カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   NWO  »  反キリストのバアル神殿の門が4月から世界中で建設される
       
mag20160330-2.jpg
パルミラのバアル神殿の前で踊る観光客たち(画像ソース)

西側メディアにとって、シリア義勇軍がパルミラのバアル神殿を奪還したことは大きなニュースです。
それは、バアル神殿の「神」に関係しています。

4月、ニューヨークのタイムズ・スクウェアとロンドンのトラファルガー広場にバアル神殿の門が建設されることになっています。
それは、米英の新世界秩序が、ニムロドの共産主義世界に造り替えることの宣言に他ならないのです。

(※メルマガ第150号のダイジェストです)

悪魔崇拝のバアル神殿の門がNYとロンドンに建設される

今月、シリアの義勇兵たちが、シリア中央部のホムス県タドムルにあるパルミラ(Palmyra)の遺跡を、イスラム国の手から奪還した、というニュースが世界中を駆け巡りました。

日本語サイトでは、ロシアのスプートニクや、ハフィントン・ポストが何度か記事にしています。

なぜ、これが西側メディアにとって、これほどのニュースになるのでしょう。

それは、パルミラ(Palmyra)の遺跡群の中心的構造物であるバアル神殿(The Temple of Baal)に祭られている神に関係しているのです。

このバアル神殿(The Temple of Baal)・・・日本では、ベル神殿(Temple of Bel)と言う名前でも呼ばれている、紀元前131年にパルミラに建立された世界的に有名なランドマークです。

2015年8月に、この神殿は、バール・シャミン神殿とともにイスラム国によって破壊されました。

ロイターには、破壊前の神殿の姿と、破壊後の神殿の姿を比較する画像がアップされています。あるいは、BBCなどは、衛星写真で、ビフォア&アフターを比較しています。

この悪魔崇拝のバアル信仰の神殿の一部が、4月にニューヨークのタイムズ・スクウェアとロンドンのトラファルガー広場に建設されるというニュースが伝わっています。

以下、3月19日のニューヨークタイムズ

・・・バアル神崇拝の意味は、こういうことです。(万人向きではないので割愛)

今日、アメリカの秘密の場所で行われている幼児の生贄儀式や性の不道徳を考えると、タイムズ・スクエアにバアル神殿の一部が復元されることも、驚くに値しないことなのでしょうか。

バアル神殿は、ニムロド崇拝の館として使われていた

古代においては、「バアル(Baal)」と「ベル(Bel)」とは、しばしば同じ意味で使われていました。

これら二つの言葉は、古代バビロニアの神・マルドゥク(Marduk)にその起源を見出すことができます。

ベル(Bel)という名前は、特にバビロニアの神・マルドゥク(Marduk)を指す言葉として使われていた。

この言葉が、アッシリア人や新バビロニア人の名前の中に発見されたり、メソポタミアの碑文の文脈の中で言及されているときは、他のどんな神でもなく、マルドゥク(Marduk)を指し示しているものとして受け止められる。

同様に、ベリト(Belit)とは、紛れもなくベル・マルドゥクの配偶者であるザルバニトゥ(Sarpanit)のことを指している。

しかし、マルドゥクの母親(シュメール語で、ニンフルサグ(Ninhursag)、ダムキナ(Damkina)、あるいはニンマ(Ninmah)、または他の名前で呼ばれているシュメールの女神)は、しばしばアッカド語でベリト・イリ(Belit-ili)=神の女として知られている。

・・・ニムロド(Nimrod)につながる古代から伝えられている別の名前としては、このマルドゥクの他に、ニヌルタ(Ninurta)、ギルガメッシュ、オシリス、ディオニュソス、アポロ、ナルメル、そしてエンメルカル(Enmerkar)などの名前があります。

これらの名前は、すべてニムロドの別名なのです。この呼び名の多さが、人々を混乱させているのです。

・・・つまりは、バアル神殿のバアル信仰とは、古代バビロンのニムロド信仰のことである、ということなのです。

そして、実際に、古代バビロン、古代ギリシャ、古代ローマの誰でも知っている神格化された神々のすべては、ニムロドか、ニムロド伝説にたどりつくのです。

・・・タイムズ・スクエアにしても、トラファルガー広場にして、こんなものを建造するような広いスペースはまったくないのです。

しかし、本当に建造する・・・?
であれば、この背後には、とてつもなく強力な力を持った人々がいるということです。

なぜ、世界を支配してきた米英両国の中心都市のど真ん中に、こうした反キリストの不気味なシンボリズムを造るのか、その意図を訊きだし、それを世界中に知らしめるべきです。

世界中の都市で、100以上の神殿の門が建設される計画が進んでいる

・・・来月、ニューヨークとロンドンで築かれることになっているシリアのパルミラのバアル神殿(the Temple of Baal)に建っている高さ約50フィートの門は、今後、建設されることになっている多くの門のうち最初のものとなります。

なんと、世界中の都市で、100以上の神殿の門が建設される計画があるとのこと。

この計画の端緒となる組織は、デジタル考古学研究所(the Institute of Digital Archaeology)という組織です。

この研究所は、ハーバード大学、オックスフォード大学とドバイの未来博物館とのジョイント・ベンチャーから成り立っています。

ニューヨークポストの同じ記事は、デジタル考古学研究所が、世界中に設置しようとしている門は、実に1,000にも及ぶと報じているのです。

・・・しかし、このバアル神殿の門の建設計画は、最終的には、世界中の多くの都市と共有することに目的があることは確かです。

つまり、主だった世界の都市に、バアル神殿の門(悪魔崇拝のシンボリズム)が建設されて、それが、何らかの法則か、あるいは何らかの規則によってネットワークを形成するのです。

・・・考え好きだ。これは、世界支配層の悪魔崇拝の単なる道楽に過ぎない?

これは、古代の偶像崇拝とは明らかに異なっています。そう、これはそうでありません。

4月19日、ニューヨークでビーストが始動する

さて、ここまで読んできて、みなさんは、どう解釈するかです。

ニムロドは、もっとも成功した世界最古の都市国家バビロンの支配者でした。

バビロンの民はもともと草原地帯に散在する遊牧民でしたが、ニムロドは農業を発明して、彼らに農耕地を与えることによって都市の中心地周辺に定住させることに成功したのです。

実質的にバビロンを運営していたのは、オカルト秘儀に通じていた神官たちでした。
その秘儀は、支配者たちの間だけで共有され、一般の民には決して知らされることはなかったのです。

その秘儀こそが、現代の洗脳技術、マインド・コントロール技術の原初的なタイプでした。都市に人が集まり、定住しなければ洗脳は成立しません。ニムロドは、それを知っていたのです。

この洗脳技術は、古代エジプトからもたらされたものと考えられています。(参考記事)

こまでで気が付きましたか?

バビロンこそが、共産主義社会の原型だったのです。

そのバビロンの支配者ニムロドを崇拝するシンボリズムが、世界の金融を支配するアメリカと英国の中心地に建設されるのです。

つまり、アメリカも英国も、これから共産主義の社会に本格的に移行するというサジェスチョンが込められているのです。

まず、現在のアメリカは、すでに社会主義化しています。

社会主義とは、1%が99%を支配する世界のことです。

ただし、社会主義には、まだ形だけとはいえ政府が存在します。多少の民意が反映されるものの、それはコントロールされます。もちろん、洗脳とマインド・コントロールによってです。

社会主義がさらに進むと共産主義の社会になります。
そこでは、国境も文化も、当然言語もすべてが溶け合って境界がなくなるのです。宗教さえも支配者から与えられるのです。

その世界を支配するのは政府ではありません。もはや政府は共産主義の世界には存在しないのです。

1%の統治体が、彼らの「法」によって全世界を支配するのです。その「法」こそが人工知能であると私は考えています。人格を持っているのです。

なぜ、ベルギーのブリュッセルが狙われるのか・・・

それは、ベルギーには「666」という暗号名がつけられたNATOのスーパーコンピュータがあるからです。
いや、すでにそれは人工知能に置き換えられていることでしょう。

とにもかくにも、ニューヨークのタイムズ・スクウェアで、そして、ロンドンのトラファルガー広場で、(ソースとして示したいのですが、怖い画像が出てくるので気の弱い人はクリックしないでください→)ビースト(反キリスト)が始動するのは、どうも4月19日のようです

(※以上は、メルマガ第150号の一部です。全文はメルマガでお読みください)


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。 (注意:今日は31日です。)

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png




関連記事
       
NEXT Entry
「客観の顔をした主観」によって国民を騙すペテン師たち
NEW Topics
中国とロシアは膨大なゴールドを背景に米ドルを崩壊させる
なぜ国連と日米同盟は北朝鮮の核開発を放置してきたのか
証人喚問を賭けた安倍昭恵の「逃げ切り」応援演説・山口4区
小池「ベーシックインカム」奴隷制度に狂喜する乞食日本人
サルの選挙-「親ワシントン」ありきの単なるカラ騒ぎ
ラスベガス事件→銃規制→経済崩壊→FEMA
金(ゴールド)で中央銀行の通貨詐欺の外側に避難する
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム④
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム③
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム②
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム①
ビットコインの価値は(金)ゴールド並かゼロか
イーサリアムの米ドルトークンはビジネスの業態を変える
仮想通貨の下落は、暗号世界における対北朝鮮の経済制裁
ロシア最強の暗号通貨とブテリンのICOバブル警告
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク9-未来世界
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top