カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   経済崩壊  »  5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
       
mag201703-20.jpg

ベストセラー作家、ケーシーは断言します。
「来たるべき金融崩壊が(内戦の)引き金になるだろう」と。
そして、「機は熟した」とも。

(※この記事はメルマガ第201号のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)

4月28日以降は、米国のデフォルトのリスクがますます高まる!

・・・もし、トランプが、4月28日までに、残り2017年度分の補正予算案と、2018年度(2017年10月~2018年9月)の予算案を通過させることができなければ、政府の一部行政機関の活動を停止せざるをえない事態になる可能性があります。

・・・このままの膠着状態を、どこかで打開しなければ、米政府機関の停止は現実に起こりえるのです。

・・・実は、これと同じようなことが2013年10月にも起こりました。

オバマ政権は、2013年10月1日、新会計年度になっても2014年度の予算を成立させることができませんでした。

・・・オバマケアの廃止だけは譲れないオバマは、財務省、商務省の一部機能を停止させ、公営動物園、公営の美術館、公園、図書館などを次々と閉鎖、デフォルトの脅威を与えることによって、強硬な共和党を懐柔しようとしたのです。

米国民にとって、もっともこたえたのは、あの自由の女神が閉鎖されたことです。

・・・もっともダメージが大きいのは年金です。
そのとき、大規模な抗議行動が全米で起こる可能性があります。

その日は、5月1日のメイデーの可能性があります。

5月1日!メイデー! メイデー! メイデー!

5月1日は、世界中の共産主義者が労働者の日を祝賀する国際労働日「メイデー(May Day 労働祭)」です。

この日は数々のイベントが催され、ポールを中心に踊る円形ダンス「メイポール・ダンス」が有名です。実は、これには不気味なオカルトのシンボリズムが含まれています。

・・・残すは、ヒラリー、オバマ、そして、前司法長官ロレッタ・リンチの逮捕です。

・・・アラバマ州選出の元上院議員で、トランプに司法長官に任命されたジェフ・セッションズ(Jeff Sessions)は、連邦政府のある指導者を、小児性愛の犯罪者として刑事告発する準備をしているとのことです。

実際に、彼は、刑事事件として立件するだけの多くの証拠を持っていると言われています。

しかし、彼が、トランプの大統領選中に駐米ロシア大使と接触していたことを公聴会で追及されて以来、沈黙を守っています。

5月1日のメイデーの日に計画されていると言われている抗議行動を未然に防ぐために、ジェフ・セッションズの持っている隠し玉が使われる可能性もあります。

実は、トランプは、この「100日」にこだわっていると言われています。
1月20日の大統領就任式から100日後とは4月30日。5月1日のメイデーの前の日です。

5月1日というタイミングは、元CIA職員ロバート・デイビッド・スティール(Robert David Steele)も重要視しています。

スティールは、最近、大規模で暴力的な「アメリカの春」が、2017年5月1日、ワシントンDCで勃発すると警告しています。
そのとき、約300万人の扇動者によるデモ行進が計画されており、暴動が起こる可能性があるとも。

mag201703-21.jpg

「5月1日、米国全土から、何十万もの抗議者が、バスに乗ってワシントンDCめがけてやって来る。
彼らは、金をもらって活動している連中だが、次第に一般米国民を巻き込んで、最終的には300万人ほどに膨れ上がるとみられる。
もし、メイデーの日が晴天であれば、その大規模デモは「アメリカの春」になるだろう」。

・・・スティールは、最後まで情報源を明かさなかったので、ことの信憑性を問われるとなんとも言えないのですが、奇しくも「トランプの100日以内宣言」と同期していることは興味をそそられます。

ワシントンDCにとどまってトランプ政権の情報戦を展開しているオバマ

・・・オバマは、まだ、ワシントンDCにとどまっています。

彼は、ホワイトハウスから、わずか2マイルのところに、トランプ政権に対する、あらゆるネガティブ・キャンペーンを展開し、政権を揺るがすような情報を集めるための本部を設置しています。

ここから、トランプと彼の政権に対するデスインフォメーションが発信されているのです。

・・・オバマを批判する書籍の中で第一位に輝いた『オバマ・ネーション(Obama Nation)』を執筆した保守派の作家、ジェローム・コルシ(Jerome Corsi)が、彼の本の中で、「米財務省が、オバマが、オバマケアに資金提供するために、住宅ローン投資家(ファニー、フレディー)から200億ドル以上の資金をせしめた」と書いているにもかかわらず、主流ニュースメディアは完全に無視したままです。

大都市からの人口流出が続く米国

5月1日、何が起こるのでしょう?

・・・しかし、大都会から他の土地に移住しようと計画している人々は、米国が最終的にどこに向かっているのか知っているのです。

金持ちほど、地下に潜りたがる

・・・具体的に言えば、そうした人々は「内戦の勃発」を危惧しているのです。米国では、その機が、いよいよ熟してきたと感じているのです。

米国の有名なベストセラー作家、ダグ・ケイシー(Doug Casey)には、米国社会がビキッ、バキッとひび割れていく音が聞こえているようです。

ケイシーは、明確に「金融危機によって米国本土で内戦が始まるのを、もうすぐ見ることになる」と考えているようです。

・・・ケーシーは断言します。
「来たるべき金融崩壊が(内戦の)引き金になるだろう」と。

・・・去年9月17日付のシカゴ・トリビューン紙が「太平洋岸北西部に移り住むサバイバリストの数が増えている」と報じていることを取り上げました。

・・・また、“最後のビッグフロンティア”として、グレート・ノースウェストが紹介されているエコノミスト紙のオンライン・ニュース(8月6日付)の記事を取り上げました。

・・・しかし、口うるさいCNNは、そうではありません。

つい最近、「億万長者のための掩蔽壕(地下避難所):1%の人々は、どのようにこの世の終りに備えているのか“Billionaire bunkers: How the 1% are preparing for the apocalypse“」という題名の記事を掲載したのです。

CNNによれば、「成功したヘッジファンド・マネージャー、プロスポーツ選手、ハイテク企業の成功者など世界中のエリートは、家族や重要なスタッフを収容するための秘密の避難場所を確保し、堅牢な住居を建てようとしている」とのこと。

地下掩体壕の設計と建設を引き受けている「ライジング・エス・カンパニー社」は、カスタムメイドの高級志向の地下掩蔽壕の契約件数が、2015年と比べて700%以上も増えたと報告しています。

特に、売り上げの伸びが跳ね上がったのは、ドナルド・トランプの大統領選直後からで、一気に例年の300%もの上昇だと言います。

軽井沢に建設中だったビル・ゲイツの巨大で超高級志向の別荘は完成しました。

・・・さて、われわれは、何から始めましょうか。


(以上、第201号のダイジェストです。全文はメルマガでお読みください)

●youtubeなど動画化を禁止します。

初月無料のメルマガは、購読開始日からの1ヶ月間ではなく、購読を開始された月の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
4月1日より4月30日の間に購読を開始された場合、1月分の購読料が無料になります。


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png





関連記事
       
NEXT Entry
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
NEW Topics
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(2,3)
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
旧ジャパンハンドラーに駆け込んで日本叩きを依頼する橋本徹
トランプ政権は「リアル・ディープ・ステート」のエピゴーネン
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top