カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   経済崩壊  »  エルル29日と血の月が重なる今秋に株式市場崩壊か!?
       
mag20150619-2.jpg

リンゼイ・ウィリアムズも含めて、アメリカの経済学者、有名投資ストラティジストたちが、なぜ「2015年秋頃、それは起こる」と自信たっぷりに言うのか。なるほど、アメリカの著名人たちもユダヤ暦の秘密を知っているというわけです。

彼らはユダヤ暦の秘密を知っている


アメリカのビジネスマンやウォール街のトレーダーたちの何人かは、今年の9月に「大きなことが起こる」と身構えています。
それは、2015年9月13日が、非常に暗示的で暦の上でも特殊な日だからです。

・・・その要素は二つあります。

一つは、Blood Moon・・・「血の月」です。
もう一つは、Shemitah(シュミ―タ)です。

Blood Moonは、投資家のサイトや経済アナリストのサイトでも、たまに出て来る言葉です。

CBSニュースをはじめ、たいていのアメリカの主流メディアも取り上げています。
また、テレビのニュースショーでも、ユダヤの宗教者や学者を招いて真剣に議論しているのです。

なぜ、彼らは、そんなに気にしているのでしょう。

・・・「血の月」はすでに2014年に2回、2015年にも1回起こっています。最後の4回目の皆既月食は、まるでユダヤ暦の新年に合わせたかのように、9月28日に起こります。

・・・そして、終わるのが2015年の最後の日ーユダヤ暦ではElul(エルル)29日になります。この日が西暦で2015年9月13日に当たるのです。

今回のシュミ―タ(安息年)の期間は、20149月24日の日没から2015年9月13日までです。
繰り返しますが、西暦2015年9月13日は、ユダヤ暦2015年Elul(エルル)29日になるのです。

ユダヤ暦でその年の最後の月、Elulは、西暦で同じく、その年の最後の月、Decemberに対応する、ということになるのでしょうか。

ウォール街のユダヤ人トレーダーは知っているのです。何かが起こることを。

7年周期で訪れるシュミ─タの年に起こる市場の暴落、巨大事故とテロ


なぜ、ユダヤ暦のその年の最後の日が重要なのかというと、過去2回、このシュミ─タ最後の日(つまり、エルル29日)にアメリカの株式市場が大暴落しているのです。

この秘密を知らない一般投資家は、西暦で見ているので不気味な経験則があることに気がつかないのです。

2001年9月17日(この日はユダヤ暦、つまり聖書暦の「エルル29」の日であった)に、アメリカ人は、米国史上、最も大きな株式市場の崩壊を目のあたりにしました。ダウは一日で684ポイント急落したのです。

この記録は次のシュミ─タの年がやってくる2008年まで塗り替えられることはなかったのです。

2008年9月29日(この日も、ユダヤ暦、つまり聖書暦の「エルル29」の日であった)に、NYダウは、一日で777ポイントの大暴落となりました。
今日現在、この記録は更新されていません。

(全文はメルマガで)


メルマガ111号のメニュー

 ・パート1

-新世界秩序-
ビルダーバーグ会議で人工知能の実行とマイクロチップが話し合われた
-アストロロジーと病気-
占星術(生まれ月)と罹りやすい病の関係をコロンビア大学が証明した

・パート2
-新世界秩序-
エルル29と血の月が重なる今秋に株式市場崩壊か!?
-編集後記-
アメリカに完全丸投げの無責任政権とカルト政党のマドンナ


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png





関連記事
       
NEXT Entry
TPA法案の可決によって、TPPと新安保法制がリンクしてくる
NEW Topics
プーチンがイーサリアムへの支援を表明した
始まった欧州の金融危機とジム・ロジャーズの最悪の警告
共謀罪成立で、“忖度”総太郎が大活躍
地下経済に流れ込む金と忍び足で近づく金融崩壊(その2)
共謀罪でトンズラ・・・政治家としての死期が迫っている菅義偉
地下経済に流れ込む金と忍び足で近づく金融崩壊(その1)
サイコパス詐欺師と嘘つき珍獣の2ショット
「金(ゴールド)が銀(シルバー)を買え!」と言っている(その2)
「金(ゴールド)が銀(シルバー)を買え!」と言っている(その1)
「中央銀行の仮想通貨から、うまく逃げおおせろ!」
乗っ取られたワシントンと日本の「ディープ・ステート化」
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(2,3)
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top