カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  狂気のGPS山東昭子と「過労死は情けない」の武蔵野大教授
       
20161016-1.jpg

「残業100時間超えたくらいで過労死は情けない」と書き込んだ教授の処分が検討されている、という。
しかし、この教授は現政権にとっては好都合だろう。

だから、近未来、体内に追跡用の通信機能を備えたチップが埋め込まれるかもしれないのは、この教授に恐怖を与えるような言葉で批判した「あなた」のほうかもしれないのである。


親御さんは、自分の娘を自民党の奴隷制度から無条件に守りなさい

武蔵野大学グローバル学部の長谷川秀夫教授が、今月20日、過労死白書というニュースサイトに、「(月当り)残業100時間超えたくらいで過労死は情けない」と書き込んだことから騒然とした騒ぎに発展し、その騒動を引き起こしたことで処分を検討されている、という。

20161016-2.jpg

折悪く、同教授が書き込んだ同じ日に、大手広告代理店・電通の新米女性社員が過労死によって自殺したために、この教授の見識を疑う声がネット上に殺到し大炎上を招いた。

しかし、なんとも子供じみた情けない話だ。
これが、世間知らずのいい歳をした学識経験者の救いようのない無知の典型例。

いやいや、この学者のことを言っているのではない。大学の体質それ自体のことを言っているのである。

世間は、このニュースから、ワタミの新入女性社員の自殺を思い起こしたはずである。

ワタミの創業者“Mr.ブラック企業“、こと渡邉美樹は、「1年365日24時間働け」と社員に檄を飛ばしていた、経営者というより教祖まがいの男だ。

今回の自殺した電通の女性社員は、「1日20時間とか会社にいる。本気で死んでしまいたい」とツイッターにぶちまけることで救いを求めていた。
ワタミも電通も、新自由主義のカルト集団と似ている。

この二人の死の本当の原因は「うつ」である。
二人とも、救いの手を差し伸べてくれるのを待っていたが、職場の連中や、家族が、その微妙なシグナルを見逃してしまったことが大きい。

特に、電通社員の場合は、「自分で退職願いを提出して会社を辞める」と娘が言ったことを信じてしまった。
娘は、「これ以上、自分ではできない」から、ツイッターにぶちまけたのである。

この時点で、重度の「うつ」を発症していて、突発的に命を絶ってしまう危険があったのである。

そうした場合、いくら責任感が強く、自分で決断のできる子供であっても、それを信じてはならない。

責任感が強く、能力的に優秀であるがゆえに、何でも自分で始末を付けようとする。
そして、人一倍、思いやりが深いために、親や会社、友人・・・周囲に迷惑をかけたくないと自分を追い込んでいくのである。

ところが、そう考える時点で、すでに重度の病にかってしまっている。自分でも自覚できないまま、限界を超えていたのである。

そうした場合、本人の意向を汲み取る芝居をしてでも、首根っこを摑まえてその環境から引きはがさなければならなかった。

もっとも、本人は、「自分でやろうと思ったのに、差し出がましいことを」と怒るかもしれない。
しかし、それは、プライドが高く、優秀な人間ならではポーズに過ぎない。心の中では、助けを求めているのである。

それができるのは、親友と親だけだったはず・・・周囲の無理解と無知、これが、この二人を間接的に死に追いやったのである。

これが、この病気のもっとも辛く悲惨な局面である。

死に追いやった本当の原因をつくった人々が、職場の仲間であり、上司であり、遺族なのであるから。

もし、彼女が、武蔵野大学の問題教授の書き込みを読んでいたとすれば、これが直接的な自殺のトリガーになっていたかもしれない。
この教授の無知はどうにも救いようがないとして、この程度の浅薄な人間を教授の地位に就けておく大学側の不見識に吐き気を催す。

安倍政権になってから、こうした陳腐な人間ばかりが、前面に出てくるようになった。

いずれにしても、口先だけの愛情をぶちまける軽薄な社会と、真の愛情を見失ってしまった人々によってつくられた犠牲者である。

さすがに、電通のエリート社員の自殺となると国も看過できずに、とうとう労働局が電通本社に抜き打ち調査に入った。

「折悪く」というのは、今回の自殺した電通の女性社員が東大卒の才女で、かつ世間が好きな美貌のエリート社員であったため、世間の憤怒が一気に収斂・増幅されて、その口さがない武蔵野大学の教授に向かったのである。

長谷川教授の間の悪さ、世間の風を読む能力の欠如は、それ自体が責められるべきではないが、「100時間を超えたぐらいで」が致命傷となった。

世間が、なぜ、これほど怒っているのかというと、新自由主義にひれ伏し、現政権におもねることによって国会議員の椅子を手に入れたワタミの創業者と同様、元フジテレビ・アナウンサー、長谷川某が、ブログだけでなく、司会を務めるテレビのバラエティー番組の生放送中に「人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」との暴言を吐いた同じ背景と精神的構造が、この国全体に広がっていることに危機感と覚えると同時に、恐怖を抱き始めたからである。

長谷川某の場合は、彼が理事を務めている「医信」という若手内科医グループが同じような考え方の持ち主であることから、そのいかがわしさが、すっきり露呈されたという点で分かりやすい。

というのは、この内科医グループに半ばそそのかされて、長谷川某が医療ビジネスに色気を示していたというのだから、ことの本質は、ゼニゲバでしかない情けない話。

内科医グループとて、安倍政権が導入しようとしている「見殺し医療」である混合診療からタナぼたを期待しているような輩である。

「世のため人のため」が聞いて呆れる、ということだ。

結局、国民見殺し政権に、おべっかを使うことによって個人的な利益を追求するだけの新自由主義の権化に変わりがない、ということである。

こうした新自由主義のネトウヨの成れの果てが、その側近が詐欺容疑で先日逮捕された竹田恒泰だ。ざんね~ん!

どうであれ、どんな美辞麗句を並べ立てようが、「俺だけ金儲け」の腐りきった人間どもである。

潜在的犯罪者にはGPSの埋め込みを!これはやがて国民全員に強制されるだろう


山東昭子が、とうとう自民党の正体を明らかにしてくれた。

とにかく徹底的に隠す、隠す、隠し通す・・・犯罪政党としての凶悪な体質を(そんなことをやっても、一瞬で世界中に広まっている、というのに、なんと馬鹿な老婆だろうか)、ではなく、

犯罪を主張した人物の体内にGPSをインプラントすることを、党として検討している」と公式に述べたのだ。

かねてから書いてきたように、国民奴隷監視システムの通信機能を持ったチップを、自民党のご主人様である外交問題評議会(CFR)に言われるまま、国民に実行しようとしているのである。

犯罪を犯した人間ではなく、犯罪を犯しそうな兆候が認められると政府が判断した人間に対して、チップをインプラントすることを考えている、というのである。

自民党は、すでに「人工知能で犯罪予兆を発見すること」を掲げている。
つまり、ネット上で、それらしい発言を行った人間は、過去のデータ・マイニングによって、潜在的犯罪者のレッテルを張られ、山東昭子が言うように、体内にチップを埋め込まれるかもしれない、ということである。

これで、この国の愚かな民も少しは分かっただろう。

それは、人工知能が判定するのである。

だから、無暗に暴言を吐くな、書くなと。やるなら、紳士的にマナー良く法律を守って批判しなさいよ、と警告し続けてきたのである。
すでに、ツイッター、フェイスブックでそうした実績を積んできた人々は、以後、細心の注意を払いなさい。

特に、犯罪的な書き込みが多いネトウヨは、真っ先にチップを入れられるかも。

長谷川某の「殺せ!」発言などは、チップの埋め込みどころか、そのまま逮捕レベルだしょうな。

そもそも、「犯罪を犯しそうだと、政府が勝手に認定した人間」が、実際に犯罪に至らないようにすることに、どれほどの犯罪抑止、被害者側の犯罪予防の教育的効果があるのかはっきりしない。

そんなデータなど、御用学者と自民党に莫大な政治献金を行っているメーカーが、いかようにも捏造できるのである。

山東昭子の恐ろしい形相が明らかに示していることは、「何が何でも国民にチップを入れて監視したい」ということである。

この山東昭子は、アイドルグループ「スピード」の今井絵理子を衆院選に引っ張り出して当選させた自民党の党紀委員長である。
その今井絵理子は、未成年に非合法のサービスをさせて逮捕されたフィアンセがいることで騒がれた元アイドルである。

山東昭子の言う「党紀」とは、いったい何なのだ。
これ以上のジョークを私は知らない。

アメリカでは、すでに政府に反抗的な人々の800万人に及ぶリストがある。

いまだにこの必要性について国民に説明しない自民党は、FEMA創設を公約に掲げている

自民党は、どうもマスコミにFEMAという言葉をタブーとして使わないよう圧力をかけているようであるが、実際に進められていることは、明らかに「日本版FEMA」の創設である。

チップを入れなければならないのは、むしろ日本国憲法を踏みにじってばかりいる自民党の議員すべてである。
彼らは、法的にも、れっきとした無法者たちであり、犯罪者たちである。

しかし、ダメな国民には、こんな簡単なことさえ理解できないだろうね。

武蔵野大学は学部名を変更すべき

ところで、この大学のグローバル学部とは、いったいなんだ?

この数年、本格的な少子高齢化時代への突入を控えて、多くの大学では「国際」「情報」「グローバル」と名前をつけた学部が新設されているが、果たして、そのうちの何割が、まともな学部といえるのだろうか。

もし、学生を奪い合うために、安易に「グローバル」の名前を付けているとすれば、そんな大学に行ってはならない。

そもそも、大学は研究機関であって教育機関ではない。

学者は研究にいそしんで論文を書き、半ば、その余暇活動として教育サービスを提供しているに過ぎないのである。だから、ろくに論文も書かずにテレビに出まくって日銭を稼いでいるようなタレント教授などは学者とは呼べない。

であるから、この教授が「(月当り)残業100時間超えたくらいで過労死は情けない」と本当に考えているとすれば、この学者が人の命を経済原理で観ていることの証左であって、それこそが「1%」の側に立って、世界中の人々が怒っている「99%」の奴隷層を増やすことを研究している、と受け取られても仕方がないのである。

そもそも、この大学の教授陣は、「グローバル」の意味が分かっているのだろうか。
断言するが、何も分かっていない。

武蔵野大学は、この際に、学部名を変更した方がいい。

なぜなら、「グローバル」の本当の意味を若者たちが知ったとき、誰もこんな大学に行かなくなるだろうから。





関連記事
       
NEXT Entry
クリステンセン氏「パナマ文書・講演会」の変更のお知らせ
NEW Topics
買ってはいけない!いよいよ不動産バブル崩壊(海外編)
ドット・フランク法の「罠」と連邦準備制度理事会(FRB)の閉鎖
朝鮮カルトのお告げによって晋三君が「抜き打ち解散」か
「日本会議の安倍政権を倒せ!」とキッシンジャーが・・本当?
クリスマスの憂鬱ー国連とバチカンの計画を阻止できるのか
殺人内閣などを頼らず、アプリなどで地震・津波避難対策を
第二・プールの冷却再開ー東北・関東の親はバカなのか!
津波高さ予想引上げ!福島第二の3号機プールで冷却停止
福島県沖で午前5時59分、震度5弱(今のところ)発生!!
HAARPの新バージョンと相次ぐ石油・石炭からの投資撤退
地球温暖化詐欺「パリ協定」からのアメリカの脱退と米ロ同盟
まだトランプ批判を続けているサル以下の日本のマスコミ人
自民党の政策は国民からナレッジ取り上げようとしている
ヒラリー逃亡、9.11の真犯人、メディアに侵入しているスパイ
TPPゾンビ復活の可能性と鍵を握るバーニー・サンダース
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top