カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  籠池氏と菅野氏による官邸のサイコパスを炙り出す戦略
       
20170316-4.jpg

#安倍内閣総理大臣から籠池理事長に提供された寄附金だ。

この、今始まったばかりの壮大な疑獄事件の主犯と黒幕の正体は、すでに分かっている。
彼らは、本物のサイコパスとカルトなので、自制もしないし反省もできないサル以下であるから、国民が法廷に引きずり出す以外にない。

官邸の巨悪を炙り出す戦略の下でタッグを組んだ籠池氏と菅野氏

森友学園理事長・籠池泰典氏が、昨日の午後、東京の外国特派員協会で記者会見を行うことになっていたが、前日に突如、キャンセルした。

その理由は、官邸にいる「巨悪」に対するフェイントに他ならないわけだが、これは、同氏が、いよいよ身を捨てて「巨悪」と闘うという意思表示だ。

にも関わらず、籠池理事長がボディーガード役の長男を伴って東京にやってきたのは、『日本会議の研究』の著者・菅野完氏の二度目のインタビューを受けるためだった。

菅野完氏に対するネガティブ・キャンペーンは、すでに凄まじいが、そうした連中は、こざかしい正義感を振り回して墓穴を掘らないように注意した方がいい。

菅野氏は非常に戦略的に動いている。その手法は、私には手に取るように見えるが、ここでは書かない。馬鹿が騒ぎ出して、せっかくの大きなうねりを潰してしまうからだ。

安倍官邸にいる犯罪者たちは、そうした馬鹿が大好物で、なにより、自分たちの権力を脅かすような関係者の「不審死」「自殺」が何よりも嬉しいのだ。

その菅野完氏は、東京にやってきた籠池理事長に二度目のインタビューをやった。

「ひょっとしたら、籠池理事長は東京に来るのではないか」と羽田空港で大勢の記者が待機していた。

案の定、現れた籠池氏は空港のロビーで居並ぶ記者の列に一瞥をくれながら、目線をまっすぐに据えて足早に立ち去って行った。

そのとき、彼が装着していたマスクが少し大きいことに気が付いた人はいない。通常のマスクより大きいのだ。

金正男の空港での暗殺事件もあったことだし、ましてや、安倍晋三が政権を取ると、いつもきまって多くの「不審死」「自殺者」が出ることから、用心に用心を重ねたに違いない。

民主党政権時代、小沢一郎が、よくそうしていた。

花粉症の季節でもなく、外気温はすでに高い季節であるにもかかわらず、小沢は、よくマスクをつけて記者の間をすり抜けるようにして歩いていた。
記者の中にヒットマンが混じっているとも限らないからだ。

これは、籠池氏の暗示的なパフォーマンスだ。
このシグナルが暗示していることは、記号論を勉強した人なら、すぐに分かるはずだ。

しかし書かない。馬鹿が騒ぎ出して、せっかくの大きなうねりを潰してしまうからだ。

馬鹿というのは、「愛国」を装いながら、刑事扱いの違法行為を働き、私たちの関心を別にそらそうとしている官房機密費で雇われている言論暴力団たちのことである。

さて、菅野完氏のインタビューは長時間にわたったのだろう。夜になってから、記者の前に現れた菅野完氏は、森友学園疑獄に関わっている政治家の名前を、なんとか聞き出そうという記者連中に取り囲まれた。

菅野氏は、慎重な態度で、一言ずつ、記者にヒントを与えるように応えた。

菅野氏:「籠池理事長から話を聴いていた。(以前、インタビューした)籠池夫人からの話とも一致する」。

記者:「具体的な名前は出ましたか?」。

菅野氏:「出ました。それは、今まで出てこなかった政治家です」。

記者:「それは与党の政治家ですか?」。

菅野氏:「そうです」。

記者:「それは閣僚ですか?」。

菅野氏:「そうです。現役閣僚です。すでに名前が出ている鴻池議員とかではなく・・・」。

記者:「金銭の授受について出ましたか?」。

菅野氏:「出ました。しかし、それは、みなさんが考えているようなことではなく、逆の流れです」。

記者:「籠池氏の方が、その現役閣僚から金をもらったということですか?」。

菅野氏:「そうです。籠池氏の方が金をもらったのです」。

記者:「その額はどれくらいですか?」。

菅野氏:「まあ、数万円ではない」。

記者:「数百万円?」。

菅野氏:「そういうことではないのでしょうか」。

記者:「その現役閣僚から籠池氏がもらったという数百万円は何に使ったと思いますか?」。

菅野氏:「学校の建設費の足しにしたんでしょうね」。

これは、昨夜の報道ステーションで映像として流されたから、すぐにyoutubeにアップされるだろう。

これで、国民の視線は、「その現役閣僚とは、いったい誰なのか」犯人捜しに向けられるのだ。どこの国の人々も、犯人探しが大好きだ。

「今まで名前が出てきていない」のだから、鴻池でもなければ、稲田朋美でもない。
松野一博か? それとも、義家か? それとも平沼赳夫か? 安倍晋三が、平沼を応援しているようだが。後ろにバカ学者が1名いるようだが。

司会は、チャンネル桜の水島だ。

安倍の演説・・・これは、自民党が民主党に政権を奪われたときの演説。

安倍は、こんなことを言っている。

「強欲で傲慢。国を売ることも、へっちゃらな人物が与党の幹事長になっている」・・・これは、事実ではないことを含めて、小沢一郎と民主党を攻撃している場面だ。

このことについては、小沢の完全無罪が確定したことによって、安倍晋三が国民に嘘を言って私たちを騙し、味方に引き入れようという姑息で犯罪的な手口であったことが、今になって逆に露呈されたわけだ。


「強欲で傲慢。国を売ることも、へっちゃらな人物」とは、まさに安倍晋三自身のことである

この男は、学生時代から、常にこうした嘘をつき続けている。

安倍晋三の潜在意識の中では、常に自分が売国奴であるという認識を持っているため、その後ろめたさに耐え切れなくなると、心の中で自壊作用を起こしてモラルハラスメント(自分を正当化するために他人を攻撃する精神的暴力)に走るしかなくなるのである。

安倍は、いつも、他人に対する虚偽の情報を自分に都合のよいお仲間だけの間で共有し、特定の人間を攻撃することによって精神崩壊しないように微妙にバランスを保っているのである。

このスピーチに表れているのは、まさにサイコパスのそれである。この男は、明らかに精神に重大な異常性を持っている。
これは、カタルシスが病的で歪んだ形で解放された瞬間の映像である。

国民の「死角」とは、「まさか、総理大臣ともあろう人が、言うこと成すことのすべてが嘘であるはずがない」という思い込みによって、つくられるのだ。

いるのである。ここに。
信じられないほど凶悪で、60兆個の細胞のすべてが悪の素子でできあがっている悪魔そのもののような男がいるのである。

だから、籠池氏が外国特派員協会の記者会見を事実上、中止にしたのは命乞いのシグナルなのである。籠池氏は、野党からのアプローチを待っている。
彼は、「このままでは、自分の命がヤバイ」と悟っているのだ。

自分の薄汚い欲望を捨て去り、虚心坦懐になって相手の心の中を見つめようとすれば、こうしたことは簡単に分かるのである。

「我らの晋ちゃんを、そんなに悪く言うな」って?
「麻生が安倍を裏で操っている」って?
「森友学園への寄付金は、麻生がアベンにそうするように進言した」って?

そうじゃないだろう。
麻生太郎は愛人の経営するバーには多額の金(税金)を使うが、こんなことに金を使うようなアイデアは浮かばない。

いずれにしても、これは、瞬間湯沸かし器の日本人の怒りに油を注ぐほどの効果がある。

さらにだ。

いったんフェイントをかけたのは、主に外国特派員たちに、さらに関心を高めさせようとする狙いと、国内の記者クラブの坊やたちに、犯人捜しの期間を与えて、その現役閣僚の狼狽を誘うことが狙いだ。

籠池理事長は、外国特派員協会の記者会見を来週の「いつか」に延ばした。果たして、それは開かれるだろうか。

しかし、私たちは、その間に、「犯人」を特定することができるだろう。
なぜなら、その現役閣僚は、すぐに冷静さを失って激昂する男だから、誰の目にも、それと分かってしまうからだ。

この方法は、「なんでだろう」と頭を抱えている国民の「認知負荷」を軽くして、大衆を「問題解決」に動員する心理的な戦略だ。

安倍の下請け「維新」が便宜を図り、公明議員に関係のある金融機関が融資

最初に書いたように、「日本会議の後押しを受けながら『軍国小学校』のモデルケースを成功させて、全国に拡大することを計画している」ということだ。

この記事に書いたように、森友学園の教育方針が突然、変わったのは、今の籠池理事長に代わってからのこと。それまでは、普通の幼稚園だった。

ハシシタに維新を追い出された上西小百合議員が、森友学園の広報担当である森友照明氏に直接、会ってヒアリングをしたところ、籠池氏の教育方針が今の「愛国・軍国主義」に変わったきっかけは、「自民党の大阪府連から、教育勅語の暗唱などを子供たちにやらせてみないか、という働きかけがあった10年前」のことだという証言を得た。

ちなみに、国会での野党の追及で明らかになったように、籠池理事長と、稲田朋美の父親・椿原泰夫氏との交際は10年前に遡るとのことだから、椿原泰夫氏も、「教育勅語の暗唱などを子供たちにやらせてみないか」と薦めた一人だろう。

同氏は、極右の政治活動家として知られており、チャンネル桜にも出演していたが、去年10月、惜しくも亡くなった。


つまり、籠池理事長は、それほど右寄りではなかったが、10年ほど前に、自民党の議員に後押しされて「教育勅語を基本指導として取り入れないか」と言われたことがきっかけとなって、愛国小学校「瑞穂の國・記念小學院」を創設しようと考えたのだ。

さて、二つの謎がある。

一つは、新聞・テレビが何度も報じているように、負債を抱えていた森友学園になぜ条件付きとはいえ、新設小学校の認可を与えたのか。
そして、土地の取得が終わっていないのに、建設が進んでいったのか。

維新の松井一郎のところに、何度も財務省の国有地担当の官僚がやってきて、最終認可権限を持っている「大阪府の私学審議会が、いつ認可を下ろすのか」と、せっついてきたという。

これは、「すべて、われわれ官僚が書いたシナリオどおりことが進んでいる。早く認可してくれないと(選挙に)間に合わなくなってしまう」と暗に、松井にプレッシャーをかけにきたのである。

それも、何度も何度も。財務省は、よほど焦っていたのだろう。
彼らに強力なプレッシャーをかけている、アノ政治家がよほど怖いのだろう。

本来であれば、安倍晋三記念小学校(瑞穂の國・記念小學院)のような私学の認可権限は知事が持っているので、松井一郎自らが「認可適当」と判断を下すべき。

しかし、松井一郎は、突如、私立学校の認可を「大阪府・教育庁」の教育長に委任すべきと府議会に提案して可決させた。その事務局は、「大阪府教育庁」に改名された。(そのソース)

しかし、委任された教育長は、瑞穂の國・記念小學院を認可した直後に辞めてしまった。それは、すぐにこの問題の小学校の認可が疑獄に発展すると気が付いた教育長がスケープゴートにされると悟ったからである。

維新が、自民党の「下請け」政党であることが、如実に分かる話だ。

つまり、維新の松井は、「安倍さんが言うのだから便宜を図ってやりたい。しかし、どうも事件化しそうなリスクがあるぞ」と、万が一を考えて、責任逃れのために、小学校の認可権限を大阪教育庁の教育長に渡してしまったのである。
そうすれば、「学校を認可したのは私ではない」と言い逃れができるからだ。

維新のチンピラ松井一郎は、自民党に擦り寄るために、胡散臭い話であると知っていながら、自民党の安倍に協力したのである。

松井が言うように、確かに菅野氏はジャーナリストではない。第一、菅野氏本人も、自分のことをジャーナリストと呼んでほしくないと思っている。

しかし、日本会議の正体を知らない自称ジャーナリストでは、この件は扱えないことも事実である。

また、菅野氏がジャーナリストではないからこそ、こういったフェイントを使った心理的な手口を使うことを躊躇しないのだ。

松井は、「情報に踊らされることなく、もっとちゃんと陰にいる人間たちを描きなさいよ」と言っているのである。

少なくとも、松井は、女性の逆襲が、どれほど恐ろしいか知り尽くしているようだ。その点についてのみ、私は共感できる。
彼は、半ば、観念している。

20170316-2.jpg

しかし、なぜ、維新、自民は、それほど焦ったのか・・・どうしても、期限までに「瑞穂の國・記念小學院」を開校しなければならない理由があったのだ。

それは、書いたように、選挙に勝つためであることは言うまでもない。だから、それに乗っかろうとしていた維新も共犯者にならざるを得なかった、ということだな。

もうひとつは、なぜ、籠池理事長が、幼稚園児の保護者宛に「在日ヘイトの手紙を送ったのか」ということだ。

こんなことをやっても無意味だろうに。
それは、マスコミ対策のためである。

要するにだ・・・

江沢民時代から過激さを増した(背後にはロスチャイルドがいる)中国・韓国による「反日プロパガンダ」に対抗する形で、日本国内のおバカ似非右翼の乞食=在日ヘイト集団の暴虐を野放図に増幅させ、「反中・反韓」意識を日本国民の間に拡大させることによって、仮想敵との幻想戦争を引き起こし、「戦争が是であるとする憲法改正」に突き進ませようという、巧妙な人心操作に他ならないのである。

幼稚園児の保護者の8割が、「瑞穂の國・記念小學院」に進ませたいと考えていたという。

たん瘤をつくって幼稚園から帰って来た幼子に、保護者が、その理由を尋ねても言わないので、再び我が子に問いただすと、「(幼稚園側に)黙っていなさい、と言われたから」と話したという。5歳の子どもが体罰を受けたのだ。

それでも、そんな暴力的、かつ危険な小学校に進ませたいと考える保護者が8割もいるのだから、まさに民度の極度に低い大阪ならではのことなんだろう。

「アッキーを名誉校長にすれば、子どもたちの保護者など簡単に洗脳できるわさ」と陰でほくそ笑んでいる安倍晋三と、その一派、官僚たちがいることを大阪のバカな親たちは想像すらできないのだ。

こんなことは東京では、「ありえない」。

巨額税金泥棒の被害者である全国民は、迫田英典氏の証人喚問を要求しているが、自民党だけが必死に、それを妨害している

結論を言おう。

安倍は、自分の在任期間中に、なんとしてでも憲法を改正して、自分の一声で自由に自衛隊を米国のネオコンのために戦地に行かせて戦争をしたいがために、「ほら、日本の未来を創る子どもの若い保護者たちは、自国防衛のために自分の子どもを戦争に行かせることに躊躇しない。他の国民も、見習ったらどうか」と言って、軍国主義を煽り、その子供たちを広告塔に使いながら、寿司トモメディアのプロパガンダによって戦意高揚を焚き付けようとしたのである。

籠池理事長が、幼稚園児の保護者宛に「在日ヘイトの手紙を送った」のは、多分に、安倍へのサービスだ。

安倍は、「ワタチは(ネトウヨに)支えられている」と言っていたではないか。

ネトウヨは在日ヘイト攻撃をやることによってメシを食っている反日似非右翼の乞食だから、食べるために安倍のご機嫌をうかがう卑屈さが身に付いてしまって離れないのだ。

籠池理事長の「在日ヘイトの手紙」は、その火に薪をくべるようなものだ。
安倍が、自分で言ったように、在日ヘイトの反日ネトウヨを、いかに頼りにしているかが分かるのである。

そうそう、最近は、ネトウヨの変種も出てきた。共通しているのは「無知・無教養」、そして、一見して綺麗ごとを並べ立てるも、その実「金にもっとも汚い連中」だということ。

つまり、自民党がCIAのミッションによって、手塩にかけて育て上げてきたB層ネトウヨの大合唱を背に受けながら、こうした学校を次々と創っていこうという全体の計画があったということである。

それに協力した官僚は、安倍の一言によって異例の出世を遂げるというわけだ

この売国・悪徳官僚・迫田は、安倍晋三と、わずか半年のあいだに5回も面談していることが分かっている。
主計局長や主税局長と違い、日の当たらない傍流の理財局長がこんなに頻繁に総理大臣と会うというのは異例のことだ。

安倍の手足となって方々を根回しして、国有地8億円以上を値引した迫田英典・理財局長は、「大手柄!」とばかり、安倍から、「国税局長官昇進」というご褒美をもらったのである。(クリックで、テレ朝ニュースへ)

20170316-1.jpg

北朝鮮が、再びミサイルを発射し、核実験をやろうとしているときに、1年前のことさえ「記憶にない」ととぼけるような防衛大臣の首を切らずに、そのまま続行させるということだけでも、安倍の言う「国防」など、最初から「ない」と自白しているようなものなのである。

しかし、極右の稲田朋美が、父子ともども、「瑞穂の國・記念小學院」のような危険な思想の私学を創設させようと頑張ってきたことが安倍の目に止まり、たかが、小泉チルドレンに過ぎなかった稲田を、ここまで引き上げたことは間違いのない事実だ。

自民党こそが日本を崩壊させ、私たちの命と子どもたちの未来を奪うテロ政党である

安倍は辞任しないと、大変なことになるだろう。
星条旗新聞が、安倍と稲田のツーショットを使ったということは、「君たち二人は辞めなさい」という明確なシグナル以外の何ものでもないのだ。

日米合同委員会では、この二人の政界からの消去は既定路線だから、霞が関はその方向で動いているし、ワシントンのコントロール下にある日本のテレビ・新聞も、安倍おろしで動いているから、止まらない。

大マスコミと週刊誌は、「加計学園こそが本命だ」とすでに多くのことを調べている。米国の情報機関も後押ししているだろう。

しかし、われわれ庶民探偵団は、森友学園のほうが「やっつけやすい」のだ。
これも、庶民ならではの「戦略」だ。

日本の憲政史に残る大疑獄の魑魅魍魎が生息しているのは加計学園だ
いずれ、第二の大波が起こる。

しかし、安倍の周りに集まって来る女性たちは、女房の昭恵に始まって稲田朋美、そして、籠池理事長の証人喚問を、あらゆる手を使って妨害している三原じゅん子、バカを絵に描いたような今井絵理子、そして、その今井絵理子を見つけ出してきて公認させた山東昭子など、犯罪的な人間失格者だけのようだ。

TPPで全国民を裏切り、こんなときにも国防そっちのけで共謀罪を閣議決定し、山東昭子などは、「犯罪を主張した人物の体内にGPSをインプラントすることを、党として検討している」と、米国のCIAに言われるままに国民にチップを入れようとする発言をするなど、誰一人として、歴史上、もっとも凶悪な犯罪者である安倍晋三の内閣にNOと言えない議員ばかりの自民党は、まさしく国民にテロを働く組織犯罪集団以外の何ものでもない。

自民党と、憲法に明確に違反している自民党の国会議員のすべてを、もういい加減に日本から完全に消去しないと本当に国がつぶれる。

いつまでも、こんなことばかりやり続けていると、日本の神様が本当に怒って地震を起こすぞ。





関連記事
       
NEXT Entry
大阪で「自民」と「維新」のヤクザ議員が次々と逮捕
NEW Topics
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
旧ジャパンハンドラーに駆け込んで日本叩きを依頼する橋本徹
トランプ政権は「リアル・ディープ・ステート」のエピゴーネン
黒幕・麻生に恩を売るゼニゲバ維新と大阪人の絶望的な民度
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top