カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  加計学園・生物化学兵器疑惑とF1の4号機建屋の謎の爆発
       
20170702-16.jpg

みーんな、つながっている・・・そう考えることは有益である。

文科省に巣喰うゴロたち・・・余罪発覚!下村博文、逮捕確定!ヤンキー副大臣にも学校法人から政治資金が

下村博文の「加計学園200万円ヤミ献金問題」だが、下村サイドの「2013年博友会パーティー入金状況」と記された文書には、加計学園があわせて200万円で、100枚のパーティー券を購入したとの記載があった、ことが分かった。(FNN

「11人の個人、法人から、加計学園の秘書室長が20万円以下の献金を集めてくださったので、その合計が(ぴったり)200万円になったに過ぎない」と説明していた下村博文だが、すべて嘘であったことが分かった。

問題は、下村博文が文部科学大臣を務めていたときに、この200万円のヤミ献金が加計学園側から手渡されたということである。

これは、1000%贈収賄事件であるから、司法に携わる人間たちに、わずかでも法の番人としての矜持が残っているのであれば、下村博文は刑務所送りになるはずである。

それを悟ったのか、下村博文は、5日都内で「都議選の結果と、その後の政治課題について」とのテーマで講演する予定だったが、4日になってドタキャン。講演会の主催者によると「急きょ、やむを得ぬ事情により講演ができなくなった」という。(日刊ゲンダイ

下村の支援団体「博友会」が反社会的勢力とつながりがあったことから、東京地検が告発状を受理した。
とっくに、「博友会」は解散したのかと思ったら、加計学園の秘書室とタッグを組んで違法な政治資金集めだ。

その上、この「博友会」、下村が届けた住所に事務所が存在しないのである。

こうなると、「博友会」とは、完全なる犯罪組織と言わなければならない。確実に特捜部に外堀が埋められつつある。

当然、夫人の今日子も参考人ということになるだろう。すると、今日子とつるんで加計学園に最初に具体的アクションを起こした安倍昭恵も内偵の対象になる。いや、とっくに、そうなっているだろう。

どす黒く汚れた加計学園。これでは、獣医学部の認可など、ほど遠い話だ。

同時に、加計学園も共犯だからだ。

案の定、マスコミが作り上げたヤンキー大臣も、やはりゼニゲバの本性を現した。

義家弘介・文部科学副大臣に、神奈川県厚木市にある学校法人から、パーティー券購入の形で政治資金を提供されていた証拠が出てきた。

「加計学園の獣医学部新設をめぐる国会審議で、内部告発した文科省職員への処分をチラつかせ、脅しをかけたとして批判を浴びた義家氏。自らの政治資金についても、説明責任を果たすつもりはないらしい。」(ニュースサイトHunter

多くの国民が考えていたように、「義家は、やっぱり骨の髄までヤンキーだった」のだ。
無理せず、生涯、チンピラらしく生きることだ。

さらに、下村博文の場合は、文科相時代に後援企業の依頼で、ビザの発給を法務省に口利きした疑いがあることがわかった。
「週刊文春」が入手した下村事務所の内部資料に記載があった。(週刊文春 2017年7月13日号

加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫が、加計学園疑獄を暴こうとしている民進党に対して、異常ともいえるほど熱心になって、ディスインフォメーションを飛ばしていることは書いた。
いわゆる、「チャンネル桜」グループ、DHCグループだ。私が危惧していたことになりそうだ。

なんのことはない、「日本再興」という美辞麗句を利用して、ネトウヨ・ビジネスに群がっただけの連中だったということ。

こんな人間どもに教育行政がゆがめられ、日本の未来を担う若者たちの豊かな感性が汚されていくのである。まったく我慢がならない。

しかも、ここにきて、新参者が参加してきた。

中田宏前横浜市長が、安倍晋三の秋葉原の街頭演説で 「安倍やめろ」コールを浴びせた聴衆の正体について、暴露している、というのだ。

なんでも、中田によれば、「安倍やめろ」コールの聴衆は、「組織的活動家」なんだと。
とうとう、こうしたデマを平気で流すまでに落ちぶれたか。

横浜市長時代、愛人騒動やイベントで大赤字をつくるなど、お騒がせ男だった。
その後、維新に擦り寄ったり政界周辺を徘徊した後、やっと加計に拾われて、系列の岡山理科大の客員教授におさまった。

束の間の安定した生活を失いたくない気持ちは分かるが、嘘を言っちゃダメだろうに。

こうした動画を、せっせと作ってアップしているユーチューバーの正体も、ほぼ分かっている。

これから、中田のような“安倍擁護新参者たち”が、新しいデマを飛ばしまくるぞ。楽しみだ。

こうした加計学園から利得を得ている腐りきった連中が、ここまで狼狽しているところをみると、どうやら「海の向こうの安倍の本当のご主人様」から、「安倍晋三・粛清」のお達しがあったようだ。

この見立ては、間違っていないだろうね。

加計学園獣医学部が「感染症とか、生物化学兵器とか・・・」

加計学園獣医学部の奇妙な設計図を見たことがあるだろうか。大規模な地下施設があるのだ。

あることを研究するためには、密かに大かがりな動物実験を繰り返さなければならない。

絶対に外部に漏れてはならない秘密の実験だ。

そこまでイメージできた人なら、おそらく、以下の二つのニュースを思い出したはずだ。

文部科学省は国立大改革案として、文系学部の廃止や転換を各大学に通達した
防衛省『兵器開発』大学巻き込み作戦!最新技術の軍民共用狙って資金提供・・・来年度は予算20倍

国立大学を理系中心にして、兵器開発のための研究施設にしようという計画が透けて見える。

前川・文科省事務次官は、嵌められたのかもしれない。彼が引責辞任させられてから、一気に、こうした方針が打ち出されたのだ。

多くの読者は、この記事のタイトル「加計学園・生物化学兵器疑惑とF1の4号機建屋の謎の爆発」を見て、「そんなのSFだよ」と考えたことだろう。

だからダメだというのだ。

根拠なき妄想と事実に立脚した推論とを混同してはならない。事実、戦前・戦中は、多くの大学が軍事産業に従事されられたではないか。

これが、狂人・安倍晋三の描く教育改革のキモだ。とんだ食わせ者だ。

さてさて、ポスト安倍と言われている石破茂が、2017年7月4日放送の情報ライブ ミヤネ屋に出演して、「あること」を話している。

重要なことは、この番組が、「日テレ系」である、ということである。
CIA読売は、安倍晋三一派の排除を決めた、ということだ。

さて、要点だけ起こしておこう。


石破茂:5分40秒あたりから-

・・・つまり、国民が聞きたいのは、『なんで、あんなに値引きされるんですか?』ってことだ。

(国民の要望は)籠池さんだろうが、誰だろうが、なぜそうなったのか、について、納得がいくように説明してください、ということだ。

(加計学園の理事長)加計孝太郎氏の場合は、安倍内閣で決めた(獣医学部新設の)4つの条件・・・つまり、感染症とか、生物化学兵器とかについて、『新しい溝が出てきましたね』といったら、『うんっ、そうだ、そうだ』と。

『今ある大学の獣医学部では対応できませんね』・・・『ああ、そうだ、そうだ』と・・・

なるほど、そういうことなんだとね(石破)。

『今度の獣医学部新設の申請が出されている加計学園では、こういうことに対応できる教授陣や施設をととのえていますよ』と言うから、ああ、なるほどね(石破は)。

そういうことだったんだね。

で、『獣医学部を増やして、獣医師が過剰になることはないんだよね』ってことが国民は知りたいのであって、政府は、一生懸命、説明しようとはしているんだが、『なるほど、分かった』ということろまでは行っていない。

読売のコメンテーターは、「生物化学兵器」という禁句爆弾が落とされたので、なんとか、話を別の方向に持っていこうとしている。

こうした連中も、真相を半ば、うすうす知りながら国民に知らせまいとディスインフォメーションを流している利害関係者である。

もともとは、戦後、CIAが日本国民を洗脳するためにつくった読売メディア・コングロマリットの番組で、石破茂が控えめながら、「加計学園獣医学部の特別施設と教授陣が、生物化学兵器製造工場に、いつでも転用できるようなことを仄めかした」ということに大きな意味がある。

国民に、「4つの条件」がクリアされていることを無理矢理、説明しようとすると大きな闇に光が当たってしまうというジレンマに陥る

「獣医学部新設の4つの条件」とは、2015年6月に「『日本再興戦略』改訂2015」が閣議決定されたときに示された獣医学部新設のための条件のことだ。

2007年から、構造特区改革制度を利用した獣医学部新設の申請が出されてきたが、すべて却下されてきたか、優先順位の上位の案件にはならなかった。

その時点から、農水省と厚生労働省は、この背景にキナ臭いものを感じ取っていたのだろう、獣医学部新設の申請については「極力、関心を持たないように顔を背けてきた」のだ。

そこで、新設の認可権限を持っている文部科学省の重要官僚をねじ伏せてでも計画を強行しようと、ターゲットが絞られた、ということだ。
前川・前事務次官もその一人だった。

獣医学部のラボに高度な機器を取りそろえれば、いつでも生物化学兵器製造工場に変身させることができると知っている石破茂は、獣医学部新設について、非常に慎重な態度を取って来た。

だから、当時、内閣府特命担当大臣で国家戦略特区を担当していた石破茂が、中心となって「獣医学部新設の4つの条件」を設置して、霞が関にも強い歯止めをかけたのである。

これは、別名「石破4条件」と呼ばれていて、獣医学部の新設には高いハードルとなっている。

これについては、「自由民主党、新政策集団 水月會」の公式ホームページに、石破本人が6月2日に投稿した「政策コラム」の中で詳しく書いている。

「石破4条件」

感染症対策や生物化学兵器に対する対応などの「新たなニーズ」が明らかであること

②それが現在存在する国公立・私立の獣医学部や獣医学科では対応が困難であること。

③特区として開設を希望し、提案する主体が「このようにして従来の獣医学科とは異なる教育を行う」というカリキュラム内容や、それを行うに相応しい教授陣などの陣容を具体的に示すこと。

④現在不足が深刻化している牛や馬、豚などの「産業用動物」の治療に従事する獣医の供給の改善に資すること。

そのキーポイントは、「4つの条件」のうちの③と④である。それは、こういうことである。

「既存の大学・学校では対応困難な場合には、近年の獣医師需要動向も考慮しつつ、全国的見地から(新設の)検討を行なう」

つまり、加計学園獣医学部は、「既存の国公立・私立の獣医学部や獣医学科ではできないことをやるために新設する」ということになるのである。

それは、いったい何だ?

これまで、加計学園の獣医学部新設については、内閣府も文部科学省も具体的な説明をしていない。

それどころか、これだけ国民が怪しんでいるにも関わらず、安倍晋三、菅義偉、萩生田ら、官邸の誰一人として国民に理解してもらおうとは思っていないのである。

さらに、工事費が確定していないのに建設工事が始まったのである。

安倍晋三は、「日本獣医師会からの要請によって」と国会で大嘘を言っているが、「4つの条件」のうちの4つ目=獣医師の需要動向については説明できないので逃げ回っているのだ。

それを説明してしまえば、一気に矛盾が噴出して、すべての秘密が表に出てしまうからである。

こうしたことが起こらないように石破がまとめ上げた「4つの条件」が、政府内の秘密グループによって恣意的に兵器開発のために運用されようとしているなら、石破は、ひとこと言っておかなければならない、と感じたのである。

私の知り合いには、日本トップクラスの獣医師が何人かいるが、石破茂と同様に、「生物化学兵器転用の可能性」を考えない獣医師はいないだろう。

「密約」というと大げさだが、獣医師の世界にも深い闇がある。それは、製薬会社との表に出せない「お話」の数々である。

日本の製薬企業の資本の一部は日本の資本だが、すでに新薬開発のために外資の製薬企業との合併を何度も繰り返していて、社名こそ日本名だが、中身は、とっくにグローバル企業になっているのだ。

ネオコンの敵は、プーチンである。

これを機に、プーチンは、安倍・自民党政権に対して、さらに警戒の度を強めるだろう。

日本獣医師会上層部は、そこまで踏み込んで言うことができないので、安倍晋三の嘘=「日本獣医師会からの要請によって」=について強く否定できないもどかしさがあるのである。

シンゾーの「核と戦争」への異常な愛情

「福島第一原発の圧力容器に亀裂が入っている」という現場の原発作業員複数人が、前の前の福島県知事、佐藤栄佐久氏に、その危険性についてたれこんだ。

その後、佐藤栄佐久氏は、国策捜査によって冤罪の汚名を着せられたことは、すでに多くの人が知っている。

このとき、安倍晋三は、共産党・吉井議員(京大で原子核工学を専攻)によって、科学的見地から「津波による電源喪失の重大な可能性」について、国会で追及されていた。

しかし、安倍晋三は、まるでカルトの教祖のように、「我が国の原発には、そんなことはありえっませーんっ!」と一蹴し続けたのだ。
そのため、歴史上最悪の原発事故が起こってしまったのである。

あまりにも不自然な安倍晋三の国会での反応。彼は、いったい、何をそんなに必死になって隠そうとしてきたのか・・・

20170702-17.jpg
Facebookで「放射能に感謝です」と。完全に魔物に魂を乗っ取られてしまった昭恵)

ここで、二つの小さな出来事に目を転じて見よう。

ひとつは、佐川理財局長の国税庁長官への栄転人事だ。

この最悪のタイミングで、しかも、国民感情を逆なでするように、わざわざ栄転人事を発表したのは、「加計学園の秘密をかたくなに守れば、俺も安倍晋三のおメガネにかなって栄転できるかもね」と、欲深の悪徳官僚にインセンティブを焚き付けるためである。

「それなら、俺も、私も黙っていようっと」ということだ。

もう一つは、麻生太郎副総理のゴルフ会員権購入問題だ。
これは、大臣規範に明確に違反する行為である。

昨夜の記者会見で釈明する麻生の声は、かなり上ずっていた。

なぜなら、麻生は、このリークが、会員権を購入した業者筋からではなく、官僚からでもなく、政治家からでもないとすると、「いよいよ、俺も危ないか」と悟ったからである。

つまり、米側に日常的に通信傍受されていることを身をもって知ったのである。

この加計学園疑獄は、福島第一原発4号機建屋の謎の爆発につながっていく。

つまり、「核への異常な愛情を注ぐ」安倍晋三による兵器開発が、ずっと前から進められていると見なければならない、ということだ。
国民は、いっさい知らない。

島津論文を、もう一度、こと細かに読んでみるとよい。

・メルマガ第69号(パート1)福島第一原発の核爆発は米国-イスラエルによる核弾頭の移動によるもの
まぐまぐバックナンバー  関連記事

・メルマガ第69号(パート2)核への異常な愛、オウム、核弾頭の密輸、そして核の最終処分場
まぐまぐバックナンバー  関連記事

・メルマガ第98号(パート2)イランの核開発と福島第一原発との消えない接点
まぐまぐバックナンバー  関連記事

【参考】メルマガ第149号パート3■日本の原爆開発と迫りくる経済破綻/その3
まぐまぐバックナンバー  ダイジェスト記事





関連記事
       
NEXT Entry
ID2020「バイオメトリクス」は、ビッグブラザーを具現化する
NEW Topics
8月1日のハードフォーク後に分裂するビットコインとICOの未来
ビットコイン8月1日以降のハードフォーク分裂危機!
TBSラジオ・リスナー調査 「93%が安倍を支持しない 」
安倍・世論調査に決まった名簿の存在
加計学園疑獄は巡り巡って日本の「食」を脅かす
安倍夫妻とアベトモこそが共謀罪適用第1号に相応しい
火星への大量移住計画と避けられない地球の氷河期突入
共謀罪、ヤクザ利権、北朝鮮、CIA vs ペンタゴン
炙り出されてきた加計学園疑獄の黒幕
産経の大嘘書き・阿比留瑠比が何度も言論自爆テロ
CIA読売新聞が「萩生田が大臣規範に違反」と報じる意味
レイプ犯隠蔽の安倍と日本は、「異常な首相と国民」と海外
ID2020「バイオメトリクス」は、ビッグブラザーを具現化する
加計学園・生物化学兵器疑惑とF1の4号機建屋の謎の爆発
惨敗を「こんな人たち」のせいにする末期的な幼痴園内閣
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top