カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  貧困女子高生は事実だった!片山さつきのオゾマシイ卑怯
       
20160901-2.jpg

愚民ツイッタラーたちを扇動して、一(いち)私人に過ぎない、それも庇護されるべき年齢の青少年をスケープゴートにした、世にもオゾマシイ自民党の凶悪議員。この厚化粧が過去にやって来た、「一般人に対する攻撃をエサにしたB層の扇動」は、果たして何件目だろうか。

NHKの「貧困」特番は事実だった!捏造記事を掲載した腐敗ネットメディアは閉鎖するべき

片山さつきの「貧困女子高校生バッシング」について、その発端となった一つのメディアが、「NHKの報道は事実でした」と謝罪文を出した。

タイトルが、また、ふるっている。「お詫びと訂正」だ。

これでは、何に対しての「お詫びと訂正」なのか分からない。
読者は、「また、いつものバカ記者が見切り発車で記事を書いたんだろうさ」とスルーしてしまうだろう。

ちゃんと「当メディアは、NHKの回答を得ずして自民党に肩入れしたいばっかりに、嘘を書きました。女子高校生と読者のみなさんには深くお詫びします」と、明確に書かなければ、お詫びしたことにはならないだろう。

こんな姑息な真似をする「ビジネス・ジャーナル」の記事など、今後、一切信用できない。ブックマークから外しなさい。

とにかく、その「お詫びの文」とは以下だ。太字の部分に注目。

当サイトに掲載した8月25日付記事『NHK特集、「貧困の子」がネット上に高額購入品&札束の写真をアップ』における以下記述について、事実誤認であることが発覚しましたので、次のとおり訂正してお詫びします。

まず、「取材の映像でも、少女の部屋はモノで溢れており、エアコンがないと言っているにもかかわらず女子高生の部屋にはエアコンらしきものがしっかりと映っている」と報じましたが、実際には、女子高生の部屋にはエアコンはなく、取材の映像にエアコンらしきものがしっかり写っているという事実も確認できませんでした。

当該記事は外部の契約記者が執筆したものであり、NHKに取材をして回答を入手したと記述しておりましたが、実際には回答を入手しておらず、当編集部も確認を怠った責任があります。

当該記事では、「今回の疑惑に対し、NHKに問い合わせのメールをしてみたところ、『NHKとしては、厳正な取材をして、家計が苦しく生活が厳しいという 現状であることは間違いないと、担当者から報告を受けています。ですので、ネット等に関しましては、取材の範囲ではありません。但しご意見は担当者に伝え ます』との回答を得た」と報じましたが、実際には、弊社はNHKに取材しておらず、回答は架空のものでした。

弊社は、今回の記事において、何ら根拠なく
「NHKがまたやらせ問題で揺れている」「貧困は社会が抱える大きな問題だが、だからといって報道で、それを捏造してしまえばたちまち矮小化されてしまう」などと報じることで、読者に対し、あたかもNHKが「やらせ」「捏造」を行ったかのような印象を与えたことにつき、取材が十分ではありませんでした。
NHKに対し、深くおわびいたします。

また、今回の記事の掲載により、女子高校生やご家族、並びに読者の皆様に多大なるご迷惑をお掛けいたしました点についても深くおわびすると共に、他に同様の事案がないか調査し、厳正な処分を行うとともに再発防止に取り組みます。

「貧困女子高校生は貧困ではなかった。NHKのやらせ記事だった」と、100%捏造記事を書いたのは、ビジネス・ジャーナルが記事を発注したフリーライターだった。

「お詫びと訂正」の記事は、まあまあ理にかなっているが、問題の根っこは、その外部ライターの資質を見抜けないような阿呆な編集者の知的レベルであり、そんな人間を採用して、うかつにも編集部に配属したトップの不見識にもある。これは、この会社の体質なのだ。

さらに、「このまましらばっくれて刑事事件に発展するのは得策でない」と判断した経営者側の姑息さも見事だ(大笑)

なぜなら、その外部ライターとやらが、電話取材だけで、あたかも現場に行ったがごとく記事を書いている産経の記者同様(これについては証言がある)、金品を受け取っている疑いがあるからだ。

少なくとも、その外部ライターの実名と、記事を依頼した編集者の実名ぐらい公表する誠意があってもいいだろう。

女子高生の個人情報は平気で晒して危険を与えておきながら、自分たち犯罪者の指名さえ出さないというのでは、まったく性懲りのない面々ということだ。

片山さつきには、精神鑑定を受けさせるか刑事として告発されるべきである

さて、片山さつきは、どう責任を取るのか。

20160901-1.jpg

権力者が、毎度毎度、一般人を標的にして、白痴B層のご機嫌取りをする手口は、これ以上ない凶悪な犯罪である。

いったい、これで何人目だ。
なぜなら、「羽鳥慎一モーニングショー」のコメンテーターの玉川徹氏が言ったように、こうしたツイートは、最初から明確な悪意と計算がなければ、とてもではないが書くことはできないものなのだ。

これには、さすがに中立を維持しようと努力してきたネットニュースも、「片山さつきの卑怯」と書かざるを得ないだろう。

「『なんであそこまでやるのか。高校生相手にですよ』 と、神奈川県子ども家庭課の小島厚課長(55)は憤りを隠さない」と言うが、理由は簡単だ。

経済も外交も、なーんも分からない白痴の片山議員に残されたのは、「ヘイト」の暴力集団を焚き付けて、政治家としての延命を図るしかないからである。

20160901-3.jpg

片山さつきは、週刊誌の取材で「本当に困窮して3食食べられない人がどれ位いると思う? ホームレスが糖尿病になる国ですよ」とのたまったお方だ。

糖尿病が贅沢病だと思っている彼女のオツムは、昭和30年代でフリーズしたままなのだろう。

糖尿病が急増しているのは、先進国ではなく、むしろ、アジア、アフリカの発展途上国といわれている国々なのである

チェルノブイリ原発事故後、ベラルーシ全域では、1型糖尿病の数が著しく増加し、高汚染地域で特に糖尿病が増加した。

福島第一原発事故後も、糖尿病が激増している。

また、すい臓がんは世界的に増えるばかりである。「※なぜ、すい臓がんはとめられないのか」・・・
(※つまり、インスリン抵抗性=Ⅱ型糖尿病の大きな原因=は、膵臓の機能低下によって起こる)

アーネスト・スターングラス(Ernest Joachim Sternglass)という著名なアメリカの物理学者は、「大気圏での核実験とチェルノブイリから世界中に広がった放射能、特にストロンチウム90にその主な原因がある」と証言した。

スターングラス博士は、冷戦時代の核実験によって世界中に降り注がれた放射性降下物と、原発から出て来る放射性廃棄物による人体への健康被害について、広範な疫学調査を行い、米国議会の公聴会に証人としても呼ばれた学者である。

彼の研究結果によって、米・核産業は、やがて凋落の道をたどることになったのである。

第一、今の日本の医学界でさえ、「糖尿病は贅沢病ではない」というのが一般的な見解になっている。

確かに、コメンテーターの玉川徹氏が言ったように、片山さつきには明確な悪意がある。これ以上ないほど悪質で、むしろ、犯罪者と呼ぶべきである。
・・・それに、絶望的に頭が悪い。

ここまで状況判断と事実認定の能力に欠けていると常人の域とは言えない。それも、一度や二度ではないのだ。もはや、片山の精神には異常性があると認めないわけにはいかないからである。

この女性議員に精神鑑定を受けさせるか、さもなくば、被害者は弁護団をつけて、片山を告発すべきである。

これが、日本が民主主義国であると自負するのであれば、最低限、やらなければならないことなのである。

そして、最初から自民党にコントロールされている『保守速報』をはじめとする捏造・違法のコピペ・アフィリエイトの犯罪ブロガーたち、自民党の凶悪言論集団「インターネット・サポーター」のメンバーたち、そして、いつものことであるが、大元のソースを確かめもしないで、条件反射的にツイッターで「拡散、拡散」とやっている救いようのない馬鹿ども・・・
これらも同罪である。

そして、「相対的貧乏」と「絶対的貧乏」の定義は何か、くっだらないテーマをわざわざ発掘してきて議論の俎上に載せた白痴論客たちも同罪である。

しかし、さらに凶悪な存在がいる…誰だか分かるだろうか?

安倍シンパの大マスコミである。

なぜなら、同業者として、NHKがこの種の報道番組を流す場合、過去の反省から裏取りを二重にも三重にもやっていることを、安倍シンパの大マスコミは知り尽くしているはずだからだ。

それでも、「自民党の厚化粧のおばはんが、いつものようにNHKに噛みついてる。こりゃあ、見ものだわい」とばかり傍観者を決め込んでいた大マスコミの寿司トモ幹部たちである。

さらに言おう。

こんな低劣な記事など明らかに捏造であり、片山さつきという人間が、女子高校生を犠牲にしても、白痴B層の歓心を買おうと考えていることなど、ものの2、3秒で判断できなければダメだということだな。

私は、こうした事実を知らせるために、「貧困女子高生の話は事実だった」という意味の見出しを付けなければならないことを、この女子高校生にお詫びしたい。

「雨は、いつまでも降り続かない」。くじけないでほしい。





関連記事
       
NEXT Entry
柏崎刈羽原発とリニアと泉田知事、そして計画的貧困・・・
NEW Topics
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
旧ジャパンハンドラーに駆け込んで日本叩きを依頼する橋本徹
トランプ政権は「リアル・ディープ・ステート」のエピゴーネン
黒幕・麻生に恩を売るゼニゲバ維新と大阪人の絶望的な民度
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top