カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  和泉洋人首相補佐官-「加計学園疑獄」の絵を描いた男
       
20170702-4.jpg

戦前・前後最大の疑獄事件「加計学園疑獄」の絵を描いた男。
すべてを知る、この男こそが、安倍政権にとっての本当の脅威であり、この男の強みでもある。


開票速報でのキャスターの追及は、加計学園疑獄の真相解明がこれから本格化することの暗示

東京都議選の歴史的大敗を受けて、下村博文・自民党都連会長が辞意を表明した。確か時計の針が午前0時を回る頃だった。
それから30分ほど過ぎてから、今度は、萩生田光一・副官房長官が、都連総務会長を辞任した。

二人とも、加計学園疑獄に深くかかわっているキーマンだ。

二人が詰め腹を切らされたことで、「自業自得」と溜飲を下げている人がいるとすれば、なんとまあ、「おめでたい」と言わざるを得ない。

真底、悪党は、どんな演技でもするし、自民選挙大負けという逆風の中でさえ、己の犯罪事件の隠ぺいに利用しようとするのである。

加計学園疑獄追及の渦中に置かれているこの二人にとっては、自民・都議選敗退は、まさに、渡りに船でさえあるのである。

池上彰の開票速報番組では、何度も、都議選の責任者として下村博文がスポットで登場した。
下村の顔は、開票が進むごとに、しおれた梅干しのようにしなだれて、最後は、干からびたミイラのようになった。

加計学園からの違法ヤミ献金(収賄である)について、池上彰が、例のごとく、さりげなく追及し続け、大分追い詰められたようだ。

また、松原耕二がキャスターを務める開票速報番組でも、執拗な違法ヤミ献金の追及が行われ、主題は、選挙結果よりむしろ下村博文を陥落させて、加計学園疑獄の闇を暴き出そうとしているかのようだった。

下村は、池上彰の番組でも、松原耕二の番組でも、「私は加計学園からはもらってません」を繰り返すばかりだ。

萩生田光一・官房副長官が、下村に続いて慌てて都連総務会長を辞任したのも、「加計学園については、これ以上聞いてくれるな」という追い詰められた犯罪者が見せる心理と同じ思いがそうさせたのである。

この二人のマスコミからの遁走は、安倍晋三と歴史に名を残す極悪人である官房長官の菅義偉の指示によるものであることは説明の必要がない。

午後6時から都内のレストランにこもりきりになって、豪華料理をたらふく食べ、酒を飲みながら甘利明らとの悪党談議に花を咲かせていた安倍晋三は、マスコミから逃げるようにして、母・洋子が待っている富ヶ谷の自宅へ大人しく帰っていった。

20170702-14.png

卑しい安倍昭恵、下村今日子の二人が加計学園から利益を引き出す「とっかかり」をつくった

下村博文、萩生田光一をマスコミから遠ざけてしまえば、当面の間は、都議選での歴史的大敗と加計学園疑獄との因果関係について、マスコミから追及されないとでも思っているのだろう。

官邸は、安倍晋三名義で、「この結果を受けて反省している。内閣改造を前倒しにして信頼の回復に努める」という短いメッセージを出してきた。

下村博文は、3日前、「都議選に影響するから、加計学園のヤミ献金については選挙後に答える」と言って逃げ回っていた。

しかし、昨夜の開票速報では、「都議選は都議選。自民党の国政選挙とは別物。影響は限定的」と言い放った。
選挙前に言ったことと、まったく逆である。安倍の下で働いていると、みんなこうなってしまう。

都民は、国民は、今度の選挙結果をもって、安倍晋三に「反省しろ」と言っているのではない。「とっとと辞めて刑務所に行け!」と言っているのである。「二度と、お前の顔を晒すな!」と言っているのである。

20170702-7.jpg
20170702-8.jpg

凄まじい怒濤の安倍辞めろコール

あまりにも凄い非難の声に、進行を務めていた石原伸晃は思わず声が上ずって、壇上に安倍晋三を招くときに、「拍手をもって、お迎えください」と言うべきところを、「拍手をもって、オマヌケください」と言ってしまったのである。

ここまでくると、自民党の自力再生は「ありえない」だろうね。
晋三は、首を差し出して、誰かに介錯してもらいなさい。

晋三が、わずかでも信頼を回復しようと本気で考えているのであれば、森友・加計学園疑獄の本当の主犯である安倍昭恵、下村博文の女房である下村今日子を証人喚問せずに、それは一分もかなわない。

安倍昭恵は、想像以上のワルである。
見方によっては、晋三以上のワルだ。近いうちに、それが分かる。

実は、すでに森友学園、加計学園の巨大疑獄の真相は、十分すぎるほど分かっている。

毎日、仕事帰りに日刊ゲンダイを電車の中で読んでいる勤勉なおとーさんは、それぞれのスポット記事が点となってとつながって、全体像が見え始めていることだろう。

週刊誌の記者も、なかなか良い仕事をしているが、読者はすべて読んでいるわけではないだろうから、やはり点が線になり、面になって絵が浮かび上がってくるまでは時間がかかる。

文藝春秋 2017年7月号に、すべてが書かれてある

一度に全体像をつかみたいと考えている人は、今、書店で販売されている、文藝春秋2017年7月号を手に取ってみればいい。
書店には、まだ残っているはずだ。

Amazonで購入する場合は、7月10日以降になってしまう。

この中の「特集 驕れる安倍一強への反旗 前川喜平・前文科事務次官手記  わが告発は役人の矜持だ」という全12ページの記事と、
「加計が食い込んだ下村元文科相夫妻」と題する記事を読めば、すべて分かる。

さらに、崩壊寸前の自民党が、小池百合子の取り込みを考え始めた経緯を知りたければ、アルツハイマー二階俊博・自民党幹事長の記事と、永遠に権力の寄生虫であり続ける、公明党代表の山口那津男の振る舞いについて取り上げている記事を読めば、すっきり理解できる。

憲法改正については、危険な立ち位置で現行憲法の一時停止まで言い出している「超危険な改憲派」、小池百合子の本当の正体に投票した人々が、「こんなはずじゃなかった」と後悔するまで、大分時間がかかりそうだ。

さっそく、安倍晋三は、小池百合子の取り込み方を考え始めている。
だから、脳こうそくの二階俊博は、小池百合子が自民党に離党届を出しても、受理しないのだ。

安倍晋三が任命した閣僚たちは、すべからく憲法違反を繰り返し、れっきとした犯罪を重ねてきた。あまりにもお粗末な閣僚人事に、安倍内閣への信任は、もはやどこにもない。

残されている道は、小池の抱き込みしかないのである。

安倍晋三一派ほど極悪で薄汚い政治家たちは、日本の憲政史上でも、例を見ない。
いーや、世界広しと言えども、「いない」。それほど真っ黒に汚れきっているのである。

「テレビ・マスコミも、最近は歯に衣着せぬようになった」と喜んでいる諸兄は、まだまだ甘いと言わざるを得ない。
テレビ・マスコミは、とっくに、この疑獄の結末を知っている。それでも、全体の2割程度しか報じない。まだまだ、忖度が働いているのである。

テレビ・新聞に、もっと核心をつく報道をさせたければ、ブログでもSNSでもいい、森友・加計学園疑獄についての追及を続けることである。決してクールダウンさせないことが重要なのだ。思っている以上に、マスコミにはこれが効く。

加計学園にたかる「なんちゃってセレブ」

著作権法に触れるので、記事からの抜粋はできない。
したがって、私が記事を読んで「私なりの解釈」というクッションを挟んで、以下に要点をまとめることにしたい。

幸いにして、文春オンラインには、小出しではあるが、こうした記事が少しずつ出てきている。


また、女性誌も、昭恵の女狐ぶりを暴いている。
森友学園だけじゃない! 安倍首相&アッキーの友達割は100%オフ

ここには、自由党の森ゆう子議員が発掘した加計疑獄に関するファイルのアーカイブがある。
今治市に情報公開請求を行って出てきた資料。

推理力を試したい暇な人はチェンレンジしてみればいい。

1)ワシントンDC・日本商工会会報  広島加計学園英数学館と米グレートフォールズ小との姉妹校提携に昭恵と今日子が多大な貢献

森友学園の小学校では『名誉校長』だった昭恵。加計学園の運営するこども園でも、『名誉園長』を務めている」ことはすで既報のとおり。

この提携こそ、昭恵と今日子のアルコールとディスコの成果だ。
この二人は、酒豪で、森友、加計学園に関する密談のときは、必ずといっていいほどアルコールが入る。

晋三は、昭恵をうまく使って、加計学園を取り込んだ。
昭恵は、夫の計画を熟知しており、進んでエージェントとして暗躍した。
昭恵は、加計学園への利益誘導のために、相当、尽力している

つまり、昭恵は「名誉なんたら」が大好きで、酒の上の不祥事が後を絶たず、ディスコで踊り狂うのが趣味のアバズレである。

2)飲んだくれ昭恵と下村今日子はアル中のディスコ婆、世界中で日本の恥を晒す

加計学園獣医学部開設は、まず、安倍昭恵と下村今日子が、突破口を開いた。

20170702-5.jpg
(こちらのツイートから)
20170702-6.jpg
(こちらのツイートから)

彼女らの努力によって、この姉妹校提携が結ばれた2007年には、安倍晋三夫妻と下村博文夫妻、それに加計学園がいっしょに渡米している。

その際に、晋三は、ブッシュ夫妻との食事会に下村今日子も同席させるようオファーを出したが叶わなかった。
当然だ。下村博文は、当時、官房副長官に過ぎなかったのだから。

いかに、晋三が加計学園に入れ込んでいたかが分かる。

しかし、米国訪問時も、安倍昭恵と下村今日子の素行の悪さは問題視されていた。

下村今日子が、大使公邸レセプションの後、「安倍昭恵と二人でディスコに行きたい」と言い出した。
近くに、政治家の夫人が遊べるようなディスコがなかったので、仕方なく二人はホテルのバーで飲んだくれ、翌日の飛行機に乗り遅れた。
(文藝春秋 2017年7月号)

外遊先では、常に飲んだくれ、ディスコで踊り狂う下品さ。この「しこめ」たちの遊興のために、いったい、どれだけの税金が使われてきたのか・・・

昭恵に至っては、今年2月にトランプと彼の家族とともに食事会を行ったときにも、ひとり泥酔して、トランプ家の顰蹙を買っている。

彼女は、アルコールを自制できない完全なアル中である。
それだけでなく、大麻吸引さえ疑われているのだ。

毎年、恒例になっている「私をスキーに連れていかなくても行くわよ」というイベントに関しても、企画したホイチョイが、昭恵が大の酒好きでディスコ好きであるのを斟酌して、必ずイベント・メニューに加えている。

20170306-3.jpg

この下劣な狂乱イベントの主賓を引き受けるに当たって、昭恵の弁が振るっている。
地元の発展になれば、ということで参加させていただきました」だ。

すぐ隣の福島では、安倍晋三が引き起こした福島第一原発放射能災害によって仮設住宅に住まわされ、冷たい隙間風に身を縮めている被災者がいるというのに、昼間から酒を飲み、夜には踊り狂うことが、地元の発展につながるだと・・・

これほど下劣なファーストレディーは、過去にいなかったし、これからも出て来ないだろう。

3)加計学園系列の千葉科学大にも関与している晋三と昭恵 

千葉日報によると、安倍晋三は2014年5月24日、加計学園が運営する千葉科学大の記念式典で、加計の理事長についてこう評価している。  「どんな時も心の奥でつながっている友人、私と加計さんもまさに腹心の友だ」・・・

このときの千葉科学大学長は、赤木靖春学長だった。

2014年の千葉科学大の記念式典に出席した安倍晋三は、次の学長に、木曽功をプッシュした。

木曽功とは、元文部科学省の官僚で、2013年に文科省を退官しているが、翌年の2014年4月から安倍政権の内閣官房参与に就任している。
そして、昨年の4月に、千葉科学大の学長に就任したのだ。

前川・前文科省事務次官は、この木曽功の突然の訪問を受けて、加計学園の獣医学部新設を急ぐようプレッシャーをかけられた。

「国家戦略特区を利用して、今治市の(加計学園)獣医学部新設の話を、急いで進めてくれ」と木曽功は、前川氏に圧力をかけた。

安倍晋三と昭恵、下村博文の「たま」がたくさんいて、このようにして、波状的に文科省に圧力がかけられ続けてきたというのが真相だ。

安倍は、「総理の意向」、「官邸の最高レベル」と文書でこそ文科省に圧力をかけ続けているが、木曽功のように日頃から餌を与えている「たま」を使って、加計学園獣医学部認可を急ぐよう、認可権限のある文科省の職員をターゲットにして、あからさまな圧力をかけ続けてきた。

・・・・・・とまあ、こうした事実が、時系列でたくさん書かれてあって、最近は、すぐに「告訴するぞ」と騒ぎ出す下村博文でさえ、だんまりだ。
前川・前文科省事務次官に名前を出された人々は、形勢不利を悟って、とうとう隠れてしまったということだ。

なぜなら、すべて事実だからである。

そもそも、下村博文は、彼の実質的な政治資金管理団体「博友会」が、加計学園秘書室長から200万円のヤミ献金を受け取った犯罪的事実が発覚してしまった原因は、昨日の都議選で勝利した都民ファーストの平慶翔氏からリークされたからだ、と八つ当たりしている。

平慶翔氏は、下村博文の秘書を務めていたことから、下村博文は、「平慶翔が、事務所から資料を持ち出しことによって発覚してしまった」と言いながら、平慶翔氏を訴えると言っている。

当然、平慶翔氏は「事実無根」として、下村博文に対して訴訟を起こす構えだ。

もし、そうだとしても、平慶翔氏のリークがなければ、この疑獄は発覚しなかった。勇気ある行動と称賛するどころか、逆に脅して黙らせようというのが安倍流ヤクザ恫喝術だ。

いよいよ妄想に苛まれるようになって発狂してしまった下村博文。できの悪い女房を持つと、こういうことになる。

ちなみに、平慶翔氏とは、タレントの平愛梨の実弟である。

すべてを知っている和泉洋人首相補佐官・・・安倍極悪官邸から安全な場所に避難しろ

ことほどさように、加計学園疑獄とは、「アベトモ」「スシトモ」「サケトモ」らの身内ネットワークによる“みぞうゆー”の巨額税金泥棒事件である。

まず、手始めに、“小型案件”の森友学園の安倍晋三記念小学校の「消えた値引きの8億円」を成功させて、仲間内で山分けしようと考えたが籠池氏を証人喚問したことで墓穴を掘ってしまった。

つまり、安倍晋三・昭恵、下村博文・今日子夫妻は、そもそもが、ケチな税金泥棒の犯罪者なのである。

彼らを法廷に引きずり出して、洗いざらい話してもらう以外に、自民党が信頼を回復するなどということは、金輪際「ありえない」のだ。
この点だけは、自民党の議員たちは、決して甘く見ない方がいい。

自分たちが、首の皮一枚で、なんとかつながっている存在であると認識しないと、大変なことになる。

だから、加計孝太郎に身を隠しているように官邸が命じたのも、加計孝太郎が観念してしゃべってしまったら、自民党が木っ端みじんなってしまうほどの秘密の情報が続々と出て来てしまうからだ。

加計学園獣医学部の用地ゼロ円払い下げや、建築費水増し、という安倍晋三と彼の側近が考え出した『税金泥棒のビジネスモデル』は、森友学園と同じだが、加計学園の場合は、まだ表面化していない重大な余罪がわんさかあるのである。

安倍に命じられて、その一連のシナリオを描いたのは、和泉洋人総理補佐官である。

前川・前事務次官が、「加計考太郎氏を証人喚問して和泉洋人氏を調べるように」と口を酸っぱくして言っているのは、そういうことである。
和泉洋人こそが、キーマンである。

『総理は言えないから私が・・』と和泉洋人首相補佐官が・・

前川喜平氏に・・『手続き急げ』加計学園問題・・和泉洋人首相補佐官が働きかけか・・!?

安倍首相の『影武者』・・和泉洋人首相補佐官が・・加計学園をねじ込んだ日!

和泉洋人は、2年前の新国立競技場の設計案が白紙に戻されたとき、「競争入札では間に合わない」ことを理由にしても随意契約を推し進めた官僚である。

加計学園獣医学部新設について、安倍晋三が開学期限を「2018年4月まで」と、「おしり」切ったのも、時間が押しているから仕方なく「随意契約で行こう!」という条件を作るための伏線である、ということ。

「なぜ、そんなに急ぐのか」と党内からさえも、訝しがる声が出ているのは、あえて達成できないほど短い工期を設定することによって、「結局、新国立競技場のときと同じ、競争入札では間に合わないので、信頼できる業者に発注(随意契約)しよう!」という下地をつくるためである。

随意契約であれば、1.5倍から2倍に水増しした学校建設費のカラクリが漏れにくくなるためである。
なぜなら、建設を受注した業者は、共犯に仕立て上げられ、死の沈黙を強要されるからである。

そして、国から騙し取った莫大な補助金(私たちの税金である)を、安倍晋三の仲間に少しずつ振り分けた後、自分の懐にがっぽり入れる算段だったということだ。

加計学園グループの敷地内に自民党支部が存在した」というのも、安倍自民と加計学園との税金泥棒ネットワークの全国展開を目論んでいたと考えるほかはない。

安倍独裁体制を確立して、憲法改正に反対する国民を、しょっぴくために共謀罪をフル活用させるためには、「金が湯水のように出ていく」だろう。ほうぼうに金をばら撒くからである。

テロ防止に、まったく役に立たない共謀罪の強行採決に踏み切ったのも、こうした事実が発覚しそうになった場合、事前に察知して、都合の悪い一般人までをも、この世から隔離してしまおうということだろうね。

だから、本当のキーマンである和泉洋人首相補佐官の証人喚問を!と国民の世論が沸騰したとき、安倍官邸は、いつもそうしてきたように、今度もまた、彼を病気にして入院させてしまうか、海外に飛ばしてしまうだろう。

米国のディープ・ステートにとって、自民党の役割は終わっている

まあ、安倍晋三、下村博文、「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としても(自民党の都議選候補者への投票を)お願いしたい」と言った稲田朋美、「はげー! 私は真由子さまだっよー」の豊田真由子ら、すべてが旧・清話会(現・清和政策研究所)に属する議員である。

安倍晋三、菅義偉、萩生田らの側近が愚鈍で、どうにもならないバカなのは、清話会が、米国のシャドウ・キャビネットであるディープ・ステートに、すでに切られているということを理解できないことである。

彼らの足元には、ポカッと大きな空洞ができている。

しかし、民進党は、いったい何やってるんだか。
証拠資料は十分出揃っているも関わらず、今回も野田佳彦が解明を遅らせているフシがある。

民進党が、このまま消えようが、国民はまったく困らない。民進党の議員どもに、思い上がりは禁物である。彼らは状況判断がまったくできないのだ。

国民は、安倍のような姑息な小悪党を制するためには、それ以上の大悪党の登場を必要とせざるを得なくなる。

小間使いの麻生は単なる残務処理で終わるから、さしずめ、東北の豪族「アテルイ」をルーツに持つ小沢一郎あたりか。

どっちつかずの民進党を完全に切り捨てて、他の野党すべてを結束させれば、本当の支持率が10%しかない安倍政権など、一瞬にして倒し、犯罪者どもを次々と法廷に送り込むことも夢ではないだろう。

しかし、安倍と黒田が、ここまで日本経済を破壊してしまった今、どの政党に代わっても経済崩壊は避けられない、ということだけは肝に銘じておく必要がある。





関連記事
       
NEXT Entry
惨敗を「こんな人たち」のせいにする末期的な幼痴園内閣
NEW Topics
ブロックチェーンによって実現されるベーシック・インカム①
ビットコインの価値は(金)ゴールド並かゼロか
イーサリアムの米ドルトークンはビジネスの業態を変える
仮想通貨の下落は、暗号世界における対北朝鮮の経済制裁
ロシア最強の暗号通貨とブテリンのICOバブル警告
ヒカルの仮想株式「VALU」詐欺とユーチューブの奴隷たち
脱ドル本格化-ユーラシア新通貨システムと世界秩序②
脱ドル本格化-ユーラシア新通貨システムと世界秩序①
崩壊せまる株式市場と逆相関の金市場と仮想通貨市場
トンデモJアラートと北のミサイルに救われるサイコパス総理
米・中・露を巻き込む暗号通貨戦争と金本位・新通貨制度
今夜の報ステを見逃すな!「森友・加計の背後の“真犯人”」
FRBの利上げが仮想通貨への資金流入を加速させる
長崎の原爆投下、天草四郎の正体、異界の街・長崎
2017年後半から熱くなる朝鮮半島の有事
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク9-未来世界
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top