カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   地震・噴火  »  haarp
       
Mon.2011.05.02  
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 Twitter はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

haarp

すでに、お気づきのことと思いますが、HAARPが大きく振れています。
http://137.229.36.30/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

この動きは、ちょっと見過ごせないほど大きな振れ幅です。
500nT近くまで触れています。
4月30日辺りから大きく振れ始めているのですが、今日5月3日で二度目ですから、注意が必要だと思います。
haarpには、多くの人がアクセスしているようで、表示されるまで時間がかかります。

どんなシナリオが描けるか、そして、それに対して、どんな準備をすればいいのか(事情は人それぞれなので、あくまで私の場合)。

ただ、日本周辺なのかはわかりません。外国かも知れません。
また、大きく振れたからといって、100%地震が起こるということでもありません。

会社を休んでまで細かくチェックしていたら、何も起きなかった、どうしてくれるんだ、という人もいます。
しかし、過去を調べると…あくまで感覚的ですが…8割方は地震の前兆のサインになっているようです。

1)5月2日 午後3時20分時点
二つ目の新しい振れが出ています。
設定は36時間幅、振れ幅は500nTにして表示しました。
20110503-1.jpg


2)これは3月2日時点。
3月11日の東日本大地震の前兆を示すものです。
20110503-2.jpg


3) 上の2)の続きです。

20110503-3.jpg


4)  2)と3)をつなげると下のようになります。
時間軸で2週間に設定して表示しています。
3月1~12日までが表示されています。
20110503-4.jpg


5) 4月30日から5月2日 午後3時30分現在までの2週間幅のグラフ
3月11日のときの本震と同じような…形。
20110503-5.jpg

今日は、夜に何度か更新する予定です。




関連記事
       
NEXT Entry
やはり原発との関連で考えてしまう
NEW Topics
ロスチャイルド卿が航空機事故に巻き込まれて死亡!?
BTC先物取引開始で富裕層の資金がビットコインに流入!
ドル崩壊のときにビットコインは資産として通用するのか
「超権力」が人工知能を導入する前に各国政府は備えよ!
“イヴァンカ基金”を利用する世銀の策略
IMFの暗号通貨計画と表舞台から姿を消す(?)ビットコイン
[小野寺まさる+産経新聞]←ウソ・おおげさ・ヘイトの3コンボ!
再び踏み絵を踏まされる前原、長島、細野、そして危険な野田
衆院選における安倍・小池・前原・小沢のそれぞれの立ち位置
中国とロシアは膨大なゴールドを背景に米ドルを崩壊させる
なぜ国連と日米同盟は北朝鮮の核開発を放置してきたのか
証人喚問を賭けた安倍昭恵の「逃げ切り」応援演説・山口4区
小池「ベーシックインカム」奴隷制度に狂喜する乞食日本人
サルの選挙-「親ワシントン」ありきの単なるカラ騒ぎ
ラスベガス事件→銃規制→経済崩壊→FEMA
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク9-未来世界
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top