カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   NWO  »  人工知能独裁者、666、人造エイリアン、サイボーグ・・・
       
mag20150604-1.jpg

マイナンバーには、やがてクレジットカードからETC、果てはタスポまで乗り入れるでしょう。
ツイッターやFacebookの書き込みや、もちろんブログなども記事をサーバーに送った瞬間にコピーされてビッグデータに格納されるでしょう。
そして、それは人工知能に繋がります。

この人々は、一心不乱になって、そこに向かっています

オックスフォード大学関係者による「文明を脅かす12のリスク」報告書


「人類滅亡12のシナリオ」・・・オックスフォード関係者による驚愕のレポートが発表された・・・と日刊ゲンダイが書いています。

レポートの正式なタイトルは、「12 Risks That Threaten Human Civilization」。意味は「文明を脅かす12のリスク」。
その原本がこれです。

日刊ゲンダイの見出しは少し大げさですが、このレポート作成に携わったのは、英国のオックスフォード大学やその傘下のフューチャーヒューマニティ研究所の 科学者、スウェーデンにあるグローバルチャレンジ財団、そしてその他金融・経済の専門家(ちなみに再保険会社のアクチュアリーもメンバーに名を連ねている)たちであることから軽視することはできません。(日本語のソース)
彼らは、冗談などではなく、大真面目の様子。

特に注意すべきは、この部分です。

10. 人工知能(ハフィントン・ポストには「人口」となっている間違いだろう)
人間による制御が不可能になった、人工知能独裁者や膨大なロボットの出現。映画「ターミネーター」などの世界。

「動物実験により人類を超える知能をもつ生物が出現」

「誰かが地球外生命(ET)にコンタクトし、危険な異星人(エイリアン)の注意を呼び寄せること」

レポートのpdfを見ると、やはりありました。ピラミッドの中のまあるい地球(All Seeing Eyeに模した)が。

レポート作成に中心的に携わったのは、グローバルチャレンジ財団。
この表紙のピラミッドは、同財団のホームページにも出てきます。All Seeing Eyeは、同財団のロゴマークです。

欧米のシンクタンクは、この手のぞっとするレポートを定期的に出しています。いちいち驚いていたら身が持ちません。

ロックフェラー財団は、2010年に「技術と国際発展の将来のシナリオ(Scenrios for the Future of Technology abd International Development)」というタイトルの報告書の中では、未来に起こることが過去形で書かれています。
特に注目すべきは、気象兵器による“気象テロ”の暗示が示されていることです。

今、確認したところ、この文書はロックフェラー財団のホームページから削除されていました。
概略なら、ここに少し紹介してあります。

また、最近、話題になったのが、NASAのホームページのアーカイブにある「THE Future Is Now!」というレポートです。

2001年7月に発表された全93ページのこのレポートは、ラングレー研究センターのNASAの主任研究員であるデニス・ブッシュネルが書いたものとされています。

そこには「未来の戦略的問題」として、2025年頃、未来戦争(小規模な核戦争)が起こると予言されています。
また、その頃にはサイボーグが誕生していて人間の代わりを務めているかも知れないとも書かれてあります。

オックスフォード大学のレポートにある「人工知能独裁者」にしても、「人類を超える知能をもつ生物」にしても、NASAの「2050年にはサイボーグが人間の代わりとなる」という予測にしても、世界中の人々がビッグデータ(日本のマイナンバー制が、これと接続する)とつながり、人工知能によって訪れる奴隷的管理社会、つまりビッグブラザーの全地球的支配のことを言っているのです。

そして、エリア51やニューメキシコのダルシ―地下基地で実験されている人間と動物のハイブリッド生物(それをUFOフリークたちは「グレイ」と呼んでいる)、そして、トランス・ヒューマニズムを彷彿とさせるサイボーグ・・・そして、総仕上げとして人造UFOによる壮大なペテン宇宙ショーが繰り広げられるまであと十数年あります。

聖書には「666は人間である」と書かれてあります。「666」は「人間の形をしたもの」と考えなければならないのです。

これは、映画『2001年宇宙の旅』に出て来る人工知能「ハル」のことです。
「666」の人間とは、その「ハル」に常時、接続している半分機械で、半分が人間の超独裁者のことを指しているのです。

それはトランス・ヒューマンです。(メルマガ第30号と、第31号に詳述)

また、「一つ目」とは、このことです。

mag20150604-5.jpg

これは、2010年8月、サンフランシスコで開催された「シンギュラリティ―・サミット10」で、「人間であることが嫌でたまらない」という狂気の学者・スティーブ・マンが、アイタップ(EYE TAP)を紹介したときの動画。(アイタップについては、この記事を参照のこと)

ただし、アイタップはウェアラブル・コンピュータで体の外側に装着するものです。常時、コンピュータ・ネットワークに繋がっている状態です。

シンギュラリティーというのは、「人工知能が人間の能力を超える特異点」のことです。(メルマガ第31号に詳述)
それは、2045年にやって来ると言われています。

理論物理学者・スティーヴン・ホーキングやビル・ゲイツらの天才たちは、人工知能が完成したら人類は滅亡すると警告しています。

また、イーロン・マスクも、人工知能が人間に対する最大の潜在的脅威で、人工知能の使用は悪魔を呼び招き、自業自得だと警鐘を鳴らしています。

「すべてを見通す一つ目」は、ナノテクによってデバイスを超小型化すれば実現可能です。これが666の世界統治人工知能のビッグデータとつながって、地球のすべてを見ることのできる「目」になります。

これは空想上のお伽噺ではありません。サイボーグは、すでに世界で数人、誕生しています。映像や画像は、人によっては辛いものがあるでしょうから貼りません。

NASAのレポートを読んだアメリカの陰謀解明チームの女性は、「政府はアメリカ国民に恐ろしいことを隠している」と解釈したようです。

また、NASAは最近も恐ろしいレポートを出しています。

NASAゴダード宇宙飛行センター出資による最新調査です。「産業の文明は不可逆的に崩壊に向かって突き進んでいる」という内容で、レポートは小難しいので、英紙ザ・ガーディアンの記事が読みやすいです。yahoo翻訳を使って概略を掴んでください。日本語サイトでは、ギズモードが少し扱っています。

その他、NASAは、最近になってから「小惑星が地球に衝突」するとか、年間を通してノストラダムスの予言連発状態です。ノストラダムスの予言はフリーメーソンの創作になるものです。

今まで、NASAはフリーメーソンから資金提供を受けているオカルト機関です。なにしろ、フリーメーソン、NASAの双方が認めているのですから否定しようのない事実なのです。

この陰謀解明チームの女性が考えているように、「NASAは隠蔽している」のではなく、「そう思わせている」だけです。隠蔽する実体が存在していないのです。

ちなみに、表紙に安倍晋三だけが描かれていない、と話題になった経済・金融週刊紙「エコノミスト」ですが、その「エコノミスト」誌の名だたるエディターが、それぞれの専門分野ごとに将来展望を書き記した書が「2050年の世界―英『エコノミスト』誌は予測する」です。

この本の中で、「2050年の日本の平均年齢は52.7歳」、「2050年、ますます日本は没落して1人当りのGDPは韓国の50%になる」、「2050年の世界のGDPの50%はアジアでありアジアの世紀となる」などと予想されています。

ただし、エコミスト編集部は、「未来を予測するのは至難の業」と断り書きを入れていますが。

「生き残りの最後の手段がアジアに強いプレゼンスを持つことにある」ことを世界支配層は分かっていて、数十年前から青図面を描いています。

彼らは、日本の経済力を引き出しながらも、アジアへの影響力を減衰させていきたいのです。傲慢なことに、日本のポジションを勝手に決めているのです。それが、エコノミスト増刊号の表紙のメッセージです。

予期せぬ出来事の数々が焦点を結ぶ「今年の秋」・・・
そうしたアングルから世界で起こっていることを見ていくと、何が起こるのか茫洋と浮かんでくるはずです。


メルマガ109号のメニュー

※パート1は先月末の配信ですので、今月新規登録された方はメール配信されません。パート1のみ5月配信分のバックナンバー扱いとなります。
・パート1
-新世界秩序-
ジェイド・ヘルム15によってアメリカで革命が誘発される

・パート2
-狂人による狂人のための世界-
人工知能独裁者、人造エイリアン、トランス・ヒューマンが書かれてある計画書
-米中大戦-
突然、中国との戦争に傾斜する豹変の背後にあるもの
-リンゼイ・ウィリアムズ-
「本当にすぐに準備する必要があるというなら、それは今でしょ」



有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png





関連記事
       
NEXT Entry
「666」の日には「666ドリンク」でルシファーに乾杯!
NEW Topics
買ってはいけない!住宅バブルと東京五輪後の無残(国内編)
買ってはいけない!いよいよ不動産バブル崩壊(海外編)
ドット・フランク法の「罠」と連邦準備制度理事会(FRB)の閉鎖
朝鮮カルトのお告げによって晋三君が「抜き打ち解散」か
「日本会議の安倍政権を倒せ!」とキッシンジャーが・・本当?
クリスマスの憂鬱ー国連とバチカンの計画を阻止できるのか
殺人内閣などを頼らず、アプリなどで地震・津波避難対策を
第二・プールの冷却再開ー東北・関東の親はバカなのか!
津波高さ予想引上げ!福島第二の3号機プールで冷却停止
福島県沖で午前5時59分、震度5弱(今のところ)発生!!
HAARPの新バージョンと相次ぐ石油・石炭からの投資撤退
地球温暖化詐欺「パリ協定」からのアメリカの脱退と米ロ同盟
まだトランプ批判を続けているサル以下の日本のマスコミ人
自民党の政策は国民からナレッジ取り上げようとしている
ヒラリー逃亡、9.11の真犯人、メディアに侵入しているスパイ
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top