カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  自民党・松村3500万円でも、甘利明の1200万円には負ける
       
まだ足りないぞ。

自民松村氏を寄付不記載で告発 3500万円、熊本地検に

2010年の参院選で自民党の松村祥史参院議員(熊本選挙区)が、自身が代表の政党支部から計3500万円の寄付を受けたと県選挙管理委員会に届けていたのに、政党支部の政治資金収支報告書に寄付の記載がないことが21日、分かった。

市民団体「政治資金オンブズマン」(大阪市)は「報告書への記載義務に違反している」として、政治資金規正法違反(不記載)などの疑いで同日、熊本地検に告発状を送付した。

松村氏の事務所は取材に「当時の秘書が辞めており、現時点でコメントできない。指摘の点を調べる」と回答した。

松村氏は04年参院選で初当選し、経済産業政務官を務めた。(共同 2016年1月21日)

誰だ、自民党の松村祥史って。知らん。

3500万円たって、こんな小者では役に立たないぞ。

あと自民党の議員10人の首を差し出せ。駒はいくらでもいるだろうが。自民党の議員、全員が法律を犯している犯罪者なんだから。
そうすれば、甘利は救われるかも。そんなことないが。



関連記事
       
NEXT Entry
日本会議に忍び寄る秘密結社ネットワークの影
NEW Topics
2017年は、人々のふるい落としが始まる年
2017年はメガ危機の年/14~20日は大規模抗議活動が展開
楽観的な6千万人の国民を選ぶ超悲観的な凶悪政党の面々
1月15日から20日に起こる出来事が世界の運命を決定づける
1月15日オバマがイスラエルに仕掛けるハルマゲドンの陰謀
トランプの対中政策とシオニスト・ユダヤ・コネクション
ホワイトヘルメットはシリアの子供をプロパガンダに利用する 
安倍晋三の領土交渉失敗によって永遠に取り戻せなくなった
トランプ政権の親ロ外交とレア・アースを巡る対中国資源外交
轢き逃げ・逆走の悪質高齢ドライバーすべてに刑事責任を!
「異次元の金融緩和」の本当の狙いと金本位制
買ってはいけない!住宅バブルと東京五輪後の無残(国内編)
買ってはいけない!いよいよ不動産バブル崩壊(海外編)
ドット・フランク法の「罠」と連邦準備制度理事会(FRB)の閉鎖
朝鮮カルトのお告げによって晋三君が「抜き打ち解散」か
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top