カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   最後の審判  »  2017年はメガ危機の年/14~20日は大規模抗議活動が展開
       
mag201701-7.jpg

この記事は、メルマガ第190号パート1「米国の内戦危機とEU危機-2017年はメガ危機の始まりの年」の一部です。
(※全文はメルマガでお読みください)


トランプ政権の前途は、どんなアナリストも予測できない

・・・さらには、イスラエルにとっての運命の日-1月15日のパリ中東和平会議の結果いかんでは、トランプといえどもイスラエルの暴発を食い止めることはできず、ヒラリーが米国世論によって葬られた後も、第三次世界大戦の脅威と対峙しなければならないのです。

パクス・アメリカーナ」を投げ捨てるトランプとエゼキエル書38章の預言

・・・3日前、アッバス・パレスチナ自治政府議長がトランプに宛てて「米大使館を移さないよう警告書」を出しました。

1月3日のエルサレム・ポストは、「もしトランプが米国大使館をエルサレムに移すなら、大流血が起こるだろう」と恫喝にも似た記事を出しました。

・・・ファタハの中央幹部の一人であるスルタン・アブ・アル・アイナイン(Sultan Abu al-Einei)は、1月の第一週に行われたエジプトのテレビ局のインタビューで以下のように述べた。

「トランプ次期政権が、米国大使館をテルアビブからエルサレムに移すなら、これにパレスチナは激しく抵抗するだろう。
米国の傲慢とパレスチナ領土へのイスラエルの入植活動が、パレスチナのテロリストを扇動し、その暴力を誘発することになる」。

・・・ヨルダンの政府広報も、「トランプがエルサレムに米国大使館を移動させれば、レッドライン(越えてはならない一線)を越えることになる」と警告。

「もし、トランプが公約を忠実に守って、それをするなら大異変を招く結果になる。大使館の移動は、ヨルダンにとってレッドラインであり、それはイスラムとアラブの路上を火の海にしようとしている過激派への贈り物になる」と、政府報道官兼メディア担当相のムハンマド・モマニ(Mohammad al Momani)は、1月5日、アソーシエイトテッド・プレス(The Associated Press)に公式声明として語っています。

・・・この声明を重く見た西側メディアは、米国大使館のエルサレムへの移動が流血の大惨事を引き起こすと警告しています。(ニューズウィーク

トランプの生誕とイスラエル建国との間にある数字の神秘

・・・ドナルド・トランプは「7」という数字に非常に深いつながりを持っている人間です。

ドナルド・トランプは1946年6月14日に生まれました。
そして、イスラエルが独立宣言を行った日は、1948年5月14日です。

・したがって、ドナルド・トランプが生まれてから777日後、イスラエルは77日齢になった。
・ドナルド・トランプは、今年の6月14日に70歳になる。イスラエルの70回目の建国記念日は、トランプの70歳の誕生日のちょうど700日後に当たる。

・ドナルド・トランプは、2016年11月8日、大統領選に勝利した。彼は、「この日はアメリカの第二の革命の日である」と言った。
この日は、イスラエルの首相ベニヤミン・ネタニヤフが大統領職に就いた日(2009年3月31日)から7年目7ヵ月7日目に当たる日である。

・トランプがホワイトハウスに入る最初の日、つまり2017年1月21日は、70歳と7ヵ月と7日目である。ユダヤ暦変換表で確認できる。
1月20日は就任演説の日なので、本当の意味で大統領職に在職する最初の日は1月21日になる。

・天地創造から数えるユダヤ暦では、西暦2016年は5777年になる。
ユダヤ暦の新年は9月か10月に始まる。(年によって違う)
西暦2016年10月2日の日没から、ユダヤ暦の5777年の新年に入った。

トランプとペンス、そしてオカルティストのラガルド

・マイク・ペンスが生まれた日は、1959年6月7日。現在57歳である。彼もまた、ユダヤ暦5777年に副大統領に就任する。

・マイク・ペンスが生まれた「月・日」である6月7日は、エルサレム記念日(ヨム・エルシャライム)に当たる。
1967年6月7日、50年前のこの日は、六日戦争でエルサレムがイスラエルに統合された記念日である。

・・・国際通貨基金(IMF)のお飾り広報ウーマン、クリスティーヌ・ラガルドが、2014年1月、公式の場で、ユダヤの数秘術の「7」の意味を会場にいる人々に謎かけしたことを覚えているでしょうか。

ヨルダン川西岸地区で営業しているイスラエル企業のブラックリスト

・・・国連が、ヨルダン川西岸地区で営業するイスラエルの企業のデータベースを構築するために、138,700ドルの予算を充てていたことが分かったのです。

Foxニュースは、このデータベースのことを「ブラックリスト」と呼んでいます。

・・・具体的には、この地区で営業を行っているイスラエル企業が、昨年12月23日に採択された「国連安保理決議2334号」に従って他所に出て行かない場合、どんな制裁を科すべきなのか、その基礎となるデータである、ということです。

・・・しかし、これが実行される段階になれば、イスラエル、パレスチナだけでなく、米国本土でも大規模なテロと暴動が起こることは避けられそうもありません。

米国の第二の革命の日に大規模な抵抗運動が起こる

・・・米国の急進的な左翼が、1月20日のトランプの大統領就任式を混乱の渦に巻き込もうと準備しています。
それも、かつてないほどの広範囲に及ぶ抵抗運動です。

・・・左翼の中でも比較的穏健派のグループ以外は、「封鎖」、「バリケード突破」、「投石・発砲」について具体的に話し合っており、都市機能をいかにして麻痺させようかと策を練っています。

問題は、こうした抵抗運動の背後に誰がいて、なんのために資金を提供しているのかということです。

事実、最近では、ある活動家グループが、ニューヨーク・タイムズに全面広告を出しました。

mag201701-6.jpg

何千人もの活動家、ジャーナリスト、科学者、芸能人の声が反映されたキャッチコピーは、「ファシスト・アメリカにNO!」といった単純明快なメッセージを訴求するものです。

・・・別の抗議活動「ディスラプト(妨害・分断) J20」は、1月14日にキック・オフします。ディスラプト J20には「1月20日を分断せよ!」の意味が込められています。このウェブサイトにも、抵抗運動のスケジュールが延々と記されています。

彼らの目的は、主要な輸送ルートを遮断して大統領就任式典を壊すことです。

問題は、こうした妨害活動が1月20日に終わらないことです。

・・・映画監督のマイケル・ムーアは、この活動がトランプの大統領選に対する「100日間の抵抗」の始まりになることを期待している、と言っています。

・・・まさに「7」が暗示する米国の艱難が始まろうとしています。

(以上は、メルマガ第190号パート1の一部です。全文はメルマガでお読みください。)

●この記事のyoutube等の動画化を禁止します。

初月無料のメルマガは、購読開始日からの1ヶ月間ではなく、購読を開始された月の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
1月1日より1月31日の間に購読を開始された場合、1月分の購読料が無料になります。

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
mailmagazine-banner.png

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png





関連記事
       
NEXT Entry
2017年は、人々のふるい落としが始まる年
NEW Topics
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
旧ジャパンハンドラーに駆け込んで日本叩きを依頼する橋本徹
トランプ政権は「リアル・ディープ・ステート」のエピゴーネン
黒幕・麻生に恩を売るゼニゲバ維新と大阪人の絶望的な民度
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top