カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  財務省を中心とした官僚たちの「安倍おろし大作戦!」
       
20170324-2.jpg

籠池氏証人喚問で、自民党副幹事長・西田昌司の異常性が爆裂。
この馬鹿は、ことの真相を何も知らずに、ひたすらはしゃぐ。


籠池・証人喚問で、ますます異常性を発揮する西田昌司

昨日の籠池氏の証人喚問を機に、とうとう疑惑の分水嶺を越えてしまった。

自民党の西田昌司議員の籠池氏に対する恫喝が異常だった。

偽証した場合は、刑事訴追を受けるリスクを背負いながら、籠池氏は冷静に言葉を選びながら証言した。

すると、この西田昌司は、安倍晋三と昭恵にとって都合が悪いと判断すると、「それは虚偽である」と断定するのである。
西田に根拠など「ない」。ただ、自民党に都合が悪い事実を言う者は、全員、刑務所送りにしたいのである。

これには、さすがの安倍信者も呆れている。

西田昌司といえば、TPPや集団的自衛権にあれほど反対しておきながら、いざ強行採決となると、右手を大きく回して、「早く早く、賛成票を入れてしまえ!」と他の自民党議員を煽った男だ。

国民は、この詐欺師に、まんまと騙されたのだ。
それが、自民党の副幹事長だ。この人格破綻者を、とっとと精神病院に入れてしまえ!

しかし、西田のお陰で、ますます政治家の関与と圧力があったことがはっきりした。これで疑獄確定だ。

それは、この国を、ひたすら貧乏にして大勢の国民を殺す安倍晋三クルクルパー総理と彼の犯罪閣僚すべてを日本から追い出すまで続く。

安倍内閣の面々が、これまでのように、すべての法律を犯して隠蔽しようとしても、いままでのようにはいかない。それは、ダムの決壊に似ている。

安倍政権発足直後から、うらなりの官房長官・菅義偉、祖父の代から岸信介に勝るとも劣らない売国奴の血を受けついでいる世耕弘成らが姦計を巡らせて国民を欺き続けてきたものの、もう、「なにをやっても無駄」である。

特に、「問題ない」の日本語しか知らない白痴官房長官・菅義偉が運命から受けとる反動は大きいだろう。

テレビの視聴者は、しばらくの間、国会で繰り広げられる戦後最大の「疑獄事件」を追及する野党の姿と、これに平然と嘘の答弁で応酬する(明るい表情で、やる気満々の)官僚の姿、そして、ボロ雑巾のように打ちひしがれた安倍晋三の姿を見るだろう。

アル中で酔っぱらったふりをして、若い男性にしなだれかかるのが趣味の我が国のファースト・レディー、そして、コスプレ趣味の正真正銘、サイコパスでカルトに憑依されてしまった防衛大臣など、どーでもいい。

彼らは、大理石の床にこびりついて剥がれないチューインガムのような存在で、多くの通行人に踏みつけられれば、次第に消えていく。

誰もが指摘しているように、二人とも明らかに精神に異常性が見られるので、仮に国会証人喚問に引き出したところで、野党議員だけでなく与党議員でさえ、ふりまわされるだけだろう。

忍耐の限界に来た官僚が、安倍内閣を崩壊に導く

さて、始めようか。

このタイミングで、興味深いシグナルが出された。

2日前の22日、「皇太子ご夫妻の長女愛子さま(15)が22日、学習院女子中等科を卒業した。卒業にあたり宮内庁は同日、記念文集用に愛子さまが書いた作文を公開した。作文の全文は次の通り」といった記事が出たことだ。

これは、天皇の反戦、反核の意思を明確に代弁する作文である。これをメディアに出したということは、天皇と宮内庁の苦悩の跡が見える。

これが、すべてを物語っている。
もう、これで確定・・・終わり。

・・・このことについては、国賊似非(インチキ)右翼がバカ騒ぎすると面倒くさいことになるのでここまで。

「国賊似非(インチキ)右翼」とは、森友学園・国有地払い下げ疑獄を追及している野党議員がツイートしたり、動画がアップされると、慌ててアカウントをつくって、野党議員の掲示板に誹謗中傷のコメントを大量に投稿している自民党のネット(インチキ右翼)サポーターの連中のことではなく、なんらかの利得を得ようと、この期に及んで安倍マンセーしている評論家とアナウンサーたちのことである。

その他の材料はたくさんあるが、柱となるニュースをピックアップしてみたい。

1)3月15日から一気に5円も高くなった対ドル外国為替

これは、英国のブレグジット以来。

20170324-4.jpg
(yahoo!ファイナンス ドル/円為替)

FRBの利上げ発表のせい?
それだけじゃない。籠池氏の証人喚問の日(23日)に再び大きく円高に振れている。

2)「日銀が年度末に向けて保有国債を一時売却」 (日経 3月23日)

つまり、市場は3月15日の急激な円高は、しばらくは戻らない、さらにもっとも円高が進む、と見ている。
メガバンクは、日本の株式市場から資金を引き上げて、よりリスクの少ない国債に振り向けてヘッジをしようと考えている、ということ。

チャートの移動平均線は、日経平均インデックスが、当面は下落トレンドに入ったことを示唆している。

米国市場と日本市場が大暴落するかどうかは、FRBの今後の利上げ観測(それは、市場ではなく、国際銀行家の企業メディアが煽る)とトランプ政権が債務上限枠を撤廃できるかどうかにかかっている。

そして、迫る朝鮮半島有事の結果、どこまで混乱が広がるかがカギ。

とはいえ、“マッド・ドッグ”の異名をとる国防長官のジェームズ・マティスは、かなりの戦略家なので、うまくやるはずだ。

トランプが、テロリストに対して、「水責めの拷問を解禁しろ」とマティス国防長官に命令したとき、マティスは、「それは人権問題にかかわる。絶対にダメだ」とトランプを叱責した。

トランプは、それでマティスに全幅の信頼を置くようになった。

このフリーメーソンの不動産王の言うことは、正反対の意を込めていることが多いので、そのまま受け取ってはダメだ。

北朝鮮への大規模な空爆を行えば、北朝鮮に経済的支援を行っているロシアとの関係が悪化するだけでなく、技術提供を行っているロシアの同盟国、イランとの関係も、さらに悪化する。

それは、先々、ロシアとの全面対決に発展していく。

すると、ヨーロッパでロシアとの戦争が本格化する。
ウクライナのキエフは、再び戦火に見舞われるだろう。

そうなったとき、第三次世界大戦が始まるから、マティスの戦争哲学からすれば絶対に容認できない。

だから、北朝鮮に対しては、・・・を目的として、空爆ではなく、バンカーバスターのようなピンポイント攻撃とサイバー攻撃によって対処するはずだ。
王朝を混乱させて、豚男の影武者を発狂させるのである。

3)ロックフェラーの死去報道

ディープ・ステイトのそのまた上のカルトの本山、外交問題評議会(CFR)の名誉会長、デイビィッド・ロックフェラーの死亡が隠すことができなくなって、とうとう表に出てきた。

CFRのメンバーもまた、フリーメーソンであることは米国ではよく知られていることである。

1年以上前から確定していたロックフェラーの死が、同じフリーメーソンのドナルド・トランプ政権を生んだ。

行き過ぎたグローバリズムは、トランプによって、いったん引き戻される。これが弁証法の妙なのである。
日本の政治家・官僚の知性劣化は究極まで来ているので、永久に分からないだろう。

安倍晋三の御本尊様の死去によって、シンゾーは路頭に迷っている。
シンゾーと彼の愚妻は、今までの人生で、ただの一度たりとも自分で考えたことがないから、自分たちの運命がどうなるかなど絶対に理解できない。

4)生き生きとして自信を取り戻した日本の官僚たち

視聴者は、気が付いているだろうか。

国会での野党議員の追及に、財務官僚たちは平然と嘘をつき、野党議員に、その直後、「嘘である」と指摘されると、すぐに訂正してしまう。
まるで、財務官僚は、野党議員の追及を待っているかのようである。

官僚の生き生きとした表情を見てみればいい。官僚は、百も承知で馬鹿を演じているのである。

民進党の議員が、何度も財務省と国交省に、籠池氏の森友学園用地払い下げに口利きがあったかどうかの資料の提出を求めても、「すべて破棄してしまって存在しない」の一点張りだ。

そんなことは「ありえない」のである。「ありえない」ことを平然と、しかも自信たっぷりに国会で言う官僚は、いったい何を考えているのだろうか、ということなのである。

もちろん、すべての資料が、きちんと残っていて隠されている。

昨日の籠池氏・証人喚問で明らかになった事実に関する資料を、財務省は今朝、しぶしぶ出してきたが、すべて黒塗りだ。
これを見た国民は、いったい、どんな印象を持つ?

さらに疑惑が深まり、この疑獄には、霞が関も及ばない権力の存在を感じ取るはずである。

その権力が、実際に官僚機構を動かしたかどうかは問題ではないのである。そのように、印象付けて国民の関心を高めることができれば成功なのである。

野党議員は、さらに疑惑の解明に意気込む。国民は、それを後押しする。

ここに黒幕の影と財務官僚の公僕としての(わずかに残っている)矜持を感じ取ることができる。

5)くさい芝居をする麻生太郎と逃げを打つ菅義偉、そして世耕の嫌気と心変わり

麻生太郎だけが、ひとりご機嫌だ。何がそんなに嬉しいのだ?

菅義偉も、官房長官を務めるようになってから、額が全開放になって、頭頂部まで空き地が増殖している。顔色も悪い。

しかし、これは芝居だ。菅義偉は麻生側についたな。つまり、財務省サイドということ。
そして、他の官僚も安倍の周辺の人間たちも・・・

安倍晋三負債に見切りをつけたものの、執念深いシンゾーに、後々、祟られないように、どうやって上手に袂を分かつか慎重に歩を進めている。

安倍晋三ほど、CIAのエージェントと頻繁に会っている総理大臣は、かつていなかったと政府関係者の話がリークされている。

また、ジャパン・ハンドラーに臆面もなく尻尾を振って家庭教師を依頼する総理大臣も過去にいなかった。

シンゾーは、要するに自分では何一つ決められないのだ。

つまりだ。シンゾーの内閣は官僚によって完全にコントロールされている。
シンゾーは、100%操り人形だから、最初から、その存在自体が無意味なのだ。

その官僚は、ワシントンから指示を受けている。
そのワシントンのさらに上には、・・・がいる。

オバマの旧ネオコンが、トランプによって実質的に総入れ替えされた。

今の連邦政府の職員の中には、トランプのファンが多い。その中の秘密結社員が、新ネオコン(つまり、シオニスト・ユダヤが中心となってグローバル政府樹立に動いている)となってトランプの政策に影響を与えている。

まずは、手始めに、為替をドル安にすることからスタートする。

連邦政府・財務省と日本の財務省の思惑が一致して、ドル安/円高を妨害する国内勢力の阻止に動き出したということだ。

だから、「アベノミクス」などと、もう二度と言えなくなっている。

政治家からの口利き圧力を利用して反撃に出る官僚組織

昨日、籠池理事長が証言したように、「ある時点から、あれよあれよという間に急激に認可と用地取得に向けて話がどんどん決まっていった。
さらに評価額9億5600万円の土地が、いつの間にか8億円以上も「値引き」されていて、驚いた」と証言。

鶴の一声はあったのだ。

財務官僚は、それを「待ってました!」とばかり利用して、多少、冒険をしたのである。

そう、いっせいに安倍内閣の粛清に動き出したということ。

怒りを買ったのは、選挙に勝って権力にしがみつくために、二度にわたる消費税延期を言い出した安倍晋三排除のチャンスを待っていた財務省だけではない。

甘利明と彼の事務所の贈収賄事件のとき、東京地検特捜部が、とうとうUR(都市再生機構)を所管する国土交通省から聴取を始める矢先、若い職員が屋上から謎の飛び降り自殺を遂げた。彼は、地検が聴取を予定していた人物である。

最近では、経産相の世耕弘成が、経済産業省の全執務室に永久的に施錠して、職員とマスコミとの間の、いっさいの接続を断ってしまった。

「もんじゅ廃炉」、「原発再稼動」、「事実上、閉鎖状態の核燃料サイクル施設」、「東芝の破綻」等々、日本の原発行政が破綻したことを国民に知られては困るからだ。

この措置は、安倍晋三と世耕弘成による事実上「記者排除命令」であるから、経済産業省職員が怒るのも当然だ。

なぜなら、経済産業省職員を、安倍と世耕は根拠もなくスパイ扱いしたのだ。これは、官僚としてのプライドが許さない。

いよいよ、国民をさんざん洗脳してきた世耕自身がカルトに洗脳されてしまったのである。

民進党の蓮舫は、この「おかしな」動きを見て、民主党政権時代に国民と約束した「全原発を2030年代に廃止する」との文言を変えて、「2030年までに完全廃止」にするよう尽力している。原子力ムラのヒットマンがうじゃうじゃいるの中で、これをやるのだから、まさに命だけの作業だ。

しかし、蓮舫は、連合の圧力によって国民的合意形成ができないことを知っていてやっているのである。ここは、大幅に割り引いて見なければならない。

ともあれ、まとめると、霞が関の全省庁の全官僚が安倍と彼の内閣の凶悪犯罪者たちに本気で怒っているのである。

日本会議の実体は神道の衣を着たカルトである

霞が関による安倍排除は、ワシントンの同意を得たからこそ、スターズ・アンド・ストライプスに、安倍と稲田がかしこまっている画像が使われたのである。

スターズ・アンド・ストライプスは、どうも日本会議をカルト集団と見なしているようだ。

日本会議の中核は「日本青年協議会」である。

「青年」といえば聞こえはいいが、メンバーは学生運動の2世、3世ばかりである。

つまり、(意味のない言葉ではあるが)左翼共産の残影が、「日本会議」というあらたな活動の場を手に入れて、天皇を利用しながら「米帝打倒!」を今にも叫ぶのではないかと、米軍は警戒しているのである。

日本会議を「右翼」と見る人が大半だが、それこそ「洗脳の成果」。

本体はニューエイジのミレニアム的な終末思想だから、ゴールは、結局、共産主義。そこに至るまでの道程が違うだけ。
そのピークには「大いなるミソギ」があるとしている。

もっとも、本人たちは気がついていない。ここが新興宗教の限界。

その2世、3世が研究していることといえば、ウィリアム・ウォーカー・アトキンソンの「ニューソート(新思想)」だという。

このニューソート(新思想)を思想的な核として、サタニズムに「成功哲学」の衣を着せて現代流にアレンジしたものが、ロンダ・バーン(Rhonda Byrne)のザ・シークレット(The secret)である。完全なるオカルトであり、黒魔術である。

つまり、ニューエイジの源流にある考え方である。

米軍は、米国本土でも、終末論の原理主義者、福音派を警戒して、ハルマゲドンを待望している聖職者のリストを作成しているくらいだ。

もっともなことだ。米軍の中には、伝統的にグノーシス主義の秘密結社員が多数いる。

グノーシス派はキリスト教の撲滅を悲願としている宗教セクトだから、キリスト教の聖職者による反政府的策動を警戒している。
(ここでいう「反政府」の政府とは、連邦政府のことではなく、彼らが目指しているグローバル政府のことである)

日本会議の実体は、神道の衣を着たカルトである。

真綿で首をじわりじわり締め付けながら自滅を誘う官僚の必殺技

昭恵が、100万円を籠池氏に手渡したかどうか疑われている。
その「無実」を証明するはずの携帯電話を、昭恵は水の中に落として壊したという。

安倍晋三は、この性悪・昭恵を、うちゅくしい夫婦愛でかばっている。
ワタチの妻が、妻が、妻がですね、携帯電話をですね、水に落としてしまって」・・・

確かに、携帯電話を水の中に落としたのは去年の5末か6月の頭
財務省が森友学園側との交渉記録を「廃棄」したのも去年の6月。 

森友の安倍晋三記念小学校を是が非でもつくる、という強い意志の下、財務官僚に「証拠隠滅せよ!」という指令が下ったことを示唆する。
昭恵は、それに黙って従った、ということが読み取れる。

晋三は、国会で「籠池さんは、本当にしつこい人」と言った。

それは、こういうことだね → 「ホントしつこい。金出してくれって散々言われたんです」・・・

晋三も、厄払いのつもりで昭恵に100万円の束を持たせたのだろうが、問題は、昭恵が、そこで名誉校長を引き受けてしまったことだ。
それは、晋三も知らなかっただろう。

だが、問題は、そうではない。
それを利用して、「ワタチの妻が証拠を出せなかったとしても責めることはできない」という、言い逃れに使われていることなのだ。

100万円を渡したのだから、なぜ、素直に認めることができないのか不思議だ。

籠池氏の夫人とのメールのやり取りが、アキエリークス(笑)で公開されている。

昭恵の付き人である谷査恵子氏の部屋は、特別に官邸の中に用意され、直接、官邸から(昭恵の意向を)指示できる立場にあったことが、福島瑞穂議員の調べで分かった。


官邸内にあるのだから、谷査恵子氏は間違いなく「政務秘書官」である。政務秘書官が付いている「私人」は存在しない。

世界中のすべての外国メディアは、昭恵が「公人であるか「私人」であるか、さんざん揉めた上、「私人」であると閣議決定した安倍の閣僚たち、そして、それを臆面もなく国際社会に、日本政府の公式見解として発表した官房長官の菅義偉を嘲り笑っている。

イカレタ内閣だと。

昭恵は、明らかに戦略的に動いていた

安倍昭恵付きの職員から籠池理事長に送られたというFAXが、取材陣に配られた。

籠池氏から安倍昭恵に国有地の件を依頼 → 安倍昭恵が秘書の谷査恵子氏に伝える → 谷査恵子氏から財務省に打診=財務省からの回答を籠池氏に送ったFAXがこれである。

こうして財務省に、いわゆる「忖度(そんたく)が働いたということだ。

内容は、籠池氏が自費で土地のゴミを撤去したので、その費用をできるだけ早く国に返してほしい、という要望を昭恵に出して、それを谷査恵子氏が財務省に仲介したというものだ。

結果、10年ローンのリースが確定したのである。
学校の用地取得については、分割払いは許されず現金一括払いが法律で決められている。
これは、違法である。

こんなことを谷査恵子氏の一存でできるわけがない。安倍晋三と財務大臣の麻生太郎に伝えた後、財務省に打診したわけだ。

もし、安倍晋三と麻生太郎が、「私は関与していない」と言い張るのであれば、それこそ最高責任者として、管理不行き届きでは済まされない。

また、反対に、安倍晋三と麻生太郎が、「私は関与していない」というのが事実であれば、安倍昭恵の秘書である谷査恵子氏は、安倍晋三と麻生太郎より大きな権限を持っていることになるのだ。

この矛盾は、誰も説明できない。

安倍晋三と麻生が関わったという、これ以上の証拠が、いったいどこにあるというのか。
これで、この国が法治国家であって、司法がこれほど腐り果て、犯罪的でなければ、刑務所行き確定のはずなのだ。

一見して天然を装いながらも、原理主義を「愛国教育」にすり替える隠れアクティビストは、しっかり晋三と連携を取っていたのである。

それでも、この性悪女は、「ワタチ、神様の言うとおりに動いているだけだから、何もわっかりませーん。祈ります・・・」と言うだろう。

谷査恵子氏は、「アフリカに人払い」・・「いや、南米に飛ばされた」などの噂が立っているが、直属の上司である今井尚哉(この男が、安倍晋三に細かく指示を与え、実質的に官邸を仕切っている)に、しばらくの間、どこかに隠れているように、と命令されたに違いない。

この人、経済産業省・資源エネルギー庁の原子力政策課だったから、東芝がらみかぁ。気の毒だが、このまま日本に戻れなくなるかも知れないね。

とはいえ、谷査恵子氏は、だいぶ昭恵に酷使されたらしく、腰痛で悩んでいるとか・・・

全自動「忖度機」による「忖度」という政治家潰し

昭恵が、籠池証言に慌てて「100万円について事実無根とする文章をフェイスブックに載せているが、これは、おそらく「お付き」の官僚か、多少は文章の書ける第三者による作文かもしれない、と見る人がいる。

少なくとも今、永田町と公安にもっともマークされている危険人物、昭恵が書き上げた後、厳重なチェックを受けていることは間違いないだろう。

・・・と、そこで納得して終わりにしてはいけないのである。もう一歩踏み込んで考えること-それを習慣づけること。

籠池氏問題に見る”あまりに拙劣な危機対応”」と、元東京地検特捜部の郷原信夫弁護士が言うように、昭恵のこの弁明は、やはり別人が書いたものであると考えるほかはない。

おそらく、出版社の編集の人間であれば、すぐに分かるだろう。(新聞社の校閲は能力的にダメだ)

重要なことは、「なぜ、オツムの良いはずの官僚が、その瞬間に嘘とばれるような仕掛けをするために、ここまで心血を注ぐのか」ということ。

昭恵が書いたことにされている「100万円授受は偽りである、とするフェイスブックの文章」を少し細かく見ていくと、わざわざ「別人が書いた」痕跡を残しながら書かれていることに気が付く。

これを書いた官僚は、疑惑がますます深まるように作為の跡を記したのである。
官僚の、何食わぬ顔をしながら、真綿で首をじわりじわり締め付けるようにしながら自滅を誘う必殺技によって、「発狂総理の一丁あがり~」ということですな。

安倍晋三と昭恵は、それでも喜んでいる馬鹿だから、官僚はまんまと騙せたと思っている。

もし、安倍負債が気がついて、その官僚を呼びつけたとしても、ここまで事態が深刻化してしまった以上、平謝りすれば事足りる。

昭恵は完全にスピ系のお星さまキラキラ(この人は、ひょっとしたら、軽度の○ウ○症かもしれない)である。シンゾーも母親の朝鮮カルトにどっぷりだから、負債そろってカルトである。

占いの類によって政(まつりごと)を決めていることは、第一次安倍内閣のときにも追及されたことであるが、その病気は、さらに悪化したようだ。

午前中の国会で、民進党の福山哲郎議員が、「北朝鮮問題が緊迫している。必要な人(昭恵も含む)たちを証人喚問して、一刻も早く、この問題に決着をつけて防衛に当たるべきだ」と言った。

しかし、晋三は「妻は、妻はですね、ワタチの妻は・・・」を繰り返すのである。

もっとも不気味だったのは、野党議員が「防衛大臣が平気で嘘を吐くようでは自衛隊の指揮が下がる。それは危険なことだ。辞めさせるべきだ」と言ったのに対して、稲田朋美は、なんと、口を大きく開けて嘲笑ったのである。彼女は、すでに精神に異常を来している。

稲田朋美は、記者が防衛関係の質問をしても、そそくさと逃げてしまうと、かねてから苦情が出ている。防衛など、まったく無関心、まったく無頓着なのだ。

彼女が反応するのは、女性記者が着ている服だけだ。嫉妬心を顔に出さない訓練だけは欠かさないのだろう。完璧なサイコパスである。

この国は、現在、ほとんど無防備状態のまま、北朝鮮のミサイルの脅威に晒されている。

安倍晋三の言う「国防」など、最初から真っ赤な嘘であることが、これほどはっきり証明された瞬間はない。稲田朋美の不気味な高笑いによって・・・

韓国の朴大統領が4月退陣を受け入れ、安倍晋三が、本命の加計学園大疑獄によって、再び、病院に逃げ込みを図ると、いよいよ北朝鮮で火が点く。

南スーダンからの自衛隊の撤収は、森友学園・国有地払い下げ事件に国民の目を向けさせないようにするスピンなどではないよ。都市部でのテロと日本海沿岸の防衛に備えよ!ということだな。

そして、米軍と協働して在日米軍基地の守備を強化しろ、ということ。

テポドンが三沢基地まで届かないという保証など何もない。日本の軍事評論家の言うことなど信じるバカがどこにいるというのだ。
米軍からの警告に違いない。

だから、早く陣形をととのえろ、といってるの。

とにかく、籠池一家、安倍晋三負債、その他の関係者すべてに同情は禁物だ。だから、彼らが目に涙を浮かべたとしても、決して、そのまま受け取ってはならない。

相変わらず、あなた方は救いようのないお人好しである。
彼らは、あなた方の手に負えるような人々ではない。「クズ」には変わりがないのである。

それより、最大の被害者は、あなたであるということを、くれぐれもお忘れなきように。






関連記事
       
NEXT Entry
黒幕・麻生に恩を売るゼニゲバ維新と大阪人の絶望的な民度
NEW Topics
中国とロシアは膨大なゴールドを背景に米ドルを崩壊させる
なぜ国連と日米同盟は北朝鮮の核開発を放置してきたのか
証人喚問を賭けた安倍昭恵の「逃げ切り」応援演説・山口4区
小池「ベーシックインカム」奴隷制度に狂喜する乞食日本人
サルの選挙-「親ワシントン」ありきの単なるカラ騒ぎ
ラスベガス事件→銃規制→経済崩壊→FEMA
金(ゴールド)で中央銀行の通貨詐欺の外側に避難する
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム④
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム③
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム②
ブロックチェーンによって現実化されるベーシック・インカム①
ビットコインの価値は(金)ゴールド並かゼロか
イーサリアムの米ドルトークンはビジネスの業態を変える
仮想通貨の下落は、暗号世界における対北朝鮮の経済制裁
ロシア最強の暗号通貨とブテリンのICOバブル警告
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク9-未来世界
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top