もし、そうだとしたら、アサヒグループホールディングスは、消費者に対して医学的根拠を示して説明し、言われている数々の懸念を払拭しなければならないでしょう。

それができないのであれば、この会社が取り扱っている飲料は今後一切買わないことにしよう。
こんな反日本的、反消費者的な企業の商品など買わないことです。

それに、マッズイッ・・・

カフェインを取りすぎると不妊になりやすくなるという研究結果は、1995年、ジョン・ホプキンス大学からすでに発表されています。今では、当然のこととして、多くの人がカフェインの取り過ぎに注意しています。

しかし、成分はそれだけではない。

要するにモンスター・エナジーは、女性が妊娠しにくくなって、男性の精子が減って、結局、断種を目的としたドリンクだということです。

問題は、コカ・コーラのように常習性があるので、「ヤバイ!」(モンスター・エナジーの缶に書かれている)飲み物と分かっていても、ついつい、また飲んでしまうというところにあるわけです。

もう、日本の食品には「666」がいっぱい。

コカ・コーラマクドナルドの「666」、サタンバックス、もとい、スターバックス、さらには子供も大人も大好きなディズニー・ランドまで「666」。

それにしても、スターバックスは、それを隠しもしません。(ソース)

デザイン、特にCIやブランドのロゴを考えるコンセプターなら分かるでしょうが、これは偶然ではありません。非常に計算されたデザインです。
中には、何ヵ月もかかっているロゴ・デザインもあるでしょう。
日本人は、このルシファーのマーク「666」に取り囲まれているといっても言い過ぎではありません。

要するに、アメリカから入って来たチェーン・システム(それは200店舗以上拡大してはじめてスケールメリットが出てくる、というインチキ理論に拠って立つ)・・・直営であろうがフランチャイズ・システムであろうが、“餌”を食わせて儲けながら人口削減をやっている、ということです。

2050年の世界―英『エコノミスト』誌は予測する」の中に、「2050年の日本の平均年齢は52.7歳」という予測が書かれているのも頷けることです。

ご長寿で、いいじゃないかですって? そうじゃない! 子供が生まれなくなるのですよ。
ワクチンも注意だけど。




関連記事
       
NEXT Entry
パレスチナ国家の樹立とオバマによるネタニヤフ切り捨て
NEW Topics
買ってはいけない!いよいよ不動産バブル崩壊(海外編)
ドット・フランク法の「罠」と連邦準備制度理事会(FRB)の閉鎖
朝鮮カルトのお告げによって晋三君が「抜き打ち解散」か
「日本会議の安倍政権を倒せ!」とキッシンジャーが・・本当?
クリスマスの憂鬱ー国連とバチカンの計画を阻止できるのか
殺人内閣などを頼らず、アプリなどで地震・津波避難対策を
第二・プールの冷却再開ー東北・関東の親はバカなのか!
津波高さ予想引上げ!福島第二の3号機プールで冷却停止
福島県沖で午前5時59分、震度5弱(今のところ)発生!!
HAARPの新バージョンと相次ぐ石油・石炭からの投資撤退
地球温暖化詐欺「パリ協定」からのアメリカの脱退と米ロ同盟
まだトランプ批判を続けているサル以下の日本のマスコミ人
自民党の政策は国民からナレッジ取り上げようとしている
ヒラリー逃亡、9.11の真犯人、メディアに侵入しているスパイ
TPPゾンビ復活の可能性と鍵を握るバーニー・サンダース
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top