カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   ビッグブラザー  »  最強のスパイウェア「Windows 10」をインストールするな!
       
20150828-1.jpg

「【注意】 Windows10 をインストールしないで下さい」という警告文が、いくつかの自治体のホームページや大学のホームページに掲載されています。Windows10は、もっとも強力なスパイウェアだからです。

あなたのデータが覗き見され、盗まれる

【注意】 Windows10 をインストールしないで下さい」という警告文。
長崎市佐世保市のホームページ、大阪市立大学のホームページに掲載されています。主に公共機関や公的機関が、Windows10に対する警告文を出しているようです。

と思ったら、アクセスが集中して気が付いたのか、佐世保市のホームページ、大阪市立大学のホームページから削除したのか、別のフォルダーに移動してしまったようです。

代わりに、久留米市のホームページ、セキュリティー企業(日立系?)のホームページをどうぞ。要するに、情報が漏えいしてしまう危険性を警告しているのです。

自治体レベルなら、もっともたくさんあるはずですが、ヘッドラインの文言は「【注意】 Windows10 をインストールしないで下さい」ではないかもしれないので、別の言葉を考えて検索しないとヒットしないかもしれません。

それにしても、マイクロソフトに対して法的手段を取ろうとする自治体や企業体は出て来ないものか。不思議な国だ。

せっかちな人は、すでにマイクロソフトの宣伝文句、「無償アップグレード」に惹かれて、すでに自分のパソコンにインストールしてしまったかもしれません。

6月くらいから、良心的なアマチュアのネットユーザーが、「絶対にアップグレードするな!」と警告していたので、この警告は浸透しているのかと思いきや、ほとんどの人がWindows10をインストールしてしまったか、これからインストールしようと考えているようです。

去年の6月、Windows8をインストールしているパソコンを使用している人は、自動的にNSA(米・国家安全保障局)にあなたの通信やパソコンのハードディスクに格納されているデータを覗き見することを許可していることになります、と警告しました。

マイクロソフトが無償アップグードを推奨しているWindows10は、Windows8をさらに強力にしたスパイウェアです。

まず、「ドイツが警告、中国もWindows8の使用禁止令を出した理由」を読んで、Windows8とは何かを知ってから、この記事を読むと理解が進むと思います。

Windows8には、NSA(だけではないが)が、あなたのパソコンを覗き見するときに侵入できるバックドアという裏木戸のようなものがあるのです。そこから、こそこそとあなたの家(パソコン)に土足で上がり込んで、家の中を物色するのです。

マイクロソフトは、今度のWindows10で、それをはっきりと公言しています。
「あなたがWindows10をインストールすることに同意するということは、われわれマイクロソフトが、あなたのパソコンの中身を覗くことに許可を与えたものと考えます」と。

ですから、Windows8のように裏口から人目につかないように入るのではなく、Windows10では、表玄関から堂々とあなたのパソコンに入りますよ、と宣言しているのです。

具体的には、あなたのどんな情報が盗み見されてしまうのか、ということですが、コンピュータの専門的な知識を持っているブロガーが、次の記事で分かりやすく書いています。
Windows 10 comes with built-in spyware. If your work requires confidentiality, DO NOT INSTALL

粗訳、ほぼ全文は、以下のとおり。

政府で働いている人、法律事務所で働いている人、あるいは、病院や診療所で働いている人たちは、しばしば断り書きの付いた業務上の個人宛メールを受け取ることがあります。

「この通信は、内々のものです」などなどの断り書きです。これは、受信者のためにのみ意図されている、ということです。
これは、ちょっとした法律用語ですが必要なものです。特に、契約を遵守する必要がある法律関係の仕事や、非常に厳格な守秘義務を伴う医療の世界で働く人にとっては。

もし、あなたが、医療従事者であれ、クライアントの代理人であれ、法的、専門性を必要とする何らかの仕事に就いているのであれば、Windows 10を使うべきではありません。たとえ、ホームユースのパソコンであれ。

ひとたびWindows 10をインストールしてしまえば、マイクロソフトにあなたの電子メールを読み、あなたの居場所と活動を記録し、あなたの閲覧履歴とあなたがどんなプログラムとアプリケーションを使っているかを記録させることにおいて、あなたが同意したことになってしまうのです。

これらを“信頼するに足る”関係者と共有する許可を与えるエンドユーザー・ライセンス契約に、そのように書かれてあるのです。

“信用するに足る”関係者が誰であるかは明示されていませんが、それはマイクロソフトの御仲間である、ということです。

もちろん、マイクロソフトの言う“信用するに足る”相手の中には、「善意に基づくすべての法執行機関」が入っています。
こうした機関や組織に、あなたのコンテンツの中身を掘り起こすことを許可する、と、普段、ほとんど説明書を読まないあなたが同意してしまうのです。

もちろん、エンドユーザー・ライセンス契約に同意するということは、マイクロソフトが、画像や文書などのデータが添付されたあなたの個人的な電子メールの中身を、あれこれ、ほじくり返すことに許可を与えるということです。

一般のユーザーが、マイクロソフトのこのセッティングを無効にする方法はありません。

あなたが、※グループ・ポリシーのセッティングに精通していて、上位の階層にあるコマンド・プロンプトを使ってコンピュータのレジストリを編集しない限り、マイクロソフトのデータマイニング・ソフト(膨大に蓄積されたデータを一定の要件に沿って発掘する)を無効にする方法はないのです。

(注:グループ ポリシー・エディターを起動して、グループ・ポリシーを編集する方法がネット上にありますが、専門的なので、一般の人は弄らない方がいいでしょう)

もし、あなたがプロ・バージョンを持っていないなら、gpedit(Windowsの管理用に用意されている機能「ローカル・グループ・ポリシー・エディター」の中身)にアクセスすることさえできないのです。

つまり、あなただけでは、あらかじめインストールされているWindows 10という強力なスパイウェアを完全に無効にすることはできないのです。

「そんなこと、あるはずがない」、「まったく信じられない」というのであれば、マイクロソフトのプライバシーポリシーからの直接的な引用を読んでください。以下、要点の抜粋です。

・・・最終的に、わたしたち(マイクロソフト)は、「個人データ」にアクセスし、(場合によっては)それを公開し、それを保存するかもしれません。

ここで言う「個人データ」とは、あなたのコンテンツ(あなたの電子メール、その他の個人的な通信の内容、あるいは個人のフォルダーの中にあるファイルのようなコンテンツを指す)が含まれています。

わたしたち(マイクロソフト)が、そのようにすることが必要であると「善意に基づく確信」に照らして、それが正しいと判断した場合には、そうします。

「善意に基づく確信」とは、以下のような場合である。

1)準拠法に従い、確実な根拠のある法的プロセス(法の執行権を持っている他の政府機関を含む)に応じるため。

2)わたしたち(マイクロソフト)の顧客を保護する場合。
たとえば、ユーザーからサービスを騙し取ろうとするスパムを妨げ、ユーザーに損害や重大な危害を与えないよう防止するため。

3)わたしたち(マイクロソフト)が提供するサービスのセキュリティーを運営・維持するため。
それは、当方のコンピュータ・システムやネットワークへの攻撃を阻止したり止めたりする場合も含む。

4)わたしたち(マイクロソフト)のサービスの利用を統括している用語の運用を含む権利と資産を保護する場合。
しかし、何者かがマイクロソフトの知的・物的資産を盗用し、それを商用利用している情報をわたしたち(マイクロソフト)が得た場合、私たちは、自らカスタマーの個人的なコンテンツを検閲しない代わりに、法的執行機関にその問題を差し出すことになる。

その上、Windows 10がインストールされているすべてのコンピュータをリアルタイムでモニターできる「アシモフ(Asimov)」という新しい遠隔モニタリングシステムまであるのです。

もし、あなたがWindows 10を使用することに同意すれば(それは、インストールするときに自動的に承諾したことになる)、あなたは、マイクロソフトが、いついかなる時、いかなる理由であれ、あなたのコンピュータをモニターすることに同意することになるのです。

それは、マイクロソフトが、“信頼できるパートナーたち”とともに寄せ集めたデータを共有するためなのです。
しかし、あなたは、それらの“パートナー”の正体を知ることはできないのです。

いくら巨大とはいえ、一介の民間企業に過ぎないマイクロソフトが、まるで警察のように、あなたを監視する、と感じた人も多いでしょう。

平たく言えば、みんなが安心してWindows 10を使うことができるように、違反者を発見した場合は、警察に届けることもありますよ、と言っているのです。この場合の“信頼できるパートナーたち”は、警察であり、公安であることでしょう。

LinuxにするかWindows7のまま使い続けるか、Mac OSもいいかも

マイクロソフトは、法の執行権を持った機関に、今このとき、リアルタイムであなたがやっていることにアクセスさせるかもしれません。それはあなたのウェブカメラへのアクセスが含まれる場合があります。

こうしたことを技術的になんとか止めたい考えている人のために、マイクロソフトの“覗き見システム”を部分的に無効にする方法について概説している記事がレディット(reddit)に投稿されています。

しかし、一時はマイクロソフトの“覗き見システム”を無効にできたとしても、今後、Windows 10の最新版が出てきて自動更新された場合、このシステムが再び動き出さないという保証はありません。

また、マイクロソフトのOSに組み込まれたバックドアが、政府機関やハッカーに自由にアクセスされないという保証もないのです。

ウィンドウズを使用することによって、ユーザーは、ウィンドウズのプライバシー・ポリシーに同意するよう求められることになります。
ユーザーは、上記の囲みの断り書きに同意するよう求められるのです。

それが、あなたのクライアント(依頼人、得意先)に関する秘密の情報が入っているあなたの個人的なファイルが、最終的に他の誰かの手に渡ってしまった場合、すでに、windows 10の使用許諾契約書に同意しているわけですから、最悪、あなたは告訴される可能性だってあるのです。

しかし、これは、マイクロソフトのせいではありません。彼らは、ちゃんと前もって、断り書きを添えているのです。
それを読む、読まないはユーザーの自由ですが、責任は取らなければならないのです。

ネット・ユーザーの大半が、法的には怠慢(無頓着で、自分のことなのに最低限の法律を勉強しない)である以上で、マイクロソフトが、あなたや、あなたのクライアントの秘密のデータを確保することは確実なことです。

繰り返しますが、すでにWindows 10が搭載されているパソコンを使用している時点で、あなたは、マイクロソフトに対して、あなたを通してスパイしてもよいことに同意してしまったのです。

私は全くおびえています。
私はレジストリを探究して、少なくとも部分的に予めインストールされたスパイウェアを削除する方法を知っている数少ない人間の1人であるにもかかわらず。

さまざまな企業がWindows 10のいかがわしさに気が付いて、大騒ぎをし始めることを期待しています。
それは、マイクロソフトにとって、地獄を見ることになるかもしれません。大企業からの多くの訴訟に、コンピュータの巨人といえども、立ち向かうことができないからです。


もし、あなたがアップルで働ているなら、今こそ、マイクロソフトの企業秘密と彼らの顧客のデータを保護すると約束することによって、マイクロソフトの事業のすべてを盗むときなのかもしれません。
それによって、マイクロソフトも立場を変えざるを得なくなるでしょう。

つまり、マイクロソフトが人のパソコンに侵入してデータを盗んでも、そのデータがアップルの優秀な技術者に簡単に盗まれてしまうのであれば、マイクロソフトへのユーザーの信頼は一気に崩れるだけでなく、今度は逆の立場となって、犯罪者として告訴されうるからです。

そうした事態になるまで、私はLinuxに乗り換えてWindowsは使わないでしょう。そして、みなさんにも、そうすることを提案します。

LinuxというOSをインストールする簡単な方法がいくつあります。
Ubuntu、DebianとLinuxミントが、すぐに思い浮かびます。WINEもそうです。
あなたは、いずれにしろLinux上でウインドウ・アプリケーションのほぼ全てを走らせることができます。

Windows 10で分かったように、これがマイクロソフトがプライバシーを取り扱う方法であるというなら、私は、そのまま何もしないで彼らに監視されるつもりなどありません。

【追記】:
多くの方から何回か質問を受けていますので、お答えしたいと思います。

「マイクロソフトのウェブサイトについてのプライバシー記述(声明)は、Windows 10を使用することに、どんな関係がありますか?」
「合意を認可することは、Windows 10の一部です:」

3)プライバシー:

データの使用に同意してください。
あなたのプライバシーは、わたしたち(マイクロソフト)にとって重要です。

これらの機能を使用する時、このソフトウェア(Windows 10)の機能のいくつかは、情報の送受信を行います。
これらの機能の多くは、ユーザー・インターフェイスでスイッチを切ることができます。

あるいは、それらを使用しないという選択をすることもできます。

マイクロソフトのプライバシーに関する注意書き(aka.ms/privacy)でご説明差し上げ、ソフトウェア(Windows 10)の機能に関連するユーザー・インターフェースにおいてご説明差し上げているように、この契約(Windows 10を使用するということ)に同意し、ソフトウェアを使用することで、あなたはマイクロソフトが、(あなたの)情報を収集し、それを使用し、その情報を(場合によっては)開示することに同意したことになります。

マイクロソフトのプライバシー取扱いに関する記述は、あなたがパソコンで行うすべての行為にあてはまります。

あなたはWindows 10のライセンス条項をここで読むことができます。
《英語版》
http://www.microsoft.com/en-us/Useterms/Retail/Windows/10/UseTerms_Retail_Windows_10_English.htm
《日本語版》
http://www.microsoft.com/en-us/Useterms/Retail/Windows/10/UseTerms_Retail_Windows_10_japanese.htm


自治体や大学などの公共機関や公的機関が、「【注意】 Windows10 をインストールしないで下さい」という警告文を出すのは、当然のことです。

【ここまでの参考記事】
Windows 10 Spyware..? No but It Wants User Data!
Windows 10 comes with built-in spyware. If your work requires confidentiality, DO NOT INSTALL.

反日だぁー、左翼だぁーと、バカの一つ覚えのネット右翼や成り済まし右翼(その実は極左)たちが最初の犠牲者となる

ついでに、あと少しだけ書いておきます。

ごく近い将来、これが、マイナンバー制(住所・氏名・年齢、顔写真、電話、クレジット、購買履歴、銀行預金、光熱費、給与、税金、年金、資格、持病 、医療情報、ワクチン接種歴などなど)と相乗りし、やがては世界政府の人工知能ネットワークに接続されるでしょう。

それだけでなく、ツイッターやフェイスブックなどのSNS(CIAが個人情報を収集するために開発した)から始まって、高速道路の全ETC化の流れ、スマート高速道路化と、これと連動する車の自動運転システム・・・あなたは、世界のどこにいても人工知能に捕獲されるのです。

それだけではありません。あなたが発したアウトプット(ネットの書き込み、電子メール、サイトの閲覧履歴、ネット購入履歴などなど)のすべてが記録され、あなたという人格のアウトラインから、「社会的適合性(奴隷にいかに適しているか)」、「社会的不適合性(政府にどの程度批判的か)」などを段階ごとに区分されるのです。

あなたは、アメリカ人のようにメインコアに入れられてしまうかも知れません。
つまり、潜在的なテロリストとして区分されていることさえ知らない、ということです。

だから、天津市や山東省、河南省鄭州市と江蘇省蘇州市の化学工場で次々と爆発が起こり、相模原市にある米軍補給廠の爆発・炎上“事故”のようなやテ〇は、これからも起こるでしょう。それも、世界的な広がりを持って。

そのたびに、市民は監視カメラの設置を訴え、次第にWindows 10によるあなたのアウトプット(それは法的にあなたの財産の一部である)の窃盗さえ認めるようになるのです。

これを回避する方法・・・簡単です。
使わなければいいのです。

あるいは、大問題となるまでLinuxに乗り換えるとか。

そして、こんな横暴を許さないことです。
また、法律に今まで以上に関心を持つことです。それには、法律の概念を理解することが大切です。

何も個人情報ぐらいで、こんなに目くじらを立てるなんて・・・と思う人もいるでしょう。
その人は白痴です。無知こそが、将来、多くの人々を殺すことになります。それは、個人情報を垂れ流すことによって起こります。

分からない人には、いかんともしがたいのですが、少なくとも、あなたの一挙一動を捕獲されるようになるまで、時間を引き延ばすべきです。
それには、あなたのプライバシーを徹底して晒さないことです。

私は、みなさんを失望させるために書いているのではありません。このまま何もしなければ、未来がどんなに過酷な世界になるのかが見えているから書いているのです。

しかし、これを進めようとしている安倍晋三と彼が任命した白痴閣僚を含む、まだ左翼だの右翼だの弁証法の罠に嵌められているようなバカッターたちはもう手遅れですから、思う存分、残りの人生を謳歌してください。ただし、それは短いでしょう。

【参考】
・ビルダーバーグで人工知能とマイクロチップが話し合われた
・人工知能独裁者、666、人造エイリアン、サイボーグ・・・




関連記事
       
NEXT Entry
買春、セクハラ、SM変態、公費ネコババ犯罪議員の養成所
NEW Topics
中国とロシアは膨大なゴールドを背景に米ドルを崩壊させる
なぜ国連と日米同盟は北朝鮮の核開発を放置してきたのか
証人喚問を賭けた安倍昭恵の「逃げ切り」応援演説・山口4区
小池「ベーシックインカム」奴隷制度に狂喜する乞食日本人
サルの選挙-「親ワシントン」ありきの単なるカラ騒ぎ
ラスベガス事件→銃規制→経済崩壊→FEMA
金(ゴールド)で中央銀行の通貨詐欺の外側に避難する
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム④
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム③
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム②
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム①
ビットコインの価値は(金)ゴールド並かゼロか
イーサリアムの米ドルトークンはビジネスの業態を変える
仮想通貨の下落は、暗号世界における対北朝鮮の経済制裁
ロシア最強の暗号通貨とブテリンのICOバブル警告
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク9-未来世界
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top