カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  「まさに『ゲスの極み』。」自民党のゲスな女性議員二人
       
20160122-2.jpg

自民党のゲスな女性国会議員の話。
山東昭子、三原じゅん子、『ゲスの極み』。二人。

自民党のゴッドばあちゃん、山東昭子が、甘利明を切り捨てた!

自民党のゲスな女性国会議員2人の話。
まずは、産経新聞の記事・・・「ゲスな新聞の記事など、いちいち取り上げるな」って?

いやいや、それが皮肉を込めた奇妙な小技を使っていて、意味深なのだ。
今回は、産経新聞に「ゲス大賞」を上げたい。

逮捕確定の犯罪者・甘利明のようなゲスの正体がバレたとき、産経が、いつも出してくるのは、すでに化石化しているものとばかり思っていた自民党・参議院議員の山東昭子だ。

この人に、政策論争をさせると何を言っているのか意味不明であることは多くの国民が感じていることだろう。

しかし、そんな山東が輝くのは、その姉御ぶりを発揮する時だ。
彼女は、「甘利氏疑惑 “まさに『ゲスの極み』。業者”と両成敗」にしろ、と主張している。

甘利明事務所のゲスっぷりを暴露した週刊文春と実名告発者I.T氏も、甘利明と同じく『ゲスの極み』。だと言っているのだ。

つまり、山東昭子は、甘利明と彼の事務所スタッフのゲスな犯罪の事実を認めているのである。めでたく、山東ゴッドばあさんに『ゲスの極み』。と太鼓判を押された甘利明。

確かに、実名告発者I.T氏のほうとて、業界のトラブルを政治家に持ち込んで解決させる、いわゆるケツ持ちと言われる人間とのことだが、だからこそ、余計に筋が悪いスキャンダルなのだ。

案の定、妄想狂のジイサンブロガーたちが、「甘利明の失脚工作を仕掛けたのはCIAに違いない」と言い出しているが、彼らの利害関係を知らないからこういう妄想を平気で書く。

こうした馬鹿なジイサンたちがCIAを持ち出すと、TPPを推進して日本を叩き売る甘利明のような悪党でさえ、たちまちにうちに善人になってしまうから不思議だ。

ジイサンたちこそが、団塊の世代の生存競争の恐怖から逃れらない犠牲者なのだ。だから、条件反射的に、すぐに被害妄想になる。

第一、CIAならこんな稚拙な、誰でも、すぐにそれと分かるような方法でさばくことはない。

ジャーナリスト同盟のこの見立てが正しい。
「自民党の元福田派のベテラン秘書は『安倍の発言は嘘と出まかせばかり。それを支持する自民党は、ぶっ壊すしかない』と昨日、電話をしてきた。筆者も同感である」。

ただし、福田派が中心になって、やっているのではない。「あの人」だよ。思わせぶりではない。そんなこと書くわけないだろ。

この件は、気弱な甘利では、さばききれないだろう。この裏には、真の右翼の本気度を感じる。彼らを使える人、ということだ。まあ、愛国者ではある。

問題なのは、どこまで行っても奴隷は奴隷だということ。

「甘利大臣が辞任したら、TPPについて国民に説明できる人がいなくなっちゃう」とお嘆きの諸兄。
では訊きたい、彼が今まで、ただの一度でも、その中身について国民に説明しようとしたことがあるか?

それどころか、「基本合意」や「大筋合意」という捏造語を使って、あたかも反TPP派が抵抗しても無駄だ、といわんばかり。

この国では、いったん寝た奴隷国民は二度と起きない。

安倍君を応援している半島系(私は紳士だから、無暗に統一とか創価とは書かないが)の似非右翼たちも、近いうちに正体が暴かれるぞ。大丈夫かぁ・・・お前たちこそが日本を破壊する極左だということが。

やがて本当の保守が出て来る。御愁傷さま。

自民党のゴッドばあさん、山東昭子は、そんな甘利明に助け舟を出したのだ。「もういいよ。ごくろうさん。健康のほうが大切よ」と。

ひょっとしたら、山東は勘付いているのかも知れない。

さて、本題は、そうではない。

山東昭子が『ゲスの極み』。であるのは、内部告発者も成敗しろ!と言っている点だ。

自民党政権時代(もっとも、ずーっとそうだが)の2001年。雪印牛肉偽装事件が起こった。

ことは、その前年に発生した雪印乳業(現:雪印メグミルク)で発生した雪印集団食中毒事件に端を発する。
おそらく多くの人が「あの事件か」と思い出すシーンは、これだろう。


この事件をきっかけに「雪印」のブランドは崩壊。経営難のところに舞い込んだのが世界的なBSE(狂牛病)問題だった。

これを受け実施された国の国産牛肉買い取り事業を悪用し、雪印食品関西ミートセンター(兵庫県伊丹市)が、当時、危険視されていた外国産の牛肉を、国産牛肉と偽って加工肉の中に詰め込み、農林水産省に買い取り費用を不正請求した、という事件。

安い原価で製造コストを下げて、同じ価格で売り、経営を立て直そうとしたが、冷蔵会社・西宮冷蔵がこれを良しとせず、内部告発を行ったため、雪印食品は解散に追い込まれた。

このとき、消費者は西宮冷蔵の勇気を称え、自民党は支持率をあげようと、すかさず内部告発者を保護するための「公益通報者保護法」を通過させ、2004年に公布された。

その自民党の会派を結成するまでのし上がった、もはや女性長老とも言うべき見識のある(はずの)お方が、内部告発者を『ゲスの極み』。呼ばわりしているのである。
これは、自分たちがつくった法律に背く行為ではないのか。

週刊文春特別取材チームが、特定の意図を持って暴露記事を掲載したことなど当然のことだ。
問題は、それが税金を払っている有権者にとって、どれほどの公益性があるかどうかであって、勝手に、『ゲスの極み』。の老害女性議員が言ってよいことではない。

支持率を上げるためには内部告発者でさえ利用し、反対に自民党に不利になる内部告発を行った人には『ゲスの極み』。と言うのである。

これでは、安倍晋三が、拉致被害者を利用して首相にまでのし上がったカラクリを告発した蓮池透氏の著書『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』を封殺しようとしている安倍の閣僚たちと同じではないか。

私は、この本を読んだが、拉致被害者を北朝鮮に返さないように強行に反対したのは、安倍晋三ではなく、蓮池透氏だった。蓮池透氏が動かなれば、安倍晋三は黙って5人の一時帰国者を北朝鮮に還していたのである。

蓮池氏が、嘘を書いていないことは100%明らかなことである。安倍晋三こそが真っ赤な大嘘つきなのである。彼は、随分前から精神病である。

たった一人で奮闘した蓮池透氏が、この自民党のやり方に対して「国の不作為を問い国家賠償請求訴訟を起こしますよ」と安倍晋三に迫ったとき、なんと、信じられないことに、安倍晋三は「薄ら笑いを浮かべながら」こう言い放ったという。
蓮池さん、国の不作為を立証するのは大変だよ」・・・これが、安倍晋三の底冷えのするような冷酷な顔である。

国会で、安倍晋三は「(蓮池さんは)北朝鮮に利用されている」と蓮池氏を誹謗中傷するようなことまで言い出した。

同じく、蓮池氏の著書に名前が挙げらているのが、「貴婦人のような女性」と蓮池氏が形容している拉致被害者・家族担当の内閣官房参与に任命された中山恭子だ。

側近の話では、中山恭子の実像は、「くわえたばこで、麻雀をやる単なるおばちゃん」らしい。内々では知れ渡っている話だそうだ。

この中山も、わざわざ国会で蓮池透氏を名指しで、「北朝鮮に利用されている」と個人攻撃している。これは法的に名誉棄損に値する。
これが「貴婦人のような女性」中山恭子の本性だ。

こんなことを国会で取り上げれば、それこそ北朝鮮に、日本の国会が脆弱であることを知らしめてしまうだろうに。

つまり、支持率が少しでも下がることは、芽が出たうちに潰してしまえ!というのが自民党議員の『ゲスの極み』。ということだ。

蓮池透氏の著書『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』には、自民党の議員だけでなく、民主党の議員、複数の外務官僚、老害ジャーナリストの田原総一郎など、多数の関係者の実像が描かれている。特定の政党の国会議員の怠惰を批難してはいない。

蓮池氏をはじめ、拉致被害者を一刻も早く取り戻してほしいと願う被害者家族にとっては、政党がどこだろうが関係ないことだ。
それに過剰に反応したのが安倍晋三と、“くわえたばこの貴婦人”中山恭子だ。彼らの態度は典型的な『ゲスの極み』。というところだな。

異常な粘着性と、自分を批難する人間は女子供でさえをゆるさない冷酷な復讐心を持つ精神異常者の総理大臣は、これで拉致被害者を支持率アップに使えなくなってしまったから、少しずつ見捨てていくだろう。

今度は、国民が本気で取り戻そうとしないと、福島の子供たちのように北朝鮮拉致被害者も見捨てられることになる。それが、『ゲスの極み』。政党、自民党の真骨頂だ。

産経新聞の記事の結びに、こうある。
「甘利氏は昨年5月の記者会見で、人気ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のヒット曲「私以外私じゃないの」の替え歌を披露したことがある」。

産経も、甘利を切った、ということだ。

国会議員の終わりが近づく『ゲスの極み』。三原じゅん子の悲哀

「参議院選挙まであと半年と言うのに、私だけ未だ公認を頂けていません。ツラい、、、です」

こうした記事をブログに書くこと自体、国会議員として失格だ。彼女は、それさえ理解できない。

ツラい、、、というのは、三原じゅん子の言うことを信じて子宮頸がんワクチンを打ったために、副反応に苦しんでいる子供たち、隙間風の入り込む寒い部屋で暮らす被災者たち、炊き出しで命をつなぐ失業者たちだろう。

それよりなにより、自分が「ツラい」とは、なんという『ゲスの極み』。

週刊文春2016年1月21日号『THIS WEEK 政治』の描き方が面白い
「三原氏は1月5日付のブログにこう書き込み、自らの境遇を嘆いた」・・・昭和枯れすすきだなぁ(しょぼん)

八紘一宇」など耳慣れない言葉を、誰かから教えられたのはいいが、その意味も分かっていないのに、国会で無暗に出すから、自分の不見識を露呈してしまった。

自民党・大奥出世物語を突き進むためには、「会心の無恥」を晒そうとも、徹底して自民党の有力者に、かしずかなければならないのだ。

まずは、こんな馬鹿な“先生”と決別することが先決だ。
政権をはじめ、原発推進派が「電気が足りないから」といって、深夜テレビの放送を自粛させるわけがない。国民を24時間、洗脳状態にしておかなければならないからだ。

だから、武田鉄矢など、津川雅彦同様、権力におもねるただの『ゲスの極み』。なのだ。

まずは、三原じゅん子は、多国籍製薬企業・ユダヤ医療の構造と闇を理解することだ。いまだ、子宮頸がんワクチンを勧めているようでは、国会議員どころか、人としての将来もなくなってしまうだろう。どうであれ、彼女の人生の絶頂期は、これで終わったのだ。

公認を得るためなら、なんだってやる、という『ゲスの極み』。たちは、今日も意気軒高だ。

あ~あ、ゲスな記事、書いちゃったな。『ゲスの極み』。に感応しちゃったようで。




関連記事
       
NEXT Entry
自民党・松村3500万円でも、甘利明の1200万円には負ける
NEW Topics
買ってはいけない!住宅バブルと東京五輪後の無残(国内編)
買ってはいけない!いよいよ不動産バブル崩壊(海外編)
ドット・フランク法の「罠」と連邦準備制度理事会(FRB)の閉鎖
朝鮮カルトのお告げによって晋三君が「抜き打ち解散」か
「日本会議の安倍政権を倒せ!」とキッシンジャーが・・本当?
クリスマスの憂鬱ー国連とバチカンの計画を阻止できるのか
殺人内閣などを頼らず、アプリなどで地震・津波避難対策を
第二・プールの冷却再開ー東北・関東の親はバカなのか!
津波高さ予想引上げ!福島第二の3号機プールで冷却停止
福島県沖で午前5時59分、震度5弱(今のところ)発生!!
HAARPの新バージョンと相次ぐ石油・石炭からの投資撤退
地球温暖化詐欺「パリ協定」からのアメリカの脱退と米ロ同盟
まだトランプ批判を続けているサル以下の日本のマスコミ人
自民党の政策は国民からナレッジ取り上げようとしている
ヒラリー逃亡、9.11の真犯人、メディアに侵入しているスパイ
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top