カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   人口削減  »  小頭症薬害をジカ熱ウィルス・パニックで攪乱するWHO
       
20160206-5.jpg

人工削減(不妊化)ワクチンによる副反応を、ジカ熱パニックのせいにして逃げ切ろうとしている人口削減キャンペーンを展開している組織。

小頭症パニックは、人口削減(不妊)ワクチンの失敗を隠すもの

「ブラジルで、小頭症の赤ちゃんが4000人以上も生まれた!」・・・

この世界的な集団ヒステリーに多くの若いお母さんが引きずり込まれています。
「これには底知れない陰謀がある・・・ふむふむ」と、世界中の真相究明探偵団が、我こそはと腕を振るおうとしています。

さて、昨夜、アメリカ在住のある事情通から一通のメールが寄せられました。それをヒントに、この集団ヒステリーの謎を解いてみましょう。

ただし、ただかブログで必要以上に深入りすると、それこそ、元米陸軍情報将校、デイビット・J・ディオニシの書いた『元米陸軍情報将校が解明した真相 原爆と秘密結社』を読まないと理解不能ということになってしまうので、ここでは、上っ面をなでる程度にします。

まず、結論を先に書いておきたいと思います。

最初に火をつけたのは、4大シオニスト・ユダヤ系メディアのAP通信・・・そして、人口削減詐欺の隠蔽が始まった

これは、ブラジルの妊婦に摂取されたTdapワクチン(妊娠中の女性が、ジフテリア、破傷風や百日咳(whooping cough)などにかからないように予防するために開発されたワクチン)が原因です。

Tdapワクチンの宣伝サイトです。「妊娠とは何の関係もありません」と書かれてあります。

「百日咳が、世界のあちらこちらで広がっています。妊婦さんが百日咳にかかってしまうと、そのウィルスが胎児に感染して、あなたの赤ちゃんが小頭症になってしまう危険性があるのです。ぜひ、百日咳のかかってしまう前に予防措置を講じてくださいね」。

新聞、テレビのニュースで、こうした情報に接触したブラジルの妊婦たちは、恐ろしくなって医療機関に問い合わせます。

「残念ながら、新生児に、すぐに予防接種をすることはできません。少なくとも、2、3ヵ月はお待ちいただくことになってしまうのですが・・・」と医療機関。
「でも、妊娠中にTdapワクチンの接種を受ければ、赤ちゃんは無事ですよ」・・・

こうした医療の専門家からの回答に、ブラジルの妊婦たちは小躍りしながら自らすすんで、「生命誕生の最初のステップにあるおなかの胎児」に影響を与えるかもしれないワクチンを接種してしまったのです。

正確なところは判明していませんが、ここ最近、ブラジルで生まれた小頭症の赤ちゃんの数は4000人以上と報じられています。

1月20日頃、最初に口火を切ったメディアは、英紙ガーディアンと、パニック・プロモーターの常連であるCBCニュースのようです。
クレジットにあるように、配信元はAP通信です。

AP通信とは、ロイター、UPI、UPと、西側の4大通信社のひとつで、いわゆる(シオニスト)ユダヤ系メディアであることはご存じでしょう。

このTdapワクチンをブラジル保健省に強く薦めたは、米国と英国でした。

そして、ブラジル保健省が、それを受け入れ、妊婦たちにTdapワクチンの接種を始めてから、小頭症の赤ちゃんが突然、増えたのです。

これは、Tdapワクチンを開発した多国籍製薬企業による「事故」です。
このパニックの本当の原因は、これらの多国籍企業が、新生児が生まれにくくするために開発したTdapワクチンによる副反応です。

その失敗を隠蔽するために、多国籍企業と同じ「国境なき資本」によって運営されている欧米の企業組織メディアが仕掛けたヒステリック・キャンペーンがうまくいって、世界的な小頭症騒ぎに発展しているのです。

ずへてが、同じグループによって行われているのです。いつものウィルス騒ぎと人口削減ワクチン詐欺が、この背景にあるということです。

これには、世界支配層の人口削減計画を進める多国籍製薬企業に利害関係を持つ、いわゆる専門家、医療関係者の関与があります。
しかし、「事故」が起こってしまった今、彼らは、火消しに躍起となっています。

「どこかで見た?」

そう、「福島の劇的な甲状腺がんの発症は放射能に起因しない」と言い張っている日本の原子力ムラの御用学者、医療関係者と同じです。

彼らの源流には、このTdapワクチンの開発者に資金を提供している「同じグループ」が控えているのですから当然です。原発と製薬は人口削減という観点では、まったく同じである、ということです。

原発問題と人口削減ワクチンの両方にあるのは、タルムード思想、そう選民思想・・・裏を返せば「奴隷思想」です。

あまりにも不自然なワクチン反対派潰しの“有識者”たち

ここに、その様子をレポートした記事があります。

ただし、この記事を書いたブロガーは、「Tdapワクチンによって、小頭症の赤ちゃんが生まれてしまった」・・・こうした陰謀論を打ち消すために、いわゆる学識者たち強い主張(馬鹿げている、という)を再三にわたって取り入れています。

このブロガーが、反ワクチン主義者に対して仕掛けられているネガティブ・キャンペーンに便乗しているブロガーであることは事前に承知しておいて下さい。

以下、要点のみです。

保健衛生の専門家は、ワクチン反対派の陰謀説を「馬鹿げている」と一蹴している

保健衛生の専門家は、妊婦に投与される一般的なワクチンが、ジカ・ウィルス(Zika Virus)感染症(以下 ジカ熱)を引き起こす原因だと訴えているオーストラリアの反ワクチン接種団体の主張に対して、「科学的な根拠を欠いている、まったく馬鹿げた話だ」と一蹴しました。

「反ワクチン接種・オートストラリア(Anti Vaccination Australia)」という、約3000人ほどのフェースブック・グループのメンバーは、ジフテリアや破傷風、百日咳を予防するために妊婦に接種されているTdapワクチンが、まさに、ジカ熱が発生する数ヵ月前に、ブラジルに導入されたことは単なる偶然ではない、と主張しています。

スーパーモデルのミランダ・カーの母親テレーズ(去年、自分は典型的な ‘Day On A Plate’に自らを置いていることを世間に明らかにした有名なワクチン接種反対主義者)は、こうした主張を支持しています。

(注釈:「Day On A Plate」とは、何日の何時に何を食べたか、日々、記録してネット公開している人々。
結局、
ライフログ(LifeLog)として、自分から進んで個人情報を多国籍企業に提供している人々である、ということなのですが)

彼女は、自身のフェースブックで、「必読!! ジカ先天性異常(Zika Birth Defect)の本当の原因は、妊婦に接種されたTdapワクチン(Tdap Vaccine )である」というタイトルのTruthKing.comの記事を紹介しています。

注目してもらうために、彼女はフェースブックで以下の画像を使っています。

20160206-1.jpg

・・・しかし、カンザスからやってきたクレア・ハートリーとローラ・ハートリーの二人の少女は、ジカ熱ウィルス保有者でないにもかかわらず、二人とも小頭症になっています。
それでも、小頭症は、ジカ熱ウィルスに関係づけられています。

この2人の少女、14歳のクレアと9歳のローラの母親、グウェン・ハートリー(41歳)は、自分の娘たちに降り注がれる世間の好奇の目のために複雑な感情に襲われています。

・・・「でも、私は、この子の母親なんでしょうね」とハートリーは、下の小さな娘を抱きしめてつぶやきました。

ハートリー家には小頭症になった親族はいません。
医師は、どういう経路で小頭症の病原が彼女たちの体に侵入してしまったのか皆目見当がつかないのです。

反ワクチン接種主義者たちは、Tdapワクチンと、ジカ・ウィルスとの間の原因と影響があるように思わせたいので、ローラとクレアのこの写真を誤って使用しています。

Microcephaly Awareness Day ~ September 30, 2015 💛 #MicroSelfie #HartleyHooligans

Gwen Hartleyさん(@gwennieh)が投稿した写真 -


(注意 画像はinstagramからの呼び出しリンクです。このままコピーしたりして転載すると国際協約によって著作権法違反となって罰則規定に触れることになります)

「百日咳予防のためのTdapワクチンの接種を受ける女性が増えたからといって、ブラジルで、ジカ・ウィルスが再び猛威を振るうようになったことと関連づけるのは、いささか強引です」と、オーストラリア伝染病協会(The Australasian Society of Infectious Diseases)のチェリル・ジョーンズ(Cheryl Jones)教授は述べています。

「肝心な点は、ワクチン接種に反対している人々が抱いている懸念には、科学的根拠がないということです」と、彼女は話しています。

それで、一体全体、Tdapワクチンとは何なのか・・・なぜ、この議論が堂々巡りしているのか?

ブラジルを始め、世界中のいつくかの地域で、深刻な百日咳が蔓延している中で、米国と英国は、これから生まれて来る胎児を守るために、妊婦にこのワクチンを接種するよう勧めています。

「新生児は、すぐに予防接種を受けることができません」--「あなたは、2、3ヵ月を待たなければなりません」--そんな状態だからこそ、医者たちは、赤ちゃんが母親の胎内にいる最初の成長ステージの段階で、小頭症の発症から確実に保護したいと考えているのです。

「ブラジルでTdapワクチンの接種が受けられる医療態勢がととのった時点では、妊婦のおよそ70~80%が接種の対象となるよう登録を済ませていました。

「接種が始まってからは、百日咳に罹患する赤ちゃんは、今までの10%以下に減ったのです」と全国免疫化研究センター(The National Centre for Immunisation Research and Surveillance)の責任者でありオブザーバーのピーター・マッキンタイア(Peter McIntyre)教授は話しました。

偶然にも、米国と英国で、このワクチンが成功したことを受けて、ブラジル政府は、米国からのワクチン接種の推奨を受け入れました。

確かに、ブラジルの多くの母親にワクチン接種を受けさせる動きが起こったのは、ジカ・ウィルスが発生する直前のことでした。

「しかし、それは純然たる偶然の一致です。
時期が同じである、という理由だけで、ワクチン接種反対者たちは、小頭症が爆発的に出てきたのはTdapワクチンのせいだと言っているだけです」とマッキンタイア教授。

「そのワクチンは、何百万人もの女性に投与されました。
何千人ものワクチンの接種を受けた妊婦と、受けていない妊婦の健康状態を比較する大規模な研究がアメリカで行われました。
その研究の結果、死産や先天性異常、帝王切開(ブラジルは世界一の帝王切開国)、早産、出血といった、妊娠が順調に進んでいないケースにおいても、何ら違いがないことが分かったのです」。

マッキンタイア教授は、ジカ・ウイルスが百日咳ワクチンに起因するという考え方が、まったく「ばかげている」と一蹴します。

ビル・ゲイツ、ロックフェラー財団、ユニセフ、世界保健機関(WHO)、世界銀行・・・世界的な人口削減(不妊化)同盟

まず、人々は、ジカ熱→蚊から感染→ビル・ゲイツ(加えてロックフェラー)と連想を働かせています。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団(Bill & Melinda Gates Foundation :BMGF)の無料ワクチンで、アフリカの多くの子供たちが麻痺を発症していることは世界中のメディアで報じられています。

彼の財団は、確かに人口削減のためのワクチン接種促進プログラムを推進しています。

その財団に巨額の寄付をしたのが、投資の神様と言われている(実は)稀代のインサイダー投資家、ウォーレン・バフェットです。バフェットは、以降、医療・保険セクターに投資をシフトしました。

また、この人口削減のためのワクチン接種促進プログラムは、ロックフェラー財団ユニセフ世界保健機関(WHO)世界銀行などの“人道的で世界的に評判の高い”組織、機関とパートナーシップを築づいていることも公に知られている事実です。

これらの組織・機関のすべてをつなげているNGOが、GAVI(Global Alliance for Vaccination and Immunisation(「ワクチンと予防接種のための世界同盟」)であることも世界中の人々に隠されてはいません。

このGAVIは、パキスタンだけではなく、インド、スリランカ、ブータン、日本に向けてポリオ・ワクチンを送り込むための資金調達を担当しています。

日本でのデング熱の不可解な発生は、それを暗示しています。

ちなみに、今後、グリーンピースの日本での活動に関心を払ってください。

このロックフェラー財団と、熱烈な人口削減論者で、関係するメディアに出まくって「人口を抑制すべきだ」と訴えているCNNのテッド・ターナーから資金提供を受けて運営している環境保護を謳っている組織の本当の正体がわかるでしょう。

(詳しくは、「子供が産まれなくなる日」-世界の不妊ワクチンキャンペーン」を参照)

また、ゲイツは、ミリ単位の超小型ロボット蚊の開発に熱中しています。
(メルマガ第73号パート2「デング熱/超小型「蚊」ロボットによって、パンデミックを引き起こすことも可能」に詳述)

20160206-3.jpg

欧米の陰謀論者の中には、ビル・ゲイツが開発したロボット蚊が、ブラジルの妊婦の皮膚にウィルスを注射した、という説を唱えている人がいます。

しかし、この説は、HAARPによって人工地震を起こすという主張と同じように非現実的です。(あれは核)

陰謀真相究明ブログの主張は、物語としては楽しいのですが、大事な点を素通りしています。
それは、人間が気が付かないほど小さなロボット蚊一匹つくるのに、どれだけのコストがかかるのか、ということです。

少なくとも、ロボット蚊数千匹、いや、数万匹をつくるのに、数百億円もの資金を投入していたのでは「割が合わない」のです。成果は、4000人の先天性異常の赤ちゃんです。

それとも、ロボット蚊が毎朝、ご出勤して、十分な仕事をして再び返ってくるというのでしょうか。「ありえない」。
もっとも、要人の暗殺には使えるでしょうけれど。

そこで、今度はロボットではなく、「彼ら」の実験室で遺伝子組み換えによって生成されたGM蚊が大量に放たれて妊婦の皮膚にジカ熱ウィルスを注入したという説が有力になってきます。

第4メディアは「誰がジカ・ウィルスを所有しているのか。それは、例によってあの奴、ロックフェラーだ」と書いています。

また、アクティブ・ポストも、「2015年にGM蚊が放たれた同じ地域が、ジカ熱発生の震源地になっている」と、GM蚊によって広げられたという説を取っています。

ロックフェラーとビル・ゲイツの人口削減ワクチンは、最近では欧米の大手メディアでさえも叩いているので、むしろ彼らは痛くもかゆくもないのでしょう。世間に打たれることが、むしろ快楽にさえなっているはずです。

これについても、可能性は「ほとんどない」と言えるのですが、ここでは、人口削減を進める悪者たちをこらしめてくれるメディアの邪魔をしないでおきたいと思います。それが、ディスインフォメーションであったとしても。

さて、「Tdapワクチン・不妊陰謀説」を言い出したのは、あのジム・ストーンです。

彼は、「国家安全保省(NSA)で技官として働いていた」と自己紹介していますが、彼の顔を知っているのは、彼が出演したラジオ番組のパーソナリティーだけです。依然として、正体は分かりません。

しかし、少なくとも、これだけの大規模なパニックを引き起こすのは、単一の組織だけでは不可能です。

なにしろ、すかさず「ジカ熱 緊急事態宣言」を発したのがお馴染み国連の専門機関であるWHO(世界保健機関)だからです。「ジカ熱拡大で各国に献血制限を勧告」して久しぶりに大騒ぎしています。

さらに、WHOに続いて今度もエボラ出血熱パニックのときと同じように、CDC(疾病対策センター)が出てきて、ブラジルや中南米の国々の妊婦に、ジカ熱ウィルスに感染していないか検査を受けるよう新しい指針の策定を行っているのです。

そして、おもろしいのは、中絶賛成派の活動家や弁護士、医師らのグループが、胎児が小頭症であることが判明した場合や、妊婦がジカ熱に感染していることが分かった場合にも中絶を認めるよう最高裁に求める署名活動に着手したというのです。

このグループは2012年に無脳症胎児の中絶を認めるよう訴えを起こして勝利したとのこと。
つまり、この連中はグローバル・エリートたちがもっとも望んでいる優性思想による人類淘汰を率先してやっているのです。

安倍政権の優生思想と超党派で進めているグローバリズム」・・・この記事を、もう一度読んで下さい。背景が理解できると思います。

さて、「コロンビアからスペイン‬ に帰国した妊婦から、ジカ‬熱ウイルスが検出され、欧州ではじめて妊婦からジカ熱ウィルスが検出された」と、ロシアのスプートニクが報じています。

ロシアは、もちろん、真相を知っているでしょうけれど、欧州を混乱させたいので、そのままSNSで広げています。

そして、同じく、ロシアのスプートニクは、「米国で性交渉を通じたジカ・ウイルス感染例 初めて報告」と、米国本土の人々を恐怖させるよう煽りに煽っています。

日本は、どうか。
地球の裏側で起こっていることさと、妊婦の渡航自粛を促す程度と、冷静に?呑気?に構えているようです。むしろ、リオのオリンピックに向けて、今回のジカ熱に限らず、さまざまなウィルスに警戒しているようです。

さっそく、米国ガルベストンにあるテキサス医科大学(Texas Medical Branch)の研究者が、ジカ・ウィルスの拡大を防ぎ、その後の対応ができるワクチンの開発に着手した、ということです。

また、国際原子力機関(IAEA)が、放射線を使って蚊を不妊化する技術の移転を事業化するとのこと。

まさに、金儲けのネタは尽きず、です。

IAEAは、1959年、WHOとある協定を結んでいます。

それは、「WHOは、IAEAの合意がなければ原子力に関する健康問題について関与することができない」というものです。
つまり、WHOは放射能被曝の健康被害について発言する権限を取り上げられたのです。

人類の生存に関わる放射能問題を独占的、独善的に、そして場合によっては恣意的にさえ扱うことが許される特権的な組織、IAEAとは何でしょう。

IAEAの本部があるオーストリアのウィーンは、ニューヨーク、ジュネーブに次ぐ第三の国連都市です。そう、この組織は無国籍の組織なのです。

IAEAの参加国は、日本をはじめとして世界130ヵ国以上。年間予算3兆円以上という巨大組織です。

いったい、誰がこんな役に立たない無用の長物をこしらえたのでしょう。
それは、米国の第34代大統領ドワイト・D・アイゼンハワーの有名な演説「アトムズ・フォア・ピース」が礎になって1957年に創設されました。

IAEAはWHOと同じように、国連の一組織でありながら、WHOから放射能健康問題を完全に切り離して、核事業を自由に、そして野放図に行うために設立されたのです。

もちろん、世界の核を独占している「グループ」の利益になるように設立されたことは言うまでもありません。

そして、このドワイト・D・アイゼンハワーは、ロックフェラーが名誉会長を務める外交問題評議会(CFR)のメンバーであり、なんと、あの「ボヘミアン・グローブ」の参加メンバーでもあったのです。

そう、アイゼンハワーも、他の大統領と同様、秘密結社の高位のメンバーだったのです。要するに、悪魔崇拝者だったということです。

さて、全体像が見えてきましたか?
シンプルに書けば、こういうことです。

・研究室で開発した新種のウィルスを人口の比較的多いエリアを選定して放出する。

・人々がどの程度、パニックになるか社会工学的見地から観察しデータをとる。

・人々が予想どおりの規模のパニックを広げたと分かると、宣伝費(つまりメディアを使って扇動する電波料)も含めて綿密に全体のコスト計算と、費用対効果のシミュレーションを行う。

・同時に先行して開発していたワクチンと、さらにセットで同時開発していた予防ワクチンを、各国の厚生省や保健省に推奨する。

・そして、これらをWHOをはじめとする国連の各機関と連携して「権威づけ」を行い、御用学者たちを多用してメディアに露出させる。

実は、このモデルの全体像は、この記事にすでに書いています。

国連は、アフリカ、南米などの発展途上国で、果敢に人口削減、あるいは不妊化を促進して子供が生まれないようにする「陰のキャンペーン」を、ずっと前から展開しているのです。

この記事では、「子宮頸がんワクチンは人口削減のために開発された危険なワクチンである」と5年以上前に書いています。その他の多くの人々も、次第に関心を持ち始めてきたにもかかわらず、それでも子宮頸がんワクチンを、いまだに禁止扱いにしない日本の政府とは、いったい何か。

「彼ら」は、公明党の「松あきら」議員のような、利権に敏感な国会議員を巧妙に利用するのです。
松あきら議員の夫は、あの世界的に悪名の高い多国籍製薬企業「グラクソ・スミス・クライン」の顧問弁護士として辣腕をふるっていた男です。

いかに、松あきらという議員が身内の利益誘導に一生懸命になっていたのかが分かるでしょう。

ちなみに、グラクソ・スミス・クラインとは、ユダヤ系多国籍製薬企業です。

そうです。子宮頸がんワクチンを接種した10代の女性が、将来、子供がなかなかできないと嘆き悲しみ、仕方なく産婦人科の受診を受けると、その医師がこう言うのです。

「とても良い不妊治療薬があるのですが、民間の保険会社に加入していますか?」
なぜ、医師がそんなことを訊くのか、その女性は医師に質問するのです。

「加入していないと何か都合が悪いのでしょうか?」。
その医師は、こう答えます。
「とても高額な薬で、混合診療が適用されるので、支払いが・・・」

その女性は、無言で病院を後にするのです。

だから、マイナンバー制は、打ち砕かなければならないのです。これは混合診療と直結するのです。
だから、国民皆保険は死守しなければならないのです。本当に自分たちの恐ろしい未来が分かっているのでしょうか。

だから、TPPは絶対に批准させてはならないのです。

それは、あなただけでなく、あなたの子孫の寿命を極端に短くし、ときに孫子を死に至らしめることにさえなるかもしれないのです。
その大元の原因は、TPPの批准に賛成した、あなた自身にあるのです。

それなのに、どうして国会議員や官僚は、誰もが呆けた馬鹿のような顔をしているのでしょうか。

そもそも自民党という政党が、こうした人口削減の壮大なフレームの中に組み込まれている政党であるだけではなく、霞が関の「アメリカ絶対服従(実は、アメリカではなくNWOの奴隷になっている連中)事務方同盟」によって動かされているだけでなく、彼らが本当に悪魔に憑依されているからなのです。あなたにも見えますか?

以下のサイトは、「反ワクチン接種派を止めろ!」と言っているサイトです。人口削減ワクチンについても、原子力ムラと同じような人々がいるということです。

・これは、アメリカの経済学者、ジェフリー・サックスが「反ワクチン運動を、2分間で潰す」ビデオだそうです。
日本でも、放射線の知識がまったくない経済評論家が「放射能は怖くない」と詐欺を働いてます。
Watch Jeff Sachs destroy the anti-vaccine movement in under two minutes

・また、こうした市民運動を装ったサイトもあります。まったく日本と同じです。http://stopavn.com/

最後に「子供に“水銀”ワクチンを打ちたがる理由」も併せてお読みください。




関連記事
       
NEXT Entry
3.11前に酷似 川内原発は桜島、霧島連山のすぐ近く
NEW Topics
ビットコインの価値は(金)ゴールド並かゼロか
イーサリアムの米ドルトークンはビジネスの業態を変える
仮想通貨の下落は、暗号世界における対北朝鮮の経済制裁
ロシア最強の暗号通貨とブテリンのICOバブル警告
ヒカルの仮想株式「VALU」詐欺とユーチューブの奴隷たち
脱ドル本格化-ユーラシア新通貨システムと世界秩序②
脱ドル本格化-ユーラシア新通貨システムと世界秩序①
崩壊せまる株式市場と逆相関の金市場と仮想通貨市場
トンデモJアラートと北のミサイルに救われるサイコパス総理
米・中・露を巻き込む暗号通貨戦争と金本位・新通貨制度
今夜の報ステを見逃すな!「森友・加計の背後の“真犯人”」
FRBの利上げが仮想通貨への資金流入を加速させる
長崎の原爆投下、天草四郎の正体、異界の街・長崎
2017年後半から熱くなる朝鮮半島の有事
『カレイドスコープのメルマガ』-実質2ヵ月分無料!!
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク9-未来世界
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top