カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   NWO  »  ISISは何度も蘇生措置を施されて生きながらえる
       
mag20151129-2.jpg

今年の2月に、「テロ予告「2月11日までにエジプトから出ていけ、さもなくば・・・」という予言的な記事を書きました。

トルコのテレビ・チャンネル「ラビア(
Channel Rabia)」が、今年1月31日、ムスリム同胞団と密接なつながりを持つもっとも狂暴な陰謀組織の声明を放送したことから、エルドアンのトルコ政府が、ムスリム同胞団とネットワークでつながっていることが露呈されたのです。

トルコのエルドアン・ファミリーはISISを養い、ISISに養ってもらう

・・・フランスのパリで起きた、シャルリー・エブド襲撃事件も、同じくパリのバタクラン劇場を始めとする同時多発爆破事件も、トルコの首都アンカラで100人以上が死亡した連続爆破事件も、テロではなく「attack(攻撃)」です。

・・・パリで起きた二つの「アタック」は、それぞれ、アルカイダ系イスラム過激派とISISが犯行声明を出していますが、アンカラの連続爆破事件では犯行声明は出されていません。

パリとアンカラも、同じグラディオ作戦(権力者が国民に真相を隠すために、自国民を犠牲にする偽旗作戦)には違いないのですが、アンカラの場合は、少し事情が異なります。

アンカラ連続爆破事件の犯行声明がISISから出された場合、エルドアンはISISを攻撃しなければならなくなります。

エルドアンがISISへの宣戦布告をしないのであれば、かねてから噂のあったエルドアンの息子が、ISISといっしょになって、シリアから奪取した石油を売りさばくビジネスを展開していることが白日の下に晒されてしまうからです。

ロシアの報道機関・スプートニクは、その確証が得られたとのことで、「トルコのエルドアン大統領の息子の石油ビジネスにおける個人的利害についての情報も入手している」と、昨日、ロシア政府の公式見解として報じました。

さらに、英紙ガーディアンでさえ、「トルコとISISによる石油ビジネス」について書いているのです。

この事実は、先月末配信のメルマガ臨時増刊号【Vol.005】で、すでに報告しています。
それだけではなく、エルドアンの娘が、負傷したテロリストの傷の手当てをする病院を運営していることも判明しています。当然、娘の病院の上得意は、ISISを始めとするイスラム武装勢力の戦闘員であるはずです。

エルドアン・ファミリーのビジネスは、ISISによって成り立っているのです。彼らは、カネの臭いに敏感です。

ISISというモンスターを生成したのはアメリカとイスラエル。以後、せっせと餌を与え、手塩にかけて育て上げてきたのが、サウジ、カタール、トルコです。
英紙インディペンデントが報じたように、英国は、武器とトラックや4WD車などをISISに提供しています。それは今も続けられています。

フランスも英国と同様、武器を提供しています。

ISISは、東に移動するために生き残るだろう

さて、再びパリの同時多発的「アタック」の話題に戻りましょう。

タイのバンコクに活動拠点を置いている地政学リサーチャー、トニー・カータルッチは、1月7日、シャルリー・エブド襲撃事件が起きたとき、「次のアタックが同じパリ市内で起こることを警告していました。(この詳細な記事は11月14日のアップですが、それ以前に「予言」していた)

パリの中心街で130人以上を殺害し、数百人の負傷者を出した前例のない攻撃を行ったムスリムの成り済まし戦闘員たちは、このアタックが行われる前から、フランスの警備当局によく知られた存在でした。

英国メディアのデーリー・メールは、このように報じています。

パリ・アタック実行犯の一人は、フランス当局に知られている若いフランス人と同定された。別の二人は、シリアとエジプトのパスポートを保持していた。

ローカルメディアの報道によれば、パリでの同時多発アタックに関係している犯人の1人は、パリジャンであると公式に特定された。

バタクランで死亡したその男は、指紋の照合から
パリ郊外の貧困地域クールクーロンヌの出身であるということである。

フランスの報道では、30歳くらいのその男は、今回のテロ事件の前から、フランスの対テロリスト対策当局に、すで知られていたということである。

パリ同時多発攻撃の実行犯の1人、オマル・イスマイル・モステファイ容疑者(29)について、トルコ情報部は「潜在的なテロ容疑者」との情報を事前に掴んでおり、昨年と今年の2回、フランス側に伝えていましたが、どういうわけか、二度ともフランス側が対応しなかったことが判明しました。

アル・ジャジーラは、これをトルコのエルドアンの写真を出して報じていますが、アル・ジャジーラが意図的な錯誤を誘発させようとしているのかどうかは分かりませんが、エルドアンは、むしろ隠蔽する側の人間です。

フランス警察は、「彼らが、いつか重大な事件を起こすであろう」ことを認識していながらこれを放置し、アタッカーたちがパリ市内で自由に行動できるような環境をととのえたのです。

パリの同時多発爆弾攻撃は、ボストン・マラソン爆破テロと同じ構造を持っています。

・・・フランス軍は、“ささやかな”連続空爆の後で、「ISISは、ほぼ地上から消え去った」と言うでしょう。
それは、ISISの残党をロシアから守るためであって、彼らにさらに東へ向かわせるためです。

そう、ISISはロシアに向かうのです。

(※以上、要点のみです。全文はメルマガで)


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png




関連記事
       
NEXT Entry
ロシアはトルコ国境を空爆して第三次世界大戦を阻止する
NEW Topics
「中央銀行の仮想通貨から、うまく逃げおおせろ!」
乗っ取られたワシントンと日本の「ディープ・ステート化」
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(2,3)
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top